お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

よろしくメカドック  第1話 「青春チューニング」

この作品もオススメ

よろしくメカドック
よろしくメカドック (配信数30話)

風見潤、中村一路、野呂清の三人の若者たちが経営する、カーチューニングショップ“メカドック”。小さいながらも確かな腕でこだわりのチューンナップをする彼らの店には、マシンに熱い想いを持つ走り屋やレーサー、警官までもが続々と集う。やがて潤たちは自らもレースの世界へと足を踏み入れ、ライバルたちと勝利を競うこととなる。

■キャスト
橋本晃一
石丸博也
玄田哲章
井上和彦
麻上洋子
石塚運昇
小林勝彦
幸田直子
中原茂
加藤正之
日高のり子
佐々木るん
大平 透
高田由美
京田尚子
二又一成
堀内賢雄
鈴木三枝



■スタッフ
演出:うえだひでひと、石山タカ明、小島正幸、澤井幸次、貞光紳也
原作:次原隆二
脚本:寺田憲史、曽田博久
音楽:高橋洋一(演奏:高橋洋一バンド)withコロムビアオーケストラ

 

 OP「よろしくチューニング」
 作詞:寺田憲史
 作曲:河内淳一
 歌/演奏:STR!X

 

 ED「君にWoo…!」
 作詞:寺田憲史
 作編曲:河内淳一
 歌/演奏:STR!X

©次原隆二/NSP 1982・タツノコプロ

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 「青春チューニング」
    第1話 「青春チューニング」

    横浜の町へやってきたメカドックは、松桐坊主のセリカと暴走族「須賀六狼」のサバンナRX-3とのカーチェイスに巻き込まれてしまい、住居兼店舗としている改造バスのタイヤをパンクするはめに。須賀六狼を許せない潤は、スバル360でサバンナを追う。

  • 第2話 「爆走! ルンルン小町」
    第2話 「爆走! ルンルン小町」

    聖ソフィア女学館の自動車部“カーギャルズクラブ”に出張した潤は、成り行きで“女暴小町”と名乗る少女の駆るヨタハチとバトルをするはめに。この小暴小町、近頃横浜でかなり話題となっている謎の走り屋で、巡視員の優までも検挙に失敗してしまうほどのやり手らしい。

  • 第3話 「土曜の夜のターボⅡ」
    第3話 「土曜の夜のターボⅡ」

    土曜の夜だけに現れる謎の暴走族・ブラックシティ。その車の正体は、純正ターボを搭載している“シティターボⅡブルドック”だ。今度ブラックシティを捕まえないと高速警察隊の小野は責任を取って更迭されてしまい、同時に小町も横浜を出て行かなくてはならなくなってしまう。

  • 第4話 「盗みのライセンス」
    第4話 「盗みのライセンス」

    最近、セリカ1600GTVに乗って横浜の解体屋を荒らし回っている不届き者がいるという話をおイカ婆さんから聞いた潤たちは、一致団結して犯人を捕まえようとする。ところが何度か挟みうちにして捕まえようとするも、対向車線からやってきた者は口を揃えてスカGしか見ていないという。

  • 第5話 「つぶし屋ジョーカー」
    第5話 「つぶし屋ジョーカー」

    チューンナップカーを次々と襲う正体不明の改造シャンテ。ついにメカドックチューンの車もその犠牲になってしまった。ミスター・ジョーカーと名乗るシャンテのドライバーは、決まってチューンナップした店のステッカーを剥がしていくという。

  • 第6話 「ライバルはRX7」
    第6話 「ライバルはRX7」

    峠で那智から聞いたキャノンボールレースに出るために、潤はおイカ婆さんの解体屋から出場車のベースとなるセリカXXを入手し、野呂と共にチューニングを開始する。その準備の最中、キャノンボール出場用のRX-7の試乗を見た潤はそのチューンの秘密を知りたがるも、その態度を那智に厳しく諫められてしまう。

  • 第7話 「挑戦キャノンボール」
    第7話 「挑戦キャノンボール」

    ついに完成したメカドックチューンのセリカXX。潤と一緒に出場することになっている松&桐のセリカと、小町&坊主のヨタハチも準備万全だ。九十九里浜から江ノ島までを競う公道レース「キャノンボール」にチューニングの神様と呼ばれる渡辺も出場することを知った潤は、競争心を一層燃やすことに。

  • 第8話 「ぶっちぎれスカG軍団」
    第8話 「ぶっちぎれスカG軍団」

    パルサーの追撃をかわした後、ハイギャードの東条誠が駆るツインエンジン仕様のピアッツァと接戦を繰り広げる潤のXX。だが、ブレーキが強化されていなかったピアッツァは、ハイパワーを減速時に受け止めきれずクラッシュしてしまう。

  • 第9話 「伝説の男! スーパーZ」
    第9話 「伝説の男! スーパーZ」

    キャノンボールも中盤戦。チームGT-Rをかわした潤の背後から渡辺のスーパーZが追い上げてきた。2台の熾烈なデッドヒート! 高速道路でZを引き離すも、ストリート仕様の加速重視のチューニングを施されたZに抜かされてしまう。

  • 第10話 「栄光のゴールを奪え」
    第10話 「栄光のゴールを奪え」

    キャノンボールもついに最終決戦に。渡辺、那智に対してライバル心を燃やす潤。XXが得意とする高速走行に適した第3東名ルートを取った潤に対して、RX-7とスーパーZは羽田線ルートを取ることに。ところが、渡辺と那智はそこで暴走集団「百鬼連合」に進路妨害をされてしまう。

  • 第11話 「待ちぼうけパーティ」
    第11話 「待ちぼうけパーティ」

    横浜の若者たちの間では、午前0時にオンエアされる海賊放送の話題で持ちきりだった。放送内でいつも告知する番組の発信場所には謎の女性DJ・アンジーに憧れる若者たちが集まるが、未だその姿を見た者は誰もいなかった。だが、そのアンジーが小型放送局を積んだトラックでメカドックに現れた。

  • 第12話 「走れ! 一路スペシャル」
    第12話 「走れ! 一路スペシャル」

    普段はメカドックの経営や伝票整理に明け暮れており、メカは全くノータッチの一路。そんな彼に聖ソフィア女学館主催の自動車レースに出場する車をチューニングして欲しいと依頼する少女・洋子が現れた。最初はメカいじりに慣れていない自分がバカにされているのかと思ったが、後に洋子の頼みが純粋な気持ちによるものだったことを一路は理解する。

  • 第13話 「アクロバット大追跡!」
    第13話 「アクロバット大追跡!」

    世界中を巡業している香港アクロバット団が潤たちの住む街にやってきた。この団の花形スター・リリィは団長に結婚を迫られたのと、流浪の生活に飽きたことで団を抜け出してしまう。実はこのアクロバット団、裏の顔は拳銃などを扱う密輸団だった。

  • 第14話 「激走! アイスバーン」
    第14話 「激走! アイスバーン」

    雪山へとやってきた潤と仲間たち。だが松桐坊主と小町は金持ちが集う夢ヶ森コミュニティに間違えて到着してしまい、そこの備品であるスノーモービル3台を勝手に乗り回し壊してしまう。館の主である夏木麻美はそれらを弁償する代わりに自分たちと雪山レースをしないかと話を持ちかける。

  • 第15話 「よみがえれ! チャンプ」
    第15話 「よみがえれ! チャンプ」

    キャノンボール終了直後、那智が行方不明になっていたことを新聞で初めて知った潤は、彼のことが心配でチャンプを訪れた。そこで那智の妹・知世からチャンプの経営が危機的状態であることと、渡辺がチューンニングショップを開業することを知らされ衝撃を受ける。

  • 第16話 「翔べ! スタントカー」
    第16話 「翔べ! スタントカー」

    映画のカースタントを失敗したスタントマン・健。その相棒の大山がメカドックにスタントカーのチューンを依頼してきた。最初はその依頼を拒否するも、大山と健の熱心な姿勢に心を打たれた潤は彼らの気持ちを酌んで力を貸すことに。ところがあと一歩のところで資金繰りが上手くいかず、このスタントシーンの撮影のみを残して映画の制作がストップしてしまう。

  • 第17話 「つっ走れ! 港への道」
    第17話 「つっ走れ! 港への道」

    甲府への出張の帰り道、潤たちは橋の上で立ち往生しているバスを発見する。そのバスを運転していたのは、なんとあの須賀六狼だった! 彼は大島の学校へ転任することになった自分の恩師・みな子先生を現在の教え子たちと共に見送るため、レンタルバスで横浜へ向かっている途中だった。タイムリミットはあと4時間。

  • 第18話 「ゼロヨンGPへの招待」
    第18話 「ゼロヨンGPへの招待」

    潤に日本初の本格的ゼロヨン大会“全日本ゼロヨンGP”への招待状が届けられた。ゼロヨンとは、0-400m間を全力疾走してその速さを競うレースのこと。参加者には渡辺や那智などの名チューナーたちが招待されるほか、チーム毎に支度金が用意されることもあってメカドックも出場することに。

  • 第19話 「CR-Xスクランブル」
    第19話 「CR-Xスクランブル」

    テスト走行時に出場マシンを盗まれたメカドックは、為す術もなく、ただ意気消沈するのみだった。だが、そこへ那智からCR-Xの新車が贈られてきた。対戦相手からチューニングベース車両をもらい受けることに一時は抵抗を感じた潤だったが、那智の心意気を素直に受け止め、初代CR-X以上のマシンを作り上げようと新たな闘志を燃やすのだった。

  • 第20話 「まぼろしの10秒02」
    第20話 「まぼろしの10秒02」

    潤の駆る新生CR-Xミッドは初代メカドックCR-Xに打ち勝ち、見事決勝トーナメントへの進出を決めた。決勝第一回戦の相手は渡辺の師匠・露崎が率いる紫電改のハイパーソアラ。強敵を前にプレッシャーがかかるも、ターボラグをメカニカル面で克服した点がアドバンテージとなり、CR-Xは見事勝利を収める。

  • 第21話 「熱きデッドヒート」
    第21話 「熱きデッドヒート」

    実質日本初のゼロヨン10秒台を叩きだした那智を相手に、決勝トーナメント第2戦を戦わなくてはならなくなった潤。そこで短時間でCR-Xの秘めたるポテンシャルを引き出すため、潤はデフのローギア化&後輪インチアップを行うことで加速力&高速の伸びを強化することに成功。

  • 第22話 「夢のビッグエンド」
    第22話 「夢のビッグエンド」

    那智のRX-7に打ち勝った潤の次の対戦相手は、チューニングの神様・渡辺だった。彼はこの勝負が雨天時になることを見越して前レースでレインタイヤの練習走行を行っており、潤に対して今までに見せたことのない本気で勝負を挑む姿勢をみせていた。

  • 第23話 「全開!オールドパワー」
    第23話 「全開!オールドパワー」

    潤たちが見かけた懐かしいオート3輪。その持ち主は昔ながらの運送屋を営む坊主の爺さんだった。「坊主が仕事を全然覚えようとしないのは、遊び好きで能無しのお前等のせいだ」とこの爺さんからボロボロに言われた松と桐は憤慨。そこで爺さんを見返してやろうと、松桐は坊主を社長に据え、女子大生による配達員で構成された宅急便「おかわりポーターズ」を創業。

  • 第24話 「届け! 逃亡者の願い」
    第24話 「届け! 逃亡者の願い」

    父の愛車トヨタ2000GTで地元相模原のレースに出場しようとする少女ひとみは、偶然出会ったメカドックの中村と名乗る男に車のチューニングを依頼。だが、その男の正体は、相模原を荒し回っている村木という名の自動車泥棒だった。村木はメカドックに事情を話し、レース後に自首するという条件で潤にチューンを引き受けてもらうことに。

  • 第25話 「解散! メカドック」
    第25話 「解散! メカドック」

    全日本ゼロヨンGPの主催者であり、同大会でニューセラミックエンジンを搭載した夢のマシンを公開した夢幻の代表・兵藤千里が、“夢幻計画”というプロジェクトを発表した。この計画には各チューニングショップのエースメカニックが次々と引き抜かれており、その誘いは潤の身の上にも及んでいた。

  • 第26話 「恐るべき夢幻計画」
    第26話 「恐るべき夢幻計画」

    潤が夢幻に行ってしまったことで元気を無くしてしまったメカドックとその仲間たち。その悲しさを紛らわせるために、中村たちは那智が行う新しいチューンドRX-7の公開走行テストを見に出かけた。だがそこに何の前触れもなく兵藤が現れ、コンピュータによる走行を可能とする夢幻のニューマシン・セクター1ペガサスを那智のRX-7の対抗馬としてぶつけてきた。

  • 第27話 「集結! サーキットGP」
    第27話 「集結! サーキットGP」

    夢幻の主催により、富士、鈴鹿、築波の3つのサーキットを結ぶ公道レース「東日本サーキットGP」が開催されることになった。コンピュータ第一主義の夢幻の考えが合わずにメカドックに戻ってきた潤もニューマシン「グレーサーZ」で出場を決意。那智もメカドックのチームメイトとして参加することになった。

  • 第28話 「疾走! 東名サーキット」
    第28話 「疾走! 東名サーキット」

    ついに「東日本サーキットGP」がスタート。弱冠18歳の天才チューナー・五十嵐充が駆る夢幻ボブキャットのコンピュータ走行とは対照的に、潤と那智はチューナー特有の天性のカンによるドライブを繰り広げる。富士スピートウェイから鈴鹿サーキットまで完全封鎖された東名高速道路は巨大な高速サーキットと化していた。

  • 第29話 「神様ワタナベの秘密」
    第29話 「神様ワタナベの秘密」

    プロトレーシングによる荒い走行によって吹き飛ばされそうになった潤は、兵藤の身を挺した助けによりリタイアを免れる。マシンが大破した兵藤のもとへ走った潤と五十嵐は、彼女から渡辺の目が白内障に冒されており、失明するのも時間の問題であることを知らされる。

  • 第30話 「青春アクセルオン!」
    第30話 「青春アクセルオン!」

    渡辺の失明へのタイムリミットは刻一刻と迫っていた。那智も潤から渡辺の失明のことを聞き、潤もまた彼から渡辺の視力がレース中にも失われつつあることを聞く。最終ポイントの富士スピードウェイでついに彼の視力は尽きてしまうが、隅々まで知り尽くしているこのコースを前に渡辺は心の目をもって若獅子たちに最後の戦いを挑んでいく。

ページトップへ