お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

魔王城でおやすみ  第6夜 姫の迷いなき選択

この作品もオススメ

魔王城でおやすみ
魔王城でおやすみ (配信数6話)

かつて、人と魔が交わり、共に存在した時代。
魔王は人間の姫をさらい、自らの城に幽閉した──。
囚われのスヤリス姫は、檻の中でつぶやく。

「…寝る以外…することがない」

牢をこっそり抜け出して、よりよい安眠を求め魔王城を…探索!? 
自由気ままな人質姫が魔物たちを巻き込んで好き勝手!! 
新感覚、睡眠ファンタジーコメディー!

囚われの姫ですが、とってもよく眠れています。


■キャスト

スヤリス姫:水瀬いのり
魔王タソガレ:松岡禎丞
あくましゅうどうし:石川界人
レッドシベリアン・改:小林親弘
勇者アカツキ:下野紘
はりとげマジロ:小山力也
やしき手下ゴブリン:高橋伸也
ミノタウロス:山根雅史
フランケンゾンビ:相馬康一
ネオ=アルラウネ:大原さやか
かえんどくりゅう:黒田崇矢
ポセイドン:大塚剛央
ハーピィ:大橋彩香
シザーマジシャン:諏訪部順一
アラージフ:佐倉綾音



■スタッフ

原作:熊之股鍵次(小学館「週刊少年サンデー」連載中)  
監督:山﨑みつえ  
副監督:野呂純恵  
シリーズ構成:中村能子  
キャラクターデザイン:菊池 愛  
サブキャラクターデザイン:中島千明  
プロップデザイン:松本 恵  
美術監督:中村千恵子  
色彩設計:石黒けい  
撮影監督:伊藤邦彦  
ビジュアルエフェクト:杉浦誠一  
グラフィックデザイン:桒野貴文  
編集:武宮むつみ  
音楽:橋本由香利  
音楽制作:ランティス  
音響効果:白石唯果(いいな)  
キャスティングマネージャー:谷村 誠(プロ・フィット)  
アニメーション制作:動画工房  
製作:魔王城睡眠促進委員会  

©熊之股鍵次・小学館/魔王城睡眠促進委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1夜 眠れぬ城の姫
    第1夜 眠れぬ城の姫

    かつて、人と魔が交わり、共に存在した時代。人間の姫であるスヤリス姫は、人間に敵対する魔王タソガレによってさらわれ、魔王城に幽閉される。牢の中でベッドに座った姫はつぶやく。「…寝る以外…することがない」。しかし、寝具の質は悪くて安眠できた試しがない。眠ることが大好きな姫は快適な寝床を手に入れると決め、たった一人、魔王城探検へと出発するのだった。

  • 第2夜 姫と怒りのモフモフ
    第2夜 姫と怒りのモフモフ

    魔王城の塔の上に、姫がいた。今日の姫の目的は、安眠を脅かす蚊対策! 壁を歩けるネコスタンプの靴を借りて頂上まで登ると、塔のでっぱりに紐をくくりつけ、かいぶつふろしきで作った蚊帳をつるしてセッティングは無事完了。
    ただひたすらに安眠を求める姫の行動は、日々エスカレートしていく。そんな姫に苛立ちを覚えるレッドシベリアン・改。囚われの姫は人質らしくするべきだと、魔王城法典に従わせようとするが…。

  • 第3夜 姫と禁断の叡智(あれこれ)
    第3夜 姫と禁断の叡智(あれこれ)

    難しい本を寝る前に読めば、よく眠れるに違いないと思いついた姫。地下書物庫に忍び込んでさっそく実践するが、MPが吸い取られるばかりで全然眠れない。
    ところが、うっかり禁断の魔導書の封印を解いてしまい、偶然にも魔導書の精霊・アラージフをゲットする。
    アラージフは、どんな魔法でも与えてくれると言うので、姫は最強の睡眠魔法を教えてもらう。だが、本人には効かないようで……。

  • 第4夜 姫と破壊と小さな冒険
    第4夜 姫と破壊と小さな冒険

    スヤリス姫の新たな悩みのタネは、お風呂がめちゃくちゃ狭いこと。この魔王城で、ゆったりお風呂で眠るという長年の夢を叶えたいと思い、さっそく行動を開始。まずはお湯の確保へむかうが、行き先は魔物用大浴場で、風呂に入っていた魔物たちは大混乱。
    次に浴槽の確保と思っていたところ、大きな甲羅のロケットタートルが現れる。レッドシベリアン・改は、その魔物の側では火気厳禁だというが……。

  • 第5夜 姫と戦う女たち
    第5夜 姫と戦う女たち

    魔王軍女部隊の帰還により、騒がしくなる魔王城。人間と仲良くなりたいハーピィが、姫の牢へとやってきた。しかし姫は、新しい布団を作ることしか頭にない様子。どれだけ話しかけてもつれない姫に、ハーピィも負けじと女子トークを繰り広げるが、なかなか距離は縮まらず…。自分が魔族だからイヤなのか、と思うものの、それでも友達になりたい! と気持ちを伝えると、姫はその背中を見てハッとして…。

  • 第6夜 姫の迷いなき選択
    第6夜 姫の迷いなき選択

    ベッドに寝ころんだために、お気に入りのシーツにジュースをこぼしてしまった姫。
    「今宵の安眠のためにすぐに布団を洗わなくては!」とさっそく行動開始。城内を歩き回る。そんな中、魔王は魔王城の幹部である十傑衆を集め、勇者の迷子問題を解決しようと対策会議を開いていた。そこへ現れたギミックのプロ・ギアボルト博士は、不敵な笑みを浮かべ、秘密兵器の存在を明かす…。

ページトップへ