お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

天龍八部 レジェンド・オブ・デスティニー  第3話

この作品もオススメ

天龍八部 レジェンド・オブ・デスティニー
天龍八部 レジェンド・オブ・デスティニー (配信数8話)

宋(そう)の元祐(げんゆう)年間。遼(りょう)の皇帝・耶律洪基(やりつ・こうき)は、宋の国力が弱ったと見るや停戦の条約を破り、侵攻を開始。非道の限りを尽くす遼軍に蹂躙される宋の民――そんな惨状を見ていられず、武林の各門派や江湖の豪傑たちが立ち上がった。丐幇(かいほう)一の勇士・喬峯(きょう・ほう)も、その1人である。彼は、敵の兵が持っていた密書を手に入れたことで、国境に大きな危機が迫っていることを知る。武林大会に出席する丐幇幇主・汪剣通(おう・けんつう)に急を知らせるべく、喬峯は少林寺へと急ぐが…。

■キャスト
トニー・ヤン(楊祐寧)
バイ・シュー(白澍)
ジャン・ティエンヤン(張天陽)
ジャニス・マン(文詠珊)
スー・チン(蘇青)
ホー・ホンシャン(何泓姍)
チウ・シンジー(邱心志)
ガオ・タイユー(高泰宇)
スン・ウェイ(孫瑋)


■スタッフ
原作:金庸「天龍八部」(徳間文庫 刊)
総監督:ユー・ロングアン(于栄光)『蒼穹の剣』
脚本:ユエン・ズーダン(袁子弾)
撮影監督:グオ・ジーレン(郭智仁)
美術監督:ツイ・ヤオチェン(崔曜琛)『蒼穹の剣』/ユー・シアンジュン(兪向軍)
アクション監督:スー・シャオドン(司小冬)『蒼穹の剣』
作曲:ドン・ドンドン(董冬冬)『驪妃-The Song of Glory-』
衣装デザイン:モー・シアオミン(莫暁敏)
メイク:ファン・シアオイン(范笑吟)
VFX:ジュアン・イエン(荘厳)『長安二十四時』

Copyright (C) 2020 New Classics Media. ALL RIGHTS RESERVED.

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話
    第1話

    遼の皇帝・耶律洪基(やりつ・こうき)は、宋の国力が弱ったと見るや停戦の条約を破り、侵攻を開始。非道の限りを尽くす遼軍に蹂躙される宋の民――そんな惨状を見かねて、武林の各門派や江湖の豪傑たちが立ち上がった。丐幇(かいほう)一の勇士・喬峯(きょう・ほう)も、その1人である。敵が持っていた密書を手に入れ、国境に大きな危機が迫っていることを知った喬峯は、武林大会に出席する丐幇幇主・汪剣通(おう・けんつう)に急を知らせるべく、少林寺へ…。

  • 第2話
    第2話

    段誉(だん・よ)は、腸がズタズタになって死ぬという恐るべき毒・断腸散を飲まされてしまった。死を免れるためには、7日以内に鍾霊(しょう・れい)の父親を連れて、神農幇幇主・司空玄(しくう・げん)のもとへ戻らなければならない。道を急ぐ段誉の前に、一組の男女が。見ると、先日もめ事を起こした無量剣派の門弟ではないか。2人から逃げるうち、崖から転落してしまう段誉。深い谷底の、さらに下――地底の洞窟へとたどり着いた彼は、そこで世にも美しい“仙女”と出会う…。

  • 第3話
    第3話

    疑り深い夫・鍾万仇(しょう・ばんきゅう)の逆鱗に触れることを恐れ、甘宝宝(かん・ほうほう)は自室に段誉(だん・よ)をかくまうことに。だが、あえなく事態は露見してしまう。しかも、段誉が段正淳(だん・せいじゅん)の息子だと知ると、鍾万仇の怒りは頂点に達するのだった。神農幇から娘の鍾霊(しょう・れい)を救うため、段誉と共に万劫谷(ばんごうこく)を後にする甘宝宝。しかし、妻に見捨てられたと勘違いした鍾万仇が2人の前に立ちはだかり…。

  • 第4話
    第4話

    汪剣通(おう・けんつう)が馬大元(ば・たいげん)に託した密書――喬峯(きょう・ほう)の重大な秘密が記されているとあって、康敏(こう・びん)は内容が気になって仕方がない。その好奇心が、いずれ江湖を揺るがす大事件を巻き起こそうとは、彼女自身知る由もなかった。一方、段誉(だん・よ)は木婉清(ぼく・えんせい)と協力して、無事に鍾霊(しょう・れい)を助け出すことができた。しかし、喜んだのも束の間、今度は木婉清が大勢の追っ手に襲われてしまい…。

  • 第5話
    第5話

    段誉(だん・よ)に弟子入りしろと迫る岳老三(がく・ろうさん)。何度断っても聞く耳を持たず、理屈の通じる相手でもない。困り果てた段誉は一計を案じるのだった。同じ頃、喬峯(きょう・ほう)は、丐幇(かいほう)の仲間たちを従えて雁門関(がんもんかん)へ。遼の軍勢と対峙する韓(かん)将軍に加勢しようというのだ。精兵ばかりをそろえた遼軍に、宋軍は数でも劣っている。この劣勢を跳ね返すため、喬峯は敵将・耶律涅魯古(やりつ・デルク)をおびき出す策に出る…。

  • 第6話
    第6話

    無量剣派の門弟たちによって牢に閉じ込められてしまった段誉(だん・よ)は、暇に飽かせて北冥神功の修練を続けていた。ひょんなことから見張りの者と小競り合いになる段誉。その時、彼は北冥神功の不思議で奥深い力の一端を垣間見るのだった。一方、耶律涅魯古(やりつ・デルク)を生け捕りにし、遼軍を撤退させることに成功した喬峯(きょう・ほう)は、韓(かん)将軍たちと祝杯をあげていた。そこに、前幇主・汪剣通(おう・けんつう)が倒れたという知らせが…。

  • 第7話
    第7話

    四大悪人が大理に向かっている――そんな情報を得た段誉(だん・よ)は、母に万一のことがあってはならないと玉虚観へ向かった。彼の母・刀白鳳(とう・はくほう)は、鎮南王王妃という地位を捨て、出家していたのだ。一度は拒んだものの、大理四大護衛たちの説得に応じ、鎮南王府へ戻ることを承諾する刀白鳳。しかし、一行の帰りを待ち受けていたかのように、岳老三(がく・ろうさん)が鎮南王府を襲撃する。段誉は「私に3手以内で勝ってみろ」と岳老三を挑発し…。

  • 第8話
    第8話

    秦紅棉(しん・こうめん)と甘宝宝(かん・ほうほう)――段正淳(だん・せいじゅん)がかつて情を交わした2人の女性が、彼の前で顔を合わせた。嫁ぐと誓った段誉(だん・よ)が腹違いの兄だったと知って混乱し、いずこかへと去る木婉清(ぼく・えんせい)。そこへ葉二娘(よう・じじょう)と岳老三(がく・ろうさん)までが現れ、段誉を連れ去ってしまうのだった。一方、仮面をつけた不気味な老人と出会った木婉清は、その男に導かれるまま、山中に建つ怪しげな石室へ…。

ページトップへ