お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

アルゴナビス from BanG Dream!  #1 光あるところへ

この作品もオススメ

アルゴナビス from BanG Dream!
アルゴナビス from BanG Dream! (配信数10話)

北海道、函館。
ヨーロッパと日本文化が融合した、華やかな建物が並ぶ街――
函館の大学生・七星 蓮は、幼い頃に見たライブステージの熱狂を忘れられないまま毎日を孤独に過ごしていた。
そんなある日、バンドメンバーを探す二人組、熱血行動派な結人と慎重丁寧な航海に出会う。
そこにクールな天才凛生、しっかり者のムードメーカー万浬も加わって、バンド「Argonavis」を結成した。
もがき、ぶつかりあいながらバンド活動をする彼らだが、あるとき札幌で活躍するバンド「GYROAXIA」と邂逅し……。
運命という追い風を受け、Argonavisは輝く大ステージへと船を漕ぎ出していく。
 

 

■キャスト

七星 蓮:伊藤昌弘
五稜結人:日向大輔
的場航海:前田誠二
桔梗凛生:森嶋秀太
白石万浬:橋本祥平

旭 那由多:小笠原 仁
里塚賢汰:橋本真一
美園礼音:真野拓実
曙 涼:秋谷啓斗
界川深幸:宮内告典

八甲田健三(マスター):宮内敦士
摩周慎太郎:佐藤拓也


 

■スタッフ

原作:ブシロード
監督:錦織 博
シリーズ構成・脚本:毛利亘宏
ストーリー原案:中村 航
メインキャラクター原案:三好 輝
アニメーション制作:サンジゲン
製作:ARGONAVIS project.

(C)ARGONAVIS project.

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • #1 光あるところへ
    #1 光あるところへ

    コミュニケーションが苦手なため、孤独に過ごす大学生・七星 蓮。
    幼い頃に見たライブステージの熱狂を忘れられず、その正体を探す日々を送っていた。
    そんなある日、一人カラオケで歌う蓮を結人と航海が見つける。ボーカルを探していた二人は、蓮の歌声に衝撃を受けた。
    「これは運命だ! 一緒にバンドをやるぞ!」
    しかし突然のことに蓮は逃げ出してしまい……
    やがて運命になる、彼らの航海がはじまる。

  • #2 天才と熱狂
    #2 天才と熱狂

    夜の大学でピアノを弾いている青年に出会った結人。
    その圧倒的な演奏に惹かれ、彼をキーボードとしてバンドに迎えたいと考える。
    しかしそれに難色を示したのは航海だった。
    彼――『天才』桔梗凛生には、良くない噂もあったからだ。
    噂の真相、そしてすべてを諦観の瞳で見つめる凛生の過去とは???

  • #3 ぼくたちの出航
    #3 ぼくたちの出航

    最後のバンドメンバー、ドラムを探す蓮たち。
    そこに自らを売り込んできた青年。白石万浬。
    お金を稼ぐためにバンドに参加したいと言い放つ彼を、メンバーは受け入れることができない。
    そんなとき、練習スタジオで『道場破り』を繰り返すスーパードラマーの噂が入ってくる。
    噂のドラマーをスカウトしようと奔走するメンバーだったが……?

  • #4 夢と現実の間に
    #4 夢と現実の間に

    ついにメンバーも揃い『Argonavis(アルゴナビス)』として出航を果たした蓮たち。
    渾身の新曲も完成間近で、先行きは明るい。
    そこで結人はライブハウスでのファーストライブを提案する。
    波に乗るメンバーは開催当日に向かい、練習に打ち込んでいく。
    不安そうな表情をしているのは、心配性の航海だけ。
    果たして、記念すべきファーストライブは成功を収めるのか?

  • #5 過去からの決別
    #5 過去からの決別

    札幌で活躍するバンド『GYROAXIA(ジャイロアクシア)』の前座として声がかかったArgonavis。
    しかし出演について、結人と他のメンバーとの間で意見が分かれてしまう。
    不自然なほどに出演を拒否する結人には、どうやら話したくない過去があるようだ。
    メンバーにわだかまりを残したまま、GYROAXIAのライブ当日は近づいていく。

  • #6 流星雨
    #6 流星雨

    GYROAXIAの前座としての演奏を成功させたArgonavis。
    GYROAXIAの生み出す熱はそれをはるかに上回っていた。
    しかし蓮たちの手ごたえは確か。いつか前座ではなく対バンを、と意気込む。
    そんな明るい未来を語る彼らは、酷く思いつめている様子の結人には気づかなかった。

  • #7 波間を越えて
    #7 波間を越えて

    GYROAXIAとの対バンが決まったArgonavis。
    それに異を唱えたのがGYROAXIAのボーカル・旭 那由多だった。
    傍若無人な天才として君臨する彼は、蓮に対して思うところがあるようだ。
    しかし強引に対バンをさせようとするGYROAXIAのマネージャー・摩周は、那由多が歌わないのならArgonavisの単独ライブにするとさえ言い放つ。
    対バンライブの先行きに、不穏な空気が漂い始めた。

  • #8 共鳴
    #8 共鳴

    GYROAXIAのリーダー・賢汰によって、那由多の葛藤が語られる。
    メンバーでさえ替えがきくパーツでしかないGYROAXIAのすべて。旭 那由多。
    そんな彼が初めて意識し、彼を揺るがせたのが蓮の歌だという。
    那由多と一緒に歌いたいと訴える蓮に対し、那由多は言い放つ。
    「俺の心を少しでも動かせたら、考えてやってもいい」

  • #9 未知への挑戦
    #9 未知への挑戦

    GYROAXIAとのライブを終えたArgonavis。
    そこに『デスティニー・ロック・フェス』の出場を争う5バンドのうちの1つに選ばれたという知らせが届く。
    幼い頃に見たステージに立てるかもしれない??
    湧き立つ蓮とメンバーだが、結成して間もないArgonavisは他の4バンドと比べ知名度で勝つことができない。
    窮地に立つArgonavisは、一発逆転の策を思いつくことができるのか?

  • #10 限界突破!
    #10 限界突破!

    フェスへの出場を勝ち取ったArgonavisの元に、有名アーティストの参加が知らされる。
    押し出される形で出場権は取り消しとなってしまった。
    意気消沈するメンバーに対し蓮は、それでもフェスを見に行こう、そして次への覚悟を決めよう。と呼びかける。
    そしてようやく前へと歩き始めた彼らの裏で、GYROAXIAのマネージャー・摩周が暗躍し始めていた??

ページトップへ