お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

銃娘:ガンガール  第十話 力の偽り

この作品もオススメ

銃娘:ガンガール
銃娘:ガンガール (配信数12話)
戦場を駆ける、そのあどけない少女たちを人々は「銃娘(ガンガールズ)」と呼んだ。

2025年から2030年にかけて、戦争によって全人類の半分が破滅し、戦争はもはや人類が制御できない境地に至った。
戦闘機の無人化が進み、衛星レーザー、無人機爆破、インテリジェントAIなど、近未来武器同士が戦っているなか、“時代遅れ”ともいえる武器―銃を使って戦い続ける少女―「銃娘(ガンガール)」がいた…。
過去に、同類から追われて窮地に置かれた智能を持つ1体の“宇宙生命体”が、地球のある武器商人の倉庫に身を隠した。
同類に発見されないよう倉庫にある“無機物” M4A1と融合するが、ある少年に発見され、少年の家にもっていかれることになる。
少年は拾ってきたM4A1を大事に扱い、慎重に拭いてあげたり、時には優しく話しかけたりした。
そんな少年に感動したM4A1は少年の気持ちに応えようと綺麗な少女に変身する。少年は少女を「ケリー」と名付けた。
しかし「ケリー」の存在を知った各国政府が「ケリー」を手に入れようと手段を択ばず、争奪戦はますます​過激化した。
そんなある日、ケリーを守るため少年は命を落とすことになる。
​そして​人類は宇宙生命体「ケリー」への研究を始め​る​。
「バレット」と「ササ」がその研究の成果である。
「ケリー」への研究を通し、人類の技術は飛躍的に発展し、「宇宙時代」の幕​が開​いた。
宇宙制覇をおいて、主要国間の戦争が勃発し、「世界大戦」が正式に勃発する。

■キャスト
ケリー: 松井暁波 
バレット: 飯塚雅弓
ササ: ふじたまみ 
アカナ: 松本沙羅 
アイダ: 柚木尚子 

■スタッフ
アニメ製作:AHAエンターテイメント
アニメ制作:ブロウ・エンタテインメント
制作協力:フッズ・エンタテインメント
プロデューサー:永井理
シリーズ構成:山崎立士 
総作画監督/キャラクターデザイン:安田祥子
監督:向歌、森本育朗
アニメーションプロデューサー:植田慎也
音響監督:高桑 一 
音楽プロデューサー:桑原 聖
編集:木村佳史子
© GUN GIRL Project 2017

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第一話 華麗なる姿
    第一話 華麗なる姿

    時は未来、人類はやはり戦乱を止められなかった。何億回の暴力、何万回のテロ、何千回の侵略、何百回の内戦、そして何回目の世界対戦。そこでなぜか、古びた銃を使って戦う少女たちがいた。戦場を駆けるそのあどけない少女を人々はガンガールズと呼んだ。最後の戦いの中で、ガンガールのケリーは「光の天女」状態に覚醒して戦争を終わらせたが、それ以来、彼女は戦いに関する全ての記憶を失った。一方、以前より危険な敵が動き始める……

  • 第二話 伝説のガンガール
    第二話 伝説のガンガール

    迫りくる人工知能(AI)危機を前にして、ガンガールたちは再び出撃する。そこで、ケリーに最終覚醒状態を取り戻してもらうことが危機を解決する唯一の方法だと彼女たちは悟った。他のガンガールたちはケリーを戦場に連れて、戦いの中で彼女の記憶を取り戻させようとする。激戦の中で、断片的な記憶が彼女の脳裏に閃くが、その記憶に彼女は本能的な抵抗を見せる。こんな状況の中で、ケリーは初めての覚醒を…

  • 第三話 白昼夢
    第三話 白昼夢

    最近ケリーはまた変な夢を見始める。夢の中で彼女はバレットたちと一緒に戦場を飛び回って、激戦の中で次々とAIロボットを撃破していき、その姿はクールでチャーミング。そして夢の中には一人の少年がいて、彼はいつも微笑んで彼女を見つめている。ケリーはこんな夢に戸惑いを感じる。だが、翌日目が覚めて、天真爛漫の彼女はそんな事を気に留めることなく、日々の日常を楽しんでいる…だが彼女は知らなかった、その夢はすべて本当の出来事であり、バレットたちは毎日のように彼女を戦場に連れて行き、彼女に記憶を取り戻してほしいが、その度にケリーがそれを夢だと思い込む。ガンガールたちは学生としてブルワーク総合技術学校に通い、勉強・遅刻・デザート・友達・ペット…この数々の素晴らしいものはまるでケリーのすべてで、彼女は毎日この「忙しい」幸福に浸っている。

  • 第四話 大切な記憶
    第四話 大切な記憶

    ケリーは戦いに関する記憶障害を起こし、彼女は眠りから目を覚ます度に戦闘に関する記憶を失う。今回ケリーは意識がはっきりとした状態で戦場に連れられ、ショック療法を施されたが、その方法はまだしも失敗する。仲間たちの幾たびの努力を無駄にしたケリーは、彼女たちに申し訳ないと感じ、落ち込んでいる。ケリーの気を逸らす為に、バレットは彼女にアカナの誕生日パーティーの手伝いをお願いする。だが、皆が楽しんでいる最中に、誰かの何気なく発した言葉はケリーを再び眠りに着かせる。夢の中で、彼女はウエディングドレスを着て白い宮殿に寝転んでおり、ケリーは記憶の中で最も大切な宝物を見つけたようだーあの少年は空中で彼女に微笑む…

  • 第五話 ガンガールの悲しみ
    第五話 ガンガールの悲しみ

    茶々はガンガール部隊指揮官灰々に少女たちの日常とケリーの記憶障害を報告するが、ケリーの記憶回復計画について指揮本部内に大きな食い違いが生じる…一方、敵に新たな動きが報告され、彼らは町を占領してAIロボットを量産する。猶予のない危険は迫りつつあり、過酷な戦いのストレスで皆は圧し潰されそうになる。さらにAIロボットは自己学習を通じて、自己戦闘意識を生み出す。全ての変化の源はケリー?

  • 第六話 空を翔ける青龍
    第六話 空を翔ける青龍

    ササとアカナは任務執行の指令を受けるが、それは敵AIがガンガール個体を研究するために仕掛けた罠であった。ササとアカナは忽ち天地を覆い尽くすようなAIロボット大群に囲まれて、支援にやってきたバレット・アイダ・ケリーもまた苦戦に陥って、ガンガールたちは一網打尽にされかけるところに、仲間たちのピンチに何もできないと切羽詰まったケリーは初めてその原始の力を覚醒する…

  • 第七話 原始・ケリー覚醒
    第七話 原始・ケリー覚醒

    究極覚醒!ケリーは完全に自己意識を失う。その強大な力は皆を救ったが、その同時に植民地空間「エミリオン」の崩壊を引き起こす。茶々はケリーの強制回収を命じるが、光の天女の力は誰にも及ばなかった。危機一髪の時、アイダは発光信号弾を使ってケリーに過去を思い出させ、彼女はついに落ち着きを取り戻し、危機は解除された。皆が光の天女の不思議な力に感心している時に、ケリーは再び眠りにつく。

  • 第八話 デザートとの初めての出逢い
    第八話 デザートとの初めての出逢い

    覚醒後、ケリーは二週間眠り続け、記憶中の少年、素敵な過去、様々な記憶断片が夢の中に現われる…極度の安心と恐怖の気持ちが入り交じって、彼女は圧し潰されそうになる…だがいつも傍にいてくれる仲間たちに、ケリーは温もりを感じ、彼女の心の拠り所は友情。ようやく目を覚ましたケリーが最初に受けた知らせは、ササ誘拐事件である…

  • 第九話 奪還
    第九話 奪還

    目を覚ましたケリーは家にはアカナ一人しかいないと気付き、アカナからササ誘拐事件を聞いた後、直ちにササを救いに出かける。その間に、ケリーは不思議にも一部の記憶を取り戻す。ケリーの参戦を見て、仲間たちは闘志を燃やす。ケリーたちの絶対的な力の前で、敵はあっという間に倒されていく。だが、ササ救出が成功した途端にケリーはまた眠りに着く。

  • 第十話 力の偽り
    第十話 力の偽り

    ササを救出してからもう一週間、だがケリーはまだ眠っている。ケリーは夢の中で失われた記憶を探していると皆はようやく気付く。夢の中の少年との葛藤や過去の自分の出来事はケリーを目覚めさせて、そして彼女を苦しませる。同時に宇宙でAI側の「地球改造衛星」攻撃システムが稼働し、「人類存続計画」の展開と共に、ケリーとそっくりの少女が突如地上に現れる……

  • 第十一話 謎の少女
    第十一話 謎の少女

    ケリーの妹と自称する謎の少女は皆の前に現れる。彼女はケリーにバトルを申し込み、その時、彼女はケリーのクローン体?K2であると茶々が気付く。ケリーは戦闘を拒否しようとするところ、K2は否応無しにアイダとササを傷付け、アカナにも重傷を負わせる。怒り狂ったケリーは天女モードに変身し、K2と激戦を繰り広げる。一方、バレットは一人で地球改造衛星を破壊するミッションを受ける…

  • 第十二話 ケリーの帰還
    第十二話 ケリーの帰還

    バレットは一人で戦闘に出向くが、その精確かつ致命な一撃さえも地球改造衛星の本体を破壊することができなかった。衛星は間もなく地球への攻撃を開始する。アイダも支援に来てくれたがもう手遅れ、その状況の中、ササはケリーに助けを求める。ケリーはK2との戦いの中で、K2の身に取り付けられた行動制御システムを破壊する。K2は自己意識を取り戻して、二人は和解を遂げる。AIの「地球改造衛星」を止めるために、クローン体のK2は「K3」を連れてケリーと融合する。力が頂点に達したケリーは宇宙へ突き進んで、人類の最終運命は今この時に…

ページトップへ