お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~  第1話

この作品もオススメ

マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ (配信数7話)

国家情報院内部でも少数の幹部しか存在を知らない、エリート諜報員のコードネーム:K=キム・ソル。女性達の心を揺さぶる振る舞いとルックスで、解決できない任務はない。そんな彼への新たな任務は、「パーティーに参加し、隠された伝説の木彫像を見つけよ!」しかし条件がある。それは俳優であるヨ・ウングァンのボディーガードに偽装して参加すること。パーティーに忍び込む計画を立てていくソルだったが…

■キャスト
パク・ヘジン
キム・ミンジョン
パク・ソンウン
ヨン・ジョンフン


■スタッフ
監督:イ・チャンミン
脚本:キム・ウォンソク

(C)Jcontentree corp. all rights reserved

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話
    第1話

    バスジャック事件の制圧中に命令違反を犯し、軍に逮捕されたキム・ソル。ウソ発見器を完璧にだました彼は大韓民国国家情報院のゴースト要員にスカウトされ、“K”として海外での極秘任務に携わっていた。一方 “誰よりも悪い男”という名ゼリフで人気を博している映画俳優 ヨ・ウングァンは、彼の大ファンであるチャ・ドハと気の弱いヤン・サンシクという2人のマネージャーに見守られながら、今日も仕事に励んでいた。

  • 第2話
    第2話

    1つ目の木彫り像を入手するため、韓流スター ヨ・ウングァンの調査を始めたソル。彼の様子を遠目から観察していたところ、ウングァンのマネージャー ドハと遭遇してしまう。ドハは盗撮行為を行っていたソルをパパラッチと誤解し“次は法的措置を取る”と彼を脅すが、ソルは涼しい顔をして聞き流す。木彫り像の所有者であるロシアの石油財閥の会長 ヴィクトルに近づくため、ファンミーティング作戦を行うというドンヒョンだったが…。

  • 第3話
    第3話

    ソンサンの社長夫人 ソン・ミウンの手引きでヨ・ウングァンのボディーガードとなったソル。初対面から彼のことが気に入らないウングァンとドハは、ソルが自分から職を辞するよう彼を困らせることに。しかし ソルはウングァンの心理を巧みに利用し、彼の信頼を得ることに成功する。ソルがドンヒョンと通話している内容を聞いたドハは一層 ソルへの不信感を募らせるが、ソルとウングァンの間には妙な雰囲気が漂っていて…。

  • 第4話
    第4話

    ソンサンの社長 モ・スンジェの陰謀により、カーチェイスシーンの撮影中に事故に遭ってしまったウングァン。ソルによる命懸けの救出劇で一命を取り留めたウングァンだが、ミウンとの過去を思い出し仕事へのモチベーションをすっかりなくしてしまう。事故をきっかけに24時間体制の密着警護をすることになったソルは、直近の予定であったウングァンのロシア行きが中止になることを知ると他の手立てを打とうとするが…。

  • 第5話
    第5話

    ウングァンがチ代表率いる芸能事務所 チューイング エンターからの独立を決めたことにより、ロシアのヴィクトル会長の邸宅に無事 潜り込んだソル。当初の作戦ではウングァンが会長と行動している隙にソルが木彫り像を奪取する予定だったのだが、ボディーガードに厚い信頼を寄せてしまっているウングァンのせいで作戦変更を余儀なくされる。作戦中 警備員に見つかってしまったソルは、目くらましのため近くにいたドハを抱き寄せる。

  • 第6話
    第6話

    ボディーガードを辞めるため、ウングァンたちに横柄な態度を取るソル。自分のせいで彼の態度が変わったと誤解したドハは嫉妬も心配もするなとソルに告げるが、ソルはろくに耳を貸さない。スタッフと共にウングァン宅で酒を飲んだ次の日、体調不良を理由に辞意を表明するソル。取り付く島もないソルの態度に、彼を弟のように思っていたウングァンはいじけてしまう。ソルの退職を知ったドハは、彼を説得しようとするが…。

  • 第7話
    第7話

    2つ目の木彫り像がブラックオークションに出品されることが分かったため、ウングァンのボディーガードを続けることになってしまったソル。退職の意思を撤回してオークション参加時に必要な指輪を手に入れるべく、ソルはドハの勘違いを利用することに。ドハとソルの関係性が変わったことにいち早く気づいたウングァンは、ソルを呼び出し問いただそうとするが、訪問先のレストランでミウンの息子 ジェヨンと遭遇する。

ページトップへ