お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

転生賢者の異世界ライフ~第二の職業を得て、世界最強になりました~  第1話 街を守りたくなった

この作品もオススメ

転生賢者の異世界ライフ~第二の職業を得て、世界最強になりました~
転生賢者の異世界ライフ~第二の職業を得て、世界最強になりました~ (配信数5話)

突然、異世界に召喚されたブラック企業の社畜・佐野ユージ! 異世界での彼の職業、それは『魔物使い(テイマー)』。冒険者になることも難しいとされる不遇職。しかし、仲間にしたスライムのおかげで様々な魔法、そして、第二職業『賢者』を手に入れる! 圧倒的な力を得たユージだが、自分の強さには無自覚で…? 最強の力で無自覚無双!

■キャスト
ユージ:小林千晃
ドライアド:和氣あず未
スラ:遠野ひかる
スラパッチ:菅野真衣
マユスラ:三川華月
スラハッパ:久遠エリサ
ヒゲスラ:大森日雅
ペケスラ:花井美春
プラウドウルフ:高木渉


■スタッフ
原作:進行諸島(GA ノベル/SB クリエイティブ刊)
キャラクター原案:風花風花
監督・キャラクターデザイン:小嶋慶祐
助監督:鈴木清崇
シリーズ構成:福島直浩
共同キャラクターデザイン・総作画監督:埼玉憲人
総作画監督:後藤圭佑
色彩設計:竹澤聡
美術監督:平良亜以子(スタジオなや)
撮影監督:小林俊介(サンジゲン)
音響監督:田中亮
音楽:吟(BUSTED ROSE)
音楽制作:ポニーキャニオン
アニメーション制作:REVOROOT

(C)進行諸島・SBクリエイティブ/転生賢者の製作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 街を守りたくなった
    第1話 街を守りたくなった

    ファスタンの街の冒険者ギルドを訪れるユージ。そこへ凶暴化した1万もの魔物が街に向かっているとの報せが入った。街に冒険者がいるとはいえ多勢に無勢、ここは逃げるしか手段がないのだろうか? ――ギルドにいた一同が静まり返ったそのとき、ユージは自分が持ち帰ったドラゴンの骨から炎を再現し、魔物たちを一掃することを提案する。ユージの考えに賭けて、協力を申し出る冒険者たち。彼らが門の外で魔物を食い止めている間に、ユージはスライムたちと協力して魔法の準備に取り掛かる。すると、森にいるドライアドから緊急の連絡が。ドライアドが発見した怪しい男は魔石を持っており、おそらくその男が魔物を出現させているに違いない。ユージは魔力投網で男を捕らえるが……。

  • 第2話 パーティーを組んでみた
    第2話 パーティーを組んでみた

    ファスタンの街を救ったユージだったが、騒がれるのはなるべく避けたいと言って街を出ていった。そんなユージ一行がたどり着いた次の街はキリア。さっそく冒険者登録を済ませたユージは1件の依頼と、仲間となるパーティーを紹介される。パーティーのメンバーは短剣使いのロディスと、弓使いのティナ、槍使いのリーサという3人の男女。ロディスはテイマーであるユージを足手まといと小馬鹿にするが、そういうロディスをティナとリーサはいまいち信用していない様子だった。依頼の内容は「アース・ドラゴンの居場所の特定」というもので、ユージは索敵を任されることに。夜になり、パーティーは森でキャンプすることになったが、見張り役のロディスが忽然と姿を消して――!?

  • 第3話 強すぎるって意味だった
    第3話 強すぎるって意味だった

    森で盗賊団を捕らえたユージは、ティナ&リーサと共にアース・ドラゴンの捜索を続行することに。近くにいる魔物をスライムたちに倒させながら歩みを進めると、盗賊の件でスライムの強さを目の当たりにしたティナとリーサはさらにその強さに驚愕。すると、スライムたちがアース・ドラゴンとは別の巨大なドラゴンを発見。パーティーはひとまずデライト渓谷に退避することになった。スライムたちとプラウドウルフが先行してデライト渓谷の魔物を倒し、パーティーの安全を確保したのも束の間、突然ユージたちの目の前で地割れが起こり、その裂け目からアース・ドラゴンが出現! 自分の強さをティナとリーサに悟られたくないユージは、何とかして二人にバレずにアース・ドラゴンを倒す方法を考える。

  • 第4話 いろいろ異常事態だった
    第4話 いろいろ異常事態だった

    アース・ドラゴンを倒したユージだったが、もう1体のドラゴンがまだ残っていた。「デライトの青いドラゴン」と名付けられたドラゴンを倒すため、街では討伐隊を結成。明朝に総攻撃を仕掛ける手筈になっていた。しかし、巨大化したドラゴンの力はあまりにも強大。ユージは単独でスライムたちとプラウドウルフを引き連れ、夜のうちに森へと向かっていった。攻撃魔法が効かず、森を破壊することで魔力を吸収するドラゴンに対して、ユージが取った選択は教会で渡された「ケシスの短剣」で戦うことだった。広範囲を焼き尽くす「終焉の業火」を「ケシスの短剣」に集中させれば、かなりの威力が得られるはず。そう確信してドラゴンに立ち向かうユージ。はたして、勝利できるのだろうか?

  • 第5話 寒くて大変みたいだった
    第5話 寒くて大変みたいだった

    ユージがめざす次の街はリクアルド。これまで何かと異常事態に遭遇してばかりのユージだったが、ティナとリーサによるとリクアルドは気候も温暖で食事も美味しく、過ごしやすい街とのこと。だが、たどり着いたリクアルドは話とは真逆の、強烈な猛吹雪に覆われる極寒の街だった。街の門番によると、どうやら十日ほど前からリクアルドは大寒波に襲われているらしい。門番の勧めで立ち寄った虎火亭という店でも料理用の薪が確保できず、休業を余儀なくされているという。それでも料理を食べてみたいと思ったユージは魔法とスキルを駆使して薪を手に入れ、料理長に最高の料理を作らせる。その味はまさに絶品で、感動したユージは大量の薪を調達するため冒険者ギルドを訪れる。

ページトップへ