お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

科学忍者隊ガッチャマン  第1話「ガッチャマン対タートル・キング」

この作品もオススメ

科学忍者隊ガッチャマン
科学忍者隊ガッチャマン (配信数35話)

世界征服を企む悪の組織ギャラクターの野望を阻止するため、国際科学技術庁の南部博士によって秘密裏に組織された、少年少女5人による科学忍者隊。大鷲の健をリーダーに、コンドルのジョー、白鳥のジュン、燕の甚平、みみずくの竜のメンバーは南部博士の指令を受け、飛行空母ゴッドフェニックスで発進。科学の力を駆使してギャラクターに戦いを挑む。

 

■キャスト

森 功至
佐々木功
杉山佳寿子
塩屋 翼
兼本新吾
大平 透
吉沢 久嘉
寺島幹夫
田中信夫
木下秀雄



■スタッフ

総監督:鳥海永行

制作:タツノコプロ

©タツノコプロ

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話「ガッチャマン対タートル・キング」
    第1話「ガッチャマン対タートル・キング」

    世界各国で謎の巨大メカに貯蔵庫が襲われ、ウランが奪われるという事件が発生。国際科学技術庁(通称ISO)の南部博士は、この事件が世界征服を企む悪の組織ギャラクターの仕業であると推測。健、ジョー、ジュン、甚平、竜の五人の少年少女によって密かに結成していた特殊部隊・科学忍者隊を招集した。南部博士から敵の本拠地捜索の指令を受けた忍者隊は、大型戦闘偵察機ゴッドフェニックスに乗り込み出動する。

  • 第2話「魔のお化け空母現わる」
    第2話「魔のお化け空母現わる」

     宇宙から地球に眠る資源を探索、記録するアースコンパクト装置を積んだ有人ロケットが、地球へ帰還すると同時に着水地点から姿を消した。世界征服のためのエネルギー源として地球上の全てのウラン鉱の奪取を狙う、ギャラクターの犯行であった。南部博士の指令によって出動した科学忍者隊は、ゴッドフェニックスで海底を捜索中、突如発生した謎の大渦に襲われる。

  • 第3話「嵐を呼ぶミイラ巨人」
    第3話「嵐を呼ぶミイラ巨人」

     不可解な旅客機墜落事故の調査のために飛行場を訪れた健は、死んだ機長の息子・誠と、その叔父に出会う。誠はいつか父親が戻ってくると信じ、毎日飛行場で待ち続けているのだという。更に調査を進めるため墜落現場を探索していた健は、空を飛ぶミイラのような巨人に襲われた。報告を受けた南部博士は、そのミイラ巨人には強力なエネルギーを放出する、プラトニウムXが使用されていると分析する。

  • 第4話「鉄獣メカデゴンに復しゅうだ」
    第4話「鉄獣メカデゴンに復しゅうだ」

     ギャラクターは鉄獣メカデゴンを使い、世界各地の地下資源を秘密裏に奪うという作戦を展開。資源の消失と同時に地震が発生するとの情報から、健は地震研究所を訪ねる。しかし、研究所の所長に話を聞いている途中、突如大地震が発生して所長が地割れに飲み込まれてしまった。墓前で彼を救えなかったことを悔やむ健。そこへ突然、健をギャラクターと思い込んで襲い掛かってきたのは、所長の娘ナオミであった。

  • 第5話「地獄の幽霊艦隊」
    第5話「地獄の幽霊艦隊」

     沈没した船が集まる海の墓場と呼ばれる海域で、海洋開発船がギャラクターが操る幽霊戦艦に撃沈された。続いて海洋基地が襲われ、逃走する敵の潜水艦を追跡した科学忍者隊は、海の墓場で幽霊戦艦の大艦隊を発見。戦艦の内部に隠れていた戦闘円盤の大群と交戦になるが、敵の多さについにバードミサイルが尽きてしまった。その時、そこに現れた三機の赤い戦闘機が、次々と敵を撃破していく。

  • 第6話「ミニ・ロボット大作戦」
    第6話「ミニ・ロボット大作戦」

     世界銀行の大金庫に保管されていた金塊が、ギャラクターの小型ロボット・ミクロスによって奪われた。敵の基地があると思われる無人島を探索していた健、ジュン、甚平の三人は、潜んでいたギャラクター兵に捕らわれてしまう。しかしそれは、基地を発見するための科学忍者隊の作戦であった。だが、他に仲間がいるのではと警戒したギャラクターに、海底に待機中であったゴッドフェニックスが発見されてしまった。

  • 第7話「ギャラクターの大航空ショー」
    第7話「ギャラクターの大航空ショー」

     新型無公害航空機のテストパイロットとして飛び立った健であったが、カッツェンベルヒと名乗る覆面の怪人が乗った複葉機によって撃墜されてしまう。その正体がギャラクターの首領ベルクカッツェであると推理した科学忍者隊は、ゴッドフェニックスでカッツェンベルヒの後を追う。しかし、強力なムチを装備した複葉機にはバードミサイルも通じない。その機体には、ウイスカーという超金属が使われていたのだ。

  • 第8話「三日月サンゴ礁の秘密」
    第8話「三日月サンゴ礁の秘密」

     ギャラクターに対抗するため、海底基地の建設を急ぐ南部博士。しかしそれを察知したギャラクターは、完成を妨害するために、鉄獣で基地建設場所を探し出そうとする。一方、街の子供たちに科学忍者隊の中で一番人気が無いと言われた甚平は、手柄を立てて人気者になろうと考え、健たちに黙って出動。一人で鉄獣を倒そうとするのだが、逆に捕らわれた上に基地を発見されてしまう。

  • 第9話「月よりの悪魔」
    第9話「月よりの悪魔」

     鉄獣サソリロケットを月面に送り込んだギャラクターは、無数の岩を地球に向かって打ち出して攻撃。各地を襲った隕石が全て月の石であると分析され、科学忍者隊はゴッドフェニックスで月へと飛び立った。しかし、忍者隊の接近に気付き、すぐさま鉄獣を地球へと呼び戻すギャラクター。それを阻止しようとする忍者隊であったがあえなく失敗し、地球に戻った鉄獣は街を火の海に変えていく。

  • 第10話「地底怪獣大戦争」
    第10話「地底怪獣大戦争」

     ある夜、突如アリの大群が原子力研究所を襲い、街は大停電に見舞われた。バードミサイルで堤防を破壊して、アリの群れを水で押し流した科学忍者隊は、その正体がギャラクターのアリロボットであったと知る。回収した一体を南部博士が修復して解放し、その後を追って基地を突き止めようとする忍者隊。歩き通しでようやく辿り着いた荒野の先には、巨大な塔のようなアリ塚がそびえ立っていた。

  • 第11話「謎のレッド・インパルス」
    第11話「謎のレッド・インパルス」

     航空ショーに向かうトリタン国の巨大戦闘機ブルーホーク号。その護衛を命じられた科学忍者隊だったが、ブルーホーク号の搭乗員たちが既にギャラクターとすり替わっていることに気付かずにいた。それを察知した南部博士は特殊部隊レッドインパルスに出動を要請し、三機の赤い戦闘機がブルーホーク号を攻撃。しかし事情を知らない健はレッドインパルスが敵だったと勘違いし、G-1号機で追跡する。

  • 第12話「大喰い怪獣イブクロン」
    第12話「大喰い怪獣イブクロン」

     ギャラクターの鉄獣イブクロンが砂糖の原料を次々と強奪し、全世界が砂糖不足に陥ってしまう。市民の不安を煽り混乱させるのが目的と推測されるが、甘いものが大好きな竜は怒り心頭。南部博士の指令で出動した科学忍者隊は鉄獣を発見し、健、ジョー、竜の三人がその内部に侵入。だが、それに気付いたギャラクターが次々と罠を起動させ、健たちは次第に追い詰められていく。

  • 第13話「謎の赤い砂」
    第13話「謎の赤い砂」

     砂漠の人工湖が突然消え、別の場所に移動するという事件が発生。調査に向かった科学忍者隊は、現地の村の長老から古くから伝わる伝説を聞かされる。かつて燃える赤い砂の恩恵によって栄えた文明があったが、ある日突然砂が動き出し、今度は逆に滅ぼされたのだという。その夜、赤い砂を狙うギャラクターにさらわれてしまう長老。彼が忍者隊に残した首飾りの中には、その赤い砂が隠されていた。

  • 第14話「恐怖のアイス・キャンダー」
    第14話「恐怖のアイス・キャンダー」

     航海中の原子力客船が、ギャラクターの鉄獣アイス・キャンダーに襲われて消息を絶った。他にも空母や潜水艦など、原子力船ばかりが次々に消えているという。偵察機に撮影された海を移動する巨大氷山が怪しいと睨み、氷山の進行方向である北極へと飛ぶ科学忍者隊。そこで氷に覆われたギャラクターの基地を発見し、二人で潜入した健とジュンは、行方不明となっていた原子力客船を発見する。

  • 第15話「恐怖のクラゲレンズ」
    第15話「恐怖のクラゲレンズ」

     10年前に公害によって滅んでしまった街ゴーストシティで、調査隊が攻撃を受け全滅した。毒ガスの充満する街を調査するため、科学忍者隊はゴッドフェニックスの装甲を対ガスの防御皮膜で覆って発進。街がギャラクターの基地になっていることを突き止め、国連軍の攻撃によって壊滅させた。しかし、ギャラクターは汚染された海の底で、恐ろしい力を秘めた怪生物クラゲレンズを育てていた。

  • 第16話「無敵マシン メカニカ」
    第16話「無敵マシン メカニカ」

    ISOの無人工場をギャラクターが乗っ取り、鉄獣メカニカを作り出してしまった。出動した科学忍者隊を退け、追跡を振り切って何処かへ消える鉄獣。バードミサイルも効かないメカニカを倒すためには、敵の基地を探し出して設計図が写されたマイクロフィルムを手に入れなければならない。一方、ギャラクターの基地がトンネルに隠されていると推測した甚平は、一人で捜査を進めていた。

  • 第17話「昆虫大作戦」
    第17話「昆虫大作戦」

     街でカブト虫を見つけて、家へと持ち帰った甚平と三人の子供たち。しかしその夜、カブト虫は巨大化して鉄獣カブトロンとなり、寝ている甚平たちを内部に収納して街で暴れ始めた。実は人間の子供の暴力的本能に目を付けた総裁Xの指示によって造られたカブトロンは、子供の脳波により破壊活動を行う鉄獣だった。しかも子供を人質に取られた形でもあり、化学忍者隊は迂闊に攻撃することも出来なかった。

  • 第18話「復讐!くじら作戦」
    第18話「復讐!くじら作戦」

     巨大鯨が石油コンビナートを破壊したとの情報を受け、海上を調査する科学忍者隊。発見したギャラクターの巨鯨潜水艦は、本物の鯨の群れを蹴散らして逃走。生き残った子鯨をシャチの群れから助けようとする甚平に、健たちは仕方なく手を貸してやる。しかし、その間に各地が攻撃され、南部博士の厳しい叱責を受けることに。発信機を取り付けた子鯨の動きから、氷河地帯に敵基地があると睨んだ博士は再び出動命令を下す。

  • 第19話「地獄のスピード・レース」
    第19話「地獄のスピード・レース」

     カーレースと賭博で有名なルーマン王国は、ギャラクターと手を組みその資金源となっていた。現状を憂いた王子のルーカー殿下は、レースに乗じて科学忍者隊と接触し、ギャラクターの情報を渡そうとする。しかし、ルーカーの計画は察知され、情報を収めたマイクロフィルムは敵の手に。追跡してなんとかフィルムを取り返した忍者隊とルーカーだったが、カッツェに基地へと誘い込まれてしまった。

  • 第20話「科学忍者隊危機一発」
    第20話「科学忍者隊危機一発」

     街で鉄獣モグラタンクが暴れる中、子犬を救おうとするジョー。しかし爆風で飛んできた鉄の破片が頭に直撃し、昏睡状態に陥ってしまった。しかも破片は脳の危険箇所に触れており、手術で取り出すことが出来ない。唯一救う方法と考えられた遠心分離機での除去も失敗に終わってしまった。そんな中、鉄獣が再び街を襲い、ジョーの身を案じつつも科学忍者隊は出撃するのだが……。

  • 第21話「総裁Xは誰れだ」
    第21話「総裁Xは誰れだ」

     名馬グランプリで優勝した馬は、南部博士の先輩であるヘンジンマン博士の造ったサイボーグ馬であった。ヘンジンマン博士を誘拐し、組織のために研究させようとするギャラクター。しかし、博士は対面したギャラクターの謎の支配者・総裁Xの正体を見破ったと言い放ち、逆に自分を副総裁にしろと要求する。一方、博士の行方を追っていた科学忍者隊は、サイボーグ馬の群れがダムを破壊する現場に遭遇する。

  • 第22話「火の鳥対火喰い竜」
    第22話「火の鳥対火喰い竜」

     世界最大の海底ウラン採掘場が、鉄獣キングドラゴンの襲撃によってギャラクターに奪われた。ISOの強力な飛行空母マンモスタイガー三機でさえも太刀打ち出来なかったことから、南部博士は科学忍者隊への出動要請を退ける。だが、健は博士の命令に従わず、決死の覚悟で仲間と共に出撃。しかし、科学忍法火の鳥を越える高熱を吐く鉄獣の攻撃に、ゴッドフェニックスは撃墜されてしまった。

  • 第23話「大暴れメカ・ボール」
    第23話「大暴れメカ・ボール」

     圧倒的な強さを誇る鉄獣メカ・ボールが暴れ回り、次々と街を破壊していく。その弱点を見出せない南部博士は科学忍者隊の出動を禁じ、健もそれに同意する。納得の行かない他のメンバーは博士の指令を無視して勝手に出撃するのだが、合流した健はリーダーとしてゴッドフェニックスを帰還させた。敵に手も足も出せないことに一人悩む健。しかし、ふとしたことからついに攻略法を思いつく。

  • 第24話「闇に笑うネオン巨人」
    第24話「闇に笑うネオン巨人」

     ISO本部に勤める科学者たちが、次々に殺害される事件が発生。科学者を影ながら護衛していた健は、ギャラクターの特殊部隊ブラックバード隊に遭遇。取り囲まれるが、なんとかこれを撃退する。その夜、今度はジュンと甚平が護衛する科学者の車が、全身ネオンの様に光り輝く巨人に襲われた。なんとか科学者を逃がした二人だったが、巨人の攻撃によって谷底に突き落とされてしまった。

  • 第25話「地獄の帝王マグマ巨人」
    第25話「地獄の帝王マグマ巨人」

     ISOの火山研究所が、鉄獣マグマ巨人に破壊された。調査に向かった科学忍者隊は、壊滅した研究所の近くで巨人の足跡を発見。足跡は火山の火口まで続いていたが、溶岩の温度にゴッドフェニックスが耐えられず追跡を断念せざるを得なかった。しかしそこに、溶岩の中からマグマ巨人が出現し襲い掛かってきた。その姿を見たジョーは、巨人の顔が自然公園の岸壁に掘られた像に似ていると思い出す。

  • 第26話「よみがえれゴッドフェニックス」
    第26話「よみがえれゴッドフェニックス」

     任務中の竜の居眠りによってゴッドフェニックスに合体出来ず、ISOの船舶が鉄獣に破壊されてしまった。責任を取って自ら科学忍者隊を辞め、ブレスレットを返して故郷の漁村に戻る竜。だが村では、謎の毒物によって魚が汚染されるという事件が発生していた。忍者隊と南部博士が調査のために村へとやってくるが、竜は自分一人で事件を解決しようと、健の制止を振り切って海底へ向かう。

  • 第27話「ギャラクターの魔女レーサー」
    第27話「ギャラクターの魔女レーサー」

     ギャラクターを裏切ったという女から、金と引き換えにギャラクター本部の情報を渡すとISOに取り引きが持ち掛けられた。事の真相を確かめるため、ジョーはその女、ルシーと共にアフリカ横断の耐久ラリーに出場することに。ギャラクターのメカ動物が次々と襲い来る中、執念とも言える勝利へのこだわりを見せるルシーと共に、ジョーはラリーカーを駆って過酷な自然の中を疾走する。

  • 第28話「見えない悪魔」
    第28話「見えない悪魔」

     ギャラクターは姿を不可視化する透明戦車を使って、衆人環視の中で次々に子供たちを誘拐。カッツェは集めた子供たちの脳波から不定形の怪物アルファギラーを作り出し、ISOビルへと侵入させてマントル計画の秘密書類の内容を入手してしまう。その直後、透明戦車によるマントル計画重要施設の攻撃が始まるが、見えない敵に科学忍者隊は手を出すことが出来ずにいた。

  • 第29話「魔人ギャラックX」
    第29話「魔人ギャラックX」

     甚平は竜と一緒に、かつてジュンと共に育ったしらゆき孤児院を訪れる。キックボクシングを見たいという子供たちを連れて試合会場に行くと、試合は謎の覆面ボクサー・ギャラックXの勝利に終わった。しかし控え室を覗いた子供たちはギャラックXの反則を知り、見つかって車で連れ去られてしまう。後を追った甚平は孤児院裏の建物に辿り着くが、そこはギャラクターの基地であった。

  • 第30話「ギロチン怪獣カミソラール」
    第30話「ギロチン怪獣カミソラール」

     姿が見えない鉄獣カミソラールが世界各地で暴れ回り、重要施設を次々に火の海に変えていった。出動した科学忍者隊は白い靄のような姿の敵に遭遇するが、ゴッドフェニックスは正体不明の攻撃に手も足も出ず退却。勝利を確信したカッツェの次の破壊予告が届く中、敵の映像を分析した南部博士はその正体と弱点を分析。ISOの人工降雨計画を利用した、鉄獣の攻略法を思いつく。

  • 第31話「南部博士暗殺計画」
    第31話「南部博士暗殺計画」

     南部博士を乗せたジョーの車が、ギャラクターの女性部隊・デブルスターに襲われた。今後は博士の警護を固めようとする健たちに対し、ジョーは逆に攻撃に出るべきだと主張して対立。憂さを晴らす為に一人サーキットで車を飛ばしていたジョーは、クラッシュして投げ出された女性を救った。一方、海底牧場に赤潮が発生し、南部博士は健と共に大陸横断列車で調査に向かうことになった。

  • 第32話「ゲゾラ大作戦(前編)」
    第32話「ゲゾラ大作戦(前編)」

     ロンパーク市にベルクカッツェからの攻撃予告が入り、鉄獣ゲゾラが警備中の巡洋艦を襲った。駆けつけた科学忍者隊は鉄獣の後を追うが見失ってしまい、敵はそのまま行方をくらます。正体がバレるのを防ぐためにブレスレットを外し、市民に紛れて敵の動向を探ろうとする忍者隊。街を偵察中、暴漢に襲われている女性を助けたジュンと甚平は、お礼にと彼女に屋敷へと招待されるのだが……。

  • 第33話「ゲゾラ大作戦(後編)」
    第33話「ゲゾラ大作戦(後編)」

     ついに鉄獣ゲゾラがロンパーク市への攻撃を開始するが、南部博士はジュンと甚平を欠く科学忍者隊に待機命令を下す。しかし、街に潜んだ忍者隊を燻り出そうと市民に銃を向けるカッツェに対し、健たちは三人でこれを撃退。だがこれにより、カッツェは捕らえたジュンと甚平が忍者隊ではないかと、益々疑いを深めることになってしまう。そこで健は、カッツェの目を欺く作戦を思いつく。

  • 第34話「魔のオーロラ作戦」
    第34話「魔のオーロラ作戦」

     突如空に現れたオーロラから放射された光線を浴びた人間が錯乱し、それにより各地で大事故が引き起こされた。それは鉄獣サンダーザウルスによる、人間の脳波を動物の物に変えてしまうという攻撃であり、これを浴びた竜は猫の脳波にされてしまう。しかもギャラクターは、この光線で南部博士をも攻撃。猿の脳波にされた博士は、三日月サンゴ礁基地の自爆スイッチを入れようとしてしまう。

  • 第35話「燃えろ砂漠の炎」
    第35話「燃えろ砂漠の炎」

     砂漠の小さな国ドリア王国は、石油の利権を独占しようとする国王と、それに対立し民衆の支持を得るアリ王子との内乱が続いていた。事態を打開するため、王子は科学忍者隊に救援を要請。王国に潜入した忍者隊は王子が率いる反政府ゲリラと接触する。しかし、父である国王と対立する王子に、健は父親と生き別れた自分を重ね、話し合いで解決出来ないのかと諭そうとするのだった。

ページトップへ