お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

ハクション大魔王  #1「出ました大魔王の話」「モーレツブル公の話」

この作品もオススメ

ハクション大魔王
ハクション大魔王 (配信数20話)

小学生のカンちゃんは、ある日、自宅の屋根裏で魔法の壺を見つける。その壺はくしゃみをするとハクション大魔王という魔法使いが飛び出し、呼び出した者の願いをなんでも叶えるというのだった。しかし、魔王はとんでもなくドジで何をやっても失敗ばかり。更にあくびをすると壺から飛び出す、イタズラ好きな魔王の娘アクビまで加わり、町中で珍騒動を巻き起こす。

■キャスト
ハクション大魔王:大平透
カンちゃん:加藤みどり
アクビ:貴家堂子
パパ:田の中勇
ママ:麻生みつ子
ブル公:相模 武
それからおじさん:愛川欽也



■スタッフ
企画:鳥海尽三
プロデューサー:吉田健二
担当:永井昌嗣
脚本:陣野修、山崎晴哉、滝三郎、伊東恒久、西牧秀夫
演出:笹川ひろし、原征太郎、西牧秀夫、案納正美、高橋資祐
音楽:若月明人
録音プロデューサー:本田保則
録音ディレクター:水本完
総監督:笹川ひろし
制作:タツノコプロ

©タツノコプロ

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • #1「出ました大魔王の話」「モーレツブル公の話」
    #1「出ました大魔王の話」「モーレツブル公の話」

    #1-1「出ました大魔王の話」

    自宅の屋根裏に忍び込んだ小学生のカンちゃんがクシャミをすると、魔法のツボから魔王が現れた。なんでも願いをかなえてくれるという魔王に、近所で飼われている犬のブル公への仕返しを頼むのだが・・・。

     

    #1-2「モーレツブル公の話」

    クシャミで魔王を呼び出したのは、なんとブル公だった。魔王はブル公に命じられて、今度はカンちゃんを追い回す。やっとのことで壺を取り戻すカンちゃんだが・・・。

  • #2「算数はかなわんよの話」「ご主人は大ドロボーの話」
    #2「算数はかなわんよの話」「ご主人は大ドロボーの話」

    #2-1「算数はかなわんよの話」

    今日も魔王をこき使うカンちゃん。魔王に算数の宿題をやらせて居眠りしていると、カンちゃんのあくびで壺の中から今度は魔王の娘、アクビが現れた。

     

    #2-2「ご主人は大ドロボーの話」

    魔法の壺が泥棒の石川二右衛門半に盗まれた。二右衛門半は魔王を使ってやりたい放題。魔王の仕業と気付いたカンちゃんは、壺を取り戻そうとする。

  • #3「ニャンともヒゲエ話」「お手伝いさんは泣けてくる話」
    #3「ニャンともヒゲエ話」「お手伝いさんは泣けてくる話」

    #3-1「ニャンともヒゲエ話」

    与田山家には、実はトラジマのドラという飼い猫がいた。家を追い出されそうになったドラは、偶然呼び出した魔王に自分に化けてゴマをするように命令し、カンちゃんたちのご機嫌をとろうとする。

     

    #3-2「お手伝いさんは泣けてくる話」

    家の中でばったりと魔王に遭遇してしまったママは、ショックで気を失ってしまう。いい子になりたいカンちゃんが、今日は一日お手伝いさんになる、と言ったことから魔王の受難が始まる。

  • #4「天才は泣けてくるの話」「ご主人さまは30人の話」
    #4「天才は泣けてくるの話」「ご主人さまは30人の話」

    #4-1「天才は泣けてくるの話」

    魔王の魔法を使って、工作の時間にロケットを造ったカンちゃんは、一躍天才児としてマスコミや専門家の注目を浴びることに。学校には記者達が殺到し、カンちゃんは博士に囲まれて天才のテストを受ける。

     

    #4-2「ご主人さまは30人の話」

    オンボロのバスに乗って、田舎に住んでいるおばあちゃんの家に向かうカンちゃん。そこへ、一台のトラックが牛と衝突しそうになり、トラックの荷台に積まれていたコショーの箱が落下してしまう。風の流れでコショーがバスの中まで充満して、乗客30人全員が同時にくしゃみをしてしまう!

  • #5「ズッコケ手品師の話」「ゲジゴン番長の話」
    #5「ズッコケ手品師の話」「ゲジゴン番長の話」

    #5-1「ズッコケ手品師の話」

    カンちゃんが壺をクラスへ持っていってクシャミをしたことで、みんなの前で魔王が出てきてしまった。苦し紛れに、授業参観に来たおじさんだと紹介する。

     

    #5-2「ゲジゴン番長の話」

    いじめっこの小学生ゲジゴンとその子分たちに、弱虫だと馬鹿にされたカンちゃん。弱虫なんかじゃないと言い返したことで、夜のお寺で肝試しをすることになってしまった。

  • #6「カンちゃんモテモテない話」「オモチャ大魔王の話」
    #6「カンちゃんモテモテない話」「オモチャ大魔王の話」

    #6-1「カンちゃんモテモテない話」

    女の子にモテないと悩むカンちゃん。散髪してイメージを変えようとする魔王だが、変な髪形ばかりにされ怒り出すカンちゃん。アクビはカンちゃんのガールフレンドになってあげるといって、様々な女の子に変身してみせるが・・・。

     

    #6-2「オモチャ大魔王の話」

    死にたがっているロボットの発明家エジケンに、毒薬を出せといわれた魔王が渡したのは下剤だった。魔王はエジケンを助けるためにどんどんロボットを発明してヘトヘトに。

  • #7「大魔王は二人でごじゃるの話」「ハクション大作戦の話」
    #7「大魔王は二人でごじゃるの話」「ハクション大作戦の話」

    #7-1「大魔王は二人でごじゃるの話」

    パパの軍隊時代の隊長が、久しぶりに遊びにやってきた。ところがパパは自分のクシャミで現れた大魔王を隊長と勘違いする。そこへ本物の隊長が現れて大騒ぎに・・・。

     

    #7-2「ハクション大作戦の話」

    デパートにお使いに行ったカンちゃんは、石油王の息子と間違えられてギャング団に誘拐される。カンちゃんを救おうと、策を練る大魔王だが・・・。

  • #8「番長大戦争の話」「モーレツ大魔王の話」
    #8「番長大戦争の話」「モーレツ大魔王の話」

    #8-1「番長大戦争の話」

    ゲジゴンより少し年上の番長が現れる。アジトをめぐり、カンちゃんと番長の陣取り合戦が始まるが、二人が互いにクシャミを繰り返すため、出てくるたびにご主人が変わり迷う魔王だったが・・・。

     

    #8-2「モーレツ大魔王の話」

    算数の宿題をやらなかったばっかりに、ブル公をやっつけろなど、さんざんカンちゃんにこき使われる魔王。悔し涙を流す魔王は、カンちゃんに復讐する方法を思いつく。魔王は言われた命令を過剰な魔法でこなしてゆくことに・・・。

  • #9「ハ・ハ・ハンと泣けてくる話」「パパごのみの壺の話」
    #9「ハ・ハ・ハンと泣けてくる話」「パパごのみの壺の話」

    #9-1「ハ・ハ・ハンと泣けてくる話」

    カンちゃんに借金取りの役目を頼まれた魔王は、カンちゃんが金を貸したという友達の家にやる気満々で取り立てにいくが、そこはなんとも不幸な境遇の家だった。同情した魔王は命令など関係なし。兄弟のために、死んでしまった母に変身する。

     

    #9-2「パパ好みの壺の話」

    パパが骨董屋で買ってきた「太平楽の壺」は、2千万円の値打ちものだという。ところがこの壺は魔王の壺にそっくり。ある日、パパとママが出かけて留守番をするはめになったカンちゃんだが、泥棒、そしてアクビのいたずらが次々と襲いかかる!

  • #10「ブル公は大病の話」「ご主人さまはカワイ子ちゃんの話」
    #10「ブル公は大病の話」「ご主人さまはカワイ子ちゃんの話」

    #10-1「ブル公は大病の話」

    カンちゃんから壺を奪い取ったブル公は、さっそく魔王を呼び出し命令する。ひた走る魔王を四方から責め立てるブル公。 しかし、魔法で作った日本庭園の池に落ちてしまったブル公は熱を出してしまう。魔王はブル公の病気を治そうと医者を呼んだり、薬を作ったり、神頼みしたり一生懸命。必死に看病する魔王に、カンちゃんは・・・。

     

    #10-2「ご主人はカワイ子ちゃんの話」

    カンちゃんの家にきた小さな女の子、みっちゃんがくしゃみをして、魔王はみっちゃんに仕えることになった。魔王の魔法で次から次と、「砂のお城」「お菓子の家」「月の砂漠」とメルヘンチックなお願いをするみっちゃんだったが・・・。

  • #11「魚つりはかなわんよの話」「迷い子ペスやーいの話」
    #11「魚つりはかなわんよの話」「迷い子ペスやーいの話」

    #11-1「魚つりはかなわんよの話」

    ゲジゴンのインチキ釣り掘にだまされて、ひどい目にあったカンちゃんは、魔王に自分用の釣り掘をつくってもらう。だが、そこへゲジゴンたちがやってきて・・・。

     

    #11-2「迷い子ペスやーいの話」

    ゆり子ちゃんの飼い犬ペスがいなくなった。ゆり子ちゃんに宿題を教えてもらいたいカンちゃんは、ハクション刑事に扮した魔王をつれて、ペスを探すことを引き受ける。しかし、そもそもペスを知らない魔王は右往左往。一体ぺスはどこに・・・?

  • #12「ハクション剣士の話」「とめてくれるなご主人さまの話」
    #12「ハクション剣士の話」「とめてくれるなご主人さまの話」

    #12-1「ハクション剣士の話」

    剣道道場に通うカンちゃん。仲間と稽古をしているとゆり子ちゃんがゲジゴンにいじめらているとの情報が入る。竹刀片手に助けに行ったカンちゃんたちだったが、つよいゲジゴンたちにコテンパンに負けてしまう。そこで魔王の剣道の大先生が登場してスパルタ教育が始まった。

     

    #12-2「とめてくれるなご主人さまの話」

    ゲジゴンもビビる、ワルばかりの小学校「虎の子学園」。そこの校長から、先生になって欲しいと頼まれた魔王は、ハンバーグにつられて快諾する。赴任早々のいじめの洗礼を魔法で撃退すると、負けを認めたワル達は魔王の子分になる。様子を見に来たカンちゃん一行とワル達はなぜか抗争を始め・・・。

  • #13「ハクションくずやの話」「大モテジャングル王様の話」
    #13「ハクションくずやの話」「大モテジャングル王様の話」

    #13-1「ハクションくずやの話」

    ママが壺をゴミに出してしまったことから、お爺さんに呼び出された魔王。お爺さんと孫の女の子にサービスする魔王だが、出てくるなり酔っ払っていた魔王は、魔法がうまくいかず・・・

     

    #13-2「大モテジャングル王様の話」

    勉強嫌いのカンちゃん。TVでアフリカのジャングルが紹介された番組を観ていたら、面白そうだとアフリカ旅行に行きたくなってしまう!わざとコショーでくしゃみをして魔王を呼び出し、アフリカ行きを嫌がる魔王に命令してジュウタンに乗ってアフリカへ向かうことに。

  • #14「モーレツババアの話」「かっとばせダイマオーズの話」
    #14「モーレツババアの話」「かっとばせダイマオーズの話」

    #14-1「モーレツババアの話」

    魔法の国の“オババの日”クシャミをしたゲジゴンの前に現れたのは魔王と、なんと魔王のお母さん。わがまま放題のお母さんに、さすがのゲジゴンもやられっぱなし。

     

    #14-2「かっとばせダイマオーズの話」

    コーチがいなくてゲジゴンズとの野球の試合に勝てないとグチるカンちゃん。コーチをかってでた魔王は、チーム名をダイマオーズと変更して特訓開始!

  • #15「プレゼント大合戦の話」「みんなひっこめツボの中の話」
    #15「プレゼント大合戦の話」「みんなひっこめツボの中の話」

    #15-1「プレゼント大合戦の話」

    大阪からカンちゃんの学校に転校生がやってきた。その名もドけちのケチオ。靴は減るからはかない、服はやがて大きくなるからブカブカという筋金入りのケチ。そんなケチオが魔王を呼び出して、魔法はタダだとゆり子ちゃんにプレゼント攻勢をかける。

     

    #15-2「みんなひっこめツボの中の話」

    魔法の国の料理の先生シャックリやアクビが現れ、カンちゃん家の中をひっかき回す。シャックリは、ママのお料理をお手伝いというより妨害し、カンちゃん家の台所はメチャクチャに。

  • #16「テストはケンカの始まりの話」「いたずら大作戦の話」
    #16「テストはケンカの始まりの話」「いたずら大作戦の話」

    #16-1「テストはケンカの始まりの話」

    パパに教えてもらっても、ママに教えてもらっても、結局テストで0点をとってきてしまったカンちゃん。2枚の0点のテスト用紙を見せて、パパとママを責めるカンちゃんだったが、パパとママは夫婦喧嘩を始めてしまった!

     

    #16-2「いたずら大作戦の話」

    校長に給食抜きにされてしまったゲジゴンたちは、学校に対して、魔王を使ってさまざまないたずらを仕掛ける。嫌だ嫌だといいながらもノリノリの魔王。一方カンちゃんはアクビと校長を助けていい子になろうとするが・・・。

  • #17「アクビアツアツの話」「アラビン子守歌の話」
    #17「アクビアツアツの話」「アラビン子守歌の話」

    #17-1「アクビアツアツの話」

    金田君がキザなセリフでアクビを屋敷に誘う。大豪邸にまんざらでもないアクビだが、もっとお金持ちに変身したカンちゃんと魔王にあっさりと寝返ってしまうのだった。

     

    #17-2「アラビン子守歌の話」

    カンちゃんと魔王が捨て子の面倒をみることになる。二人を見守る怪しい男が現れるが、その男がカンちゃんの家を訪れて、自分の子供を返してくれと言うのだが、男の人相の悪さを疑ったカンちゃんと魔王は、ひとつのアイディアを思いついて・・・。

  • #18「大もてクイズ旅行の話」「ハッケヨイ大魔王の話」
    #18「大もてクイズ旅行の話」「ハッケヨイ大魔王の話」

    #18-1「大もてクイズ旅行の話」

    世界旅行にいきたい。そんなゆり子ちゃんの願いを聞いたカンちゃん。しかし魔王はテレビのクイズ番組に夢中で相談を受け付けない。アクビはカンちゃんのそんな願いを、自分と二人で行くものと誤解する。福引にチャレンジするカンちゃん。さてどっちと旅行へ?

     

    #18-2「ハッケヨイ大魔王の話」

    カンちゃんが相撲の鳥乃海部屋を見物に行くと、建物は今にも崩れそう。ガリガリの親方がひとりいるだけだという酷い状態だった。そこへ黒黒部屋の親方が、横綱の腹黒山を連れて嫌がらせにやってきた。怒った魔王はシコ名 <魔王>で打倒腹黒山を誓う!

  • #19「魔法の国よこんにちわの話」「算数怪獣さようならの話」
    #19「魔法の国よこんにちわの話」「算数怪獣さようならの話」

    #19-1「魔法の国よこんにちわの話」

    壺の中の魔法の国では、魔王が一番偉い大大魔王に呼び出されていた。そろそろ魔王の位を揚げてやるから、ご主人となった人間を魔法の国に連れて来いと命令される。結局、カンちゃん、ゆり子ちゃん、ゲジゴン一家+ブル公のご一行に。しかしゲジゴン達が大人しい訳もなく・・・。

     

    #19-2「算数怪獣さようならの話」

    大大魔王の怒りを買い、石にされてしまったゲジゴン一家を助けるべく、カンちゃんたちは行動を開始。算数怪獣オイドンの汗と涙とへそのごまを求めて、算数VSなぞなぞのバトルが!どうなるゲジゴン一家!

  • #20「ジュータンヒコーキの話」「ごめんね仔ブタちゃんの話」
    #20「ジュータンヒコーキの話」「ごめんね仔ブタちゃんの話」

    #20-1「ジュータンヒコーキの話」

    魔法のジュータンを金田君に見せる約束をしてしまったカンちゃん。なんとか魔王を説得するも、洗濯して干しているうちに、パパとママを乗せて空へと飛び立ってしまう。なぜか魔法の呪文も唱えてしまい、大空でいい雰囲気のパパとママ。

     

    #20-2「ごめんね仔ブタちゃんの話」

    カンちゃんがパパからのお土産にもらったピンクの仔ブタ。しぶしぶ育てることにしたカンちゃんだが、仔ブタは餌を食べようとしない。仔ブタを太らせるようと、パパに言われて魔王に頼み込むカンちゃん。やっと太った仔ブタだが、パパは仔ブタを売ろうとしていた!

ページトップへ