お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

ボイス2 ~112の奇跡~  第1話 2つ目のゴールデンタイム

この作品もオススメ

ボイス2 ~112の奇跡~
ボイス2 ~112の奇跡~ (配信数12話)

“絶対聴覚”を持ち、警察庁・112通報センターのセンター長として活躍するボイスプロファイラー、グォンジュ(イ・ハナ)。ある日、地下鉄で立てこもり事件が発生。グォンジュはチームのメンバーとともに解決に導く。だがその矢先、連絡が取れずにいたチャン出動チーム長が車で人を撥ね、自殺したと連絡を受ける。グォンジュが現場に駆けつけると、そこには遺留品を持ち去ろうとする謎の男、ガンウ(イ・ジヌク)が。彼は3年前のある事件で相棒を失い、休職中の刑事だった。今回の事件と3年前の事件を同人物の犯行だと主張するガンウを信じ、グォンジュはガンウを新たな出動チーム長として指名。真犯人を捕まえるべく、協力して捜査に乗り出すが…。

OCNドラマ歴代最高視聴率記録更新!
2017年にチャン・ヒョク×イ・ハナ主演で大ヒットした「ボイス~112の奇跡~」の続編として放送前から大きな話題を呼んだ本作。ファン待望のシーズン2では、「112」(日本でいうところの「110」)への通報があった後、3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙、という被害者の安否を分けるタイムリミット「ゴールデンタイム」内に、誰よりも早く現場に向かい、通報電話から事件の手がかりを見つけ出す「112通報センターゴールデンタイムチーム」の活躍ぶりが、前作より更にパワーアップした緊張感溢れるストーリー展開で描かれている。
また、現代社会に蔓延る犯罪を扱い、深く描かれる被害者たちなどの人間ドラマも視聴者を引きつけ、視聴率は前作を上回り、最終話は最高視聴率7.6%と、前作で記録した、OCNドラマの歴代最高視聴率記録を自身で更新!更に、イ・ジヌク×イ・ハナのタッグでのシーズン3も既に制作が決定。「ボイス」の勢いはまだまだ止まらない!


■キャスト

イ・ジヌク 
「リターン -真相-」「君を愛した時間~ワタシとカレの恋愛白書」「三銃士」
イ・ハナ 
「ボイス~112の奇跡~」「優しくない女たち」「ナイショの恋していいですか!?」
クォン・ユル
「耳打ち~愛の言葉~」「キスして幽霊!〜Bring it on, Ghost〜」
アン・セハ 
「100日の郎君様(原題)」「ロボットじゃない~君に夢中!~」
ソン・ウンソ 
「七日の王妃」「ボイス~112の奇跡~」
キム・ウソク 
「恋愛プレイリスト シーズン2」
イ・ジョンシン(CNBLUE)※特別出演
「ラブ・トライアングル~また君に恋をする~」「猟奇的な彼女」



■スタッフ

演出:イ・スンヨン 
「失踪ノワールM」「特殊事件担当班-TEN」「新・別巡検」
脚本:マ・ジンウォン
「ボイス~112の奇跡~」「カムバックマドンナ〜私は伝説だ」

ⓒ STUDIO DRAGON CORPORATION

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 2つ目のゴールデンタイム
    第1話 2つ目のゴールデンタイム

    グォンジュ率いるゴールデンタイムチームは新メンバーを加え、様々な事件の解決に奔走する日々。そんな中、チーム長、ギョンハクが登山客を車で轢き、自殺したという連絡が入る。現場に駆けつけたグォンジュは、そこで怪しい男ト・ガンウと遭遇する。彼は3年前の殺人事件で同僚を失い、休職中の刑事だった。ギョンハクの無実を信じるグォンジュは、今回の事件と3年前の事件が同じ人物の犯行と言い張るガンウの言葉が気になり…。

  • 第2話 狩りの始まり
    第2話 狩りの始まり

    ギョンハクを殺した犯人、スボクを追うグァンジュとガンウ。だが、逃走中の車が転覆し、スボクは死亡。スボクが最期に口にした言葉を聞いたグァンジュは、共犯者がいると確信する。一方、真犯人による連続殺人事件が始まると主張し、独自捜査するガンウだが、あらぬ罪で留置場行きに。そんな中、グォンジュは真犯人を捕まえるべくプンサン警察庁に臨時ゴールデンタイムチームを結成。出動チームのチーム長にガンウを指名するが…。

  • 第3話 審判の時間
    第3話 審判の時間

    プンサン警察庁にゴールデンタイムチームがやってきた初日、ある女性から娘が拉致され、夫が犯人の家に向かったという通報が入る。娘のヒジュは性暴力被害者で、加害者ギテが出所したばかりだった。単独行動していたガンウも合流しギテの家に。だが、そこにヒジュの姿はなく、ギテは罪を悔い改める生活を送っていた。結局ヒジュは別の場所で見つかり、拉致ではなかったことが判明。だが、現場の音からグォンジュはギテの様子に不審を感じ…

  • 第4話 しっ!お客さん 秘密ですよ
    第4話 しっ!お客さん 秘密ですよ

    ギテの事件を通し、ガンウに信頼を抱き始めるグォンジュ。そんな中、ガンウからギョンハクを殺した真犯人がクァク・ミンスという男で、その証拠を見つけたという連絡を受ける。その矢先、密航容疑でクァクが海洋警察に逮捕され、ガンウとグォンジュはクァクの元へ。だが、2人が少し席を離れている間にクァクが死亡。グォンジュとガンウは他殺を疑うが、死因は心臓麻痺と診断される。さらに、ガンウの携帯電話に真犯人からメールが届き…。

  • 第5話 しっ!お客さん 秘密ですよ2
    第5話 しっ!お客さん 秘密ですよ2

    ボイスフィッシング詐欺による独居老人殺人未遂事件が発生。ゴールデンタイムチームの刑事パクの妻ヒジンが事件に巻き込まれたことが判明する。グォンジュは、犯人クムがヒジンを刑事の妻だとわかったうえで拉致し逃走したことを知り、ガンウら出動チームは救出に向かう。一方、ナ係長ら強力班チームもある殺人事件の犯人としてクムを追っていた。事件を探るうち、スヨンを騙し、クムに指示を出していたペク・ミジャという女の存在が浮かぶ。

  • 第6話 人気におびえる共謀者たち
    第6話 人気におびえる共謀者たち

    情報屋ドッキの話から、ガンウは強行係のナ・ホンス係長を3年前の事件の真犯人と疑う。話を聞いたグァンジュも怪しい点を感じ、2人はホンスについて調査を始める。だが、グォンジュからホンスについて資料検索を頼まれたソユルが警察内の秘密ファイルに手を出し、グォンジュらゴールデンタイムチームがホンスを疑っていることが知られてしまう。そんな中、ネット放送の視聴者から、配信者がゾンビに襲われたという通報が入る。

  • 第7話 人気におびえる共謀者たち2
    第7話 人気におびえる共謀者たち2

    ダビデがネット放送を配信していた場所に駆けつけたガンウは、そこである映像を目にし意識を失ってしまう。その頃、タクシーの運転手が女性に噛みつかれる事件が発生。一方、グォンジュの元には何者かから、ガンウが3年前の事件の犯人だと示唆するメールが届く。意識を取り戻したガンウは現場にあったピンク色の粉を怪しみ、捜査の結果、ゾンビと思われた女性が麻薬中毒者と判明。ガンウはゾンビがダビデの自作自演と睨む。

  • 第8話 私は今日 花をもらいました
    第8話 私は今日 花をもらいました

    ナ係長から、ガンウには一時的に記憶を失う「ブラックアウト」の症状があり、幼少期は日本に住んでいたと聞き、混乱するグォンジュ。ぎくしゃくした様子のグォンジュにガンウも戸惑う。そんな中、変死体事件が発生。アパートの管理人が婦人会会長を殺し、自殺したのだった。一方、ゴールデンタイムチームのウンスは、別れた恋人ホミンからの脅迫で悩んでいた。彼女はデートDVを受けており、グォンジュに相談しようとするが…。

  • 第9話 私は今日 花をもらいました2
    第9話 私は今日 花をもらいました2

    ウンスの救出に向かうガンウ。だが、そこには刺されて倒れているホミンの姿が。ウンスが犯人と怪しまれる中、別の場所で救出された彼女から連絡が入り、他の人間がいたことが判明。ガンウら出動チームは怪しい車を追跡、ホミンを殺害しようとした容疑者たちを逮捕する。だが、彼女らもウンスと同じくホミンからデートDVを受けていた被害者だった。さらに、彼女たちに不自然な様子を感じたガンウとグォンジュは、さらなる共犯者がいることに気づく。

  • 第10話 嫌悪の誕生
    第10話 嫌悪の誕生

    変死体事件を捜査していたナ係長は、被害者が住んでいたアパートの住人で警官のジェスが気になり、部屋で話を聞くことに。一方、警察ではガンウの衝撃の過去が明らかになり、グォンジュは思い悩む。さらにナ係長が失踪し、ガンウが容疑者に浮上する。ガンウを信じたい気持ちと疑心で揺らぐ中、グォンジュのもとにガンウから連絡が入る。指定の場所に向かったグォンジュに、ガンウは罠にはめられたと話すが…。

  • 第11話 嫌悪の時代
    第11話 嫌悪の時代

    指名手配され警察に追われるガンウのもとに、彼が無実である証拠を掴んだグォンジュが駆けつける。真犯人が一部始終を見ていると察したガンウは、グォンジュの協力を得て一芝居するが、犯人ジェスに気づかれ逃してしまう。無事に容疑が晴れたガンウはグォンジュに自分の過去を話し、互いに信頼を取り戻す。一方、真犯人が運営するサイトを調べていたソユルが襲われ、グォンジュのもとには犯人から脅迫の電話が入る。

  • 第12話 嫌悪の時代2 ゴールデンタイムのために!
    第12話 嫌悪の時代2 ゴールデンタイムのために!

    プンサン庁にはジェスが自首してくる。グォンジュとガンウが取り調べをする中、母親が原因で、ジェスが警察に恨みを抱くようになったことが判明。ガンウは、ジェスが自分を標的にする理由を問い詰めるが、わからないのか?と挑発されるばかり。さらに検察庁への移送直前、ジェスが逃走。警察が全力で捜索する中、アパートに閉じ込められたという通報が入り、ジェスの関与を察したグォンジュとガンウは現場に向かうが…。

ページトップへ