お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

決断  #01 真珠湾奇襲

この作品もオススメ

決断
決断 (配信数13話)

真珠湾攻撃、ミッドウェイ海戦、そして終戦……。その他、太平洋戦争で起こった数々の歴史的出来事の裏には、そこに関わる人々による多くの「決断」のときがあった。

太平洋戦争を題材にしたノンフィクション小説を原作に、数々の激戦を左右した歴史の当事者たちそれぞれの“決断”を描いた戦記アニメ。真珠湾の奇襲攻撃や終戦に至るまでを、リアルに徹した劇画タッチで描き出す。

■キャスト
真木恭介
辻村真人
加藤精三
勝田久
ナレーター:浦野光



■スタッフ
作・監修:児島襄
構成:鳥海尽三
総監督:九里一平
キャラクターデザイン:吉田竜夫、依光隆、宇垣昭
メカニックデザイン:池田献児、秋吉文夫、有元秀光、木内一郎
美術設定:中村光毅、新井寅雄、井岡雅宏、小林七郎、渡辺毅
音楽:越部信義
効果:東宝効果集団、イシダ・サウンドプロ
録音ディレクター:水本完
プロデューサー:吉田健二、前里元義
制作:タツノコプロ

主題歌
OP「決断」
 作詞:丘灯至夫
 作曲:古関裕而
 歌:幹和之
ED「男ぶし」
 作詞:丘灯至夫
 作曲:古関裕而
 歌:コロムビア男声合唱団

©タツノコプロ

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • #01 真珠湾奇襲
    #01 真珠湾奇襲

    空母6隻を中心とする30隻で構成された日本海軍が誇る第一機動部隊。昭和16年12月8日6:05に第一次攻撃隊、総計350機、765名が真珠湾に向けて発艦、時代へと飲み込まれていく。第一機動部隊指揮官の南雲中将と、米太平洋艦隊司令長官のキンメル大将。互いの目的、状況の変化がどのように決断に影響を与えていくのか。果たしてこの決断は正しかったのか。

  • #02 ミッドウェー海戦(前編)
    #02 ミッドウェー海戦(前編)

    ソロモン、インド洋における日本軍の快進撃が続く中、米海軍の機動作戦を封じるとともに米太平洋機動部隊の撃滅を目標とするミッドウェイ作戦計画を立案。これが米国との戦争を有利に唯一の作戦と位置づける。1942年5月に謀報活動により日本軍の動きを事前察知していた米太平洋艦隊。日米の機動艦隊規模は五分と五分。一瞬の判断が命運を分ける戦いがはじまった。米第16起動艦隊スプルーアンス司令官は黄金のチャンスをつかめるか。

  • #03 ミッドウェー海戦(後編)
    #03 ミッドウェー海戦(後編)

    赤城、加賀、蒼龍の主力3空母を失った日本海軍。残った飛龍は米空母3隻を相手に最後の戦いを仕掛ける。米空母ヨークタウンを攻撃する飛龍の艦載機。残る米空母ホーネット、エンタープライズ2隻と日本空母飛龍の戦いが始まる。米空母に雷撃戦で襲い掛かる日本軍機。しかしそこに見たものは。日米の死闘が最終局面を迎える。何が勝者と敗者を分かつのか。

  • #04 マレー突進作戦
    #04 マレー突進作戦

    南方資源確保のために南進する日本軍は、英軍の拠点であり要寒であるシンガポールを目指してマレー半島に上陸する。大英帝国海軍との正面決戦を避け、マレー半島から上陸、陸戦にてシンガポールを目指す。12月8日未明、先陣部隊がシンゴラに上陸。いよいよマレー半島での突進が始まる。攻める日本軍、守る英国軍。はたして防御線ジットララインを英国軍は守りきれるのか。

  • #05 シンガポール攻略
    #05 シンガポール攻略

    マレー半島上陸からの突進により疲弊した兵士。弾薬なども十分でない日本軍。山下中将はどのようにシンガポールを陥落させるのか。制空権、制海権を日本に奪取され、完全に孤立しながらもシンガポールを防御する英軍。反撃のため英増援軍を待ち3ヶ月間シンガポールを持ちこたえることができるか。防衛側としての英国軍パーシバル中将の戦い方とは、その決断とは。

  • #06 香港攻略
    #06 香港攻略

    第23軍司令官酒井中将の旗下、マレー半島上陸に続いて12000の兵力が防御する英国領香港を攻略する。ジン・ドリンカーズラインにて防御をする英印豪軍。日本軍はジン・ドリンカーズラインを突破できるか。戦場における決断とは。動き出した戦局にどのように対応するのか。戦場ではなにが大切なのか。

  • #07 マレー沖海戦
    #07 マレー沖海戦

    英国東洋艦隊に、戦艦プリンス・オブ・ウェールズ、巡洋戦艦レパルスが合流し鉄壁の守りに入るシンガポール英国軍。偵察機、潜水艦より英国東洋艦隊の動きの情報を得た日本軍は、陸上基地より雷撃隊を、海上からは島海をはじめとする艦隊を英国東洋艦隊撃滅に向かわせる。天候不良、戦況の変化、様々な状況変更に両軍はどのように決断するのか。味方を勝利に導くために何をすべきなのか。

  • #08 珊瑚海海戦
    #08 珊瑚海海戦

    海戦史上初となる空母同士の戦い。それぞれの艦載機であるゼロ戦とグラマンの一騎打ち。ポートモレスピー作戦援護のため、井上中将率いる機動部隊は米国機動隊の撃滅をめざす。その決断はいかにあったか。またその結果はどうなったか。何が勝利を導き、何をもって敗戦となるのか。敵空母を一秒でも早く見つけることが戦いを決める。

  • #09 ジャワ攻略
    #09 ジャワ攻略

    参謀本部も南方作戦の中で最大の難関として捉えているジャワ攻略戦。3月1日、今村中将率いる4万人の兵力はジャワ島への上陸を開始する。迎えるはテルプールテン中将率いるオランダ連合軍(オランダ、イギリス、アメリカ、オーストリア)8万人。スカルノ・ハッタを中心とした民族独立運動が盛んになる中、最小限の被害で降伏させることが出来るか。本当の戦果とはなにか。

  • #10 海軍落下傘部隊
    #10 海軍落下傘部隊

    セレベス島攻略作戦。日本軍最初の落下傘部隊による作戦。日本軍にとっては未知の作戦。空の神兵として、英雄として賞賛を浴びた落下傘部隊。しかし英雄はそれ単独で居るのではない。一見華やかな舞台ではあるが、その背景であり、土台となる兵士ひとりひとりは、感情のある人間である。その感情と戦場の狭間で指揮官はなにを決断すべきなのか。

  • #11 バターン・コンヒドール攻略
    #11 バターン・コンヒドール攻略

    日本軍はアメリカの支配下にあるフィリピンを攻略に向かう。日本軍の戦果を判断し、マッカーサー大将はフィリピンを無防備都市として放棄。バターン半島に逃げ込み篭城する作戦に出る。バターン半島、コレヒドール島に撤退し本土からのアメリカ軍の支援を待つことにする。アメリカ軍の撤退を、戦略的後退とみるか敗走とみるか。どう判断し、決断するか。戦場での本当の勝利とは何か。

  • #12 潜水艦 伊―168
    #12 潜水艦 伊―168

    ミッドウェイ海戦にて大破したヨークタウンに止めを刺すべく、伊―168は出撃した。広い海原で果たしてヨークタウンを発見し、撃沈ことは出来るのか?ヨークタウンを撃沈することは、当面の太平洋戦線で必要なことである。伊―168艦長のとった沈着、冷静、大胆な作戦は成功するか。アメリカ軍の反撃をどうかわすか。海の中での戦いが始まる。

  • #13 第一次ソロモン海戦
    #13 第一次ソロモン海戦

    アメリカ軍はミッドウェイ海戦の勝利の勢いを持って、日本軍に対する反撃ののろしをあげた。しかしアメリカ軍も戦力不足が否めない。ガダルカナルに急襲したアメリカ軍に対し、新しく組織された第八艦隊が初の夜戦を仕掛ける。この艦隊戦史上初の夜戦はどうなるか?目の前の戦果と将来的な戦果。之をどのように判断するか。

ページトップへ