お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

魚拓とヒカルのトーキングヘッド  #11

この作品もオススメ

魚拓とヒカルのトーキングヘッド
魚拓とヒカルのトーキングヘッド (配信数39話)
行動派の木村魚拓、インドア派の沖ヒカル。対照的な二人が、毎回何かをし「ながら」トークを繰り広げる。ゲストがいたりいなかったり、どこかへ行ったり行かなかったり、何かと食べたり食べなかったりと、行き当たりばったりの展開に二人のトークが冴えまくったり。何が起こるかわからないトークバラエティ、スタートです。
(C)JAB

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • #1
    #1

    木村魚拓と沖ヒカル、対照的な二人が毎回何かをしながらトークを繰り広げる、行き当たりばったりなバラエティー番組。今回はなぜかマッスル峠にクイズを仕掛ける!

  • #2
    #2

    クイズに正解したら夢の100万円! その条件は自らクイズを促すこと。裸になったりフリマを開催したり…。果たしてマッスルはクイズに答えることができたのか!?

  • #3
    #3

    今回の企画は「人はいきなりパチスロの新機種発表会をこなすことができるのか?」。ゲストには架空の企画を伝え、いきなり面接を受けてもらい、発表会に挑戦してもらう。

  • #4
    #4

    今回の企画も「人はいきなりパチスロの新機種発表会をこなすことができるのか?」。ゲストは100万円でお馴染みのあの人。果たしてこの無茶ぶりをこなせるか!?

  • #5
    #5

    今回はぶらりとお散歩企画。のんびりと公園を散策していると、ボイストレーニングをしている二人が…。聞くと、ライター世界一決定戦を開催しているとのこと。何それ!?

  • #6
    #6

    今回もひょんなことから出くわした、ライター世界一決定戦の模様をお届け。場所を第3会場に移して行われたのは、まさかのカラオケ大会!? 遂にライター世界一が決定!!

  • #7
    #7

    マリブとマッスルに呼び出された魚拓とヒカル。行ってみると「マリブとマッスルの知ってるつもり」に参加して欲しいとのこと。渋々承諾するも、軽い地獄だった。

  • #8
    #8

    今回も「マリブとマッスルの知ってるつもり」。くだらないクイズ地獄に答え続ける魚拓とヒカルだったが、遂に50問達成! 豪華賞品を贈呈されるはずだったが…。

  • #9
    #9

    今回は「お祝いごとが嫌いな沖の誕生日をこっそり祝おう!」がテーマ。沖が好きな麻雀で思いっきり楽しんでもらいつつ、ダンスなどを披露する。果たして沖は気づくのか…。

  • #10
    #10

    今回も「沖の誕生日をこっそり祝おう!」がテーマ。ところが最後にネタを明かされた沖が収録後、大激怒。番組を降りると言い出し、出て行ってしまったのだった。

  • #11
    #11

    なにやら落ち込んでいる木村。どうやら、誕生日を祝ってもらえなかったかららしいが…。そんな木村を元気づけるべく、マリブとマッスルが人生最高のレバーオンを見せる!

  • #12
    #12

    前回、人生最高のレバーオンを見せてもらって上機嫌の木村。そこでチャンスとばかりに、これまで木村から横暴を受けた被害者たちが、謝罪してもらうべく立ち上がる!

  • #13
    #13

    今回のトーキングヘッドは真面目な企画。マネー教授こと伊藤真一を招いて、「お金」について真剣に学ぶ…わけもなく、ただただといじられて時間は過ぎていくのであった。

  • #14
    #14

    今回のトーキングヘッドも前回に引き続き教授シリーズ。テーマは「ライター」。ベテランだからこそ聞きたいことを、特別講師が徹底指導する…って、前回と一緒!?

  • #15
    #15

    遂に体が動かなくなった沖ヒカル。それでもパチスロが打ちたい。車の自動運転が実現化する中、沖のためにマリブとマッスルがパチスロ自動プレイに挑む!

  • #16
    #16

    いよいよ6号機時代に突入。新時代に向けて、我々はどんな準備をすればよいのか。業界のことを真面目に考え、木村と沖は無茶ぶりを…。それでは朝まで、参ります。

  • #17
    #17

    いま話題のeスポーツ。これにならい、今回のトーキングヘッドでは「eスポーツライターNO.1決定戦」を行うことに。しかし、そこで繰り広げられるのは…!?

  • #18
    #18

    今回は原点回帰、普通のテーマでじっくりとトーク! といかないのがトーキングヘッド。唐突にクイズが始まり、沖が200万円をちらつかせ…お金に目の色が変わる!?

  • #19
    #19

    遂に一人暮らしを始めたマリブ鈴木。ところがまだテレビがないという。これは可哀そうだとトーキングヘッドが奮起。とびっきりのTVショーをマリブに届ける!目の前で!

  • #20
    #20

    一人暮らしを始めたマリブ鈴木をトーキングヘッドは心配していた。強盗に襲われるのではないかと。そんなマリブのために、数々の罠を部屋に仕掛けるのであった。

  • #21
    #21

    先月のお仕事が数回しかなかったマッスル峠。これを打開するために、トーキングヘッドでは、彼がやれるところを証明する! 得意のパチスロでマッスルが大奮闘!?

  • #22
    #22

    ダブルブッキングで仕事を入れてしまい、疲労困憊の沖ヒカル。この夏はバカンスにも出かけないとのことなので、そんな沖にトーキングヘッド流のバカンスを!

  • #23
    #23

    遂に沖ヒカル念願の企画が登場!賞金5万円をかけて行われるのは沖ヒカル版「クイズダービー」!! 木村魚拓、マッスル、マリブがマジクイズに挑戦する!

  • #24
    #24

    前回の賞金では全然足りないとマッスルは言う。そこで今回は、あらゆる手を使って賞金を増やすことに挑戦!競艇、パチスロ、オークション…結果やいかに!?

  • #25
    #25

    毒づきダメだしなんでもござれ、歯に衣着せぬものいいで噂のママがいるという。ベテランとなり、叱ってくれる人もいない魚拓と沖は、期待に胸を膨らませ訪れるのであった。

  • #26
    #26

    ライターのはしくれとしては一度は行きたい文壇バー。マリブとマッスルはその場所をキャッチ。恐る恐る入ってみると、そこには礼儀にうるさそうな二人の男性がいた。

  • #27
    #27

    木村と沖が普段から疑問に思っていたことや、いまさら恥ずかしくて聞けない疑問を精鋭4名がプレゼン方式ですっきり解消!一番すっきりさせてくれた人に称号を与えます。

  • #28
    #28

    普段から殻に閉じこもっている沖ヒカルを救ってやりたい!そう考えた木村魚拓は、沖ヒカルからこれまで被害を受けた人の報告を収集。驚きの被害が発覚する!

  • #29
    #29

    腰痛と不眠から、体力の限界を感じている沖ヒカル。そんな彼には叶えたい願いがあった。それは…1Gゴッドを目の当たりにすること。ならば、3人が立ち上がりましょう!

  • #30
    #30

    マッスルが収録現場にやってくると、なにやら様子がおかしい。どうやら自分が結婚することになっているようだが…。ドッキリシュール企画、マッスルとジャグ子の結婚式。

  • #31
    #31

    前回、パチスロと結婚させられたマッスル峠。そのお詫びに今回は女子ライターとのフィーリングカップルを企画! 次々と現れる女子ライターの心を掴むことはできたのか!?

  • #32
    #32

    前回、カップル成立とならなかったマッスルとおもちくん。それに納得できないおもちくんが激怒! マッスルと勝負することに…。どちらが強いのか、謎の勝負が今、始まる。

  • #33
    #33

    本気で麻雀プロを目指しているマッスル。そのためにはまず、倒さなければならない壁があることに気づいたのであった。マッスルがいま、沖に5番勝負で挑む。

  • #34
    #34

    マリブは怒っていた。なぜ自分ではなくおもちくんなのかと。そこで企画を出した。その名もマリブ地獄ゲーム。3人を懲らしめるべく、まさに地獄が始まるのであった。

  • #35
    #35

    イトシンのことをもっと深く知りたい! というわけで、事前にイトシンに聞きたいことを募っていたところ、誰も送ってこないという事態に…。イトシン、怒りのクイズ強行!

  • #36
    #36

    今回もイトシンクイズで嫌になるほどイトシンに詳しくなる! 知られざる意外な一面が浮き彫りに!? もっともイトシンに詳しいのは誰だ!?

  • #37
    #37

    演者たるもの、トーク中に嘘のひとつもつけないといけません。だから決めます、嘘つキングを。嘘がばれなきゃ一流ライター、ばれれば3流ライター間違いなし。

  • #38
    #38

    制限時間5分の中にひとつだけ嘘をいれ、よりばれなかったものが「嘘つキング」の称号を得られるというトークバトルの後編。遂に優勝者が決定する!

  • #39
    #39

    春といえば新社会人。パチスロメーカー「株式会社沖」にも、新入社員が2人入社してきた。本日は入社初日、みっちり研修を行うらしいがそこはおかしな会社だった…。
     

ページトップへ