お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

北へ。~Diamond Dust Drops~  第1話 -函館- 茜木温子 前篇

この作品もオススメ

北へ。~Diamond Dust Drops~
北へ。~Diamond Dust Drops~ (配信数12話)
厳しい冬の寒さと、爽快な夏の心地よさ。誰しも一度は憧れを抱く、北の大地・北海道。原作の人気ゲームソフト『北へ。?Diamond Dust?』の設定や世界観を生かしながら紡ぎだされる青春ストーリー。
■キャスト
茜木温子:石原絵理子
白石果鈴:高橋裕子
朝比奈京子:能登麻美子
北野スオミ:天瀬まゆ
催馬楽笙子:高乃 麗
原田明理:渡辺明乃

 
■スタッフ
原作:広井王子
監督:ボブ白旗
シリーズ構成:山口亮太
キャラクター原案:NOCCHI
キャラクターデザイン:千葉道徳
音楽:五木田岳彦
制作:スタジオディーン
製作:Project DDD
(C)2004 HUDSON SOFT/RED/Project DDD

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 -函館- 茜木温子 前篇
    第1話 -函館- 茜木温子 前篇

    北の町、函館。朝市、茜木鮮魚店の看板娘である茜木温子。夕暮れ時、温子の前にふと現れた常連客・倉田からジャズのCDを手渡され、温子は嬉しさを隠せない。だが、そんな温子に「妙な噂が流れたら困るだろ」と母親の早苗が横から口を出す。そんな時、老舗旅館「神宮司」からの配達の注文の電話があり…。

  • 第2話 -函館- 茜木温子 後篇
    第2話 -函館- 茜木温子 後篇

    母と口論の末、温子は土砂降りの中、家を飛び出して行った。倉田がマンションの部屋で独りジャズを聴いていると、突然、チャイムの音が鳴る。玄関のドアを開けると、そこには、ずぶぬれになった温子の姿があった。マンションの風呂から出た温子に缶ビールを手渡す倉田。温子は倉田に自分の素直な胸のうちを話し始めた…。

  • 第3話 -北見- 白石果鈴 前篇
    第3話 -北見- 白石果鈴 前篇

    北見の病院で入院中の少女、白石果鈴。果鈴は自然気胸を患い外出もままならない。そんな果鈴の楽しみは、自身のHP「果鈴の夢の図書館」で自作の童話を発表することだった。ある日、担当医の根本が新任研修医の甘粕を連れてやってくる。その時、手術を頑なに拒む果鈴に対して、甘粕はそれが甘えだと厳しく言い放つが…。

  • 第4話 -北見- 白石果鈴 後篇
    第4話 -北見- 白石果鈴 後篇

    果鈴は「あなたのファン」からの写真と同じものを甘粕の机で見つけた。「あなたのファン」が甘粕だと確信した彼女は、彼を意識して真っ赤になりうつむいてしまう。引き続き届く「あなたのファン」からの励ましのメールを読んで、笑顔になる果鈴。そんな時、甘粕を窓の外に見かけた彼女は、車椅子で彼を一人追うが…。

  • 第5話 -札幌- 朝比奈京子 前篇
    第5話 -札幌- 朝比奈京子 前篇

    大学のシネマ研究会に所属する朝比奈京子。どうしても賞を取らなければいけないと感じている京子はそのプレッシャーからか、回りが見えなくなってしまっており、他の部員との溝は深まるばかりだった。そんな京子を暖かく見守る青年、ユウ。煮詰まってしまっている彼女を元気づけようと自転車で彼女を連れ出すのだが…。

  • 第6話 -札幌- 朝比奈京子 後篇
    第6話 -札幌- 朝比奈京子 後篇

    撮影したシーンを確認しようとした京子は、何も写っていないモニターを見て愕然とする。翌日。ビデオが録画されていなかったことを、皆に詰問する京子。部室を出た京子を追いかけてきた部長に、京子は研究会を辞めることを伝えた。そして、自宅に戻った京子は、ユウに映画の撮影助手を頼んで一人撮ることにしたが…。

  • 第7話 -旭川- 北野スオミ
    第7話 -旭川- 北野スオミ

    公園の噴水前。スケートシューズを肩にかけた男の子、晴人と公太が言い争っていた。やがて公太が走り去った後、晴人は見知らぬ少女に視線に気づく。そんな少女は、晴人にシュークリームを差し出す。そしてシュークリームをほおばる晴人にお茶を渡した彼女は、「これはナンパです」と宣言し、晴人を動物園に連れ出して…。

  • 第8話 -札幌- 催馬楽笙子 前篇
    第8話 -札幌- 催馬楽笙子 前篇

    女性DJが明るく語り出した。「催馬楽笙子のカプチーノブレイク!」一方、翌日、笙子はスタジオに置いてあったサンドイッチにかぶりつく。それは放送でお気に入りだと言ったパストラミサンドだ。だが、その場の誰もサンドイッチを買っていないことが分かる。その時、ラジオ局の警備員の前を通り過ぎて行く男の姿が…。

  • 第9話 -札幌- 催馬楽笙子 後篇
    第9話 -札幌- 催馬楽笙子 後篇

    「レディオボーイ」から突然送られた恋人との思い出の花、ひまわりの花束に、愕然としていた笙子だったが、とりあえず花瓶に生けてFM局に向かった。そしてその後も続くレディオボーイからのプレゼントに最初は恐怖心を抱いていた笙子だが、ラジオで話した通りのプレゼントが届くことを次第に楽しむようになって行き…。

  • 第10話 -帯広- 原田明理 前篇
    第10話 -帯広- 原田明理 前篇

    和菓子店・柳庵に「いらっしゃいませー」と明るく響く声。声の主は原田明理。ドジをしながらも元気に働く彼女を、周りの店員たちが微笑んで見守っている。すると、突然、店のドアが開いた。入ってきた元店員の黒川の顔を見て、顔が曇ってしまう明理。そんな時、店の奥で電話が鳴った。それは明理あての電話だった…。

  • 第11話 -帯広- 原田明理 後篇
    第11話 -帯広- 原田明理 後篇

    医師に父の容態を尋ねた明理は、その答えにショックを受ける。父に残された時間はわずかしかない。家に帰って、一人悩む明理。翌日、見舞いに行った彼女は、かねてより父が望んでいた砂金掘りに連れて行ってくれるようにと父に頼んだ。医師は反対するが、黒川も自分もついて行くからと頼み込み、ようやく許可が下りて…。

  • 最終話 ダイヤモンド ダスト ドロップス
    最終話 ダイヤモンド ダスト ドロップス

    函館駅で列車に飛び乗った温子。雪の中をある場所を目指すスオミ。道に迷い地図を広げている果鈴と兄。札幌雪祭り会場で生放送中の笙子。新千歳空港で映画撮影のために雪がやむのを待つ京子。同じ空港の土産物屋でアルバイトしている明理。雪降る北海道のある日、様々な思いを胸に抱く彼女らの元に、奇跡が降ってきた…。

ページトップへ