お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

妖怪ウォッチ♪  第1話 「妖怪がいる?」 「手を洗おう」

この作品もオススメ

妖怪ウォッチ♪
妖怪ウォッチ♪ (配信数8話)

ある夏の日、ごくごくフツーの小学5年生「天野ケータ」が出会った、
白い奇妙な生き物、それはなんと、ウィスパーという名の妖怪だった!

ウィスパーから、妖怪を見ることができる腕時計「妖怪ウォッチ」を
受け取ると、その日からケータの日常は大きく変わることに・・・

実は街のいたるところには、いろいろな妖怪たちが!
しかも、朝起きることができないのも、急におなかが減るのも、
突然ものすごい大きなオナラが出るのも、世の中で起きるよくある
トラブルは、すべて妖怪の仕業!?

そんな、妖怪たちが引き起こすトラブルには、ウォッチから
トモダチ妖怪を呼び出して解決だ!

ウィスパー、ジバニャン、コマさんなど、いろいろな妖怪たちと繰り広げる
面白くて、ちょっぴり奇妙な物語。

さあ行こう♪新たな妖怪の世界へ!!

■キャスト

ケータ:戸松 遥
ウィスパー:関 智一
ジバニャン:小桜エツコ
コマさん:遠藤 綾
クマ:奈良 徹
カンチ:佐藤智恵
 


■スタッフ

企画原案/エグゼクティブアドバイザー:日野晃博
原作:レベルファイブ
監督:泉保良輔
監督補佐:北條史 也
シリーズ構成:加藤陽一
妖怪&キャラクターデザイン原案:長野拓造
          ・田中美穂
音楽:西郷憲一郎
音響監督:千葉繁
アニメーション制作:オー・エル・エム
 

©LEVEL-5/妖怪ウォッチ♪プロジェクト・テレビ東京

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 「妖怪がいる?」
「手を洗おう」
    第1話 「妖怪がいる?」 「手を洗おう」

    「妖怪がいる?」 ごくごくフツーの小学5年生、天野ケータと妖怪執事であるウィスパーが記念すべき初めての出会いを振り返っていると、あれっ!?ケータの腕に付いているハズの妖怪ウォッチがない! 歴代の妖怪ウォッチ全てをウィスパーが修理に出していたのだ。無事に修理を終えて戻ってきたウォッチが入っている箱の中を開けてみると、そこに入っていたのは・・・ 「手を洗おう」 ケータが手洗い場で手を洗っているところへクマやフミちゃんがやってきた。同じく手を洗うのかと思いきや…全然洗わずに去っていく!おかしいと思ったケータが妖怪ウォッチであたりを照らすと、そこには取り憑いた人を不用心にさせてしまう妖怪“ぶようじん坊”がいた!さらには他のクラスメイトたちもあらゆる妖怪にとり憑かれて手洗い場は大混乱。こんな時は…はるか未来からの使者、妖怪“ロボニャンF型”を召喚して解決だ! 他:「4コマさん~おひさしぶりズラ!~」   「発表!妖怪似顔絵記者会見」   「妖怪スイッチ!」   「妖怪劇場~桃太郎~」

  • 第2話 「悪夢のリモートパーティー」
「めざせ人気妖怪!」
    第2話 「悪夢のリモートパーティー」 「めざせ人気妖怪!」

    「悪夢のリモートパーティー」 大人たちの間で流行っているリモート飲み会を自分たちもやってみようと、ケータたちもジュースで乾杯!しかし突然、お母さんが部屋に入ってきてケータの恥ずかしい秘密をみんなに暴露し始めた!その原因はお母さんに妖怪“バクロ婆”がとりついていたからだった。逃げるバクロ婆をノートパソコンで挟むようにして捕まえたものの、そのせいでネットの世界に入ってしまったバクロ婆はあらゆるリモート空間でとり憑いた人に暴露させまくり…。 「めざせ人気妖怪!」 とある場所に集められたじんめん犬、うんちく魔、ウィスパー。そこには花子さんの姿が!もう見たくない妖怪ワースト3に輝いてしまった彼らを、スーパープロデューサーである花子さんが人気妖怪にプロデュースしてくれるという。手始めに人気妖怪のジバニャンやコマさんの真似をしてみるものの…。 他:「妖怪ニャハ体験」   「4コマさん~手品~」   「発表!妖怪似顔絵記者会見」   「妖怪スイッチ!」   「妖怪劇場~浦島太郎~」

  • 第3話 「キャッシュレス!お金ナイダー!」
「ウィスパーの秘められた力」
    第3話 「キャッシュレス!お金ナイダー!」 「ウィスパーの秘められた力」

    「キャッシュレス!お金ナイダー!」 お母さんにお買い物を頼まれたケータは道中で取り憑いた人を貧乏にさせる妖怪“お金ナイダー”と遭遇する。ケータから財布を奪って貧乏にしてしまおうと狙っていたようだが、ケータが持っていたのはお財布ではなくスマホだった。今や現金ではなく、キャッシュレス決済の時代。そのことを知ったお金ナイダーは、とんでもない行動に出る!? 「ウィスパーの秘められた力」 龍の力で妖怪の秘められた能力をすべて見通すという伝説の占い師がいることを知ったウィスパーは、自分も新たな能力を見つけてもらえば人気妖怪になれるはずと考え、その占い師を訪ねることに。しかしそこにいたのは妖怪“りゅーくん”。早速占ってもらうものの、りゅーくんの水晶玉には何も映らず・・・ 他:「妖怪ニャハ体験」   「4コマさん~カレンダー~」   「発表!妖怪似顔絵記者会見」   「妖怪スイッチ!」   「ひと狩り行くズラ!~ノガッパ~」

  • 第4話 「スーパー妖チューバー ケータ!」
「コマさんの100万円生活」
    第4話 「スーパー妖チューバー ケータ!」 「コマさんの100万円生活」

    「スーパー妖チューバー ケータ!」 ある日、動画配信サイト「妖チューブ」で自分のフツーすぎる日常動画がめちゃくちゃ再生されていることを知るケータ。自分が知らない間に、ジバニャンが勝手に動画を撮影して、それを妖怪“カクさん”によって広められてしまったようだ。しかしこれはある意味オイシイ展開!動画の広告収入で一儲けしようと考えたウィスパーとジバニャンはケータを言いくるめ、いろんな妖怪の力を借りながらケータのチャレンジ動画を配信し続けるが…。 「コマさんの100万円生活」 ある日コマさんとコマじろうのもとにコマ母ちゃんから手紙が届く。そこには最近肩こりがひどいコマ母ちゃんの様子と共に1枚の福引券が入っていた。早速福引をしに商店街へと出かけ、コマさんが福引をまわすと…なんと特等の100万円に当選!家に帰って 100万円の使い道を考えるものの、さっぱり思いつかないコマさんのもとに、生き別れた兄だと言う犬妖怪が現れて…。 他:「妖怪ニャハ体験」   「4コマさん~ブランコ~」   「発表!妖怪似顔絵記者会見」   「妖怪スイッチ!」   「妖怪劇場~シンデズラ~」

  • 第5話 「負けられないクレーンゲーム」
「乙女(デバミ)のアイドル道」
    第5話 「負けられないクレーンゲーム」 「乙女(デバミ)のアイドル道」

    「負けられないクレーンゲーム」 大好きなミスターエポックマンのアイテムをゲットするためクレーンゲームに挑戦するものの、あと一歩のところでゲットできないケータ。ここは幸運を引き寄せる妖怪“ツチノコ”の力を借りようと、召喚をしたが、まさか現れたのは、妖怪“ハナホ人”!召喚するメダルを間違えたのであった。ここが諦め時と思いきや、ケータがクレーンゲームのレバーに自らの鼻の穴を突っ込んで・・・?! 「乙女(デバミ)のアイドル道」 大都会のとあるビルの一室。そこではチーフプロデューサーである花子さんを筆頭に各界のプロフェッショナルによる妖怪アイドルオーディションが行われていた。そこにモチャモチャと現れたのは…つぶらな瞳に短い手足、長い前歯の“デバミ”。その強烈な佇まいに花子さんは驚愕!デバミの中に光り輝く何かを感じ取った花子さんはデバミをトップアイドルへと導いていく! 他:「妖怪ニャハ体験」   「4コマさん~花うらない~」   「発表!妖怪似顔絵記者会見」   「妖怪劇場~金のオーノー!銀のオーノー!~」

  • 第6話 「ねり消し大ブーム!」
「地獄のどんよりエレベーター」
    第6話 「ねり消し大ブーム!」 「地獄のどんよりエレベーター」

    「ねり消し大ブーム!」 朝、ケータが登校すると、クラスメイトたちがスゴい勢いでねりケシ作りをしている!あまりのアツさにおかしいと思い、妖怪ウォッチで照らしてみると、そこには取り憑いた人を全力でやる気にさせる妖怪“メラメライオン”がいた。しかも、メラメライオンまでねりケシ作りに夢中で、ケータの呼びかけにも全く反応しない。あまりにもおかしいみんなを止める為、ともだち妖怪を召喚して解決しようとするが・・・。 「地獄のどんよりエレベーター」 妖怪デパートに買い物に来たウィスパー。エレベーターに乗り込むと、空気がやたら暗い…それもそのはず、場の雰囲気をどんよりさせる妖怪“ドンヨリーヌ”が一緒に乗り込んでいた。気を取り直して目的の階のボタンを押したその時、なぜかエレベーターが突然停止。焦ったウィスパーが振り返ると、そこには無数のネガティブ系妖怪が集結しており、さらなる悲劇がウィスパーを襲う! 他:「妖怪ニャハ体験」   「4コマさん~読み聞かせ~」   「発表!妖怪似顔絵記者会見」   「妖怪スイッチ!」   「妖怪劇場~王子様のキス~」

  • 第7話 「爆誕!最強おならユニット!」
「夢の妖怪パッドエアー!」
    第7話 「爆誕!最強おならユニット!」 「夢の妖怪パッドエアー!」

    「爆誕!最強おならユニット!」 授業が始まる直前、いきなりオナラがしたくなったケータ。みんなにバレないよう、音がしないオナラに成功したと思いきや「くっさー!!」の声が!あまりにもクサすぎるオナラの臭いでみんなにバレてしまった。こんなにもオナラがクサいのは妖怪の仕業だと妖怪ウォッチで照らしてみると、そこには取り憑いてオナラをさせまくる妖怪“おならず者”の姿が!しかも、犯人はさらにもう1体いて…。 「夢の妖怪パッドエアー!」 長年ウィスパーが大事に使ってきた妖怪パッド。しかしここ最近、充電はすぐに無くなり、起動は遅く、しかも画面はひび割れて、さすがにもう寿命…。そんな中、ヒキコウモリから新世代の妖怪パッド「妖怪パッドエアー」発売のウワサを聞いたウィスパー。さっそく新製品を手に入れる為、発売されているお店に向かい、ようやく手に入れたと思いきや、それはとんでもない品物だった! 他:「妖怪ニャハ体験」   「4コマさん~電動歯ブラシ~」   「発表!妖怪似顔絵記者会見」   「妖怪劇場~うぃっすと豆の木~」

  • 第8話 「ママって呼んで!」
「母熊たずねて三千里クマ!」
    第8話 「ママって呼んで!」 「母熊たずねて三千里クマ!」

    「ママって呼んで!」 足を怪我してしまい、保健室にやって来たケータ。湿布を貼ってもらおうとしたその時、保健室の先生のことをあろうことか「ママ」と呼んでしまう!その後も、街中にいる女性のことを、つい「ママ」と呼んでしまう。こんなの絶対におかしい!妖怪ウォッチで照らすと、そこにはすべての人や妖怪を母なる愛で包み込む妖怪“聖オカン”がいた! 「母熊たずねて三千里クマ!」 流行りのソロキャンプを楽しみにやって来たウィスパーとうんちく魔。そこに1匹の小熊が現れる。どうやら母熊とはぐれてしまい、おなかをすかせているようだ。手に入れた食料を小熊に食べさせているうちにうんちく魔と小熊の間に兄弟のような絆が生まれていく。そんな中、小熊が密猟者から狙われるという大ピンチが訪れる!うんちく魔は小熊を助ける為の秘策を生み出すが・・・。 他:「妖怪ニャハ体験」   「4コマさん~だるま落とし~」   「発表!妖怪似顔絵記者会見」   「ひと狩り行くズラ!~セミまる~」

ページトップへ