お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

食の軍師  兵法の一 「おでんの軍師」

この作品もオススメ

食の軍師
食の軍師 (配信数13話)

“食の陣立てをせよ!”


普段、私たちが何気なく食べている料理…だが、そこには奥深い兵法が潜んでいる!“食”への強いこだわりを持つ主人公・本郷播が、訪れる店の先々で己の兵法に従い、食べることに美学を追い求める。ライバルの力石馨との間で繰り広げられる食バトル、三国志の壮大なスケール化で構築する陣立ては、誰が求めたわけでもない、誰が評価するわけでもない、ただひたすらに己のこだわりを貫き、見せる男の生き様。本郷の食をめぐる熱すぎるドラマがいまここに!
■キャスト
本郷播:津田寛治
力石馨:高岡奏輔
諸葛亮孔明:篠井英介
ほか

■原作
泉昌之(作:久住昌之/画:和泉晴紀) 漫画ゴラク「食の軍師」日本文芸社刊
■演出
宝来忠昭
■脚本
田口佳宏 他
■制作
NAS・共同テレビジョン
■製作
食の軍師製作委員会
■主題歌
「ぜいたく」在日ファンク(日本コロムビア)
(C)久住昌之・和泉晴紀/日本文芸社・食の軍師製作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 兵法の一 「おでんの軍師」
    兵法の一 「おでんの軍師」

    ここは人っ子一人いない商店街の一角にある昔ながらの屋台のおでん屋。トレンチコートに身を包んだ男・本郷播はおでんを完璧に攻略すべく足を急いでいた。しかし、いきなり現れた若い男・力石に注文の先を越されただけでなく、その見事な陣立てに驚愕する。おでん者として負けられん!本郷はわが師と仰ぐ諸葛亮孔明に教えを乞う。ここに本郷と力石の食をめぐるバトルが勃発する!

  • 兵法の二 「もつ焼きの軍師」
    兵法の二 「もつ焼きの軍師」

    出がけにいいことがあった本郷はもつ焼き屋へ。3度目の来店による慣れと角席が取れた嬉しさと常連で混み合う程よい緊張感の中、幸先のいいスタートを切ったかに思われた本郷だったが、そこに力石が現れる。その流れるような動作と注文に今日もまた戦いを意識する本郷。周囲の客にまぎれ力石の注文をチラ見しながら、ペース無視でどんどん注文を重ねていく。やがてシメの陣も決まり大勝利に思えたもつ焼き対決だったが、力石の思わぬ注文により形勢がいきなり逆転する!

  • 兵法の三 「蕎麦屋の軍師」
    兵法の三 「蕎麦屋の軍師」

    今日の戦場は昼下がりの蕎麦屋。老舗のその店は老人やサラリーマンが思い思いに楽しむ大人空間。最高の環境に武者震いが止まらない本郷、しかしまたしても力石がいるではないか。蕎麦者として今日こそはと勝利を誓う本郷。肴からいかにして蕎麦にたどり着くかーこれこそが「蕎麦屋の兵法」。力石をチラ見し、最初の陣を見抜くと、冷酒をともないつつ陣を展開していく。力石の最大の陣立てに脅かされながらも電光石火で陣を展開する本郷。肴を制覇し、ついに蕎麦にたどり着く頃には勝利を確信。しかし本郷は気付いていなかった、我を忘れるあまり基本中の基本に。

  • 兵法の四 「寿司の軍師」
    兵法の四 「寿司の軍師」

    今日は半年に一度あるかないかの大勝負、寿司だ。初めて訪れる寿司屋に特攻する本郷。しかし最初から大将にあっさりペースを乱されてしまう。本郷は軍師の助言も得て店の実力を知るにはテッペンからと握りの松を注文。寿司のうまさにいちいち感動しながら松を攻略した矢先、またしても力石が現れる。スマートに大将と会話を交わす力石にジェラシーが入った本郷は、江戸前三国志を決意するのだが!?

  • 兵法の五 「とんかつの軍師」
    兵法の五 「とんかつの軍師」

    今日の戦場はビジネス街のすぐそばにあるサラリーマンの補給基地、とんかつ屋だ。お腹の調子も整え、時間を読み入店する本郷。上ロース定食を頼み、昼のとんかつ兵法、略してヒルトンを行う算段だ。ここまでは順風満帆。しかし、またまたそこに力石が現れる。気になって仕方ない本郷だが、同じヒルトンでも相手がヒレカツ定食と見るや、こちらに勝機ありと踏み、まずは己のロースカツ6切の攻略を始める。レモン・塩・ソース・カラシを駆使した食べ方にドヤ顔の本郷。一方、力石の陣立ては奇をてらったものだった。

  • 兵法の六 「どぜうの軍師」
    兵法の六 「どぜうの軍師」

    精力のつくものを食べようと、本郷はどじょう料理屋へやってきた。程よい込み具合の店内には、またしても力石の姿が。先手必勝と、どじょうを丸ごと煮込んだ丸鍋定食を注文し、一気に中央突破で勝負を決めにかかる本郷。しかし、力石はどじょうのかば焼きという予想外の単品料理を注文してきた!まさかの単品に一瞬戸惑いを見せるも、注ぎ足し用の割り下、七味唐辛子、山椒、ネギ、ごぼうの五虎大将軍を揃えた本郷は、丸鍋を容赦なく攻め優位に立つ。そして、ついに力石が柳川鍋を注文。いよいよ鍋合戦は総力戦へと突入していく―!

  • 兵法の七 「天ぷらの軍師」
    兵法の七 「天ぷらの軍師」

    今日の戦場は天ぷら屋だ。この日のために、自らに一週間の揚げ物禁止令を課していた本郷は、アツアツの天ぷらをあてに日本酒をやろうと、ルンルンで店に向かっていた。すると、その目の前で力石が目的の店に入って行くではないか。またも現れた力石に闘志を燃やす本郷は、「天ぷらの兵法」の基本に則り、まずは淡白な味の海老とキスで攻め、後半に穴子などの重いネタでじっくり攻め落とすという作戦に出る。戦いも終盤、盤石の布陣で勝利を確信した本郷だったが、力石が思いもよらぬ奇策を繰り出す。

  • 兵法の八 「バイキングの軍師」
    兵法の八 「バイキングの軍師」

    ホテルバイキング。その開店を待つ行列の中に、本郷の姿があった。ベストコンディションでバイキングに臨む本郷は、まず前線基地たる座席を確保すると、すかさず戦況視察(料理確認)へ。「バイキングの兵法」を駆使し、どれを取り、どれを捨てるか見極めると、早速バイキングだからこその豪華共演「(食)異文化混合の陣」で寿司とビーフシチューを選択する。バイキングならではのカオス感に酔いしれる本郷。そこへあの男が現れる。力石だ。開店時間前に並んでいた本郷をあざ笑うかのように、出遅れを一瞬で取り戻す速攻を見せる力石は、戦況視察もなしに、本丸であるズワイガニへ向かい、本郷のド肝を抜く!

  • 兵法の九 「焼肉の軍師 前編」
    兵法の九 「焼肉の軍師 前編」

    今夜の戦は焼肉だ。肉に飢えた本郷は、事前の戦のシミュレーションもバッチリ。意気揚々と店に乗り込むが、なんとすでに満席状態。別の店にするかと諦めかけたその時、本郷に声がかかる。 あの力石が相席をしようと本郷に声をかけてきたのだった!!ついに迎えたライバルとの直接対決に、たとえ胃袋が裂けても負けられんと気合の入る本郷だが、しょっぱなから力石がホルモンを頼んだことで、昨日練っていた策が早くも崩壊、出鼻をくじかれてしまう。

  • 兵法の十 「焼肉の軍師 後編」
    兵法の十 「焼肉の軍師 後編」

    力石の見事な攻撃に厳しい展開を余儀なくされる本郷だが、勝負はこれから。いよいよ上カルビ、上ロース、上ミノがテーブルに運ばれてくる。ロースターの上に力石が並べた肉の陣形は「混元一気の陣」。適当に種類を混ぜて並べたように見せながらも、計算されつくされた陣形だ。だが、本郷も揺るがない。最前線にミノを置き、ロースとカルビを守る「八卦の陣」で対抗する。熾烈を極める二人の戦い、この勝負を制するのは果たしてどちら―!?

  • 兵法の十一 「弁当の軍師」
    兵法の十一 「弁当の軍師」

    とある電車の中、隣同士で座る本郷と力石の姿があった。なぜか宿敵である力石と二人で旅行に行く約束をしてしまったのだ。待ち合わせに遅れてやってきたうえ、自分の戦略を「ダンドリ君」と言う力石に怒り心頭の本郷は、旅のおとも・駅弁での対決に闘志を燃やす。駅弁は何を選ぶかで知力、兵力、経験値、センスがわかるという。本郷は駅弁界の名作・崎陽軒のシウマイ弁当で攻めるが、なんと力石も同じシウマイ弁当を用意していた!奇しくも弁当がカブってしまい、今回も同じメニューでの対決となった本郷と力石。この名城をいかにして落とすのか?

  • 兵法の十二 「うなぎの軍師」
    兵法の十二 「うなぎの軍師」

    うなぎ屋にやって来た本郷。例のごとく、店で力石と遭遇するも、いかなる戦術を用いることも拒まれるうな重を前に、今日は休戦、食を堪能しようと落ち着いていた。…が、本郷がそんなに冷静なわけがない。力石の前にシッポの串が出されると、自分の大きなミスに気付く。調理に時間のかかるうなぎは、待つ間に一品料理で酒を楽しむのが定石であり、陣立ての実力が問われるのだ。一気に戦闘モードに切り替えた本郷は、串巻きをワサビで食べるという合わせ技で攻める。しかし、店主は本郷の自己流の食べ方に大激怒!力石のみならず、店主も敵に回してしまう。

  • 兵法の十三 「すき焼きの軍師」
    兵法の十三 「すき焼きの軍師」

    今日は本郷と力石、二人で鍋を囲んでのすき焼き決戦。本郷は必ずや力石を叩きのめしてやると意気込んでいた。鍋開始早々、力石が肉の隣にしらたきを並べようとするまさかの失態により、鍋奉行っぷりを発揮した本郷が、勝負のイニシアチブを握ることに成功。戦いを有利に進めていくと思いきや、具材をまんべんなく食べるというすき焼きの基本ローテーションを無視して肉を食べる力石に、ペースを乱されてしまう。しかし、本郷もすかさず肉攻めに切り替え応戦。どちらが勝つか分からぬ熱戦が繰り広げられるなか、本郷がついに最強の陣形を敷く!!

ページトップへ