お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

HIGH CARD  #01 ONE SHOT

この作品もオススメ

HIGH CARD
HIGH CARD (配信数3話)

ストリートを根城に気ままに暮らしていたフィンは恩のある孤児院が資金難で閉鎖の危機に陥っていることを知り一攫千金を狙ってカジノヘ乗り出す。しかし、そこで待っていたのはツキをほしいままにする男が持ったカードを巡って繰り広げられる銃撃戦にカーチェイス、悪夢のような修羅騒ぎだった。やがて、フィンは知ることとなる。世界の秩序を守るも混乱に陥れるも、意のまま。選ばれし者に人知を超えた異能力を与える52枚の《エクスプレイングカード》の存在を。そして、幼い頃から肌見放さず大切にしていた〝相棒〟に秘められた力を――。高級自動車メーカー・ピノクルに勤務する表の顔を持ちながら真には、フォーランド国王直々に王国中に四散してしまったといわれるカードを回収する任務を命じられたプレイヤー集団《ハイカード》。その第5のメンバーとしてスカウトされたフィンはイカした仲間たちとともに、危険なミッションに当たる。「必要なのはマナーと気品、そして命を張れる覚悟。それだけです」対するは、悪名高きマフィア・クロンダイクファミリーとピノクルを打ち負かすことに執念を燃やすライバルメーカーのフーズフー。 大義、欲望、復讐を抱き、カードに魅せられたプレイヤーたちによるすべてを賭ける狂騒争奪戦(ルビ:ゲーム)が、今、幕を上げる!Are you ready?It’s Showdown!!

■キャスト
フィン・オールドマン:佐藤元
クリス・レッドグレイヴ:増田俊樹
レオ・コンスタンティン・ピノクル:堀江瞬
ウェンディ・サトー:白石晴香
ヴィジャイ・クマール・シン:梅原裕一郎
バーナード・シモンズ:山路和弘
セオドール・コンスタンティン・ピノクル:小野大輔
オーウェン・オールデイズ:島﨑信長
ノーマン・キングスタット:関俊彦
ブリスト・ブリッツ・ブロードハースト:武内駿輔
ブランディ・ブルーメンタール:園崎未恵
バン・クロンダイク:関智一
ティルト:豊永利行
ボビー・ボール:沢城千春
グレッグ・ヤング:森川智之
シュガー・ピース:高橋李依


■スタッフ
監督:和田純一
シリーズ構成:黒栁尚己
脚本:山下憲一
   犬飼和彦
   永井真吾
キャラクター原案:えびも
キャラクターデザイン/総作画監督:河野のぞみ
総作画監督:永田陽菜
キーアニメーター/アクション作画監督:望月俊平
                   羽山淳一
キーアニメーター/エフェクト作画監督:橋本敬史
色彩設計:南木由実
美術監督:大西穣
     鈴木朗
撮影監督:國井智行
CG監督:内山正文
編集:伊藤利恵
カードデザイン:BALCOLONY.
コンセプトアート:れおえん(FLAT STUDIO)
音響監督:はたしょう二
音響効果:倉橋裕宗
音楽:高橋諒
アニメーション制作:スタジオ雲雀
制作:トムス・エンタテインメント/第6スタジオ

© TMS/HIGH CARD Project 

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • #01 ONE SHOT
    #01 ONE SHOT

    金髪の青年が街行く人を物色している。彼の名はフィン・オールドマン。巣立ったサンフィールズ孤児院を地上げ屋から救うため、ズバ抜けた視力の良さを活かしてスリで資金を集めているのだ。だが、質屋は盗品の買取を拒否。その代わり、フィンが大事に持ち歩いている“カード”なら考えても良いと言う。このカードだけは渡せない……フィンは、一攫千金を狙ってカジノへ。しかし、この行動が彼を数奇な運命へと導いていくのだった。

  • #02 MAKE A CHOICE
    #02 MAKE A CHOICE

    フィンを追いつめた赤いスーツの男、クリス・レッドグレイヴは老舗自動車メーカー《ピノクル》の社員だった。なぜ自動車メーカーがカードを狙っているのか? このカードは一体? フォーランド王国最大のマフィア組織である《クロンダイクファミリー》とは? 混乱するフィンは半ば強引にピノクルへ入社させられ、《ハイカード》の一員となる。教育係に任命されたのはクリス。反りが合わない2人は、さっそく最初の任務へと就く。

  • #03 CRAZY RICH
    #03 CRAZY RICH

    テーラーから出てきたフィンはおろしたてのオーダーメイドスーツを身にまとい上機嫌な様子。そんな気分に水を差すような事件が。なんと、目の前で青年が誘拐されてしまったのだ。ネオニューナンブを使って助け出すことに成功するフィン。だが、青年の態度に開いた口がふさがらない。彼は生意気で礼儀知らず、超上から目線の尊大な奴だったのだ。そんな少年をまだ追いかけてくる誘拐犯。どうやら彼らにも言い分があるようで……。

ページトップへ