お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

伝説の勇者の伝説  第1話「昼寝王国の野望」

この作品もオススメ

伝説の勇者の伝説
伝説の勇者の伝説 (配信数25話)

相反する二人が出会った。呪われた者として忌み嫌われ、生きる意味を見失っている『複写眼』保持者、ライナ・リュート。王家の血を引きながら、母が平民であるがゆえに蔑まれてきた、シオン・アスタール。二人は出合い、そしてこの腐った国を変えたいと、望んだ。そして革命の末、ローランド帝国王に即位したシオンは、ライナに彼が獄中で書いたレポートを元に、その鍵となる『勇者の遺物』探しを命じ、剣の一族であるエリス家の娘、フェリス・エリスをお目付け役として同行させる。超絶面倒くさがりで万年無気力のライナと、超絶美人で傍若無人なだんご至上主義のフェリス、どこから見ても相性の悪い二人だが、各国を跨いで『勇者の遺物』を捜す旅の中で次第にお互いを無二の相棒として認め合っていく。ローランド帝国で二人の動向を見守るシオンもまた、いまだ残る貴族との内部確執、そして他国との争いの予感に王として苦悩しつつも奮闘していく。
だが徐々に、二人の思いはすれ違っていく。ライナたちがかつて夢見た『みんなが笑って、昼寝だけしていればいいような世界』を作ることができるのだろうか……?
ライナ・リュート:福山潤
フェリス・エリス:高垣彩陽
シオン・アスタール:小野大輔
キファ・ノールズ:大浦冬華
ミルク・カラード:藤田咲
ルシル・エリス:杉田智和
イリス・エリス:村田知沙
ミラン・フロワード:諏訪部順一
クラウ・クロム:伊丸岡篤
カルネ・カイウェル:沢城みゆき
エスリナ・フォークル:竹達彩奈
ラッヘル・ミラー:増谷康紀
ルーク・スタッカート:日野聡
リーレ・リンクル:岡本信彦
 
原作:鏡貴也(『伝説の勇者の伝説』
富士見ファンタジア文庫/富士見書房刊)
キャラクター原案:とよた瑣織
企画:柴田維、Han Sang heuk、岩崎篤史、原田学、
井上俊次
プロデューサー:立崎孝史、Jeong Hyun ah、
加藤正純、有永真仁、伊藤善之、
川崎とも子
シリーズ構成:吉村清子(よしは土に口)
キャラクターデザイン:島沢ノリコ
セットデザイン:青木智由紀
デザインワークス:岩永悦宣
美術監督:東潤一
色彩設定:川上善美
ディレクター・オブ・フォトグラフィー:口羽毅
シークエンスディレクター:平木大輔
音響監督:岩浪美和
音楽プロデューサー:小池克実
音楽:仲村美悠
音楽制作:ランティス
オープニングテーマ:「LAMENT〜やがて喜びを〜」
作詞:畑 亜貴、作・編曲:虹音、歌:結城アイラ
アニメーション制作:ZEXCS
監督:川崎逸朗
製作:伝勇伝製作委員会
(C) 2010 鏡貴也/伝勇伝製作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話「昼寝王国の野望」
    第1話「昼寝王国の野望」

    ローランド帝国から少し北。ネルファ皇国の森で、ライナ・リュートとフェリス・エリスがネルファ兵と対峙していた。『複写眼(アルファ・スティグマ)』と卓越した剣技で応戦し、難なくその場を切り抜けたふたりは『勇者の遺物』が眠る遺跡を目指す。一方、ローランド帝国王のシオン・アスタールは激務の中、国内の視察から凱旋したばかりにもかかわらず、仕事の手を緩めることはなかった。「ここで手を緩めたら、すべてが後戻りになってしまう」

  • 第2話「英雄と寝ぼけ男」
    第2話「英雄と寝ぼけ男」

    数年前の学院時代、シオンは「ローランド最強の魔術師」と謳われ、その瞳に朱の五方星が宿る『複写眼』保持者のライナに興味を惹かれていた。半ば強引に自分の班に引き入れたシオンは、ライナにある決意を語る。しかし突然、黒装束の男たちがシオンを襲う。徐々に追いつめられ、窮地に立たされたシオンの前に、ひとりの美少女が降り立つ。

  • 第3話「複写眼(アルファ・スティグマ)」
    第3話「複写眼(アルファ・スティグマ)」

    隣国のエスタブール王国が、ローランドの領土に進軍した。また戦争が始まる、と怯える生徒たちに下る出兵命令。しかし、シオンの根回しによって彼のクラスは非戦闘地域への出兵となる。安堵の息を漏らす生徒たちだが、ライナに想いを寄せるキファ・ノールズはだけは何かに怯え続けていた。

  • 第4話「ライナ・レポート」
    第4話「ライナ・レポート」

    戦争での功績を称えられ、英雄扱いのシオンは「剣の一族・エリス家」に赴いていた。エリス家の当主であるルシル・エリスに、王となる資格があるか試されていたのだ。一方、ローランド王によって投獄されていたライナは、牢獄内で昼寝王国の王様として君臨しながらも、とある研究を行っていた。そして数年の月日が流れ、遂にライナの処刑が決定されるのだが……

  • 第5話「目覚め始めた世界」
    第5話「目覚め始めた世界」

    シオンに命じられ、『勇者の遺物』を探す旅に出たライナとフェリスは、古い時代の遺跡が残るネルファ皇国を訪れていた。ふたりは『勇者の遺物』に関する書物を探すために王立図書館へ向かうも、門番に入場を阻まれてしまう。しかし、ひょんなことからライナがネルファ皇国皇帝の孫、トアレ・ネルフィを助けたことで、無事、図書館に入ることができた。

  • 第6話「暗がりに潜む者」
    第6話「暗がりに潜む者」

    反国王派が仕組んだ「ネルファ皇国」訪問に議論を交わすローランド王宮内。フェリスの妹、イリス・エリスからの報告を受け、ライナとフェリスがネルファ皇国にいることを知ったシオンは、クラウ達の反対を押し切り、ミラン・フロワードを連れて訪問を決める。両国間の緊張が高まる中、シオンとネルファ皇国王、グリード・ネルフィの会見が開かれる。

  • 第7話「その手を離さない」
    第7話「その手を離さない」

    ネルファ皇国のとある砦で『勇者の遺物』探しをしていたライナとフェリスは、宝探しで忍び込んだというスイ・オルラとクゥ・オルラという不思議な兄妹に出会う。翌朝、そのスイとクゥのたれ込みによって、再びミルク・カラード率いる忌破り隊に捕えられそうになったライナ達であったが……

  • 第8話「エスタブール反乱」
    第8話「エスタブール反乱」

    ローランドに属しているはずのエスタブールが反乱を起こした。反乱の首謀者は、かつてのエスタブール国王の一人娘で、国民から絶大な人気を得ているノア・エン。作戦会議の中、シオンは「自分が鎮圧に行く」と言うフロワードを制し、クラウ・クロム少将を反乱鎮圧に向かわせたのだった。

  • 第9話「忘却欠片(ルール・フラグメ)」
    第9話「忘却欠片(ルール・フラグメ)」

    ネルファ皇国の宿屋にいるライナとフェリスのもとに、イリスがシオンの伝言を持ってやってきた。だんごを食べるのに夢中になっているイリスによると、どうやらネルファの森に出現した竜を調査するようにという命令らしい。森に向かったふたりの前には、付近の住民やネルファの兵士たちの無残な光景が広がっていた。

  • 第10話「夕暮れ」
    第10話「夕暮れ」

    戦いで、謎の声を聞いたライナは、暴走状態となり周囲を破壊し続けた。しかしフェリスは動じることなく、ライナに向かって「お前は化け物じゃない」と語りかけるのだった。頬から一筋の涙がこぼれ、脱力するライナを抱き留めるフェリス。一方、シオンは、大陸北方に不穏な動きがあることに頭を悩ませていた。

  • 第11話「悪魔の子」
    第11話「悪魔の子」

    国王派の貴族を優遇し、能力ある者は市民でも役職に登用することを決めたシオン。反国王派を挑発することになるが、シオンはあえてこの強攻策を取ることで、国内統一の強化をはかる。一方、ライナとフェリスは、複写眼を持つアルアという少年がルーナ帝国の魔法騎士にさらわれたのを知り、救出に向かうのであった。

  • 第12話「大掃除の宴」
    第12話「大掃除の宴」

    シオンは、アークメル地方で貴族たちの不穏な動きがあるという噂を聞きつける。そこはフロワードの父・カーラルが治める地。反国王派の貴族たちが集まり、シオンを王の座から引きずりおろすための宴が開かれていた。この計画を取り仕切り、全権を任されていたフロワードは彼らの前に立ち、こう言い放つ「死んで下さい」。

  • 第13話「北の勇者王」
    第13話「北の勇者王」

    ライナの「複写眼」(アルファ・スティグマ)を調べるために、キファ・ノールズはメノリス大陸最大の軍事国家ストオルの兵士になっていた。その頃、ライナとフェリスは、ククを救出するためにレジット村のすぐ近くまで来ていた。しかしそこにスイとクゥが立ちはだかる。「ボクたちは複写眼を狩っているのですから…」

  • 第14話「誰も、なにも失わない世界」
    第14話「誰も、なにも失わない世界」

    ルーナの森でスイとクゥと戦いを繰り広げるライナとフェリス。休戦状態になったとき馬車で眠っていたアルアが目を覚ました。悲鳴を上げるアルアに向かって、ライナは共にククを助けようと話す。ライナと同じ複写眼の持ち主であるアルアは、ライナを「先生」と呼ぶのだった。ククが捕らえられている貴族の館に向かおうとしたそのとき、再びスイとクゥが現れる。

  • 第15話「きる・ざ・きんぐ」
    第15話「きる・ざ・きんぐ」

    船に乗っていたライナとフェリスは、ミルクたちとの大騒動と嵐のせいで、偶然ローランドの国内に流れ着いてしまう。ライナたちは、これ幸いとばかりに、自分たちをこき使っているシオンのところに向かうのだった。「傍若無人いじめっ子大王シオンの横暴を許すなーっ!」。

  • 第15.5話「総集編」
    第15.5話「総集編」

    シオンの命を受けて、尊敬するお姉様(フェリス)と、一緒にくっついている野獣君(ライナ)を監視しているイリス・エリス。ようやく報告書がまとまり、喜びいさんで、まだ眠っているシオンのもとに駆け込むのだった。「ゆーしゃのいぶつ」を勝手に大きくする野獣君の失態を暴き、「せいえいぶたいの隊長」は野獣君と行きずりの関係を持っていたという衝撃のスキャンダルを報告するイリスであった。

  • 第16話「微笑まない女神」
    第16話「微笑まない女神」

    シオンがエスタブールに行くことになり、フェリスと共に護衛につくように命じられるライナ。昼寝三昧で過ごそうとしていた目論見がはずれたライナはしぶしぶエリス家に向かい、シオンの命令をフェリスに告げたあと、エリス家の道場に入り、そこでルシルと対峙する。ルシルのただならぬ雰囲気を感じ取ったライナが叫ぶ。「てめえ、いったい何者なんだ?」

  • 第17話「殲滅眼」
    第17話「殲滅眼」

    エスタブールへの出発を前にして、ライナが突然失踪してしまう。シオンはもちろんフェリスもライナがどこに行ったのか見当がつかなかった。そんな状況の中、シオンはエスタブールにいるクラウから、「魔眼」保持者が現れたとの報告を受ける。シオンはクラウの援護に向かうことを決心するのだが・・・。

  • 第18話「呪われた瞳」
    第18話「呪われた瞳」

    エスタブールで、魔眼保持者に瀕死の重傷を負わされたクラウ。衝撃を受けるシオンだが、「策」があると兵士たちを安心させ、クラウの身を心配するノアとエスタブールに兵を率いて出発する。一方、フェリスは、失踪したライナのことを思い理解しきれない気持ちに胸を痛めていたが……

  • 第19話「行方知れずの恩知らず」
    第19話「行方知れずの恩知らず」

    ガスターク王・レファルのもとに、瀕死のスイを抱えたクゥが駆け込んできた。スイの話によると、自分たちをこんな目に合わせたのは、ライナ・リュートという名の「複写眼」の持ち主だという。レファルのところに身を寄せていたキファは、ライナの名を聞いて驚愕する。

  • 第20話「絶望に埋め尽くされない心」
    第20話「絶望に埋め尽くされない心」

    ティーアの隠れ家に滞在することになったライナの前に刺客が現れる。シオンの命令によりライナを殺すためにやってきたと聞き、苦渋の表情を見せるライナ。相手の術中にはまりナイフを突きつけられてしまうも、そこに割って入る者が居た。それは……

  • 第21話「ローランドの闇」
    第21話「ローランドの闇」

    もう逃げない。そう誓ったライナは、フェリスと共にローランドに帰還する。シオンの執務室に入ったふたりは、あふれる書類の山から姿を現したシオンと再会。シオンは嫌がるふたりに、膨大な書類仕事を押しつけるのだったが、そのときライナはシオンの顔色が悪いことに疑問を抱く。

  • 第22話「αという名の獣」
    第22話「αという名の獣」

    不意をつかれて何者かにナイフで刺されてしまうライナ。その一部始終を見ていたルシルは、ライナを刺した男と対峙するが「勇者の遺物」を用いられ、逃げられてしまう。「遺物」は光の球体となり、ローランド城を覆う。それを見ていたシオンは苦悩の表情を浮かべるのだった。

  • 第23話「最後の日」
    第23話「最後の日」

    無理矢理書類仕事で徹夜をさせられているライナとフェリス。これ以上つき合っていられないと、ライナはミルクの手助けでローランド城を抜け出す。そこで初めてミルクの誕生日パーティをすっぽかしたことを詫びるライナだった。その頃、クラウやカルネたちは、シオンの誕生日を盛大に祝うために、趣向を凝らした式典を計画していた。

  • 第24話「遠い日の約束」
    第24話「遠い日の約束」

    激しい雨が降るローランド城下町。対峙するライナとシオン。いつかこんな風になるのではないかと思っていたと呟くライナ。それに対して、約束を守れなくてごめん、と謝るシオン。そう語り合いながらも、ふたりは戦闘態勢に入るのだった。

ページトップへ