お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀  第一話 雨傘の義理

この作品もオススメ

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 (配信数13話)
かつて魔界の軍勢と人間界が争った戦において、人間たちによって鍛造され、無双の力を発揮した数々の武器である「神誨魔械」。戦の後、数多の神誨魔械は護印師らによって長く守られてきたが、その中でも護印師の「丹衡」「丹翡」兄妹によって守られてきた最強の武器「天刑劍」が、今まさに「蔑天骸」率いる悪の手に落ちようとしていた。蔑天骸の追求から逃れる途中、丹翡は偶然にも「凜雪鴉」「殤不患」の両名と出会い、その助力を得ることに。奇縁により導かれた3人は、新たに加わる個性豊かな仲間たちと共に各々の思いを抱き、蔑天骸の居る七罪塔を目指すこととなるのであった。
虚淵玄(ニトロプラス)完全新作の武侠ファンタジー人形劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』!

■キャスト
凛雪鴉(リン セツア): 鳥海浩輔
殤不患(ショウ フカン): 諏訪部順一
丹翡(タンヒ): 中原麻衣
狩雲霄(シュ ウンショウ): 小山力也
捲殘雲(ケン サンウン): 鈴村健一
刑亥(ケイガイ): 大原さやか
殺無生(セツ ムショウ): 檜山修之
丹衡(タンコウ): 平川大輔
廉耆(レンキ): 山路和弘
蔑天骸(ベツ テンガイ): 関 智一
殘凶(ザンキョウ): 安元洋貴
獵魅(リョウ ミ): 戸松 遥
凋命(チョウメイ): 大川 透
ナレーション: 田中敦子

■スタッフ
原作:Thunderbolt Fantasy Project
原案・脚本・総監修:虚淵 玄(ニトロプラス)
操演・撮影:霹靂國際多媒體股?有限公司
キャラクターデザイン:ニトロプラス(三杜シノヴ、源覚、Niθ、中央東口)
武器デザイン:霹靂國際多媒體股?有限公司、石渡マコト(ニトロプラス)
造形アドバイザー:グッドスマイルカンパニー
音楽:澤野弘之
音響監督:岩浪美和
制作:Thunderbolt Fantasy Project
(C)Thunderbolt Fantasy Project

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第一話 雨傘の義理
    第一話 雨傘の義理

    無双の力を発揮する武器、神誨魔械。護印師である丹衡、丹翡兄妹によって守られてきた神誨魔械の一つである天刑劍が、今まさに蔑天骸率いる悪の手に落ちようとしていた。丹翡は偶然にも凜雪鴉、殤不患の両名と出会い、その助けを得ることとなる。

  • 第二話 襲来!玄鬼宗
    第二話 襲来!玄鬼宗

    丹翡が守る天刑劍の鍔を奪おうと襲い来る獵魅と玄鬼宗郎党達。雨傘の義理を果たす為丹翡を助けた殤は、彼等から「お尋ね者」として手配されてしまう。成り行き上、再び玄鬼宗と対峙する殤の前に、二人の男達が姿を現す。

  • 第三話 夜魔の森の女
    第三話 夜魔の森の女

    凜からの召集に応じた弓の名手、狩雲霄。そしてその舎弟である槍(鉾)の達人、捲殘雲。蔑天骸の居城、天然の要害に守られた七罪塔へと歩を進めることとなった一行は、夜魔の森に住まうとある人物を新たな仲間に加えようと訪ねるが…。

  • 第四話 迴靈笛のゆくえ
    第四話 迴靈笛のゆくえ

    刑亥が仲間に加わる一方で、一人の男が街道筋で剣を抜いていた。殺無生と名乗るその男は、過去に凜と因縁があり、彼を斬るためだけに旅をしているという。七罪塔にたどり着くために必要な笛を殺が持っていることが判明し、一行は彼と対峙するが…。

  • 第五話 剣鬼、殺無生
    第五話 剣鬼、殺無生

    旅の行く手を阻む殺に対し、自らの命を懸けて戦いを挑むと意気込む捲と、勝算のある策を講じるまで待てと諭す凜。そしてどちらにも同意できない殤。迴靈笛を巡る方針は各々に違う思惑を懐かせる。一方、七罪塔では、蔑率いる玄鬼宗が動き始めていた。

  • 第六話 七人同舟
    第六話 七人同舟

    七罪塔攻略に必要な人物が揃い船へと乗り込む一行だったが、仲間であるはずの面々は各々が疑心暗鬼に囚われ、はたして肝心な局面でお互いが協力しあえるのか、先が思いやられるとぼやく殤。そこへ獵魅、凋命らが待ち伏せの罠を仕掛けるのだった。

  • 第七話 魔脊山
    第七話 魔脊山

    蔑天骸が居城とする七罪塔へと到るため、魔界と人間界の間にある幽世と呼ばれる土地である魔脊山へ挑む一行。常人では行き来できないどころか、踏み入ることすら憚られる難所であり、待ち受ける三つの関門は殤を局地へと追い込む。

  • 第八話 掠風竊塵
    第八話 掠風竊塵

    殤の機転により一足飛びに七罪塔へ侵入した殤、丹翡、凜の三名。しかし、全てお見通しとばかりに眼前に現れる蔑天骸と玄鬼宗。兄の仇と激昂する丹翡に対し、一騎打ちを提案する蔑天骸。凜や玄鬼宗が静観する中、丹翡の剣技が冴え渡る。

  • 第九話 剣の神髄
    第九話 剣の神髄

    凜の計略によって牢獄に囚われた殤と丹翡に、迷宮を突破した狩たちから真実が語られる。一方、七罪塔では、凜と蔑天骸により天刑劍を廻る駆け引きが繰り広げられていた。そこへ招かれざる客“鳴鳳決殺”こと殺無生が血風を纏い現れる。

  • 第一〇話 盗賊の矜恃
    第一〇話 盗賊の矜恃

    殺意を持って対峙する殤に語られる凜の真意。不本意ながらも天刑劍を取り返すためには、凜と手を組む必要があると理解する殤。蔑天骸と交渉は成立し、形勢は大きく動き出す。掠風竊塵は天地の理さえも欺いて奇計妙策を巡らせる。

  • 第一一話 誇り高き命
    第一一話 誇り高き命

    凜に成り代わった殤は蔑天骸とともに魔脊山を下る。その隙に凜は天刑劍の柄を盗み出すため行動を起こすが蔑天骸は既に一歩先を見据えていた。一方、丹翡と捲は天刑劍の鍔が隠されているという無垠寺へと向かう。背後に忍び寄る影には気付かずに…。

  • 第一二話 切れざる刃
    第一二話 切れざる刃

    深手を負った捲と、それを手当てする丹翡のもとに辿りついた殤。そこへ玄鬼宗の追手が現れる。二人を守るべく手にした刃を揮う殤。人呼んで“刃無峰”その力の秘密が明らかになる。一方、鍛劍祠では天刑剣の封印が解かれようとしていた。

  • 第一三話 新たなる使命
    第一三話 新たなる使命

    天刑剣を携え無双の剣術を誇る蔑天骸を前に、一振りの刀を抜き放つ“掠風竊塵”凜雪鴉。そして、かつての窮暮之戰にて東離の地に封印された魔神が覚醒する。光の大地に魔神の咆哮が轟く中、一人の男が立ち向かう。

ページトップへ