お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

機動戦士ガンダム 水星の魔女  PROLOGUE

この作品もオススメ

機動戦士ガンダム 水星の魔女
機動戦士ガンダム 水星の魔女 (配信数8話)

A.S.122――数多の企業が宇宙へ進出し、巨大な経済圏を構築する時代。モビルスーツ産業最大手「ベネリットグループ」が運営する「アスティカシア高等専門学園」に、辺境の地・水星から一人の少女が編入してきた。名は、スレッタ・マーキュリー。無垢なる胸に鮮紅の光を灯し、少女は一歩ずつ、新たな世界を歩んでいく。

■キャスト
スレッタ・マーキュリー:市ノ瀬加那
ミオリネ・レンブラン:Lynn
グエル・ジェターク:阿座上洋平
エラン・ケレス:花江夏樹
シャディク・ゼネリ:古川慎


■スタッフ
企画・制作:サンライズ
原作:矢立肇・富野由悠季
監督:小林寛
シリーズ構成・脚本:大河内一楼
キャラクターデザイン原案:モグモ
キャラクターデザイン:田頭真理恵
           戸井田珠里
           高谷浩利
メカニカルデザイン:JNTHED
          海老川兼武
          稲田航
          形部一平
          寺岡賢司
          柳瀬敬之
チーフメカアニメーター:久壽米木信弥
            鈴木勘太
            前田清明
副監督:安藤良
設定考証:白土晴一
SF考証:高島雄哉
メカニカルコーディネーター:関西リョウジ
設定協力:HISADAKE
プロップデザイン:絵を描くPETER
         えすてぃお
コンセプトアート:林絢雯
テクニカルディレクター:宮原洋平
美術デザイン:岡田有章
       森岡賢一
       金平和茂
       玉盛順一朗
       上津康義
美術監督:佐藤歩
色彩設計:菊地和子
3DCGディレクター:宮風慎一
モニターグラフィックス:関香織
撮影監督:小寺翔太
編集:重村建吾
音響監督:明田川仁
音楽:大間々昂
製作:バンダイナムコフィルムワークス・創通・MBS

(C) 創通・サンライズ・MBS

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • PROLOGUE
    PROLOGUE

    小惑星に建造されたフロント、フォールクヴァング。ヴァナディース機関のラボでは、ガンダム・ルブリスの稼働実験が行われていた。評議会から課された条件をクリア出来ないままのルブリスに、焦燥感を募らせるテストパイロット、エルノラ・サマヤ。――その日は、彼女の娘が4歳を迎える誕生日だった。

  • 第1話 魔女と花嫁
    第1話 魔女と花嫁

    宇宙産業の大手ベネリットグループが経営する、アスティカシア高等専門学園。水星からの編入生スレッタ・マーキュリーは、学園での新生活に胸を躍らせていた。だが到着間近、彼女は宇宙を漂う一つの影を発見する。
     

  • 第2話 呪いのモビルスーツ
    第2話 呪いのモビルスーツ

    グエルとの決闘に勝利したスレッタ。しかし彼女のモビルスーツ、エアリアルには、禁止された魔女の技術、GUNDフォーマットを使用している嫌疑がかけられる。一方ミオリネは、父デリングにより退学の危機に直面していた。

  • 第3話 グエルのプライド
    第3話 グエルのプライド

    決闘の再試合を強いられるスレッタ。エアリアルの廃棄処分を取り消すため、ミオリネの退学を回避するため、二人は協力関係を結ぶ。一方、対戦相手のグエルにとっても、この決闘は絶対に負けられない戦いだった。

  • 第4話 みえない地雷
    第4話 みえない地雷

    グエルからスレッタへの、突然のプロポーズ。困惑したスレッタはパニックになり、その場から逃げ出してしまう。皆がグエルの行動に驚く中、地球寮の生徒の一人チュチュは冷ややかな視線を送っていた。

  • 第5話 氷の瞳に映るのは
    第5話 氷の瞳に映るのは

    ペイル・テクノロジーズがエランを利用して、エアリアルの秘密に迫ろうと画策する。何故か自分に優しく接するエランのことが、スレッタは気になっていた。そんな中スレッタはある日、エランから外出の誘いを受ける。

  • 第6話 鬱陶しい歌
    第6話 鬱陶しい歌

    エランとの決闘を承諾したスレッタ。エランの豹変した態度に、彼女は戸惑いを隠せない。決闘の場所はフロント外宙域。推進ユニットを持たないエアリアルは、機体の増強を余儀なくされる。

  • 第7話 シャル・ウィ・ガンダム?
    第7話 シャル・ウィ・ガンダム?

    エランと連絡が取れないまま茫然と日々を過ごすスレッタのもとに、ベネリットグループからインキュベーションパーティーの招待状が届く。ミオリネは行く必要なしと冷たくあしらうが、スレッタはエランとの再会を期待して……。

ページトップへ