お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

セブンナイツレボリューション -英雄の継承者-  第1話 目醒-サクセション-

この作品もオススメ

セブンナイツレボリューション -英雄の継承者-
セブンナイツレボリューション -英雄の継承者- (配信数5話)

“為せ 汝の欲することを”

かつて世界を救った英雄達がいた。
数多の英雄達は〈破壊〉の力と戦い、
この世界を守ったのだ。

そして、時は流れ――

英雄たちは歴史の彼方へと去り、
彼らの力を身に纏い戦う〈継承者〉と呼ばれる
少年少女達に世界の運命は託されることとなった。

〈継承者〉の頂点に立つ〈セブンナイツ〉の一人、
少女ファリアは押し寄せる〈破壊〉の軍勢との戦いの中、
ネモと名乗る一人の少年を救う。

激戦の中、
ネモは自らも知らぬままに〈英雄〉の力を喚起し、
〈継承者〉としての力を振るう。

だが、彼の〈英雄〉は
誰も知らぬ、誰も語らぬ者だった。

そしてこの時より始まるのだ。
過去と現在の交錯する魂の旅路が――

■キャスト

ネモ:山下大輝
ファリア:山村響
エレン:花澤香菜
ガレス:梅原裕一郞
ジョウ:武内駿輔
ギルダン:保住有哉
シャーリー:沼倉愛美
ジェニウス:櫻井孝宏
ユーノミア:嶋村侑
ヴァネッサ:田村ゆかり
スパイク:伊藤健太郞
ジェイブ:松本梨香
クリス:森川智之
レイチェル:新井里美
 


■スタッフ

監督:市川量也
原作:Seven Knights Revolution
音楽:藤澤慶昌
シリーズ構成:小太刀右京
キャラクターデザイン:松浦有紗
美術監督:渡辺敦之
色彩設計:ドメリカ
撮影監督:楊暁牧

©Netmarble Corp.& Netmarble Nexus Inc.・セブンナイツ製作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 目醒-サクセション-
    第1話 目醒-サクセション-

    はるか昔、戦争があった。
     破壊神の力は世界を暗黒に包み、すべての文明を闇に葬ろうとしたが、〈セブンナイツ〉と呼ばれる英雄たちは人の世を存続させることに成功した。
     時は流れ、破壊神を崇拝する教団〈ピュシス〉は、かつて果たされなかった“救済”を成し遂げるため、破壊の怪物たちを世に放ち、人々はその脅威によって飲み込まれ、死んでいった。
     〈ピュシス〉に立ち向かうため、はるか古代の英雄たちをその身に宿して戦う〈セブンナイツ〉の少女ファリアは、魔獣の襲撃によって焼け落ちた村でネモという少年に出会う。危機の中、覚醒したネモの力。それはファリアすら瞠目させるものだった――!

  • 第2話 邂逅-グランシード-
    第2話 邂逅-グランシード-

    〈グランシード学園〉。〈大いなる種子〉と呼ばれるこの学園こそが、英雄をその身に宿し戦う少年少女たちを育み、そして破壊の軍勢と戦わしむる場所だ。  〈セブンナイツ〉の少女ファリアに導かれ〈グランシード学園〉を訪れたネモは、〈ピュシス〉を憎悪する少年剣士ジョウ・ツルギと出会う。  ネモを〈セブンナイツ〉に組み入れようとするファリアに反発するジョウ。  個性あふれる〈セブンナイツ〉と出逢うことで、ネモもまた変わり始める。だが、闇の魔手はそんな平和な学園生活をも飲み込もうとしていた――。

  • 第3話 英雄-セブンナイツ-
    第3話 英雄-セブンナイツ-

    〈ピュシス〉の攻勢は激しさを増し、ネモもまた、己の宿す力の正体を知らぬまま、苛烈な戦場へと身を投じていく。その戦線の中に、小王国の運命を背負い戦う王子、ギルダンの姿があった。  ネモの見せる力に、自分の足場が揺るがされるのではないかと感じたギルダンは、その焦りに飲み込まれていく。少年たちを飲み込んでいく闇の行方は――。

  • 第4話 友誼-コネクション-
    第4話 友誼-コネクション-

    ようやく〈セブンナイツ〉の一員として認められ始めたネモ。だが、ギルダンを救い出した代償は大きかった。床に伏してしまった彼を、ファリアは献身的に看病する。  なぜギルダンは破壊の力に引き込まれ〈ポゼッション〉したのか。ネモとは何者なのか。平和な日常の中、それぞれに思いを巡らせる〈セブンナイツ〉たち。  一方、ファリアがこっそり飼っていた猫が逃げ出してしまい、なんとかしてネモとファリアは猫を捕まえようと奮闘する――。

  • 第5話 跳梁-ピュシス-
    第5話 跳梁-ピュシス-

    ネモがその身に宿す名を語られざる英雄は、いまだその真相の欠片すらもわからぬままであった。  そんな中、吸血鬼によって次々と風紀委員が襲撃される事件が発生する。ネモは怒りに燃えるシャーリーに協力しようとするが、シャーリーはネモの協力を拒否し、あくまでも自分ひとりで事件を解決しようとする。  だが、暗躍する吸血鬼は、そのシャーリーに狙いを定めようとしていた――。

ページトップへ