お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う  第8話

この作品もオススメ

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う
シロでもクロでもない世界でパンダは笑う (配信数9話)

闇に隠された真実を、忖度なく暴け!
巷に溢れる悪質なセクハラ・パワハラ、組織の不正に権力者への忖度…
週刊誌やネットで事件の噂や憶測が飛び交っても、結局、真相はグレーなまま闇に消えていくことも多い。そんな目に見えない壁に阻まれた事件に大胆不敵に切り込んで、隠された真相を容赦なく暴いてくれるヒーロー&ヒロインがいてくれたら…!
この物語は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと彼女を操るメンタリスト・飼育員さんが、「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつける!警察やマスコミが触れない「隠れた真相」を大胆に暴く最凶バディが誕生する!しかし、飼育員さん・直輝がミスパンダと共に真相を暴く理由は、単なる正義感からではなかった…謎の死を遂げた直輝の父。直輝は誓う、全ては、愛する父を殺し真実を闇へ葬った人間への復讐のため!直輝の復讐は一体どこへ向かうのか!?そして、直輝が生み出したミスパンダとは一体何者なのか!?
アメコミのような痛快さと先の読めない謎が加速する新時代のシニカルミステリー!

■キャスト
川田レン/ミスパンダ:清野菜名
森島直輝/飼育員さん:横浜流星
Mr.ノーコンプライアンス:佐藤二朗


■スタッフ
脚本:佐藤友治 ほか
監督:遠藤光貴 ほか
チーフプロデューサー:岡本浩一(読売テレビ)
プロデューサー:福田浩之(読売テレビ)
        千葉行利(ケイファクトリー)
        馬場三輝(ケイファクトリー)
共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)
制作協力:ケイファクトリー
制作著作:読売テレビ

🄫ytv

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話
    第1話

    囲碁棋士の川田レン(清野菜名)はネガティブな性格のせいで試合に勝てず悩んでいた。そんなレンの唯一の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)に時折、「パンケーキを食べに行こう」と誘われること。世間では、裏で甘い汁を吸う悪人たちを懲らしめる謎の人物・ミスパンダが話題になっていた。

  • 第2話
    第2話

    レン(清野菜名)と直輝(横浜流星)は、東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフで刺される事件に遭遇。岸本は、意識不明の重体に陥る。犯人は、赤嶺という3浪中の浪人生。犯行の動機は、岸本の息子・俊一をめぐる東京誠立大学の不正入試問題だった。俊一の入試の成績表がネットに流出し…

  • 第3話
    第3話

    川田レン(清野菜名)は、スピードクライミングの日本代表選手・宮澤沙奈恵の緊急記者会見をテレビで見る。沙奈恵は、練習中にケガをしたため直前に迫った世界選手権を辞退すると発表し、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと訴える。レンは、沙奈恵が中学時代の同級生だったと思い出す。

  • 第4話
    第4話

    直輝(横浜流星)は門田(山崎樹範)から、レン(清野菜名)とリコの秘密を聞く。そんな中、楓(吉田美月喜)が通う中学校で3年生の翔太が同級生の涼介を人質にとって立てこもる事件が発生する。涼介にいじめを受けていたと訴える翔太に対し、涼介はいじめていないと主張。

  • 第5話
    第5話

    7年前にショッピングモール爆破事件を起こした死刑囚・浜口が、護送中に連れ去られた。浜口は死刑確定後に無罪を主張していた。ミスパンダと飼育員さんが護送車を襲撃する様子が映像に残っていたため、警察はミスパンダを犯人として捜査を開始。そんな中、ミスパンダは動画配信“国民投票”で浜口が“クロ”か“シロ”か…

  • 第6話
    第6話

    ミスパンダが浜口死刑囚を殺害した容疑で指名手配された。直輝(横浜流星)は、殺人を犯した偽のミスパンダが誰なのかを突き止めるために奔走。Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、ミスパンダの殺処分を直輝に命じる。門田(山崎樹範)が殺され、レン(清野菜名)はショックを受けていた。

  • 第7話
    第7話

    レンとして生きていたリコ(清野菜名)は、眠っていたリコ自身の意識を取り戻す。リコは直輝に、門田(山崎樹範)を殺した犯人を見つけてほしいと頼む。直輝(横浜流星)はリコの願いを聞き入れ、彼女に催眠をかけることに。リコが眠りにつき、戻ってきたレンは囲碁に打ち込む。そんな中、再びリコが直輝に呼び出される。

  • 第8話
    第8話

    8年前にあずさ(白石聖)を誘拐したコアラ男の正体が哲也(田中圭)だと断定する神代(要潤)のスクープに、激しく憤る直輝(横浜流星)。神代は直輝に、佐島(佐藤二朗)から証拠を得たと告げる。直輝は佐島が哲也を殺したと考え、佐島に疑いをぶつける。すると佐島は、自分でシロクロつければいいと直輝を挑発。

  • 第9話
    第9話

    佐島(佐藤二朗)の告白により、哲也(田中圭)の無実が明らかになったはずだった。しかし直輝(横浜流星)は、佐島が何かを隠そうとしていたことを見抜く。その頃、レン(清野菜名)は、コアラ男に連れ去られ、とある場所に運ばれていた。直輝は、コアラ男から連絡を受け、1時間以内にレンを監禁している場所に来いと…

ページトップへ