お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

極道の紋章」のタグがついているタイトル

19件がヒットしました

  1. 極道の紋章 完結編 映画

    前崎(松田一三)率いる関西共友会は、福島にも拠点を作り、全国制覇に向けて、さらなる一歩を踏み出した。一方、敵対する関東睦会は、桐生(小沢仁志)が、二代目会長となり、新体制を構築。関西共...

  2. 極道の紋章 第十八章 映画

    遂に前崎(松田一三)率いる関西共友会は、関東睦会との全面戦争に突入し、各地で激しい争いが繰り広げられていた。中でも関東の抗争は激化し、多くの若者が血を流すこととなった。事態の収拾を願う...

  3. 極道の紋章 第十七章 映画

    前崎(松田一三)を頂に、遂に関西を統一した関西共友会。総裁に風間(桑名正博)、理事長に津浪(白竜)と、沖田連合と川谷組が上手く融合した磐石の旅立ちにみえたが、相反する関東睦会は、牙をむ...

  4. 極道の紋章 第十六章 映画

    関西共友会の結成にこぎつけた三代目川谷組若頭・津浪(白竜)。その初代会長の座は、三代目川谷組組長・前崎(松田一三)と、二代目沖田連合総長・風間(桑名正博)との一騎打ちと見られていた。し...

  5. 極道の紋章 第十五章 映画

    関東睦会の北陸侵攻作戦を阻み、北陸を制圧した川谷組だったが、その隙を狙うように、東京では新興勢力が台頭しつつあった。中でも天竜会は、愚連隊の様相を呈し、川谷組のシマでも商売を開始し、度...

  6. 極道の紋章 第十四章 映画

    北陸侵攻を図るべく、福井の松井組を傘下に納めた、風間(桑名正博)率いる沖田連合。それを不服に思う松井組の若頭は明道会を立ち上げ、沖田連合に反旗を翻す。両者の抗争が激化する中、関東睦会の...

  7. 極道の紋章 第十三章 映画

    前崎徹雄(松田一三)が三代目を襲名し、新しい船出をはじめた川谷組。桐生(小沢仁志)をはじめとする関東睦会は、若頭に留まった津浪(白竜)たち川谷組の関東進出を是が非でも阻止すべく、“関東...

  8. 極道の紋章 第十二章 映画

    二代目を暗殺された川谷組の跡目問題が全国の組織から注目を集める中、桐生(小沢仁志)をはじめとする、関東睦会の面々は川谷組の関東進出に対し、危機感を深めていた。そんな中、関東睦会と対立す...

  9. 極道の紋章 第十一章 映画

    関東進出の拠点を横浜に作った川谷組に対し、弘和会始め、関東の組織は警戒の目を緩めなかった。そんな中、横浜を縄張りにする、関東睦会・目黒組は、普段から川谷組とのいさかいが絶えなかったが、...

  10. 極道の紋章 第十章 映画

    全国制覇を目論む弘和会は、関西以西の拠点にすべく今度は和歌山に進出。それを見た川谷組若頭・津浪(白竜)は、逆に関東進出の足がかりを作るため、前崎(松田一三)を横浜に送り込んだ。一触即発...

  11. 極道の紋章 第九章 映画

    全国制覇を目論む弘和会は、その足がかりとして三重に進出。それを阻みたい川谷組若頭・津浪(白竜)は、どこの傘下にも属さない高島組と盃を交わし、弘和会傘下の馬渕組の追い出しにかかる。そんな...

  12. 極道の紋章 第八章 映画

    縄張りが隣接する川谷組系芝村組と沖田連合系高見組。兼ねてから抗争が絶えない両者は、遂に高見組から死者がでた事により、争いの沸点は最高潮に達した。川谷組若頭・津浪(白竜)にケジメを迫る、...

  13. 極道の紋章 第七章 映画

    川谷組を破門になった徹雄(松田一三)は九州小倉の居酒屋で皿洗いの日々を送っていた。その小倉では、古参の牧原一家と、新興勢力の誠真会の対立が続いており、牧原一家若頭・室井(高杢禎彦)は沖...

  14. 極道の紋章 第六章 映画

    天王寺のシマを巡って、争いが勃発した前崎組と小倉組。津浪(白竜)の力で、一度はまとまりかけた二つの組だったが、前崎(松田一三)は心に大きなわだかまりを残す。それを感じ取った前崎組組員・...

  15. 極道の紋章 第伍章 映画

    チンピラ同士のケンカが発端で、関西制覇を狙う沖田連合の大阪進出を許してしまった津浪(白竜)。津浪組、強いては川谷組の窮地を救うべく、津浪はある絵図を画策する。しかし、沖田連合本部長・風...

  16. 極道の紋章 第四章 映画

    川谷組のシマで無断で賭場を開いていた飛田組傘下・長谷部組の愚考を知った津浪(白竜)は、落とし前として天王寺のシマを飛田組から奪う。さらに大阪統一を狙う津浪は、一挙に飛田組を傘下に治める...

  17. 極道の紋章 第参章 映画

    川谷組のさらなる勢力の拡大のために津浪(白竜)は、対立する沖田連合の大阪進出を阻むべく、日々奔走していた。そんな折、津浪が以前壊滅に追い込んだ堀田一家の残党が川谷組の若中たちを射殺した...

  18. 極道の紋章 第弐章 映画

    川谷組若頭・津浪祐史(白竜)は、組長・川谷才蔵(川地民夫)の突然の入院により、二代目襲名の跡目を進められるが、固辞する。そんな折、才蔵の長男・純一(曽根悠多)の “暴走”はとどまること...

  19. 極道の紋章 映画

    度量と侠気で、誰からも一目置かれている川谷組若頭・津浪祐史(白竜)は、反目しあう忠道会と堀田一家の抗争を取りまとめるためにある絵図を描く。それは、互いの組長の“首”を取り合いさせるとい...

Page Top