お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

独孤伽羅~皇后の願い~  第33話 以心伝心

この作品もオススメ

独孤伽羅~皇后の願い~
独孤伽羅~皇后の願い~ (配信数39話)

政権交代が激しい乱世の南北朝時代、北周に忠義を尽くす武将独孤信が、「独孤天下」という予言を受ける。独孤信には3人の娘がおり、長女の独孤般若は予言を実現させるため皇后になるべく北周の皇室に嫁ぐが、その座を掴んだのもつかの間、難産の為亡くなってしまう。次女の独孤曼陀は自分の母が庶民の出身であることに引け目を感じ、権力と金に執着し、一度は心を通じ合わせた楊堅とではなく、唐国公に嫁いでしまう。三女の独孤伽羅は賢く、独孤家を守る責任を負うことになり、政略結婚で楊堅と夫婦になる。はじめは互いに想いがない2人だったが、少しずつ気持ちを通わせ合い戦乱の世を生き抜いていく…。

愛のない婚姻から運命を変える愛へ――!
乱世の中、欲望と策略に翻弄されながらも、夫を隋の初代皇帝へと押し上げた皇后・独孤伽羅の物語!―

 

■キャスト
フー・ビンチン 「ときめき旋風ガール」「皇帝と私の秘密~櫃中美人~」
チャン・ダンフォン 「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~」「諍い女たちの後宮」
アン・アン 「王の後宮」「秋のコンチェルト」
シュー・ジェンシー 「賢后 衛子夫」
リー・イーシャオ 「項羽と劉邦 King’s War」「新・上海グランド」
イン・ハオミン 「古剣奇譚~久遠の愛~」


 

■スタッフ
脚本:チャン・ウェイ 「女医明妃伝~雪の日の誓い~」「ハンシュク~皇帝の女傅」「後宮の涙」
演出:ホー・シューペイ
美術監督:ガオ・シーシー 「項羽と劉邦 King’s War」「三国志 Three Kingdoms」「新上海グランド」

©Beijing Hope Century Motion Pictures Co., Ltd

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 戦いの予兆
    第1話 戦いの予兆

    南北朝時代、「独孤を得たものが天下を得る」というお告げを受けた北魏の孝武(こうぶ)帝は将軍・独孤信(どっこしん)の支持の下、長安に都を構えるが、重臣の宇文泰(うぶんたい)に実権を奪われた。それから時が流れ、北周を建国した宇文覚(うぶんかく)が独孤家の狩場を訪れる。彼は権力を増す従兄の宇文護(うぶんご)に対抗すべく、柱国大将軍・独孤信を味方につけようとしていたが…。

  • 第2話 秘めた愛
    第2話 秘めた愛

    如玉軒で磁器を品定めしていた独孤信(どっこしん)の末娘・伽羅(から)は、見るからに金持ちのどら息子といった風情の色男とケンカになる。だが、その色男こそ次女・曼陀(ばんた)の許婚、楊堅(ようけん)だった。一方、相思相愛の仲である宇文護(うぶんご)と逢瀬を重ねていた長女・般若(はんじゃく)は、父親と宇文護が対立しないように心を砕いていたが、伽羅が何者かに拉致されてしまい…。

  • 第3話 姉妹の野望
    第3話 姉妹の野望

    伽羅(から)をさらったのが宇文護(うぶんご)の手下・哥舒(かじょ)だとわかり、般若(はんじゃく)は宇文護に縁を切ると言い渡す。そして、独孤信(どっこしん)も丞相の職を引き受け、宇文覚(うぶんかく)を支持することを決意したのだった。その後、独孤(どっこ)家こそ天下を取るべきという野心を抱く般若(はんじゃく)は、宇文覚の異母兄・宇文毓(うぶんよう)に嫁ぐことを決心。それを知った曼陀(ばんた)は般若に対抗心を燃やし始めて…。

  • 第4話 愛の告白
    第4話 愛の告白

    宇文護(うぶんご)から復縁を望まれるも拒絶した般若(はんじゃく)。彼女はそれを見ていた伽羅(から)に愛よりも独孤(どっこ)家の方が大事だと言い聞かせる。そんな時、伽羅が幼い頃から仲良くしてきた宇文?(うぶんよう)が、異母兄・宇文覚(うぶんかく)に疎まれ僻地の同州に左遷させられることになる。旅立つ彼は別れを惜しむ伽羅に初めて愛を打ち明けると、戻ったら妻にすると約束して…。

  • 第5話 残酷な運命
    第5話 残酷な運命

    政治的に宇文護(うぶんご)と連携を取りたい般若(はんじゃく)は彼と酒楼で密会。宇文護の正室・清河(せいか)郡主はその現場を押さえようと動くが、それに気づいた伽羅(から)の機転で二人は難を逃れる。その時、宇文護は宇文毓(うぶんいく)に嫁いで皇后を目指す決意を示した般若に、協力はするが彼を愛すことは許さないと告げる。一方、酒楼の一件で父親から罰を受けた伽羅は…。

  • 第6話 命懸けの帰還
    第6話 命懸けの帰還

    伽羅(から)は隴西郡公・李昞(りへい)の息子・李澄(りちょう)との縁談が決まってしまい、焦って宇文?(うぶんよう)に文を出す。それを読んだ宇文?は勝手に都に戻るのは許されないと知りながら、病弱な体に鞭打って伽羅の元へと急ぐ。その結果、彼は長安に着くなり投獄されそうになるが、宇文護(うぶんご)に窮地を救われる。同時に太医の診断で自分の余命を知ることになり…。

  • 第7話 結納の日
    第7話 結納の日

    思いがけず宇文?(うぶんよう)に振られてしまった伽羅(から)は、李澄(りちょう)に嫁ぐしかないと諦める。そして、独孤(どっこ)家では同じ日に伽羅と曼陀(ばんた)の結納が行われる。そんな中、楊堅(ようけん)より李澄の結納品の方が度を超えて豪華だったことに曼陀は立腹。元来、自分だけが側室の娘であることをひがんできた彼女は、伽羅を見返してやろうと宇文?を誘惑するが…。

  • 第8話 ほどけた絆
    第8話 ほどけた絆

    宇文?(うぶんよう)を誘惑する曼陀(ばんた)の恐ろしい野心を悟った伽羅(から)。怒った彼女はそれを家族に言いつけようとするが、曼陀は自ら水に飛びこんで伽羅に突き落とされたと嘘をつく。結局、独孤信(どっこしん)は姉妹の縁談が破談にならないよう穏便に済ませるが、般若(はんじゃく)は曼陀に厳しい態度を取る。すると、曼陀はますます般若と伽羅に対して恨みを募らせていき…。

  • 第9話 新婚初夜
    第9話 新婚初夜

    般若(はんじゃく)と宇文毓(うぶんいく)の婚礼が滞りなく行われ、恋が実を結んだ宇文毓は幸せの絶頂にいた。だが、般若のことを思い切れない宇文護(うぶんご)が、彼女を奪おうと夫婦の初夜に乱入してくる。一方その頃、宇文?(うぶんよう)も伽羅(から)への恋心が捨てきれず、人知れず葛藤していた。ところが、そのことを偶然、曼陀(ばんた)と楊堅(ようけん)に知られてしまう。それに焦った宇文?は…。

  • 第10話 王妃の里帰り
    第10話 王妃の里帰り

    寧都王妃となった般若(はんじゃく)は上手に宇文覚(うぶんかく)を出し抜き、夫の宇文毓(うぶんいく)が民心を得られるよう手柄を立てさせる。一方、曼陀(ばんた)は楊堅(ようけん)の機嫌を取りつつ、裏では伽羅(から)の許婚・李澄(りちょう)に接近。彼を誘惑し伽羅と宇文?(うぶんよう)の噂話を聞かせる。すると、独孤(どっこ)家に般若が里帰りした日、皆が一堂に会す盛大な宴が催される中、酔った李澄が騒ぎを起こして…。

  • 第11話 誘惑の罠
    第11話 誘惑の罠

    李澄(りちょう)が伽羅(から)と宇文?(うぶんよう)の仲を疑って大騒ぎし、酔いつぶれた晩。曼陀(ばんた)は乳母にそそのかされて李澄の寝所に忍びこむ。だが、そこに寝ていたのは父親の李昞(りへい)だった。翌朝、曼陀は乳母に言われた通りに憐れな娘を演じ、全ては伽羅の陰謀だと訴える。そこで、伽羅は身の潔白を主張するが、信頼していた侍女までが嘘の証言をして…。

  • 第12話 未練と執着
    第12話 未練と執着

    曼陀(ばんた)が李昞(りへい)に嫁ぐことになり、諦めきれない楊堅(ようけん)は駆け落ちを計画。泣いて断る曼陀に何十年でも待って必ず娶ると誓う。そして、彼は曼陀の乳母が死ぬ間際に遺した「黒幕は宇文護(うぶんご)」という言葉を信じ、宇文護の屋敷に押し入る。一方、無実が証明され、李澄(りちょう)との婚約が解消された伽羅(から)は、曼陀の婚儀には出ずに済慈院で過ごすことに…。

  • 第13話 危険な噂
    第13話 危険な噂

    曼陀(ばんた)の婚儀は祝う者がいないまま、楊堅(ようけん)だけが彼女を見送る。その後、伽羅(から)と李澄(りちょう)の婚約が解消されたのは独孤信(どっこしん)が宇文?(うぶんよう)の擁立を企んでいるからだという噂が広まり、噂の出所を曼陀だと疑った独孤信は李昞(りへい)とともに里帰りした娘に問いただす。すると、曼陀は開き直って暴言を吐き、それを聞いた独孤信は怒りのあまり卒倒し…。

  • 第14話 疲弊した心
    第14話 疲弊した心

    宇文?(うぶんよう)がまた宇文覚(うぶんかく)に痛めつけられたと聞いて彼の元を訪れた伽羅(から)。彼女はそこで宇文?の愛を確かめるが、自分と一緒になっては彼が謀反を疑われると考え、同州へ帰る彼を見送ったのだった。そして、楊堅(ようけん)も蒲阪へ帰り、一人になった伽羅は父親の看病と独孤(どっこ)家の切り盛りに明け暮れる。だが、その心はすっかり弱り切っていて…。

  • 第15話 嬉しい客人
    第15話 嬉しい客人

    伽羅(から)と交流のある斉の女官・陸貞(りくてい)が独孤(どっこ)家を訪問。ふさいでいた伽羅は彼女に磁器作りの窯場を案内され、彼女の言葉から生きる気力を取り戻す。そして、そこで出会った利発な少女、冬曲(とうきょく)を自分の侍女にしたのだった。その頃、朝廷では趙貴(ちょうき)が独孤信(どっこしん)に代わり宇文覚(うぶんかく)の信頼を得ていたが、般若(はんじゃく)は彼に宇文護(うぶんご)の暗殺をけしかけて…。

  • 第16話 暗殺の宴
    第16話 暗殺の宴

    斉で13歳の新皇帝が即位し、宇文護(うぶんご)はこの機に乗じて斉を攻めるべきだと主張する。すると、宇文覚(うぶんかく)はこれに賛成し宇文護に兵符を与えてしまう。そこで先手を取られまいと焦った趙貴(ちょうき)は、すぐに宇文護を始末するべきだと宇文覚に忠言。出陣を祝うという口実の宴で宇文護を暗殺する段取りを整えるが、それに気づいた独孤信(どっこしん)は…。

  • 第17話 秘密の一夜
    第17話 秘密の一夜

    独孤信(どっこしん)を失脚させたい趙貴(ちょうき)は宇文覚(うぶんかく)の疑心を利用、謀反の疑いで伽羅(から)を捕らえて拷問する。そんな中、瀕死の妹を助けたいと焦った般若(はんじゃく)は宇文毓(うぶんいく)に今すぐ挙兵するようにと懇願するが、彼は承知しない。そこで、般若はこっそり宇文護(うぶんご)に会いに行き、挙兵に協力するよう頼む。そして、勝算の低い戦いを渋る彼に自分の体を差し出して…。

  • 第18話 断たれた縁
    第18話 断たれた縁

    宇文護(うぶんご)は挙兵を決意するが、都に駆けつけた宇文?(うぶんよう)が伽羅(から)の罪をかぶる。そんな彼に宇文毓(うぶんいく)も宇文護も味方し、死罪を免れた宇文?は出家することになる。一方、釈放された伽羅の体は順調に回復するが、彼女はこの事件で宇文覚(うぶんかく)への不信感を募らせていた。そんな時、般若(はんじゃく)の懐妊を知って伽羅は無邪気に喜ぶが、強く口止めされて…。

  • 第19話 野心と誤算
    第19話 野心と誤算

    宇文護(うぶんご)の子供を身ごもった般若(はんじゃく)は堕胎しようと決意。だが、伽羅(から)に説得されて思い止まる。一方、曼陀(ばんた)は李昞(りへい)の屋敷に到着。隴西郡公夫人として良い生活ができると胸を弾ませていたが、夫にはすでに多数の側室と子供がいることがわかって愕然とする。その頃、般若は月をごまかして宇文毓に妊娠を報告、これに彼は大喜びして…。

  • 第20話 愛の駆け引き
    第20話 愛の駆け引き

    隴西郡公の屋敷で曼陀(ばんた)は女主人として振る舞う側室の馮(ふう)氏と犬猿の仲に。そこで彼女は泣いたり仮病を使ったりして夫を味方につけようとするが、子供っぽい彼女の態度を見て李昞(りへい)の心は離れていく。一方、宇文護(うぶんご)が宇文毓(うぶんいく)の命を狙っていると疑い始めた般若(はんじゃく)。彼女は宇文護に会いに行くと、お腹の子供はあなたの子だと打ち明けて…。

  • 第21話 皇后の座
    第21話 皇后の座

    趙貴(ちょうき)の計画に乗った宇文覚(うぶんかく)は宇文護(うぶんご)を暗殺しようとして失敗。結局、宇文覚を退位させた宇文護は宇文毓(うぶんいく)を皇帝に据え、般若(はんじゃく)を皇后にするという約束を果たしたのだった。一方、隴西郡公の屋敷では般若の即位を知った李昞(りへい)や側室たちが曼陀(ばんた)のご機嫌を取り始める。そこで自分が頼れるのは独孤(どっこ)家しかないと悟った曼陀は文を送り…。

  • 第22話 偽りの悲劇
    第22話 偽りの悲劇

    宇文毓(うぶんいく)に毒が盛られていることに気づいた般若(はんじゃく)は宇文護(うぶんご)から夫を守るため独孤信(どっこしん)に全てを打ち明け、丞相に復職するよう請う。そして、龍興寺で宇文護と会った般若は彼の前でわざと階段から落ちると、早産で生まれた娘を隠し死産したように見せかける。一方、隴西郡公の屋敷では般若が送りこんだ侍女・王(おう)氏が辣腕をふるい始め…。

  • 第23話 青い目の子供
    第23話 青い目の子供

    般若(はんじゃく)は生まれた娘が宇文護(うぶんご)と同じ青い目だったことがわかると取り乱す。そこで伽羅(から)が子供の養育を申し出て麗華(れいか)と名付けて可愛がる。そんな伽羅を支える宇文?(うぶんよう)はいつか必ず彼女と一緒になることを誓うのだった。一方、済慈院にいる伽羅を訪ねて郡主に封じた宇文毓(うぶんいく)は、帰りに寄った龍興寺で般若が“死産”した経緯を聞きつけ…。

  • 第24話 復讐の念
    第24話 復讐の念

    宇文護(うぶんご)のせいで子供を失ったと信じる宇文毓(うぶんいく)は、般若(はんじゃく)に反対されながらもひそかに復讐計画を進める。一方、宇文毓との子供を授かった般若は宇文護に会い、許しを請う彼に親子3人の命の保証を迫る。すると、宇文護はすんなり承諾するが、彼はすでに自分の命を狙う宇文毓の動きを読んでいた。そこで自ら独孤信(どっこしん)を訪ねていくと…。

  • 第25話 屈辱の敗北
    第25話 屈辱の敗北

    独孤信(どっこしん)から宇文覚(うぶんかく)と同じ轍を踏んではならないと忠告されたにもかかわらず、宇文毓(うぶんいく)は尉遅康(うっちこう)が手配した宇文護(うぶんご)の暗殺計画を決行。だが、内通者がいたことで計画は失敗、宇文護の息子を殺した尉遅康は返り討ちに遭う。そして、宇文毓を守ろうと駆けつけた独孤信と伽羅(から)は宇文護の軍と対峙するが、そこに宇文?(うぶんいく)が独りで現れて…。

  • 第26話 最期の願い
    第26話 最期の願い

    吐血が続き余命を悟った独孤信(どっこしん)。彼は宇文?(うぶんよう)が宇文護(うぶんご)との取引材料に独孤信の長男・独孤羅(どっこら)の命を提案したことに不信感を抱き、伽羅(から)と楊堅(ようけん)の縁談を決める。そして、伽羅は葛藤しつつも父親の最期の願いを叶えることを決意する。こうして、彼女は甘州から戻らない楊堅に代わって花婿役となった仮面の男性と婚儀を行って…。

  • 第27話 命の償い
    第27話 命の償い

    楊(よう)家の屋敷に入った伽羅(から)は冬曲(とうきょく)を執事にして立派に家事を仕切り始める。その頃、伽羅と楊堅(ようけん)の結婚を知った曼陀(ばんた)は取り乱すが、妊娠がわかると隴西郡公夫人としての地位を固めようと心に決める。一方、里帰りした伽羅と親子水入らずの時間を過ごした独孤信(どっこしん)。彼は宇文護(うぶんご)に文を書くと翌朝、尉遅康(うっちこう)の反乱の責任を負ったのだった…。

  • 第28話 再燃する火種
    第28話 再燃する火種

    母親からの文で初めて自分の結婚を知った楊堅(ようけん)。彼は慌てて蒲阪に戻ると楊忠(ようちゅう)に結婚はご破算にすると息巻くが、独孤信(どっこしん)の訃報を知らされると大人しくなる。その頃、都では宇文護(うぶんご)が独孤信を死に追いやったと悪い噂が立ち、この機を逃さず般若(はんじゃく)は宇文護から兵権を取り上げようと企む。そして、自ら朝議に乗りこんでいった般若は…。

  • 第29話 揺れる想い
    第29話 揺れる想い

    初めて楊(よう)家の屋敷で一緒に過ごすことになった伽羅(から)と楊堅(ようけん)。互いに自分勝手な言動を謝るが、強気な二人はまたすぐに口論となってしまう。それでも、夜中にうなされる伽羅を見た楊堅は、朝まで彼女の側に付き添ったのだった。その後、曼陀(ばんた)への誓いを忘れてはならないと自らを戒めた楊堅は、彼女に変わらぬ愛を誓う文を書いて…。

  • 第30話 交錯する陰謀
    第30話 交錯する陰謀

    伽羅(から)と楊堅(ようけん)は般若(はんじゃく)の出産まで仮面夫婦を続けることに。一方、般若の暗殺を哥舒(かじょ)に命じた宇文護(うぶんご)はいざとなると思い切れず、暗殺計画を阻止すると般若に「私と争うな」と釘を刺す。その頃、隴西郡公の屋敷では李昞(りへい)が曼陀(ばんた)の部屋で堕胎を促す麝香を発見して激怒していた。そして、彼はまず李澄(りちょう)を疑うが、曼陀は李澄をかばって…。

  • 第31話 二人の剣舞
    第31話 二人の剣舞

    隴西郡公の屋敷では曼陀(ばんた)が李澄(りちょう)を利用して側室の錦娘(きんじょう)とその息子を追い出すことに成功。一方、宮廷では伽羅(から)と楊堅(ようけん)の仲を案じる般若(はんじゃく)が二人に宴で剣舞を披露するように命じる。だが、再び楊堅と口論になってしまった伽羅は独りで剣舞の練習をするはめに。すると、宇文?(うぶんよう)が彼女に稽古をつけてくれるが、それを目にした楊堅は…。

  • 第32話 夫婦の条件
    第32話 夫婦の条件

    宴で誤解が生じた伽羅(から)と楊堅(ようけん)は冷戦状態に。さらに、楊堅が宇文?(うぶんよう)を殴ったと聞いて伽羅は腹を立てる。しかし、喧嘩の理由がわかると彼女は冷静さを取り戻し、これからは楊堅といい夫婦になろうと決意したのだった。また、この騒動を知った般若(はんじゃく)は宇文?の元に李娥姿(りがし)を送りこむ。その真意を悟った宇文?は彼女を側妃に迎えて…。

  • 第33話 以心伝心
    第33話 以心伝心

    宇文護(うぶんご)が辺境の敵国と密通していると疑った楊堅(ようけん)は彼の屋敷に覆面して忍びこみその証拠を探す。だが、哥舒(かじょ)に見つかり逃げる途中で怪我を負い毒に侵されてしまう。それでも伽羅(から)のお陰で一命を取り留めた彼は、宇文護の追及を避け敵軍を追い返すことに成功したのだった。さらに、大興郡公に出世した彼は西山軍営を任されて…。

  • 第34話 衝撃の暴露
    第34話 衝撃の暴露

    曼陀(ばんた)は自分が産む子を将来の隴西郡公にするため、唯一の嫡子である李澄(りちょう)を罠にはめて辺境に追い払う。一方、般若(はんじゃく)は宇文護(うぶんご)に挑発されて激怒する宇文毓(うぶんいく)をなだめるが、彼ともめた末に不正出血で倒れてしまう。それを知ってすぐに医者を差し向けた宇文護は、かつて般若が流産した子は自分との子だったと宇文毓に耳打ちして…。

  • 第35話 初めての口づけ
    第35話 初めての口づけ

    般若(はんじゃく)の秘密を知って荒れ狂う宇文毓(うぶんいく)をなだめるため、楊堅(ようけん)は自ら宇文?(うぶんよう)に頭を下げて取りなしを頼む。その結果、宇文?に諭された宇文毓は般若と話し合い、彼女を許すと決めたのだった。この出来事に感謝した伽羅(から)は楊堅(ようけん)と初めて口づけを交わし、彼に心を寄せていく。一方その頃、曼陀(ばんた)は帰郷した李澄(りちょう)に再び卑劣な罠を仕掛けて…。

  • 第36話 執念の仇討ち
    第36話 執念の仇討ち

    曼陀(ばんた)は出産予定を遅らせ、めでたい元旦に子供を産もうと考えていた。だが、そのために雇った侍女はひそかに馮(ふう)氏の復讐を企んでおり、早産となった曼陀は産まれたばかりの娘を殺されてしまう。だが、彼女はこの事件を利用して李澄(りちょう)の叔父に罪を着せる。その結果、王(おう)氏の説得もあり李昞(りへい)は曼陀の子供を必ず後継ぎにすると上奏し…。

  • 第37話 嫉妬と悲しみ
    第37話 嫉妬と悲しみ

    独孤(どっこ)家に里帰りした曼陀(ばんた)はかつて自分に愛を誓ってくれた楊堅(ようけん)と伽羅(から)の結婚を快く思っていなかった。そのため、かわいそうな女性を演じて楊堅の気を引くと、二人が仲違いするよう仕向ける。結果、伽羅は曼陀の肩ばかり持つ楊堅に呆れて喧嘩になってしまう。一方、曼陀を警戒する般若(はんじゃく)は宇文毓(うぶんいく)に頼んで家族の宴を開いてもらい…。

  • 第38話 失った信頼
    第38話 失った信頼

    楊堅(ようけん)が曼陀(ばんた)の世話を焼く姿を見た伽羅(から)は心傷ついて家出する。それを知った般若は曼陀を厳しく叱責する。その頃、洛州に着いた伽羅は偶然、陸貞(りくてい)と出会っていた。そして、彼女の言葉で楊堅を信じる決心をした彼女は家に戻ることにする。一方、伽羅の行方を捜す楊堅はその道中で李澄(りちょう)に出くわし曼陀のこれまでの悪事を聞かされ…。

  • 第39話 試される愛
    第39話 試される愛

    李澄(りちょう)の証言をもとに曼陀(ばんた)と李昞(りへい)が結婚することになった経緯を確かめた楊堅(ようけん)は、ようやく曼陀の本性に気づいて反省し伽羅(から)に愛を誓う。一方、偶然に麗華(れいか)の存在を知った曼陀は彼女を伽羅と宇文?(うぶんよう)の隠し子だと思いこみ、そのことを楊堅に伝えて復讐しようとする。その結果、大きなショックを受けた楊堅は宇文?に会いに行き…。

ページトップへ