お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

サクラ大戦 OVA 桜華絢爛  第一幕 『華の都の花いくさ』

この作品もオススメ

サクラ大戦 OVA 桜華絢爛
サクラ大戦 OVA 桜華絢爛 (配信数4話)
第一幕から第三幕までが大神入隊以前の帝都花組結成秘話、第四幕がゲーム本編の時間軸でおきたサイドエピソード!
■キャスト
真宮寺さくら:横山智佐
神崎すみれ:富沢美智恵
マリア・タチバナ:高乃麗
アイリス:西原久美子    
李紅蘭:渕崎ゆり子
桐島カンナ:田中真弓
藤枝あやめ:折笠愛
大神一郎:陶山章央
米田一基:池田勝
花小路頼恒:北村弘一
神崎忠義:大塚周夫
真宮寺若菜:池田昌子
真宮寺桂:京田尚子

■原作
広井王子
■監督・絵コンテ
石山タカ明
■シリーズ構成
あかほりさとる
■脚本
川崎ヒロユキ
■キャラクターデザイン
藤島康介
■OVAキャラクター設定
黒田和也
■原案・設定
金子良馬
森田直樹(レッドカンパニー)
■メカニックデザイン
永田太(レッドカンパニー)
■演出
山口頼房
■作画監督
吉野真一
■色彩設定
井上喜代美
■美術監督
渋谷幸弘
■撮影監督
山口利明
■音楽
田中公平
■音響監督
佐藤敏夫
■編集
JAY FILM
■アニメーション制作
ラディクス
■制作
アニメイトフィルム
■企画・監修
レッドカンパニー
(C)1997 SEGA/BANDAI VISUAL/MARINE ENTERTAINMENT

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第一幕 『華の都の花いくさ』
    第一幕 『華の都の花いくさ』

    太正八年、春。陸軍・米田一基は、来るべき降魔との戦いに備え帝国華撃団構想を推し進めていた。世界中に霊子兵器を操る異能者を求め、上海で李 紅蘭、ニューヨークでマリア・タチバナ、沖縄で桐島カンナ、そして、フランスでアイリスをスカウト。徐々にそのメンバーを集めた。川崎の神崎重工では霊子兵器の開発が進められていたが、主要兵器である霊子甲冑は、適した異能者が見つからず難航していた。だが、神崎重工会長の孫娘・神崎すみれが一号機「桜武」の実験を見学に来たある日、事態は意外な方向へ進展する。その頃、仙台では一人の少女が剣の稽古に励んでいた。少女の名は真宮寺さくら。降魔との戦いに巻き込まれる己の運命をまだ知らない・・・。帝国華撃団・花組の結成を描く「サクラ大戦」前史が、ついに開幕!

  • 第二幕 『桜の花に放てよ神剣』
    第二幕 『桜の花に放てよ神剣』

    年明けて、太正十一年新春。準備を進めていた秘密部隊・帝国華撃団がついに発足した。米田総司令のもとに集まった4人の少女・紅蘭、カンナ、マリア、そしてアイリス。彼女たちを待っていたのは激しい降魔との戦い・・・ではなく、舞台に立つためのダンスや発声練習だった。彼女たちは世間に対する表の姿として「帝国歌劇団」の活動を開始。けいこに励んだ。ある日花組は戦力強化のため、すみれを新しいメンバーに迎える。ところが彼女の高慢な態度にカンナは激怒し、花組は一触即発の危機に陥ってしまう。一方、真宮寺家では上京を決意したさくらに、先祖代々伝わる北辰一刀流奥義を記す巻物が手渡されようとしていた。果たして、花組はこの危機を乗り切れるのか。そして、さくら上京の望みは・・・。帝国華撃団・花組の結成を描く「サクラ大戦」前史、待望の第二幕が登場!

  • 第三幕 『春は弥生の初戦闘(はつぶたい)』
    第三幕 『春は弥生の初戦闘(はつぶたい)』

    太正十二年、帝都の不安な日々に応えるように帝国華撃団の活動が本格的になってきた。入団して1年がたつマリア、すみれ、アイリスの3人は帝国歌劇団として舞台に立つ毎日で忙しくなり、その合間に帝国華撃団として霊子甲胄・光武に搭乗しての戦闘訓練もこなしていた。そこに、父親の敵討ちのために沖縄に帰ってしまったカンナと入れ替わりで、真宮寺さくらがやって来た。しかし、さくらは新人とはいえドジばかり。戦闘訓練での失敗などが重なり、なかなかうまく花組にとけ込めず肩を落とす。そんなさくらを見ながら、隊長のマリアはあることを思いつく。その頃、日本橋の地下深くでは黒之巣会が動き出そうとしていた・・・。帝国華撃団・花組結成を描く「サクラ大戦」前史もいよいよ大詰め。本格的な戦闘シーンが注目の第三幕登場!

  • 第四幕 『真夏の夢の夜』
    第四幕 『真夏の夢の夜』

    黒之巣会と幾多の戦闘を繰り広げ、帝都華撃団・花組の隊長として信頼されるようになった大神一郎。しかし、個性豊かなメンバーに慕われながらも振り回される毎日で、さすがの大神も疲れ果ててしまう。そんなある晩。見回りをしていた大神は、剣の修行に励むさくらと出会う。そこで自分のことを心配する花組みんなの気持ちを知って、「人々に夢を与える君たちがうらやましい」と胸のうちを打ち明ける。それを聞いたさくらは、花組隊長として戦いだけではなくお芝居の指揮をとるように提案する。こうして、一日だけの特別公演「真夏の夢の夜」が企画された。だが、帝都を脅かす悪は容赦なく忍び寄る・・・。花組全員が初めて揃う第四幕、惜しまれながらここに完結!

ページトップへ