お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

ういち・ヒカルのパチンコ天国と地獄  #88

この作品もオススメ

ういち・ヒカルのパチンコ天国と地獄
ういち・ヒカルのパチンコ天国と地獄 (配信数114話)
特に演出に詳しい訳でもなく勝利を追及している訳でもないパチスロライター「ういち」と「沖ヒカル」が挑む、革新的?パチンコバラエティ。(ほぼ)行き当たりばったり楽しくパチンコを打つ2人だが、果たしてその展開は…?
■キャスト
ういち
沖ヒカル
(C)JAB

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • #1
    #1

    スロライター界でも一、二を争う人気を誇る、ういちと沖ヒカルが挑む、パチンコバラエティ。収支での勝敗もさることながら、最後に行われる「抽選タイム」によって、結果が正反対になることもある?

  • #2
    #2

    今回、ついに第1節が決着。ようやく追いついたヒカルは、マックスタイプの強みを活かして逆転勝利となるのか。そして最後の最後、「天国と地獄抽選」の結末は?

  • #3
    #3

    第2節の前半戦。前節では敗北を喫し、しかも最後の"ドンデン返し"もなかったという、消化不良気味のヒカルはリベンジを誓うが、またも最初のスペック抽選で・・・。

  • #4
    #4

    第2節の後半戦。前半も最後の方で、ういちに追いつける可能性もあったヒカルだったが、まさかの2連で確変終了。結構な差が生まれたが、後半戦でヒカルの逆転はあるのか。

  • #5
    #5

    第3節の前半戦。過去2節とも収支で負けているヒカルは、敗因としてMAXタイプに縛られたことを挙げる。そんな中、2人が引いた「本日の縛りスペック」は?

  • #6
    #6

    第3節の後半戦。前半戦から好調のヒカルはついに2万発に到達。さすがに今回の勝利は確実かと思われたが、ういちが猛烈な追い込みを見せる。奇跡の大逆転はあるのか?

  • #7
    #7

    第4節の前半戦。まずは朝イチのスペック抽選が注目なのだが、大好物の「マックスタイプ」を引き当てたういちに対し、ヒカルはついに”あれ”を引いてしまうのであった・・・。

  • #8
    #8

    第4節の後半戦。スペック再抽選によって、ライトミドルへ移動したヒカルは比較的順調。しかし、MAXタイプの怖いところを存分に見せつけられたういちは・・・。

  • #9
    #9

    第5節の前半戦。前節で結構な大負けを喫したういちは、今回こそはと雪辱に燃える。一方ヒカルは、とにかく最初の縛りスペックが大事だと、気合いで抽選に臨むのであった。

  • #10
    #10

    第5節の後半戦。前半戦で大量リードを奪ったういちは、後半から「忍魂」へ移動。出るのも早いが、吸い込みもそれなりに早いので、移動が吉と出るか凶と出るのか。

  • #11
    #11

    第6節の前半戦。実戦前からプライベートでの絶不調を理由に、弱気なういち。対するヒカルは、比較的楽観視しているのだが、その気持ちが思わぬ形で影響することに・・・。

  • #12
    #12

    第6節の後半戦。プライベートでの絶不調を引きずり、全く調子の上がらないういちに対し、ヒカルは前半戦で確保した大量リードで、余裕の後半戦開始。しかし、その後・・・。

  • #13
    #13

    第7節の前半戦。プライベートでの大スランプを抜け出したというとこで、ういちは余裕の表情で実戦を迎える。一方、ヒカルは朝イチのスペック抽選次第だと言うが・・・。

  • #14
    #14

    第7節の後半戦。縛りスペック再抽選で、納得の結果を得られた2人は、これからようやくエンジンが掛かる・・・はず!? 特にここ2回の放送で当りの出ていないヒカルは・・・。

  • #15
    #15

    第8節の前半戦。珍しく(?)2人とも朝から「調子よい」宣言が出たのだが、そんな時に限ってスペック抽選で予想外の結果が!?一気にテンションが落ちる2人は・・・。

  • #16
    #16

    第8節の後半戦。まさかの甘デジ2連発を食らい、意気消沈気味のういちだが、最後のスペック抽選では・・・。一方ヒカルは「太王四神記」で粘り、その努力の甲斐あって・・・。

  • #17
    #17

    第9節の前半戦。珍しく(?)打ちたい機種が被ったのだが、それは「ガンダム」。となると、問題はスペック抽選。2人は"MAXタイプ"を引き当てることは出来るのか?

  • #18
    #18

    第9節の後半戦。お互い、2回目のスペック抽選で希望通りのスペックを射止め、あとは結果が付いて来るかどうか。一歩先に食いついたヒカルは、そのまま突っ走れるか。

  • #19
    #19

    第10節の前半戦。前節に続いて、二人とも「ガンダム」が第1希望。すでに稼働も落ち着いた現状では、スペック抽選でMAXタイプを引き当てさえすればよいのだが・・・。

  • #20
    #20

    第10節の後半戦。序盤での大量リードを思えば物足りないが、それでもういちのリードは十分。一方、ういちの調子が落ちて来たのを見たヒカルは、ある作戦を決行する。

  • #21
    #21

    第11節の前半戦。MAXに懐疑的だったヒカルは、最近そうでもないらしく、今回はMAXを希望。ただ、新台の「沖海3」も気になる模様。最初のスペック抽選の結果は?

  • #22
    #22

    第11節の後半戦。スタートダッシュに成功した、ういちに対し、前半途中から起こった連チャンで猛追したヒカル。ほぼ同点で迎えた後半だが、予想だにしない展開が・・・。

  • #23
    #23

    第12節の前半戦。番組開始から丸1年が経とうとする今節では、特別ルールを設定し、負けたら視聴者プレゼントが濃厚な勝負となる。そんな中、朝イチのスペック抽選は・・・?

  • #24
    #24

    第12節の後半戦。番組開始1周年記念として、負けたらほぼ視聴者プレゼントが確定するという特別ルールを設定。そんな中、勝負は終盤までもつれにもつれるのであった・・・

  • #25
    #25

    第13節の前半戦。久しぶりに二人ともMAXタイプでのスタートとなり、並びで打ち始めたのだが、それが悪い方に影響したのか、今イチ調子が出ない二人なのであった・・・

  • #26
    #26

    第13節の後半戦。どうにかチャラ付近まで戻したういちに対し、ヒカルは全く当る事なく、投資は増え続ける一方。そして迎えた、最後のスペック再抽選で、あろうことか・・・。

  • #27
    #27

    第14節の前半戦。新機種が少なく、13節とほぼ変わらない機種ラインアップでの対戦とあって、今イチテンションが上がらない二人。そんな中、朝イチのスペックは・・・。

  • #28
    #28

    第14節の後半戦。今一つ見せ場のなかった前半戦だったが、後半はそれに輪をかけて、何もない時間が過ぎて行く。すると、終了1時間前から、怒とうの展開が!?

  • #29
    #29

    第15節の前半戦。最近こればかりという、ういちの希望は「V3」。対するヒカルも、一緒に打ちたいので「V3」希望。となると問題は、朝イチのスペック抽選となるが・・・

  • #30
    #30

    第15節の後半戦。十分なリードを前半で得たういちは、後半どこまでプラスを伸ばせるか、対するヒカルはどこまでマイナス収支を挽回出来るか。しかし後半、魔の展開が・・・。

  • #31
    #31

    第16節の前半戦。相変わらずV3に夢中という、ういちは当然MAX狙い。一方のヒカルは、どちらかと言えば甘デジ希望という中で迎える、1回目のスペック抽選の結果は?

  • #32
    #32

    第16節の後半戦。前半戦をリードして終えたヒカルはV3を続行。これが吉と出るか凶と出るか。対するういちは、当りさえすれば、まだ手が届くほどの差しかないのだが・・・

  • #33
    #33

    第17節の前半戦。最初のスペック抽選時、ヒカルはMAXは嫌だとゴネるも、引いたのは・・・。ういちは、今回は各スペックに魅力的な機種が揃うので、何でもいい模様・・・。

  • #34
    #34

    第17節の後半戦。ともにMAXを引いて好きな機種に座り、さらに当りも引いて、言う事なし・・・の前半だった。とは言え、後半もこのまま上手く事が運ぶとは思えないが・・・。

  • #35
    #35

    第18節の前半戦。前節はヒカルの快勝で、ういちも健闘はしたのだが、届かず。連勝を狙うヒカルと、一矢報いたいういちが、それぞれ引いた、朝イチのスペックは・・・?

  • #36
    #36

    第18節の後半戦。朝イチのスペック抽選で、ういちはMAX、ヒカルはミドルを引き、ほぼ当らないまま前半終了。2回目のスペック抽選をパスしてまで臨んだ、後半戦は・・・

  • #37
    #37

    第19節の前半戦。朝イチのスペック抽選で、最近は二人ともMAXを引くことが多かったが、今回は驚きの結果に?久しぶりに、ある意味、この番組らしい展開となりそう。

  • #38
    #38

    第19節の後半戦。久々にに朝イチからMAX以外を引いて、気分良く打てているヒカルに対し、ミドルのういちは苦戦中。前半戦での再抽選はパスしたが、さすがに今度は?

  • #39
    #39

    第20節の前半戦。前節でプレゼントを6個も出したういちは、雪辱に燃える今回、どのスペックで勝負することになるのか。一方、ヒカルは好みのミドル以下を引けるのか。

  • #40
    #40

    第20節の後半戦。MAXタイプを速攻で当てたヒカルは、その後の再抽選でライトミドルを引き、完全に逃げ切り体勢。一方、ういちはとにかく沢山出すしかない状況に・・・。

  • #41
    #41

    第21節の前半戦。いつものように、勝負前は特に気負うことのなかった二人だったが、最初のスペック抽選で、明暗が分かれてしまう。どちらが、"暗"だったのか・・・。

  • #42
    #42

    第21節の後半戦。まさかの甘デジ→1パチという移動となってしまった、ういちはもはやなす術なし?一方、ヒカルはスペックを変える必要もなく、あとはノンビリ・・・!?

  • #43
    #43

    第22節の前半戦。一時期MAXにばかり偏ったかと思えば、最近はライトミドルや甘デジをよく引いたりと、なかなか本人の希望通りとはいかない状況だが、何と今回も・・・。

  • #44
    #44

    第22節の後半戦。「ヴァン・ヘル?」で、思うように引けないういちは、"ヒキ負け"しているだけと言い聞かせ、ぞのまま続行。あとはヒカルの展開次第となるが・・・。

  • #45
    #45

    第23節の前半戦。ここ大半の実戦で、朝から投資が嵩んでしまいがちなういちだが、今回は朝から比較的順調。一方、ヒカルは対照的に朝から苦戦を強いられる展開に・・・。

  • #46
    #46

    第23節の後半戦。当りはするが、出玉を伸ばせないういちに対し、前半途中でMAXタイプに移動したヒカルは、当りもせず。後半に入って、ヒカルは反撃出来るのか。

  • #47
    #47

    第24節の前半戦。MAXタイプが好きではないが、牙狼は好きというヒカルは、「金色」が打ちたいため、珍しくMAXを希望。果たしてスペック抽選の結果は?

  • #48
    #48

    第24節の後半戦。ヒカルのリードで迎える後半戦だが、ういちも一撃大量獲得が可能な状態まで持ち込んだため、勝負の行方は混沌した状況に。ういちの逆転劇はあるのか。

  • #49
    #49

    第25節の前半戦。ヒカルの狙いは今回も「牙狼」だが、果たしてスペック抽選でMAXが引けるのか。一方、ういちはどのスペックを引いても大丈夫と言うが・・・。

  • #50
    #50

    第25節の後半戦。ヒカルは低投資で当ったが、ういちは投資が大きくなる一方。初当りが軽いヒカルのワンサイドゲームになるかと思いきや、粘るういち。後半どんな展開が?

  • #51
    #51

    第26節の前半戦。朝イチのスペック抽選では、久しぶりに二人ともMAXを引き、アツい勝負が展開される・・・はずだったが、開店前にまさかの大事件が発生して・・・!?

  • #52
    #52

    第26節の後半戦。ヒカルに大量リードを許すわ、開店前に発症したギックリ腰は良くならないわで、踏んだり蹴ったりのういち。ところが終了1時間半前で引いた当りから・・・。

  • #53
    #53

    第27節の前半戦。「北斗6」導入後、初の収録とあって、ういちはやる気満々。一方、ヒカルは北斗シリーズと相性が悪いらしく、気乗りしない。スペック抽選の結果は?

  • #54
    #54

    第27節の後半戦。ホールでも現在大人気の「北斗6」で、その爆発力を視聴者に見せつけたかったヒカルだったが、あえなく撃沈。リベンジすべく、後半再び戻ってきたが・・・

  • #55
    #55

    第28節の前半戦。前節終了時に提案された、相手のスペックを引き合うという方法で、朝イチのスペックを決めることに。ヒカルはミドル、ういちはMAX希望なのだが・・・。

  • #56
    #56

    第28節の後半戦。朝イチのスペック抽選で、お互いが好きなスペックとなったため、再抽選がないまま勝負が進行する。しかし、その呪縛に縛られたのか、状況は好転せず・・・

  • #57
    #57

    第29節の前半戦。今回も朝イチのスペック抽選は、それぞれが相手のスペックを引く事になったのだが、これが"ヤラセ"かと思うほど、お互いが願った結果に・・・。

  • #58
    #58

    第29節の後半戦。前半で延期していた再抽選の権利を行使し、MAXタイプに移ったヒカル。すると大して投資しない内に当って、一気に逆転成功かと思われたが・・・。

  • #59
    #59

    第30節の前半戦。今回も、朝イチのスペックはお互いの分を引き合うという形で、双方納得の結果に。すると、ヒカルが紆余曲折ありながらも、出玉を伸ばし始め・・・。

  • #60
    #60

    第30節の後半戦。ヒカルがリードのまま後半戦を迎えるという、ここ最近多いパターン。ただ、このパターンの大半は、ヒカルが徐々に失速しがち。このまま逃げ切れるか。

  • #61
    #61

    第31節の前半戦。いつものように始まった・・・と思いきや!ヒカルの様子はおかしい。姿格好は同じなのだが、何かが違う。果たして、何が起ったのか!?

  • #62
    #62

    第31節の後半戦。ヒカルの、まさかの病欠で、代打で登場したビワコだったが、代打の役割を十分に果たす活躍を見せた前半戦。ただ、まだういちにも逆転の目はあるので・・・

  • #63
    #63

    第32節の前半戦。前節で病欠だったヒカルが復帰。テンション高めで挑んだ甲斐あってか、早めに当ったが・・・。一方、ういちは当らないまま前半終了かと思われたが・・・。

  • #64
    #64

    第32節の後半戦。ヒカルは早めに当るも、その後が続かず。一方、ういちは「009」で当ってからは、逆転プラスに。実戦終了まで連チャンさせると、鼻息も荒いが・・・。

  • #65
    #65

    第33節の前半戦。ういち、ヒカルともに希望のスペックを引き当てた。さらに、同じくらいの投資で当って、接戦が予想されるも、思わぬ展開になるのであった・・・。

  • #66
    #66

    第33節の後半戦。前半戦を終えて、ういちがリード。最初に打っていた「ウルトラバトル」は、初当りは軽いが連チャンしないからと、「牙狼」に移動したのだが・・・

  • #67
    #67

    第34節の前半戦。二人とも、これが打ちたいと強く希望する機種はない状況で、朝イチのスペック抽選は…。そんな中、まずはヒカルが先手を取ったのだが…。

  • #68
    #68

    第34節の後半戦。ういちが当ることなく前半戦を終えたせいで、大きな差が付いてしまったが、まだ挽回は可能。それを証明するかのように、怒とうの反撃を見せるのだが…

  • #69
    #69

    第35節の前半戦。MAXタイプが全く当らないから引きたくないと、珍しく弱気な発言のういちが引き当てたのは、やはりMAX。すると、予想に反して…。

  • #70
    #70

    第35節の後半戦。ミドルタイプとは言え前半戦で5回も初当りを引いたヒカルだったが、そのうち4回は通常当り。次はRUSHのはずと、同じ台を続行するも…。

  • #71
    #71

    第36節の前半戦。ルパンやキャプテン翼、まだ番組で打っていないゴッドライジングなど、マックスタイプに魅力的な機種が揃う中、ういちの狙いは当然マックス。しかし…。

  • #72
    #72

    第36節の後半戦。スペック抽選で、ういちは甘デジ、ヒカルは1パチを引き、再抽選は必至かと思われたが、二人ともまさかの"ステイ"。もしかして、そのまま終日続行?

  • #73
    #73

    第37節の前半戦。二人とも、MAXを引いたら「キャプテン翼」を打ちたいと言っていたが、朝イチのスペック抽選では、お互いにMAXを引けず。そして、再抽選の結果は?

  • #74
    #74

    第37節の後半戦。念願のMAXに移動出来たういちだが、前半戦の不調を引きずってか、なかなか当たらず。一方、ヒカルは猪木で粘るも、中ハマりの連続。泥仕合必至か?

  • #75
    #75

    第38節の前半戦。二人とも、朝イチのスペック抽選が不本意な結果となえい、今イチテンションが上がらない中、先手を取ったのは、ういち。確かに先手を取ったなずだが…。

  • #76
    #76

    第38節の後半戦。前半戦ういちは現行機種の中ではSTの継続率が最高と言ってもいいダンバインで当たったがまさかのSTをスルー!? 意気消沈しつつも次のスペック抽選を目指すべく投資を続けていく! 一方ヒカルは今回の実戦で最近の負けを取り戻そうと意気込んでいたが抽選くじで1パチを引いてしまった。後半は2回目の抽選くじで引き当てたライトミドルの「CRFマクロスフロンティア2」で一撃万発を目指す! 果たして二人は見せ場を作り、久しく見せていない連チャン劇を見せることができるのか!? お楽しみに!

  • #77
    #77

    第39節の前半戦。ここまでの123博多での実戦を振り返り、ういちは1回も勝てていない事実に気づき愕然とする。一方ヒカルはういちには勝てているものの収支的にはボロ負け。そんな悪い流れを断つベく、ういち&ヒカルが久しぶりに前半から大チャンスを掴み取る!? 実戦開始機種は「宇宙戦艦ヤマト」と「北斗の拳6天翔百裂」。果たして二人は今までの博多123での負債をどこまで返済できるのか!? お楽しみに!!

  • #78
    #78

    第39節の後半戦。前半で大量リードを奪ったヒカルは、そのアドバンテージを守りきれるのか。また、前半いいところがなかった、ういちは一矢報いることが出来たのか。

  • #79
    #79

    第40節の前半戦。最近は、ういちでさえMAXにはこだわらなくなっているにもかかわらず、朝イチの抽選は二人ともMAX。二人とも当りなしだけは回避したいところだが…

  • #80
    #80

    第40節の後半戦。二人ともMAXのまま、後半戦突入。前半戦でろくに当たらなかった分、反動で当たりまくる…かと思いきや…。しかし、ラスト1時間で怒とうの展開に!?

  • #81
    #81

    第41節の前半戦。朝イチは二人ともMAXからスタート。最近、MAXでいいところがない二人だけに、苦戦が予想されるが…!?もし当らなかったら、再抽選必至か?

  • #82
    #82

    第41節の後半戦。前半戦でなかなか当たらなかったういちは、最後にようやく当たり、さぁ後半で巻き返し…という状況。一方のヒカルは、1パチでどこまで追いすがれるか。

  • #83
    #83

    第42節の前半戦。ういちでさえMAXを敬遠気味で、双方ともライト〜ミドルを希望する中、1回目のスペック抽選の結果は…。意外な担当スペックが展開をどう左右するか。

  • #84
    #84

    第42節の後半戦。前半戦はショボい展開ながら、収支の上では接戦を繰り広げる二人。確変状態から再開のヒカルが有利な状況ではあるが、ういちもすぐに当りを引いて…。

  • #85
    #85

    第43節の前半戦。ういちが速攻で当て、ロケットスタートかと思いきや、まさかの…。追うヒカルも、許容範囲でMAX機で当りを射止めたが…。違う意味で拮抗した展開に。

  • #86
    #86

    第43節の後半戦。ういちはライトミドル、ヒカルはMAXでスタート。ところが、ヒカルは想定内としても、ういちもろくに当たらないまま迎えた、後半戦や、いかに!?

  • #87
    #87

    第44節の前半戦。朝から、ちょっとしたアクシデントがあって、動揺したまま引いた再抽選の結果は何と…。思わぬスタートとなった、この前半戦だが、展開も意外なことに。

  • #88
    #88

    第44節の後半戦。朝イチのスペック抽選は、ともに1/9を引き当て(?)、甘デジから。ういちは、ヒカルが打つ「風魔の小次郎」にそそられ、譲ってくれと頼むのだが…。

  • #89
    #89

    第45節の前半戦。今回から、MAXカテゴリに現行の1/319タイプを統合。立ち回りに微妙に影響しそう!?朝イチは二人がどのスペックを引くかというところから注目

  • #90
    #90

    第45節の後半戦。前半戦はハイレベルの接戦で終わったが、これまでの歴史からすると、後半は失速…するはずだったのだが、後半も追いつ追われつのデッドヒートに!?

  • #91
    #91

    第46節の前半戦。前節は、稀に見るハイレベルな戦いだったが、今回は果たして?特にヒカルは、意外な機種を選択。変則スペックに、どう対応するのか。

  • #92
    #92

    第46節の後半戦。前半は低いレベルながらも、大きな差が付かない接戦となったが、後半に入ってヒカルが猛ダッシュ。結構な差が開いただけに、勝負あったかと思われたが…

  • #93
    #93

    第47節の前半戦。ここ数節、二人ともそれなりの出玉を伴った、デッドヒートを展開しているのだが、今回はヒカルが一歩リード。そのままヒカルはリードを保てるのか?

  • #94
    #94

    第47節の後半戦。前半から続くSTを、さらに伸ばしたヒカル。楽勝かと思われたが、ういちがまさかの猛烈な追い込み!奇跡の大逆転はあるのか?そして衝撃の結末が!?

  • #95
    #95

    第48節の前半戦。ここ数節は、ヒカルが序盤から大量リードを作り、それをういちが追うという展開。すると今回もヒカルが、いきなりスタートダッシュに成功してしまう。

  • #96
    #96

    第48節の後半戦。後半に入って、どんどん持ち玉を減らすヒカル。一方、後半戦はST状態から再開のういちは、一気に差を詰めるチャンス。果たして、逆転勝利となるのか?

  • #97
    #97

    第49節の前半戦。珍古台が数多く揃う店での実戦とあって、それぞれに目当ての機種がある模様。しかし、引いたスペックの対象となるかどうかで、朝イチから"協議"が…。

  • #98
    #98

    第49節の後半戦。ヒカルが序盤から大量リード、その後ういちがまさかの連チャンで追いつく…という、お馴染みのパターンが展開。ちなみに、いつもはここから失速だが…。

  • #99
    #99

    第50節の前半戦。ヒカルは、食いつくまでは多少かかったが、今回もきっちりリードを作った。あとは、またも追う展開となった、ういちの動向に注目。

  • #100
    #100

    第50節の後半戦。大量投資が響いて、ヒカルに大きな差をつけられている、ういち。前半戦終盤でようやく当たり、後半戦は確変中から再開。一気に逆転となるか?

  • #101
    #101

    第51節の前半戦。いつもは、前半でヒカルがリード、後半ういちが巻き返すという流れだが、今回は珍しく、ういちが前半からリード。しかも、ヒカルはその状況を知らず…。

  • #102
    #102

    第51節の後半戦。最近、必ずと言っていいほど、前半はヒカルがリードして折り返すのだが、今回はういちがリード。久しぶりの精神的プレッシャーが、どう影響するのか。

  • #103
    #103

    第52節の前半戦。スペック抽選でMAXを引いたういちは、懲りずに(?)「餃子の王将」へ。すると、かなり快調に回転を重ねる。しかし、当たらないまま、投資が…。

  • #104
    #104

    第52節の後半戦。前半戦で、過去最大のマイナスを叩き出した、ういち。モチベーションが保てるかと、心配になるレベルだったが、ようやく当たった初当りから…!!

  • #105
    #105

    第53節の前半戦。前節、超大量投資からの大まくりをやってのけた、ういち。今回も先が読めない機種からスタートで、似たような展開になるかと思いきや…!?

  • #106
    #106

    第53節の後半戦。両方マイナス域で、差は大してないという、最近では少ないパターンで前半を折り返した。逆に言えば、二人ともろくに当たっていないということだが…。

  • #107
    #107

    第54節の前半戦。今回の実戦店舗では、ういちは朝から「餃子の王将」を打つのが慣例。しかし必ずビハインドを背負うことになることに気付いて、今回は回避のようだが…?

  • #108
    #108

    第54節の後半戦。前半終盤に「王将メガ盛」をヒカルが当て、勝負をひっくり返されただけでなく、あの台で先に当てられたショックから、ういちは立ち直れるのか!?

  • #109
    #109

    第55節の前半戦。今回から実戦の舞台が関東に移り、"ホーム"だと気分が乗っているヒカル。そのテンションのまま、前半を折り返すことが出来るか?一方、ういちは…。

  • #110
    #110

    第55節の後半戦。ういち、ヒカルともに、当たるには当たったが…という微妙な展開で終わった前半だったので、後半に期待がかかるのだが…。果たして挽回出来るのか?

  • #111
    #111

    第56節の前半戦。「天下一閃」で、中々結果が出ないどころか、前節でついに超大負けを食らってしまった、ういち。今回も懲りずに挑むのだが、まさかの展開となり…。

  • #112
    #112

    第56節の後半戦。ようやく「天下一閃」が結果が出た(出そう)ういちだが、前半の途中から一進一退。後半戦で再び伸ばして、大量出玉を獲得出来るのか?一方、ヒカルは…

  • #113
    #113

    第57節の前半戦。前節、ヒカルが「ノリ打ち」カードを引き、今回も意気揚々と勝負に臨むが、朝イチで引いたスペックが何と…。一方、ういちは今回も"あの台"からか?

  • #114
    #114

    第57節の後半戦。1パチから甘デジという流れで、マイナスは大きくないが…というヒカル。一方ういちは、そこそこ使ったが北斗7で確変を引き、一気に大逆転…なるか!?

ページトップへ