お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

レヱル・ロマネスク  第7話 『トップスタァ登場す』

この作品もオススメ

レヱル・ロマネスク
レヱル・ロマネスク (配信数8話)

正和63年10月。 大廃線により鉄路の殆どが失われてしまった国――日ノ本。 九洲は隈元県御一夜市。疲弊しきった経済の立て直しを 蒸気機関車8620とそのレイルロオド・ハチロクとを主役に 据えた観光振興により見事成功させ鉄道復興の聖地となった 同市はさらなる復興への機運や全国の鉄道事業者・まいてつたちの 交流を盛り上げるべく、『第一回まいてつ祭』の開催を企画する。
鉄道車両の運転制御用人型モジュール「レイルロオド」達も それぞれのマスター達につれられ全国から集う。 人間達の連日の会議に刺激され、「自分たちも何かをしたい」と 意気投合した彼女たちは、有名レイルロオド「すずしろ」を 中心として「レイルロオドサミット」を主催。 駅前の「cafe亜麻色」に集合し、「まいてつ祭」へ 更なる彩りを加えるべく知恵を絞っていく。
 


■キャスト

すずしろ:上坂すみれ
ラン:内田彩
汽子:洲崎綾
りいこ:久保ユリカ
紅:黒沢ともよ



■スタッフ

監督:ひらさわひさよし
脚本:元村洸一
キャラクターデザイン:野口孝行
音響:株式会社Cloud22
制作協力:株式会社アムモ98
 

(C)レヱル・ロマネスク制作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 『レイルロオドサミット、開幕す』
    第1話 『レイルロオドサミット、開幕す』

    ここは日ノ本。
    革新的な新技術により国土は発展し、さらにその恩恵で経済は隆盛の一途にある。
    しかし、鉄道はその陰で力を失い、無用の長物とみなされるようになった。

    レイルロオドと、呼ばれる者たちがいる。
    レイルロオドは人型、人形型の鉄道車両制御モジュールであり、鉄道を安全に運行させるべく制御補佐を担当する。

    時は流れ 正和64年。九州地方隅元県に存在する地方都市、御一夜市にて。

  • 第2話 『運命のグルウプ分け』
    第2話 『運命のグルウプ分け』

    今よりさらなる鉄道復興を目指し、一同に会したレイルロオドたち。
    彼女たちは、新たな鉄道のアイディアをまとめるべく会議を行う。

  • 第3話 『分科会、始まる』
    第3話 『分科会、始まる』

    新たな鉄道の時代を迎えるべく、御一夜市に集まったレイルロオドたちは、グッズ製作という目標に向けて団結した。そしてその分科会が今まさにはじまろうとしている

  • 第4話 『布製品と昆虫』
    第4話 『布製品と昆虫』

    グッズ製作の会議にいそしむ、すずしろ、いよ、りいこ虫好きのりいこは、会議の途中で虫探しに行きたがるが・・・・

  • 第5話 『永遠のライバル』
    第5話 『永遠のライバル』

    鐡道分科会の2組目が始まった。
    れいなに負けないようにと紅は張り切るが・・・
    一方、会議が終わった いよとりいこは御一夜市の観光巡りの真っ最中!

  • 第6話 『熱き切磋琢磨』
    第6話 『熱き切磋琢磨』

    分科会2組目も大詰め。
    さつま切子をグッズのアイディアに取り入れようと皆で知恵を絞っていたところ・・・・・

  • 第7話 『トップスタァ登場す』
    第7話 『トップスタァ登場す』

    分科会3組目が開始。
    プリンス・オブ・レイルロオド」の異名を誇る、レイルロオド界きっての人気者であるランが登場する!
    一方分科会を終えた汽子と紅は御一夜市観光で鍛冶屋を訪ねる

  • 第8話 『トンネルを往く者』
    第8話 『トンネルを往く者』

    新たな鉄道時代を拓くべく、ランとしろがねのグッズ製作は続く。そんな中、かかあと西瓜は観光で御一夜市にあるお城を訪れる。

ページトップへ