お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

侠客探偵 簡不知(かんふち)  第1話 神機谷(しんきこく)の謎

この作品もオススメ

侠客探偵 簡不知(かんふち)
侠客探偵 簡不知(かんふち) (配信数3話)

江湖で事件解決を担う組織「神機谷」。その谷主の簡尽歓が8年前の激戦で死亡した。彼のひとり息子・簡不知も重傷を負い記憶を失くしたが、誰かも知れない悲劇の元凶は姿をくらました。証拠によると、事件の当事者は寒月山莊の李荘主、燕州の白草折大侠、常楽賭坊の唐名人、そして遼東鏢局の王鏢頭であり、4人とも生存しているという。簡不知は彼らのもとを順に訪ね、事件の真相を探ろうと旅に出るのだが…。

■キャスト
ユイ・ジーウェイ
ワン・イエンヤン
ワン・ルオシャン
マー・ザーハン


■スタッフ
監督:マー・イーホン
脚本:ウー・ヨウ
   パン・サンジン

(C) 優酷信息技術(北京)有限公司 YOUKU INFORMATION TECHNOLOGY (BEIJING) CO.,LTD. All Rights Reserved.

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 神機谷(しんきこく)の謎
    第1話 神機谷(しんきこく)の謎

    江湖に突如現れた殺人鬼・王画を倒すべく、侠客たちが神機谷に集結した。死闘の末、神機谷の谷主・簡尽歓は王画と共に命を落とす。簡尽歓の息子・簡不知は頭部を負傷し記憶を失う。王画の死で江湖に平穏が戻ったかにみえたが、実は王画の亡骸は発見されておらず、真相は闇に埋もれたままだった。8年後、簡不知は戦いの真実を探る旅に出る。戦いの生存者に会うため寒月山荘へ向かう道中、食堂で居合わせた趙我還と知り合い…。

  • 第2話 関門無常(かんもんむじょう)あらわる
    第2話 関門無常(かんもんむじょう)あらわる

    達人が武芸大会に集まった寒月山荘で、客の1人・阿傑が殺された。死体は祠堂の大荘主像の前にひざまずいた姿で発見され、額には、恨みを抱いて死んだ者に代わって復讐を果たす亡霊だという「関門無常」の札が。犯行時の不在を証明できる者は誰もおらず、疑心暗鬼にかられた者たちが、十殺門の刺客・展十七の犯行と決めつけて襲いかかる。簡不知は展十七をかばい、2日以内に真相を解明できなければ命を差し出すと宣言する。

  • 第3話 失われた過去
    第3話 失われた過去

    簡不知の部屋を展十七が訪れ、命を狙う刺客に用心するよう告げる。まさにその時、人影に気づいた展十七が部屋を飛び出し、怪しい人物を追い払う。負傷した展十七を手当てした簡不知は、その肩の古傷に気づく。それは暗殺組織・十殺門から逃亡した際、追っ手に切られた傷だった。その夜、簡不知は寒月山荘の客たちを前に、神機谷の戦いで記憶を失ったいきさつや、王画の死に疑念を抱く理由を語る。翌朝、寒月山荘で新たな事件が…。

ページトップへ