お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

鏢門(ひょうもん) Great Protector  第1話 辛亥の用心棒

この作品もオススメ

鏢門(ひょうもん) Great Protector
鏢門(ひょうもん) Great Protector (配信数26話)

旧暦辛亥の年(1911年)、混乱を極める時局。山西で商売する太谷鏢局の鏢頭・戴海臣(たい・かいしん)は、還暦を機に引退を考えていた。義に篤い性格の一番弟子・劉安順(りゅう・あんじゅん)に後を継がせ、愛娘の戴戎(たい・じゅう)と結婚させるつもりだ。だが戴戎は、劉安順の頑固で潔癖すぎる性格を心配していた。戴海臣の還暦祝いの日、安順は規則を破り鏢局を通さず仕事を請け負った馬奎(ば・けい)鏢師を叱咤し…。

■キャスト
ウォレス・フォ
リー・ジャン
リウ・イーハン
ジア・チン


■スタッフ
監督:ハン・シアジュン
脚本:シュー・ハオフォン

©China Huace Film&TV CO., LTD. All Rights Reserved.

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 辛亥の用心棒
    第1話 辛亥の用心棒

    清朝末期、辛亥の年。山西・太谷鏢局の創設者である老鏢師・戴海臣が引退を迎えようとしていた。同じ頃、賊に荷を奪われるという、創設以来初の失態が発生。大鏢頭に任じられたばかりの弟子・劉安順は、度胸試しで土匪を感服させ、荷と鏢師の一隊を奪還する。隊を率いていたのは安順にとって恩ある古参鏢師。私的な荷をヤミ売買するため、正規の経路を外れたことが事件の発端だった。安順は情より掟を重んじ、破門と解雇を告げる。

  • 第2話 鉄帽子王あらわる
    第2話 鉄帽子王あらわる

    荷を襲われた責任を問われ、自ら命を絶った古参鏢師・馬奎。鏢局内ではその処遇をめぐり、掟を頑固に守る劉安順への不満の声が広がり始めていた。そうした中、永代世襲の親王家「鉄帽子王」の子孫を名乗るエルヘが、戴海臣との腕比べを求めて太谷鏢局に現れる。エルヘの供の佟哈は、密勅を帯びたお忍び旅だと語り、隆泰票号の若旦那・謝還に軍資金を出資するよう持ちかけるが…。一方、腕比べを断られたエルヘは鏢局に乗り込み…

  • 第3話 護送隊出立
    第3話 護送隊出立

    鏢局の看板を取り戻すため、大鏢頭としてエルヘとの腕比べに臨んだ劉安順。刀を折られた安順は、自ら負けを認める。戴海臣の娘である戎戎(戴戎)がエルヘを倒し、看板と鏢局の面目は守られたが、次期後継者の立場にある安順に対し鏢師たちの不満はさらに強まった。そんな時、隆泰票号から大金を北京へ護送する仕事が入る。安順は護送隊を率いて出発。この時のために着々と布石を打ってきた土匪・山猫は、荷を奪うべく行動に出る。

  • 第4話 黒袋の弟子
    第4話 黒袋の弟子

    劉安順が山猫に奪われた荷はおとりだった。すべては戴海臣の土匪殲滅策だったのだ。だが安順は荷を奪われた責任を痛感。太谷鏢局を辞して北京で一から出直すことを決意する。失態を認め、罪ある身となったことで、安順は一門の恥である「黒袋の弟子」の身分に落とされ、新しい輸送路を開拓しない限り復帰のかなわぬ立場に。一方、太谷で山猫の手先として飯屋を営んでいた趙秀も、店を売ってエルヘたちと北京へ向かうことに…

  • 第5話 北京での再出発
    第5話 北京での再出発

    劉安順は母を連れ北京にやってきた。道中を共にしたエルへたちと別れ、太谷鏢局の分局である広順鏢局に向かう。だがそこは鏢局とは名ばかりで、鏢師がいないうえに看板さえ掛かっていない。早速、安順は北京八大鏢局へと開業の挨拶に出向くが門前払いをくらってしまう。山西で腕比べに敗れたことが北京にも伝わっていたのだ。北京では同業の彼らに認められなければ仕事ができない。戸惑う劉安順に八大鏢局の元締め杜載山が…。

  • 第6話 八大鏢局の提灯
    第6話 八大鏢局の提灯

    劉安順は暗がり峠を縄張りとする土匪の若親分の北京見物を世話することに。成功すれば新たな護送路が確保でき同業からも認められる。だが、広順鏢局に現れたのは若い女・路瑶婷だった。だが、天津で第9貝勒を拉致し金を奪った犯人逮捕の極秘任務を帯びた巡査の頭・賈克木が瑶婷に目星をつけ、広順鏢局を訪問。同業から認められぬ鏢局ならば、瑶婷を逮捕すると宣言を。安順は歓迎の証である八大鏢局の提灯を手に入れるべく…。

  • 第7話 客人と警察
    第7話 客人と警察

    劉安順は北京八大鏢局の提灯を手に入れ、開業にこぎつける。さらに、路瑶婷の逮捕も回避することができた。この件を巡って杜載山が安順側についたことで、鏢門と賈克木の対立が加速するが、杜載山によれば、賈克木は鏢門の背後にいる人物を恐れているがゆえに、手出しできないという。だからこそ北京で商売をするには朝廷の重臣との付き合いが不可欠だと諭された安順は、新たに紹介された荘親王家の警護の仕事を請け負う決心を。

  • 第8話 師匠の助け船
    第8話 師匠の助け船

    荘親王家の警護となった劉安順は、ある夜、第9貝勒の護衛として妓楼に同行することに。鏢師が雇い主を妓楼に送迎することは、同業者の恥さらしとして蔑まれる行為だ。折しも出くわした八大鏢局の常鶴は、案の定、安順を激しく侮辱。自責の念に駆られた安順は、苦肉の策を講じる。同じ頃、太谷鏢局の李希平が杜載山のもとを訪れる。北京での安順の窮地を慮った戴海臣が命じた訪問で、銃20丁という破格の手土産を持参していた。

  • 第9話 さらわれた女土匪
    第9話 さらわれた女土匪

    劉安順と戎戎が外出から戻ると、いないはずの路瑶婷が沁格格と待っていた。その夜、賈克木が押し入り、瑶婷を渡さなければ10日後に鏢局を封鎖すると言い渡す。一方、警察から逃げおおせたものの山猫に誘拐され、言い寄られた路瑶婷は、安順が許嫁だと出まかせを。そんな中、安順のもとに佟哈が転がり込んできた。2人は瑶婷捜索のため襪親分を訪ねるのだが、襪は一方的に難癖をつけたうえ、鏢局にやって来て座り込んでしまった。

  • 第10話 反清勢力の暗躍
    第10話 反清勢力の暗躍

    安順は、路瑶婷を誘拐した山猫のねぐらに足を踏み入れる。しかし、そこに現れた張端和が救出を阻む。端和は太谷で戴海臣に命を助けられた恩義を返すため、安順に手心を加え、10日後に決着をつけることを提案。だが現状では安順に勝ち目はない。そこで安順は夏啓尊のもとを訪ね、武芸の指南を請うものの、自分の信念を曲げることができずに断念する。その時、安順は夏のもとに集まっている反清勢力の面々を目撃するのだった。

  • 第11話 格格の縁談
    第11話 格格の縁談

    沁格格に袁世凱の息子との縁談が持ち上がった。安順は革命派の袁世凱暗殺計画に巻き込まれた格格と、袁世凱をも救うことに。縁談が消えて喜ぶ格格は安順に銃を贈り、袁世凱は恩人の安順に返報を約束する。都入りし、鍛冶を訪ねた戴海臣は制作中の刀が安順のものだと見抜いて鍛冶職人に助言を。完成した鍔のない刀を使って端和との決闘に勝った安順だが、希平の尾行をとがめられ10日間の約束で路瑶婷を人質として残すはめになる。

  • 第12話 暗がり峠の首領
    第12話 暗がり峠の首領

    劉安順は鏢局の代表として役所に連行された。しかし袁世凱と沁格格の口添えによってほどなく釈放となり、賈克木をいらだたせる。同じ頃、戴海臣とともに都入りしていた謝還が革命派の閆金水と密会。3日後に武器が東郊に届くことを知らせる。一方、戴海臣は夏啓尊のところにいた山猫を連行し、かつて捻軍で志を共にした路宗山の砦を訪れる。今は亡き元帥の忘れ形見である山猫の性根をたたき直してもらおうという思惑があったのだ。

  • 第13話 酢が好きな許婚
    第13話 酢が好きな許婚

    劉安順は路瑶婷を助ける為に、反清勢力の武器の輸送を引き受ける。そんな安順への感謝の気持ちを込め、解放されて鏢局に戻った瑶婷は、自ら腕をふるい豪華な料理を。鏢局の面々が玄人はだしの料理に舌鼓を打っているところに顔を出した戎戎は、安順と瑶婷に嫉妬し不安を募らせる。一方、希平は上京した謝還の腕輪に目を止め、謝還と反清勢力のつながりを疑う。そして秘密裏に探りを入れ、安順が武器輸送に関わっていることを知る。

  • 第14話 革命派の荷
    第14話 革命派の荷

    泥酔した李希平の呟きから劉安順が反清勢力の荷を護送すると知った賈克木は、安順の護送隊を追う。暗がり峠への帰途にいた路瑶婷は、機転により護送隊を逃すことに成功するが、賈に銃で撃たれてしまった。負傷した瑶婷を宿に運んで看病する安順。瑶婷はそんな安順に恋心を抱き始めていた。しかし、安順を心配して追ってきた戎戎が、二人が同室にいるところを見て激怒。部屋を飛び出してしまう。取り乱す戎戎に希平は…。

  • 第15話 峠の新入り
    第15話 峠の新入り

    さらわれた山猫を救出しようと、張端和が暗がり峠を訪れる。そこで目にしたのは、拷問を受けて息も絶え絶えになった山猫だった。下山を促す端和を無視して、山猫は路宗山に子分になりたいと願い出る。一方、路瑶婷の怪我により足止めされていた劉安順の護送隊だったが、瑶婷が置き手紙を残して宿を去ったことで再び護送の途についた。戎戎は和解せぬまま出発してしまった安順への思いに悩み、李希平の勧めもあって隊を追うことに。

  • 第16話 濡れ衣と落とし前
    第16話 濡れ衣と落とし前

    正式に路宗山の子分となった山猫は、自分を制裁しようとした李二奎を殺害する。その頃、劉安順は、途中で出会った路瑶婷と連れ立って挨拶のため暗がり峠を訪れ、路宗山から歓待を受けていた。酒を酌み交わそうとした時、護送隊が李二奎を射殺したとの知らせが届く。山猫が仲間殺しの罪を着せたのだ。瑶婷は自分を辱めようとした山猫が峠に潜り込んでいるのを知って憤慨するが、すでに入門した後とあって手を下すことは許されず…。

  • 第17話 途上の戦火
    第17話 途上の戦火

    李希平は、劉安順と路瑶婷の仲を勘ぐり傷心している戎戎に長年の恋情を打ち明けるも、平手打ちを食らう。翌日、戎戎は街で偶然再会したウィルソン神父との会話によって、心の安らぎを得た。劉安順の護送隊が灤洲に入ると、蜂起した革命派によって銃撃戦が始まった。荷主の閆金水はすかさず荷をほどいて数十丁の銃を取り出し参戦する。一方、山猫は路宗山の思惑により小頭に昇格するとともに、火器の調達を命じられる。

  • 第18話 劉安順の帰郷
    第18話 劉安順の帰郷

    路瑶婷は山猫を追い出すため賭けをするが、いかさまがばれて失敗。そして、路宗山に釘を刺されながらも恋心を抑えられず、劉安順のところへと向かった。太谷鏢局には多額の手土産とともに許旅団長が訪れ兵士への武芸の訓練を依頼するが、許の下心を見抜いた戴海臣はきっぱりと断る。安順がようやく太谷へ帰郷。戴海臣から戎戎との結婚の許しを得て、改めて自分の思いを告げに向かった時、戎戎の過ちと李希平の本心を知るのだった。

  • 第19話 退位の詔書
    第19話 退位の詔書

    劉安順、李希平、戎戎の絆は壊れた。傷心した安順は自身を責めながら荒野をさまよううちに、待ち伏せしていた路瑶婷と再会。酔った安順は希平への怒りを瑶婷に吐き出す。瑶婷は破談を知って喜び、ますます恋情をつのらせるが、安順はつれない。皇帝が退位を宣言し、中華民国が誕生。エルヘは袁世凱が退位を強いたと激怒し、暗殺に向かう途中で捕らえられる。安順も日頃から目の敵にされていた賈克木の取り調べを受けることに。

  • 第20話 新時代の始まり
    第20話 新時代の始まり

    釈放された劉安順はエルヘの救出に奔走。袁世凱を動かし放免を勝ち取った。諦めないエルヘを安順は手合わせで倒し、袁世凱暗殺の断念を約束させる。明けて1912年、中華民国が成立。広順鏢局にも街にも新しい風が吹き始めた。賈克木は分署長に昇進。襪親分は「治安協力委員」の肩書を手に入れ、街で人々の辮髪を切り落とす騒ぎを起こす。一方、軍では土匪討伐の号令が発せられ、暗がり峠にも交渉役として閆金水がやってくる。

  • 第21話 略奪の町
    第21話 略奪の町

    賭けに負けた襪親分は、面子を取り戻すため鏢局を訪ねるが、劉安順の直言に改心を決意する。路宗山は帰属の条件として弾丸2万発を閆金水に持ちかけた。一方、沁格格は安順に南方政府代表の護衛を依頼。しかしその夜、軍事反乱が起き、北京は破壊される。翌日、襪親分が、火事場泥棒を働いていた子分を叱責しているところに賈克木が現れた。逮捕され、冤罪により処刑される襪親分を、安順はなすすべもなく見つめるのだった。

  • 第22話 火の車
    第22話 火の車

    太谷鏢局が輸送経費の急増で経営難に陥る中、李希平は許旅団長からアヘンの私的な輸送を持ちかけられる。鏢門の掟でも扱いは禁止だが、鏢局と、戎戎との結婚生活の経済的不安に加え、許の脅迫ともとれる説得もあり、やむなく同意してしまう。山猫は武旅団長の部隊を襲撃し、護衛されて移動中だった旅団長のひいき役者・小翠宝を拉致。路宗山は、閆金水に依頼された階級授与式への出席を承諾し、条件である銃弾の到着を待つ。

  • 第23話 師からの白袋
    第23話 師からの白袋

    広順鏢局を訪れた戴海臣は、劉安順の黒袋を白袋に戻して太谷鏢局の次期総鏢頭となるよう命じるが、安順から独立の意向を伝えられ引退後の蓄えを出資金として差し出した。そして、鏢師と土匪の結婚はご法度だと念押しし、路瑶婷への気持ちにけりをつけるよう促す。その後、蔡特使の依頼で孫文の護衛のため張家口行きの汽車に乗った安順は、物売りに化けていた強盗団と乱闘に。同じ車両には瑶婷がこっそり乗り込んでいた。

  • 第24話 宿願の対決
    第24話 宿願の対決

    ようやく互いの思いが通じた劉安順と路瑶婷。一方、鏢局では改心した佟哈が持ち前の商才を発揮していた。安順の仕事が軌道に乗ったのを見て上機嫌の戴海臣であったが、帰り際、鏢局を訪ねた夏啓遵と再会。夏啓尊はかつての無念を晴らすため、戴海臣に手合わせを申し出る。結果、戴海臣の譲歩により二人のわだかまりは解かれた。安順は、掟を守れという師の言葉に悩みながらも、瑶婷と一緒になる決意を母に打ち明けるのだった。

  • 第25話 結婚の申し入れ
    第25話 結婚の申し入れ

    秀児は心配しながらエルヘを待つ日々に耐えかね、ついに広順鏢局を出ていってしまう。一方、護送を終え太谷に戻った李希平は、戴海臣に劉安順を引き合いに出され「長い目での経営策を」と諭されたことで心にわだかまりを残す。暗がり峠では、山猫が国軍と路宗山の間に亀裂を入れようと国軍の山砲を強奪。そうした中、閆金水の依頼で銃弾を運んできた安順たちの一行が峠に到着した。安順は路宗山に、瑶婷との結婚の許しを請うが…。

  • 第26話 新たな大親分
    第26話 新たな大親分

    路宗山が軍の階級授与式に出席。会場で参謀の高文彬が謀反を起こして武旅団長を射殺する。逃走中の流れ弾で負傷した路宗山は臨終の際、劉安順に娘の路瑶婷を託し、山猫を後継者に指名。だが父親の仇討ちを決意していた瑶婷は、土匪と関わってはならない安順の立場を慮り、巻き込まぬよう別れを告げて山猫たちと出立する。一方、沁格格は北京を去ることを決め、東北までの護衛を安順に依頼。安順は、友人としての同行を快諾する。

ページトップへ