お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

マッドストーン  マッドストーン

この作品もオススメ

マッドストーン
マッドストーン (配信数1話)

公園で公害反対の演説をしていた政治家が何者かに狙撃されて即死する。現場近くで麻薬でフラフラだった"ガマ蛙"は暴走族“墓掘り軍団”のひとりだ。暗殺犯は彼に犯行を見られたと思い“墓掘り軍団”のメンバーを次々と殺し始める。その流れで殺された"倉庫屋"の葬式にはバイク軍団が大挙して隊列を組み大暴走、葬儀では"死神"による感動的なスピーチが披露された。これらの連続殺人に、警察は若手刑事ストーンを“墓掘り軍団”に送り込み、グループのリーダーである"葬式屋"の命を救った見返りにグループ入りを許された。ストーンは、一見堕落にみえながら社会の虚像を憎み、本音で生きる”墓掘り軍団”たちに親しみを覚えていく。一方、プロの殺し屋である暗殺犯は対立する暴走族"黒鷹軍団”の名をかたり、彼らをおびき寄せた。ストーンがその現場に駆けつけた時には既に2人が殺されてしまっていた。殺し屋を操る黒幕は一体誰なのか。そして“墓掘り軍団”とストーンは消されてしまうのか?

■キャスト

ストーン(ストーン);ケン・ショーター
アンダーテイカー(葬式屋);サンディ・ハーバット
トード(ガマ蛙);ヒュー・キース=バーン
アマンダ(アマンダ);ヘレン・モース
ドクター・デス(死神);ヴィンセント・ギル
フックス(スケこまし);ロジャー・ウォード
ゴーダウン(倉庫屋);ブルース・マクファーソン
セプティック(ゴミ箱);デューウィー・ハンガーフォード
スティンクフィンガー(すかしっ屁、水虫)・ジェイムズ・H・ボウルズ
ミッドナイト(丑満);ビンディ・ウィリアムズ
サンシャイン;ロザリンド・タラミニ
69(69);ビリー・グリーン
バッドマックス(極道);ジム・ウォルシュ
ブーツ;;デヴィッド・ブラックス
ハンバーガー;テリー・ベイダー
バードマン(すっ飛び);トニー・アリン
弁護士;;レグ・エヴァンズ
タート(やらせ);スーザン・ロイド           
ピンボール(パチンコ);マイケル・ロビンソン           
スクラッグ(やせっぽち);・ネヴィル・オーヴァーホール           
フェレット(白イタチ);ピーター・キング           
ゾンク(ラリ公);ジョン・イフコヴィッチ 


■スタッフ

監督・製作:サンディ・ハーバット
製作総指揮:デヴィッド・ハネイ『スカイ・ハイ』
脚本:サンディ・ハーバット
   マイケル・ロビンソン
撮影:グレアム・リンド
編集:イアン・バリー『チェーン・リアクション』
音楽(ロックンロール):ビリー・グリーン
美術:ティム・ストリアー
美術(カステム・ペイント):デイヴ・ハート
スタント:ピーター・アームストロング
     クレイグ・K・ブラウン
     ハミッシュ・キャメロン
     ブライアン・マーティン
照明:ブライアン・バンズグローヴ
バイク・メカニック:ビクター・ホフマン
 

©1974 Sandy Harbutt. All Rights Reserved.

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • マッドストーン
    マッドストーン

    公園で公害反対の演説をしていた政治家が何者かに狙撃されて即死する。現場近くで麻薬でフラフラだった"ガマ蛙"は暴走族“墓掘り軍団”のひとりだ。暗殺犯は彼に犯行を見られたと思い“墓掘り軍団”のメンバーを次々と殺し始める。その流れで殺された"倉庫屋"の葬式にはバイク軍団が大挙して隊列を組み大暴走、葬儀では"死神"による感動的なスピーチが披露された。これらの連続殺人に、警察は若手刑事ストーンを“墓掘り軍団”に送り込み、グループのリーダーである"葬式屋"の命を救った見返りにグループ入りを許された。ストーンは、一見堕落にみえながら社会の虚像を憎み、本音で生きる”墓掘り軍団”たちに親しみを覚えていく。一方、プロの殺し屋である暗殺犯は対立する暴走族"黒鷹軍団”の名をかたり、彼らをおびき寄せた。ストーンがその現場に駆けつけた時には既に2人が殺されてしまっていた。殺し屋を操る黒幕は一体誰なのか。そして“墓掘り軍団”とストーンは消されてしまうのか?

ページトップへ