お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

AKB0048  Stage1 「消せない夢」

この作品もオススメ

AKB0048
AKB0048 (配信数13話)
芸能禁止の時代、危険を顧みず、 ゲリラライブを送り届けるアイドル達がいた。 そう、彼女達の名は「AKB0048」。 地球滅亡直前まで、伝説のアイドルとして輝き続けた「AKB48」。 その名を襲名するという形で受け継いだ超銀河アイドルチームの物語。
【研究生メンバー】 園智恵理:渡辺麻友 藍田織音:仲谷明香 一条友歌:佐藤亜美菜 東雲彼方:石田晴香 東雲楚方:矢神久美 岸田美森:佐藤すみれ 神崎鈴子:秦佐和子 横溝真琴:三田麻央 本宮凪沙:岩田華怜 【襲名メンバー】 13代目 前田敦子:沢城みゆき 9代目 大島優子:神田朱未 6代目 柏木由紀:堀江由衣 3型目 渡辺麻友:田村ゆかり 8代目 小嶋陽菜:能登麻美子 5代目 高橋みなみ:白石涼子 11代目 板野友美:植田佳奈 10代目 宮澤佐江:中原麻衣 10代目 秋元才加:川澄綾子 他
企画・監修 :秋元康 原作・総監督:河森正治 エグゼクティブプロデューサー:大月俊倫 監督:平池芳正 シリーズ構成・脚本:岡田麿里 キャラクターデザイン:江端里沙 サブキャラクターデザイン・総作画監督:井上英紀/伊藤郁子/いとうまりこ 舞踊原画家:相澤昌弘 メカニックデザイン:ブリュネ・スタニスラス 美術デザイン:ロマン・トマ/ルガル・ヤン 色彩設計:品地奈々絵 CGディレクター:加島裕幸/崎山敦嗣(unknownCASE) 美術監督:伊藤聖 撮影監督:植田真樹 音響監督:明田川仁 音響効果:古谷友二 音楽:高木洋/スワベック・コバレフスキ 音響制作:マジックカプセル 編集:坪根健太郎(REAL-T) 原作・アニメーション制作:サテライト
(C)サテライト/AKB0048製作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • Stage1 「消せない夢」
    Stage1 「消せない夢」

    辺境の星で暮らす凪沙、智恵理、優歌、織音は幼き頃、 禁断のゲリラライブに衝撃を受ける。 そして、星暦0048年憧れの「AKB0048」オ―ディション開催を知る。 現実と夢の狭間で葛藤する少女達が選ぶ道は・・・

  • Stage2 「選ばれし光」
    Stage2 「選ばれし光」

    宇宙港から船に乗り、二次審査会場へ向かった凪沙たち。 船にはほかにも同じオーディションを受ける予定の少女たちが乗っていた。 だがそこへ、オーディションの情報を掴んだDES軍が現れ、船を制圧。 凪沙たちを拘束しようと乗り込んできた……!

  • Stage3 「星屑セレクション」
    Stage3 「星屑セレクション」

    いよいよ二次オーディション開始。その課題は「歌って踊らせること」。 自分たちが踊るのではなく、ゲリラライブを行うAKB0048の護衛をすることだった。華やかな芸能の世界に憧れて集まってきた少女たちに、戦闘経験などあるわけもなく……。突然始まった過酷な戦闘訓練とつらい生活環境に、候補生たちの不満は募っていく。

  • Stage4 「その努力裏切らない」
    Stage4 「その努力裏切らない」

    オーディションに合格し、晴れて研究生となった7人。 彼女たちはついにAKB0048のホーム・アキバスターへと到着する。 着いてすぐに案内されたのは、もちろんAKB0048劇場。 そこではちょうど、第75期研究生の2人が前座公演を行っていた。 ところが、会場のファンのノリはいまいちで……。

  • Stage5 「それぞれの休日」
    Stage5 「それぞれの休日」

    研究生となって1ヶ月。すっかり共同生活にも慣れた凪沙たちに、月に一度の完全休養日が訪れた。自主練をしようとしたものの、ツバサに「有意義な休みを」と言われ、悩んでしまう。 そんな中、1人、輪から離れていく智恵理。彼女を追いかけて凪沙も街へと出かけていく。この機会に、智恵理とちゃんと話したいと思ったのだ。ほかの仲間たちも思い思いの休日を過ごすうち、襲名メンバーと出会い……。

  • Stage6 「初めての握手会」
    Stage6 「初めての握手会」

    77期生のお披露目イベント・握手会の日が近づいてきた。 ある日、織音の元にファンレターが届けられ、凪沙たちは色めき立つ。だが、再生されたデータから流れてきたのは織音に研究生辞退を迫る脅迫映像だった……。動揺し、レッスンでも精彩を欠く織音。智恵理から厳しい言葉を受けた彼女は、思わず部屋を飛び出してしまう。

  • Stage7 「襲名キララ」
    Stage7 「襲名キララ」

    襲名メンバーが劇場に出演できない場合に備え、代役を研究生が務めるというアンダー制が導入されることになった。77期生からはただひとり、智恵理が優子のアンダーに選ばれる。不満を持つ76期生。今やすっかり優子推しとなった凪沙も複雑な感情を抱くが、智恵理が優子のアンダーになりきろうと一生懸命なのを知り、そんな気持ちは吹き飛んでしまう。 しかし、76期生が智恵理が隠し続けてきた秘密を暴き……。

  • Stage8 「その名は、誰のもの?」
    Stage8 「その名は、誰のもの?」

    AKB0048の次のライブは完全芸能禁止の星、ツンドラスター。 DES軍との戦闘は避けられず、何が起こるかわからない強襲ライブになることが予想され、特別措置としてアンダーの研究生が入ることになった。 彼方、美森、76期生からは恵に加え、77期生が全員入る、という発表に不満の声を上げる76期生たち。 その様子を見ていたたかみなは……。

  • Stage9 「キモチリレーション」
    Stage9 「キモチリレーション」

    DES軍のゼロゼロ包囲網は想定以上、厳重な警戒態勢が敷かれる中、いよいよツンドラスターでのライブに臨むメンバーたち。落ち込んだままのたかみなに、ツバサは待機指示を出す。初めてのライブを前に77期生たちはテンションが上がる中、複雑な想いを抱えるメンバーたちがいて……。

  • Stage10 「波間のキセキ」
    Stage10 「波間のキセキ」

    AKB0048の新しい写真集が出版されることになった。今度は研究生も含めた全メンバーが対象になるという。恥ずかしがりつつも、熱心にポーズ研究に取り組む凪沙たち。その中でただひとり、真琴だけは浮かない顔をしていた。実は最近高カロリーの食べ物にハマって、スタイルが大きく崩れてしまっていたのだ。しかし撮影日はもう目の前。ダイエットが間に合うはずもなく……。真琴のピンチに、鈴子が授けた作戦とは!?

  • Stage11 「ランカスター再び」
    Stage11 「ランカスター再び」

    凪沙たちの故郷、藍花星(ランカスター)でのライブが決定! しかも研究生のお披露目公演も予定されているという。まだ正式な劇場デビューもしていないうえ、あまりに急な話で、77期生は嬉しさよりも緊張が先に立ってしまう。 ライブでは、代々のセンターノヴァが新人時代に抜擢されて歌ってきたソロ曲『渚のチェリー』も披露される。その上、久しぶりに作られた0048の新曲を研究生たちが歌うと知って、ゆうこは激しく動揺する。

  • Stage12 「歌をうたうアイドル」
    Stage12 「歌をうたうアイドル」

    凪沙たちが故郷の星から飛び立った後、藍花星では急激な芸能禁止運動が起こっていた。芸能推進派は次々と逮捕され、凪沙の父も娘が0048のメンバーになったことを問題視されて投獄。また、友歌の友だちだった護は、WOTAの藍花星支部に身を投じていた。 父を助けるため、WOTAと一緒に収容施設に向かう凪沙。だが、父は彼女のことを拒絶して……。

  • Stage13 「笑顔のために」
    Stage13 「笑顔のために」

    ついに研究生公演の幕が上がった。そこへかつてない数のDES軍が襲来! ライブ半ばにして、フライングゲットは撤収を余儀なくされる。 ツバサはメンバーの反対を押し切り、藍花星での公演中止を決定。 故郷を想う凪沙たちと、メンバーの安全との板挟みになったツバサの脳裏に浮かぶのは――!?

ページトップへ