お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

クラシカロイド  ♪01 ベトとモツと音羽館

この作品もオススメ

クラシカロイド
クラシカロイド (配信数25話)
ベートーヴェン、モーツァルト…
あの大作曲家が、突然現代にあらわれたら?

音楽で町おこしをする地方都市に住む高校生・歌苗(かなえ)と奏助(そうすけ)の前にベートーヴェンとモーツァルトがあらわれた! “クラシカロイド”を名乗る、このあやしいふたりが奏でる音楽“ムジーク”には奇妙な力が…。星が降ったり、巨大ロボがあらわれたりと、毎日大騒ぎ! バッハ、ショパン、シューベルトと次々あらわれるクラシカロイド。彼らの力に秘められた大いなる謎とは?クラシカロイドは人類の敵か味方かそれとも…?!

■キャスト
ベートーヴェン:杉田智和
モーツァルト:梶 裕貴
音羽歌苗:小松未可子
神楽奏助:島﨑信長
ショパン:鳥海浩輔
リスト:能登麻美子
シューベルト:前野智昭

■スタッフ
監督:藤田陽一
キャラクター原案:土林 誠
キャラクターデザイン:橋本誠一
シリーズ構成:榊 一郎、土屋理敬
脚本:松原 秀、こぐれ 京、きだつよし、浅川美也
音楽:浜渦正志
ムジークプロデューサー:布袋寅泰(ベートーヴェン)、tofubeats(モーツァルト)、つんく♂(バッハ)、浅倉大介(リスト)
アニメーション制作:サンライズ
制作:NHKエンタープライズ
制作・著作:NHK、BNピクチャーズ
(C)BNP/NHK・NEP

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • ♪01 ベトとモツと音羽館
    ♪01 ベトとモツと音羽館

    歌苗は女子高生ながら大家さん。祖母が残した古い洋館“音羽館”は父親の借金で取り壊しの危機。そこにベートーヴェンとモーツァルトと名乗る、おかしなふたりが現れる。幼なじみの奏助も館に入り浸り、餃子に執ようにこだわるベトと、子どものように無邪気でイタズラ三昧のモツとで迷惑な騒ぎを次々と巻き起こす。そんな中、ついに館の取り壊しが決まる! 音羽館のピンチに(?)ベトは不思議な音楽の力“ムジーク”を発動した!!

  • ♪02 出せ!ムジーク
    ♪02 出せ!ムジーク

    もうすぐ歌苗の誕生日ということでベトとモツにパーティーを開こうと言う奏助。そして最大のサプライズとしてムジークで喜ばせようと提案する。そう、ムジークの力をもう一度見たい奏助が、ふたりをけしかけようとしたのだ! しかし思惑どおりにいくようなベトとモツではなく…。はたして再びムジークは起こるのか? そして歌苗の誕生日パーティーは無事に開かれるのか!?

  • ♪03 チョッちゃんとリッちゃん
    ♪03 チョッちゃんとリッちゃん

    あいかわらず入居者募集中の音羽館に、ついに見学者が! はりきった歌苗がナイスバディの入居希望者を案内していると、空き部屋のはずの203号室になぜか人の気配が!? 謎の不法侵入者は、ベトいわく“餃子の妖精、ギョザリー”、モツいわく“さみしがりやおばけ、ドンちゃん”、そして謎の美女リッちゃんいわく“チョッちゃん”!? チョッちゃんとリッちゃん、ふたりのムジークが交錯して、音羽館はまたまた大変なことに…!?

  • ♪04 さまよえる後輩
    ♪04 さまよえる後輩

    私の名前はフランツ・シューベルト。この世界は自分の知る時代や世界とはまるで異なり、見知らぬ風景が広がっている…! しかし、そんなことはささいなこと。最も大切なのは、この世界には敬愛するベートーヴェン先輩が存在していることだ!! 街から街へとベトを探しさまようシューベルト。そして彼の周囲に巻き起こる事件。はたしてシューベルトはベトと無事出会うことが出来るのか?

  • ♪05 漆黒のギョーザー
    ♪05 漆黒のギョーザー

    ベートーヴェンがこだわり続けている餃子。今日も理想を求めギョーザーを焼いているが目指す物にならない。なんでも、ベトが追い求めるのは以前に食べた“漆黒のハーモニー”だと言う。音羽館の面々は見かねてベトに協力することに。一方、歌苗に電話がかかってくる。それは、彼女の父“響吾”から返して欲しい物があるので受け取りに行く、という内容だった!! 返すお金なんてない歌苗と、ベトのギョーザーの行く末はいかに?

  • ♪06 始まりのクラシカロイド
    ♪06 始まりのクラシカロイド

    “クラシカロイド”とは何者なのか…悩む歌苗の元に、失踪中の父・響吾からパッド君を通じて連絡が! ベトとモツのふたりを音羽館へいざなった父であればその正体を知っているはず…と、歌苗は父を問いただす。一方、歌苗のために借金返済を計画するクラシカロイド一同だったが、結果的に歌苗を怒らせてしまう。ついに歌苗は、クラシカロイドたちを館から追い出そうと決意。するとその翌日、音羽館からみんなの姿が消えていて…?

  • ♪07 やまのおう
    ♪07 やまのおう

    音羽館からほど近い山に、謎の生物“ハマゴン”が出没。テレビのニュースでも取り上げられ街は大騒ぎ。一方音羽館では、近頃ベトとモツが姿を見せず、歌苗はつかの間の平穏を満喫していた。そんな中突如、館にハマゴンが現れる! 謎の生物を追って山に向かう音羽館の面々。時を同じくして、異様にハマゴンに興味を示すチャイコフスキーも、山へ捕獲に向かっていた。ハマゴンとは一体何者!? そしてハマゴンの行動の目的とは!?

  • ♪08 女子会の一日
    ♪08 女子会の一日

    「女子会をしたい」というリストが、歌苗とチャイコフスキー、バダジェフスカを呼び出した。全部リストのおごり!ということでプール、カラオケ、温泉…とやりたい放題。たまたまその場に居合わせた奏助は、こっそりとその後を追っていくが、ぶっちゃけトークに花を咲かせる女子たちと反して、だんだんと精神的ダメージを負っていく…。しかもテンションが最高潮に達したリストのムジークが発動し…!

  • ♪09 闇、その向こう
    ♪09 闇、その向こう

    ベトが部屋から出てこない…。飲まず食わずで過ごすベトを心配したシューベルトは、好物のギョーザを使っておびき出す。やっと部屋から出てきたベトが没頭していたのは、エレキギター作り! 天才・ベートーヴェンの演奏にみんな期待を寄せるが、なんと弾き方は知らないと言う…。そこで奏助がベトにギターを教えようと立ち上がる! しかも勝手にギターコンテストにエントリーしてしまい…。

  • ♪10 愛しのジョリー
    ♪10 愛しのジョリー

    ネットで“アルケドール”というバーチャルアイドル作成アプリを発見したショパン。“ジョリー”と名付けたアイドルの作成に没頭し、どんどん感情移入するも、ジョリーがプログラム通りにしか反応しないことに憤りムジークを発動! 人格を持ったジョリーはショパンの意思とは関係なく曲をアップし、勝手に有名な存在に。すれ違う二人と、アルケドールを拡散させた三弦の思惑が絡みあう…。ショパンとジョリーが奏でる愛の物語。

  • ♪11 せめて、家事くらい
    ♪11 せめて、家事くらい

    歌苗がしばらく留守にすることになり、音羽館の住人に家事をしてもらう必要が。掃除、洗濯、ハッシーのお世話などなど誰が何を担当するかを決めようとするが、全員が好き勝手ばかり言って一向に決まらない。文句たらたらで嫌がる面々に、半ば強制的に分担を割りふり早速家事を始めてみるが、そこは奔放なクラシカロイドたち。思い通りにいくはずもなく大混乱の音羽館。はたして無事に歌苗は出かけることができるのか…?

  • ♪12 J・S・バッハ
    ♪12 J・S・バッハ

    ベートーヴェンに、ミュージシャンとしてプロデビューのチャンスが! 先日のコンテストでのベトのギター演奏が、巨大音楽企業であるアルケー社の目にとまり、オーディションへの誘いが届いたのだ。奏助に連れられるままにオーディション会場へと足を踏み入れるベトと同行するモツだったが、それは実は彼らをおびき寄せるための三弦のワナで…?! 一方、音羽館の歌苗の前に、行方不明の父・響吾に世話になったという人物が現れる。

  • ♪13 ます
    ♪13 ます

    私の名前はフランツ・シューベルト。敬愛するベートーヴェン先輩の気配を感じながら過ごす日曜日の午後。日が高いうちからゆっくりと入浴するのは、なんと贅沢な気分だろうか…。音羽館の浴室から響く楽しげなハミング、しかしそれが全ての始まりだった! 助けを求めるも誰も応えてはくれず、必死に逃げた先ではハッシーの目が光る。今ここに、シューベルト最大の危機が訪れる!!

  • ♪14 解散するクラクラ、デビューする歌苗
    ♪14 解散するクラクラ、デビューする歌苗

    「クラクラ解散!?」というニュースで世間も音羽館も大騒ぎ。そこにチャイコフスキーがやってきて、バッハやバダジェフスカへの不満を訴え始める。音羽館に居座るチャイコフスキーを心配した歌苗は、バッハに相談をしにアルケー社を訪ねるが、そこでバダジェフスカから「一緒にアイドルユニットとしてデビューしよう」と話を持ちかけられる! 困惑する歌苗に反して、音羽館の一同はノリノリでデビューを盛り上げようと動きだす…。

  • ♪15 地獄の学園祭
    ♪15 地獄の学園祭

    もうすぐ歌苗と奏助が通う高校の学園祭。奏助はクラシカロイドたちに一緒にバンドを組んで欲しいと頼むが、誰も相手にしてくれない。しかし、学園祭に興味を持ったクラシカロイドたちは、高校に侵入。勝手にふるまう彼らは歌苗の不安をよそに生徒や先生の支持を得て人気者になっていく。その場の勢いで「この人たちとバンドやります」と宣言してしまう奏助。披露する楽曲作りに取りかかるが、果たして無事にステージに立てるのか?

  • ♪16 働け!ベト モツ
    ♪16 働け!ベト モツ

    ベートーヴェン、モーツァルトと歌苗の家賃を巡る攻防。家賃を払ってくれればお風呂が直せ、さらにマーレオポン像もお風呂に建てられると力説する歌苗。逃げ出したベトとモツだが、夢みる歌苗の幸せそうな様子を思い出し、働いてみる決心をする。仕事を探し、音楽教室、コンビニなどでのアルバイトに挑戦する2人は、働く苦労というものに初めて直面し悪戦苦闘。そして、さらに給料が高い仕事を追い求め、彼らの旅がはじまった。

  • ♪17 みかん!みかん!焼きみかん?!
    ♪17 みかん!みかん!焼きみかん?!

    いつも元気な歌苗が、かぜで寝こんでしまった。“焼きみかん”がかぜに効くと聞いて、モツは庭に生えたみかんを採ってくる。焼きみかんを食べる一同。その晩から事件の幕が開いた…! ベト、シュー、リストが次々倒れ、焼きみかんを食べなかったモツと、なぜかショパンだけが無事。ショパンは、ハッシーが大事に育てたみかんのたたりだと言うが…。解決に乗りだした2人をさらなるみかんの恐怖が襲う!!

  • ♪18 ミツルロイドとギョウナくん
    ♪18 ミツルロイドとギョウナくん

    バッハは一人お忍びで街の空気に触れにでかけていた。その間にバッハの役に立ちたい三弦は“アルケドール”を解析し進化させた“ミツルロイド”の試作を完成させる。そして偶然見つけた奏助の音楽をミツルロイドにインプットし、奏助の自我をもったミツルロイドを音羽館に潜入させる。音羽館の一同はいつもより奏助が役に立つと大喜び。一方、研究所に放置された奏助は響吾と出会う。

  • ♪19 恋すれば死す
    ♪19 恋すれば死す

    チャイコとバダはケンカ中でギスギス。2人はテレビ局での収録の帰りに音羽館に置き去りにされる。バッハに捨てられたと思ったチャイコはムジーク“白鳥の湖”を発動! 音羽館の中にいた皆は閉じ込められてしまう。そこに“ロットバルト”と名乗る巨大な鳥が現れ「館で恋をした者はおわりを迎える」と告げる。通常より恋に落ちやすい空間となった音羽館で次々とカップルが生まれ消えていく…。チャイコとバダの運命はいかに!?

  • ♪20 その名はモーツァルト
    ♪20 その名はモーツァルト

    モーツァルトはいつもの調子で音羽館の面々にイタズラをする。だがついにこれまでの所業の数々にみんなの堪忍袋の緒が切れ、次にイタズラをしたらごはん抜きだと言い渡される。なんとかイタズラ禁止の状況も楽しもうと考え必死に耐えるモーツァルト。しかし頭の中には次々とイタズラが思い浮かび我慢の限界を迎える…。そして「みんなといても全然面白くない」と散歩に出かけてしまったモーツァルトの行き先とは?

  • ♪21 ブレイク・スルー
    ♪21 ブレイク・スルー

    私の名前はフランツ・シューベルト。私はなぜ一人、この音羽館のリビングで寝ているのだろう…? ついに気付いてしまったシューベルト。そう、彼には部屋が無い。家賃こそ払えていないが、食事の片づけやトイレ掃除に庭の草むしり…できるかぎりの家事を手伝っている彼なのに、どう見回しても部屋が無い。そこで歌苗に、傷みがひどい空き部屋をムジークの力で修復することを提案される。しかしシューベルトだけムジークが出せず…。

  • ♪22 ちがいのわかるおとこ
    ♪22 ちがいのわかるおとこ

    ベートーヴェンはこだわりの人である。この世で最もすばらしい飲み物とは何か? 彼は言う「正解はコーヒーだ!」。豆の選び方、ひき方、そして粒数…。おいしいコーヒーを入れるために数々の妨害や苦難を乗り越えながら理想のコーヒーを追求するベト。そしてたどり着いたマイベストコーヒーの次に、彼はそのコーヒーを飲むためのベストの場所を探し求める。ここに、コーヒーという飲み物を通して一人の男の生き方が映し出される。

  • ♪23 八音の世界・前編
    ♪23 八音の世界・前編

    いよいよ八音増幅装置オクトヴァが完成。みずからの理想を実現するために、全クラシカロイドを集合させよと指令を発したバッハだったが、差し向けた回収部隊は、ムジークを操るクラシカロイドたち相手に一筋縄でいくはずも無く、苦戦を強いられてばかり。ところが三弦は、想定の範囲内だと不敵な笑みを浮かべる…。そしてついに起動するオクトヴァ! 今、世界が生まれ変わり始める…!!

  • ♪24 八音の世界・後編
    ♪24 八音の世界・後編

    オクトヴァの脅威が世界を満たしていく…。そんな時に歌苗のもとに響吾から連絡が入り、この事態の解決を託される。戸惑いながらも、音羽館に迫る危機に「この家守るって決めたんだもん」と覚悟を決める歌苗。そして館の住人たちに助力を求める。かくして最終決戦の幕が切って落とされた。鳴り響くクラシカロイドたちのムジーク! はたして彼らは音羽館を、ハママツを、日本を、そして世界を救えるのか!?

  • ♪25 宇宙(そら)からのアンコール
    ♪25 宇宙(そら)からのアンコール

    音楽。それは世界の、いや宇宙の共通言語であり、異なる文化、異なる言葉でも通じ合わせる素晴らしき力を持つ。アンコール。それはコンサートが終わっても観客が帰らないで熱いコールを叫び、ひたすら手拍子して待ち続けるあれである。そう! 地球に、クラシカロイドたちに、宇宙からのアンコールがかかったのだ! 届けろ音楽! 出せムジーク!! ついに狂騒のフィナーレ!!!

ページトップへ