お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

アクエリアンエイジ Sign for Evolution  #1 深青の序曲

この作品もオススメ

アクエリアンエイジ Sign for Evolution
アクエリアンエイジ Sign for Evolution (配信数13話)
覚醒の兆し、進化の星座(サイン)、宝瓶宮(アクエリアス)。
日々の狭間に戦いの扉が開く…。 
古代から歴史の影で続いてきた少女たちの戦い、アクエリアンエイジ。ロックアーティストを目指す響太は、その戦いに必要な能力を持つがゆえに、戦いに巻き込まれていく。一方、響太の幼なじみの依子もまた隠れた力を秘めていた。自分の夢と運命、そして依子への想いの狭間で葛藤する響太。新たな戦いが今、幕を開ける! 
同題のトレーディングカードゲーム(ブロッコリー作)をアニメ化した作品。複数プレイヤーのバトルというゲームの特徴は、アニメ版にも最大限に継承されている。みどころは、戦う美少女たちのビジュアル的な魅力と超能力だ。和風の「阿羅耶識(あらやしき)」、西洋風の「WIZ-DOM(ウィズダム)」、半獣半人の「ダークロア」と、ひと目で違う者同士が戦うことで、バトルのバリエーションが豊かに感じられる。ドラマのポイントは、突然に宿命を告げられて覚醒を迫られる少女の葛藤と成長。戦いが幼なじみのミュージシャンを巻きこんでいく過程が現実風景とともにていねいに描かれていて、リアリティを生み出している【アニメ評論家 氷川竜介】
■キャスト
上倉多響太:田中信幸
山王依子:青木麻由子
阪元流水子:西村ちなみ
広田伸吾:小西克幸
小島純一:吉野裕行
杜乃カナエ:高橋美佳子
雪邑未郷:高島雅羅
虻戸啓児:森川智之
宝月明日見:南 央美
平群キリコ:城 雅子
檸檬:伊藤実華
更科:ゆかな

■スタッフ
原作:ブロッコリー
企画:木谷高明/佐々木史朗/丸山正雄
監修:中井まれかつ
シリーズ構成:相馬和彦
キャラクターデザイン:阿部 恒
総作画監督:室井ふみえ
美術監督:小倉宏昌
音響監督:たなかかずや
音楽:梶浦由記
ストーリー原案・監督:大橋誉志光
アニメーション制作:マッドハウス
製作:フライングドッグ
(C)2002 ブロッコリー/フライングドッグ

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • #1 深青の序曲
    #1 深青の序曲

    高校二年生の響太は、横浜周辺ではちょっと顔の売れたストリートミュージシャン。新年を迎え、バンド仲間の伸吾・純一とともに年明けライブをしようと街に繰り出す響太と、それを見守る幼なじみの依子。だが、そんな彼らの周囲で異変が起き始め、彼らを見守る謎の影が現れる。新たな戦いが今、幕を開ける!

  • #2 炎緑の予感
    #2 炎緑の予感

    響太たちの年明けライブは大成功のうちに幕を閉じた。撤収作業の合間に一息いれる響太たちのもとに、雪邑未郷と名乗る一人の女性が現れる。新進の芸能プロダクション・コスモポップの社長である彼女は、響太たちをスカウトに来たというのだ。一方、ホテルの窓辺から響太たちの様子をうかがう謎の男女がいた…。

  • #3 濁赤の憂鬱
    #3 濁赤の憂鬱

    阿羅耶識の首長たるべく、弁才天として覚醒することを運命づけられたものの、平穏な日常と響太への想いを断ち切れず逡巡する依子。そんな依子を叱咤する流水子。プロのアーティストを目指してはばたこうとしている響太を前に、依子はさらに孤独感をつのらせていく。そんな時、二人の前にアイドル・杜乃カナエが現れ…。

  • #4 潜黒の供物
    #4 潜黒の供物

    響太は未郷に連れられ、リュウセイやカナエが出演するイベントを見学しにいくが、そこで響太は未郷の真の姿を垣間見る。いっぽう、覚醒の時が近いことを自覚した依子は響太に「もう一度歌を聴かせて」と頼む。依子の真意を知らないまま快諾する響太。しかし、会場にはいつのまにか大勢の少女たちが集まり…。

  • #5 閃白の必然
    #5 閃白の必然

    響太に対するキリコの熱中ぶりに辟易する明日見。だが、彼女の深層心理に目をつけたWIZ-DOMのユイと檸檬は、彼女をマインドコントロールして利用しようとする。深夜の公園で魔女軍団に襲われ、窮地に陥った明日見を救ったのは、マインドブレーカーとして覚醒した響太だった。敵を撃退した響太たちだが…。

  • #6 幻緑の救済
    #6 幻緑の救済

    カナエのバトルフィールドに引き込まれ苦戦する依子。彼女を救ったのはIJFミュージックのマネージャー・虻戸だった。いぶかる依子に虻戸は自分がマインドブレーカーであること、そして依子にサラスバティとして覚醒する素養があることを明かす。動揺した依子は家を出て、虻戸の事務所に身を寄せることにするが…。

  • #7 深紅の分蘖
    #7 深紅の分蘖

    響太とカナエのキスシーンを目撃してしまった依子は、その衝撃が引きがねとなり、サラスバティとして覚醒し、響太たちの目の前から忽然と姿を消してしまう。悩む響太をドライブに誘う伸吾たちだが、その車を檸檬が襲い、負傷した伸吾は入院することに。打ちひしがれた響太が病院のTVで見たものは…。v

  • #8 薄紫の覚醒
    #8 薄紫の覚醒

    首長を失った阿羅耶識の祭儀場では、サラスバティとして覚醒した依子への対処を巡り議論が紛糾していた。喧騒の中、己の限界を感じる流水子。一方、響太は未郷に頼み、明日見とともに「柊の季節」撮影現場を見学する。しかし依子は別人のようによそよそしく、響太は虻戸に追い出されるようにその場を去ることになる。

  • #9 烈銀の残影
    #9 烈銀の残影

    依子の変貌に思い悩む響太は、流水子から助言を得ることにする。結束が崩壊しかかった阿羅耶識を統一しきれない流水子は、最後の望みを響太に託す決心をし、全てを打ち明ける。一方、「柊の季節」撮影現場では、明日見がメイド役として参加するが、依子のパワーにより倒されてしまう。するとそこに響太が現れて…。

  • #10 萌黄の此岸
    #10 萌黄の此岸

    自分の歌を依子に「つまらない歌」と言われ、深く傷ついた響太。一方、IJFミュージックに入り込んだキリコは、カメラマンの目にとまり写真撮影をされることに。緊張するキリコをアイドルとして開眼させたのは、ラジカセから流れる響太の歌声だった。それを知った虻戸は激怒し、響太たちの撮影現場を襲わせるが…。

  • #11 藍碧の渦動
    #11 藍碧の渦動

    「柊の季節」撮影現場では、サラスバティの力を利用して依子が横暴の限りを尽くしていた。そんな依子に対し、WIZ-DOMの二人は明日見に戦いを挑ませるが、依子の圧倒的な力を前に明日見は再び倒されてしまう。一方、打開策を見出せない響太はリュウセイに「今のおまえの歌は最悪だ」と言われてしまい…。

  • #12 退紅の葛藤
    #12 退紅の葛藤

    ついにデビューコンサート当日を迎えた響太たち。キリコや明日見のおかげでふっきれた響太だったが、そんな響太の眼前に弁才天に変身した依子のイメージが現れ救いを求める。「必ず戻る」と言い残して撮影現場に向かう響太。暴走しようとするサラスバティに対して、最後の戦いが繰り広げられようとしていた…。

  • #13 純白の抱擁
    #13 純白の抱擁

    戦いは終わった。「あなたと私、どちらも本当の私なのだから」そう言ってサラスバティを受け入れる弁才天。だが、再びひとつに戻った依子は「響太、ごめんね」の一言を残してその場にくずおれるのだった。慟哭する響太に、流水子は言う。「今なら間に合う。依子おねえちゃんを…」

ページトップへ