お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

宇宙戦艦ティラミスⅡ  #04 BUT THERE THERE WAS A GIMLET/AI

この作品もオススメ

宇宙戦艦ティラミスⅡ
宇宙戦艦ティラミスⅡ (配信数6話)
地球は青かった。みんなはアホだった。

人類が生活領域と欲望を宇宙まで拡大した時代、自由を求めた人々が宇宙へ流れ住むようになり、
彼らの叡智は文明を育み、いつしか地球を脅かす存在へと変貌していった。

宇宙暦0157年、戦場で再会した生き別れの兄弟は、重力という名の運命に導かれ母なる大地・地球へと降り立った。

大気圏突入時の衝撃を受け、犠牲となったスバルの愛機・デュランダル。
残骸と成り果てたその姿に宇宙戦艦【ティラミス】のエースパイロットであるスバルの悲しみの声が響き渡った。

――咽び泣くスバルだったが、突如彼の体に異変が…!!コックピットにひきこもってばかりいた彼にコックピット禁断症状が現れたのだった…。

■キャスト
スバル・イチノセ:石川界人
イスズ・イチノセ:櫻井孝宏
ヴォルガー・ハマー:諏訪部順一
スバル・ビヨンド:江口拓也
エスカレド・キャデラック:???
ソウイチロウ・イチノセ:小山力也
ヴェンチュリー・ルロワ:土師孝也
リージュ・ルロワ:遠藤綾
シゲルコ・ホンダ:新井里美
パッカー:桃井はるこ
マイバッハ・ヴィルヘルム:杉田智和
ナレーション:大塚明夫
■スタッフ
原作:宮川サトシ
伊藤亰(新潮社「くらげバンチ」連載)
監督:博史池畠
シリーズ構成・脚本:佐藤裕
キャラクターデザイン・総作画監督 横山愛
メカデザイン 杉村友和
美術監督 畠山佑貴/若松栄司
色彩設計 歌川律子
モニターグラフィックス 南條楊輔
3DCGディレクター 吉良柾成
撮影監督 林コージロー
編集 廣瀬清志
音楽 石毛駿平
音楽制作 日本コロムビア
音響監督 郷文裕貴
音響制作 スタジオマウス
アニメーション制作:GONZO
© 宮川サトシ 伊藤亰・新潮社/「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • #01 COCKPIT ADDICTION/IT FALLS INTO THE CHRYSLER
    #01 COCKPIT ADDICTION/IT FALLS INTO THE CHRYSLER

    愛機「デュランダル」を失ったスバルに突如、禁断症状が現れる。重度のコックピット依存症のスバルが、震える体で導かれるように向かった場所とは…。「スバル! このチョコバーを握ってろ!」

  • #02 REUNION/NEO UNIVERSE…
    #02 REUNION/NEO UNIVERSE…

    地球でイチノセ兄弟と運命の再会を果たした二人の父「ソウイチロウ・イチノセ」博士は、デュランダルを生み出した一流のロボット開発者だった。しかし、ちょっとヘンな兄弟の父親は、だいぶヘンな人物で・・・。 「あれこそが、私の最高傑作54万ダルだ!」

  • #03 FREEZE!/EYES OF THE HERO
    #03 FREEZE!/EYES OF THE HERO

    父に銃を突きつけ、ネオデュランダルを奪おうとするイスズ。しかし、自分だけが「ユニヴァってない(ユニヴァース感覚に目覚めていない)」事実に改めて直面して、劣等感にさいなまれたイスズは、スバルたちの元から去っていく。ここからスバルとイスズの兄弟は再び別の道を歩むことになる。

  • #04 BUT THERE THERE WAS A GIMLET/AI
    #04 BUT THERE THERE WAS A GIMLET/AI

    イスズの部下であり、人工ユニヴァース感覚者・キャラウェイの操る機体の登場により、連邦艦隊は窮地へと追いやられる。戦果を報告するためイスズの元を訪れたキャラウェイだったが、敬愛する恩人のある行動によって、突如精神が不安定になり倒れてしまう…。「ダメェ?」

  • #05 GRIM REAPER DANCING/BROTHERS
    #05 GRIM REAPER DANCING/BROTHERS

    連邦艦隊の張った防衛線は次々と破られ、戦闘宙域はさらに拡大していく。ティラミスは民間輸送艇からSOSを受け、搭乗していた民間人を一時収容することになった。思いがけず民間人との交流を持つことになったスバルだったが…。「バルカン撃たしたってぇ?」

  • #06 IN NO WAY/BEYOND THE ORIGIN
    #06 IN NO WAY/BEYOND THE ORIGIN

    銃弾に倒れて意識不明のスバルを病室で付き添うイスズ。兄が弟に語りかけようとした時、それを遮るかのように賑やかな見舞客が訪れる。「逆にこっちが元気もらっちゃったっていうか」

ページトップへ