お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

バブルガムクライシス TOKYO 2040  ep.1 Can't Buy a Thrill

この作品もオススメ

バブルガムクライシス TOKYO 2040
バブルガムクライシス TOKYO 2040 (配信数26話)
メガロシティ・TOKYO2040を舞台にくり広げられる“ナイトセイバーズ”痛快アクション!!
人気OVAシリーズのストーリーを新たにリメイクした作品。亜人「ブーマ」と人間が共存する2040年。だがブーマの凶暴化による事件が続発。その事件を扱うためにADポリスが設立。ブーマに立ち向かったのはADポリスだけではなかった。ハードスーツに身を包んだ謎の集団、それが、ナイトセイバーズである。
『バブルガムクライシス』は1987年に発表され、日本はおろか海外でも高い人気をもつ作品だ。その「バブルガムクライシス」を、完全新作としてリメイクしたのが『バブルガムクライシス TOKYO 2040』だ。旧作の主たるエッセンスを残しつつも、それぞれのキャラクターや設定をより深く掘り下げた世界観は、まるで一本の長編SF小説を読んでいるかのようである。シリーズ終盤のハードスーツのモデルチェンジや、各種ブーマとの攻防、SFメカ物が好きな人には絶対にオススメの作品だ。なお、各話のタイトルには、70〜80年代のロックの名盤のタイトルが使用されており、それぞれのアルバムを探してみると、意外な発見があるかも?【アニメライター 川田鉄男】
■キャスト
プリス・S・アサギリ:淺川 悠
リンナ・ヤマザキ:夏樹リオ
シリア・スティングレイ:雪乃五月(現・雪野五月)
ネネ・ロマノーヴァ:小西寛子
レオン・マクニコル:梁田清之
デイリー・ウォン:上田祐司
ブライアン・J・メイスン:中田譲治
クインシー・ローゼンクロイツ:中村 正

■スタッフ
監督:林 宏樹
脚本:小中千昭/村井さだゆき
プロダクションデザイン:荒牧伸志
キャラクターデザイン:山田正樹
総作画監督:山田正樹/高岡淳一
ビジュアルディレクター:外山九市
美術監督:池田繁美
色彩設計:大槻浩司
音響監督:本田保則
音楽: 是永巧一
ハードスーツ原案:園田健一
音楽制作:フライングドッグ
制作:AIC
製作:フライングドッグ
(C)フライングドッグ・AIC

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • ep.1 Can't Buy a Thrill
    ep.1 Can't Buy a Thrill

    リンナ・ヤマザキは遂に念願の東京にやって来た。今日は初出社の日。先輩OLたちは気さくな人たちだし、新生活はまさにバラ色だと思っていたら、とんでもない間違いだった。凶暴化したブーマ(亜人)が突然、リンナを襲う。その時、夜の闇を引き裂き「彼女」が現れた!!

  • ep.2 Fragile
    ep.2 Fragile

    いきなり初出社の日から、すごい日になってしまったリンナだったが、命の恩人の正体を探る為、早速行動を開始した。メンバーの1人と思わしきプリスを突き止め、後を付けるも怪しき地下ブースに迷い込んだリンナ。この先にいったい何が……。

  • ep.3 Keep Me Hanging On
    ep.3 Keep Me Hanging On

    リンナはナイトセイバーズのシミュレーションを体験するも、そのバトルは尋常では無かった。メンバーの1人であるネネにその思いを打ち明けるリンナ。そんな時、街にブーマが出現。通りかかったプリスが応戦するが、丸腰だった為に苦戦を強いられる。そんな時、ついにリンナが出動する!!

  • ep.4 Machine Head
    ep.4 Machine Head

    初めての戦闘で張り切りすぎたリンナは、エネルギーを使い果たしてしまい動けなくなってしまった。ブーマが序々にリンナに迫る。完全にエネルギーが尽きてしまうとハードスーツに強制リセットが掛かってしまい、リンナは無防備になってしまう。絶体絶命のその時、颯爽と現れた影は……。

  • ep.5 Rough and Ready
    ep.5 Rough and Ready

    工場で暴れまくっているブーマに立ち向かうべく、その前に立ちはだかるナイトセイバーズ。敵のブーマは周りに置いてある工作機械や電気までも取り込み肥大化していく。苦戦するプリスたち。その頃、単独で行動していたネネは配電室に向かい、電源をカットする事でブーマを倒そうと試みるが……。

  • ep.6 Get it On
    ep.6 Get it On

    ADポリスの罠に嵌まってしまい、窮地に陥るプリス、ネネ、リンナ。既にブーマとの一戦を終えたばかりの彼女たちには残りのエネルギーもあと僅かしかなかった。プリスが単独決戦を挑むも逆に囲まれてしまい、絶体絶命のピンチにたたされる。その時、白銀のスーツに身をまとった人影が現れた!!

  • ep.7 Look at Yourself
    ep.7 Look at Yourself

    ある海底で実験中だった、遠隔操作用ブーマ「モート」は街をさまよっていた。それはある技師の男が、長く合っていなかった妻に出会う為に遣わしたものだった。しかし、たどり着いた先で妻の浮気現場を目撃してしまったモートは暴走。それに合わせナイトセイバーズも行動を開始するが……。

  • ep.8 Fire Ball
    ep.8 Fire Ball

    最近になって多発するブーマの失踪事件。発見されたブーマはみな何かに押し潰されているようになっている事から謎は一層深まるばかりだった。そんな中、マッドブーマが現れたとの報告が入った。ナイトセイバーズが現場に出動するが、そこに現れたのはブーマ失踪事件に関わる「奴」だった。

  • ep.9 My Nation Underground
    ep.9 My Nation Underground

    ある日、プリスはTVでのインタビューを受けていた。照れながらも質問に答えるプリスに、ADポリスのレオンは彼女に熱を上げていた。しかし、プリスのそっけない質問にレオンは敢え無く轟沈。その一方でマッキーは、シリアのもとを離れる事を決意していた。そしてまた、一体の暴走ブーマが現れた。その正体とは……。

  • ep.10 Woke Up with A MONSTER
    ep.10 Woke Up with A MONSTER

    ADポリスが現場に到着し、敵の巨大生物から撤退するナイトセイバーズ。ネネは戦闘中に起きたミスの事を悔やんでいた。その一方でプリスはネネをメンバーから外す事をシリアに進言していた。その頃、ADポリスでは怪物捜査を突然打ち切られていた。それに憤りを感じたレオンとデイリーは自分たちだけで捜査を開始した。

  • ep.11 SHEER HEART ATTACK
    ep.11 SHEER HEART ATTACK

    実家へ帰省したリンナは、両親の仕組んだお見合いをすることになってしまった。だが、そこに現れたのはなかなかの好青年。早くもリンナの心は動いてしまう。その一方、未来のエネルギー問題に対する期待の策「シュウハムプロジェクト」が進行しつつあった。この計画にもゲノムコーポレーションの野望の手が伸びて……。

  • ep.12 Made In Japan
    ep.12 Made In Japan

    重火器を装備し現れたブーマに対し、出動するナイトセイバーズ。その現場で、大火力を武器とするブーマに単身で立ち向かうプリスは、苦戦を強いられていた。ハードスーツのバッテリーも底をつき、ピンチが訪れる。もはやこれまでか、と思われた時、颯爽と現われた助けの手。この正体はいったい誰なのか!

  • ep.13 Atom Heart Mother
    ep.13 Atom Heart Mother

    シリアは中華街で、全ての事件の発端となる施設・ウイズラボの所在についての情報を得る。彼女のめざすそのラボは、震災の影響でどこか地下深くへ押し流されているのだ。一方、マッキーに不信感を抱いたネネは独自に調査を開始。その過程で彼女は、7年前の大地震に関する秘密をつかむ。その秘密とは……。

  • ep.14 Shock Treatment
    ep.14 Shock Treatment

    廃墟と化した地下の一角で、プリスとリンナはついにウイズラボを発見する。プリスを地上へ戻すシリアだったが、彼女は仲間たちにだまって単身ラボへと向かう。シリアは、その秘められた過去に起きた事件の復讐を果たすつもりなのだ。だがそんな彼女を、ゲノムのエージェントがひそかに監視し続けていた。

  • ep.15 Minute by Minute
    ep.15 Minute by Minute

    ウイズラボ内でピンチに追い込まれたナイトセイバーズ。ハードスーツを捨てることで脱出には成功するが、その途中でプリスがレオンに見つかってしまう。さらに事態は悪化し、ナイトセイバーズは解散の危機に直面する。大地震の真相だけでなく、ハードスーツの秘められた謎が明らかにされた、その時……。

  • ep.16 I Surrender
    ep.16 I Surrender

    ナイトセイバーズに、シリアからのSOS信号が届く。シルキードールへと向かった彼女たちは、そこでメイスンに連れられたブーマの素体・ガラテアを、そしてガラテアと共鳴するシリアを見るのだった。

  • ep.17 Moving Waves
    ep.17 Moving Waves

    ゾンビブーマが爆発的な増殖を始め、その群れはADポリスのビルを上へ上へと上がって行く。内部に取り残された数人の職員たちは、管制室でモニターしているネネのおかげで、どうにか生き延びていた。だがゾンビブーマはいくら倒しても次々に出現し、その魔手はネネの身にも迫る……。

  • ep.18 We Built This City
    ep.18 We Built This City

    ゾンビブーマのADポリスビル侵入に気づいたプリスたちは、レオンらと共に突入する。追い詰められていたネネと無事合流できたプリスはモトスレイブを失い丸腰となってしまう。ADポリスらの弾薬も残り少なくなり、プリスたちは脱出口までゾンビブーマたちに塞がれてしまうのだった。この危機をどう脱するのか?

  • ep.19 Are You Experienced?
    ep.19 Are You Experienced?

    廃墟と化した東京。そこに取り残されたレオンやプリスたちは、ブーマだけが不気味に動き回るゴーストタウンの状況を放送するが、無駄に終わる。しかし、レジスタンス活動を始めるレオンのもとへ、かつての仲間たちが続々と戻ってきた。

  • ep.20 One of These Night
    ep.20 One of These Night

    ネネやレオン、元ADポリスたちが苦戦している中、突如現れた巨大ブーマを倒したのは新ハードスーツをまとったリンナだった。そのパワーに驚くネネ。一方、ナイジェルとシリアの関係を知ったプリスはショックを受けて夜の東京へと飛び出してしまう。

  • ep.21 Close to the Edge
    ep.21 Close to the Edge

    巨大なワームブーマとの戦いは続く。新型のハードスーツをもってしても決定打を与えることはできず、苦戦を強いられるナイトセイバーズ。それでもリンナたちは、プリスが来てくれることを信じてもちこたえる。出遅れたプリスも、愛機・新生モトスレイヴを駆り現場へ急行するが、はたして間に合うのか?

  • ep.22 Physical Graffiti
    ep.22 Physical Graffiti

    シルキードールに次々と侵入してくる多数のブーマ。地下のブースに避難したプリスたちは、ハードスーツに着替えて強行突破。だが目的地に着いた彼女らが見たものは、ブーマによって変わり果てた東京の、無惨な姿だった。ブーマ化が及んでいない海浜公園に着いたプリスたちは、そこで生き残った人々と出会う。

  • ep.23 Hydra
    ep.23 Hydra

    マッキーの体に起きた、突然の異変。それを知って悲しむネネだが、マッキーを助けるべく仲間たちとともにゲノムタワーへ向かう。ゲノムタワーは霧状のナノメカシールドに覆われ、ナイトセイバーズの侵入を拒む。だがマッキーの捨身の援護により、タワーの内部に突入できたのだった。

  • ep.24 Light My Fire
    ep.24 Light My Fire

    ナイトセイバーズを迎えたのは、シリアそっくりに成長したガラテアだった。ガラテアはゲノムタワーごと変容し、女神像となって宇宙へと飛び立ってしまう。マッキーに付き添うシリアを残し、プリスたちはガラテアを追って宇宙へ!

  • ep.25 Walking On The Moon
    ep.25 Walking On The Moon

    自ら神にならんと動き出したガラテア。それを阻止せんと追ってきたプリスたちであったが、アンブレラはすでにガラテアのものとなっていた。それでも諦めないプリスたちの前に現れたのは、ハードスーツをかたどったブーマだった。

  • ep.26 Still Alive & Well
    ep.26 Still Alive & Well

    たった1人残ったプリスの前に現れたガラテア。その力の前に成す術がないプリスを救ったのは、自我に目覚めたモトスレイヴであった。進化を早めるガラテア……フェノメノンを採り込み、ハイパー化するモトスレイヴ……今、全てに終止符が打たれる。

ページトップへ