お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

月詠 - MOON PHASE -  #1 おにいさま、私のシモベになりなさい◇

この作品もオススメ

月詠 - MOON PHASE -
月詠 - MOON PHASE - (配信数26話)
カメラマン森丘耕平は、取材に行ったドイツの古い城でヴァンパイアの少女・葉月に出会う。城に閉じ込められていた葉月は、耕平の血を吸い、“シモベ”として城からの脱出を試みたが、耕平には効き目がない。しかし、ひょんなことから葉月は脱出に成功。そして、生き別れた母の行方を求めて日本へ向かう!
クオリティがアップしたDVD版!

■キャスト
葉月:斎藤千和
森丘耕平:神谷浩史
御堂成児:櫻井 孝宏
安西ひろみ:根谷美智子
エルフリーデ:かかずゆみ
キンケル伯爵:松山 鷹志
ハイジ:山崎雅美
御堂 光:門脇 舞
御堂 薫:松来未祐
御堂竜平:麦人

■スタッフ
原作:有馬啓太郎
連載:ワニブックス月刊「コミックガム」
総監督:新房昭之
シリーズ構成:関島眞頼
キャラクターデザイン:相澤昌弘
ビジュアルディレクター:武内宣之
美術監督:桑原 悟
編集:関 一彦
音響監督:亀山俊樹
音楽:久米大作
アニメーション制作:SHAFT
製作:フライングドッグ
(C)2004 有馬啓太郎/ワニブックス・フライングドッグ

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • #1 おにいさま、私のシモベになりなさい◇
    #1 おにいさま、私のシモベになりなさい◇

    なぜか心霊写真ばかり撮ってしまうカメラマン・森丘耕平は、取材で訪れたドイツの城を撮影中、城の屋根に腰掛ける少女を目撃する。翌日、城に忍び込んだ耕平は、捜していた少女・葉月と出会う。訪ねて来てくれたことを喜ぶ葉月はお礼をしたいと言うのだが…。 ※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #2 御主人様とおよびなさい◇
    #2 御主人様とおよびなさい◇

    ヴァンパイアだった葉月は、耕平の血を吸い“シモベ”にし、城から抜け出すため、自分を城に封印している水晶玉を壊すよう命令するが、耕平には全く変化が現れず言うことを聞かない。やがて、言い争う二人の前に事態を察知した城の守り役ビゴーが現れて…。 ※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #3 おにいさま、私といっしょに暮らしてくださいね◇
    #3 おにいさま、私といっしょに暮らしてくださいね◇

    日本に来た葉月は、耕平と祖父・竜平が暮らすマルミ堂に転がり込んでいた。離れ離れになった母親との再会を一途に信じる葉月に、耕平は自分の過去の境遇と重ね合わせ感情的に当たってしまい、ショックを受けた葉月は家を飛び出してしまって…。 ※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #4 おにいさま、・・・キスしたくなっちゃた◇
    #4 おにいさま、・・・キスしたくなっちゃた◇

    城を抜け出してから一月ほど経ち、葉月は竜平の店を手伝いマルミ堂の看板娘となっていた。ある満月の晩、喉が渇きKiss(吸血)の衝動に突き動かされた葉月は、耕平の寝込みを襲うが抵抗され、新しいシモベを求め外に飛び出してしまう。葉月を心配する耕平は…。 ※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #5 おにいさま、ふるふるふるむーん◇
    #5 おにいさま、ふるふるふるむーん◇

    葉月の前にエルフリーデというヴァンパイアが現れ、城に戻るよう説得する。葉月につきまとうエルフリーデだが、耕平がシモベにも関らず葉月の命令を聞かないことに気づくと「ヴァンパイアの恋人」と謎の言葉を残し去ってしまう。翌日、再度現れたエルフリーデは…。 ※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #6 おにいさまと京都で…うふ◇わくわく◇◇
    #6 おにいさまと京都で…うふ◇わくわく◇◇

    京都旅行に出かけた葉月たち。途中立ち寄った御堂本家で、成児と耕平の許婚である双子の巫女、光と薫に会う。しかし、葉月がヴァンパイアだと見抜いた光と薫は葉月を敵視する。そんな中、京都見物に出かけた一行の前にエルフリーデが現れ、耕平を深夜の寺に呼び出す。※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #7 ……だって欲しかったんだもん◇
    #7 ……だって欲しかったんだもん◇

    マルミ堂で掃除中の葉月は首筋に痛みを覚える。慣れていない布団のため、寝違えたのだ。安眠を求めベッドをおねだりするものの、耕平や竜平は全く相手にしない。たまたま訪れたひろみを操りベッドを買ってもらう葉月だが、耕平はそんな葉月を怒って…。※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #8 母様がきてくれた!うれしい◇
    #8 母様がきてくれた!うれしい◇

    マルミ堂の屋根の上で夜景を見ていた葉月は、偶然母親の姿を見つけ、再会を喜び、家を飛び出してしまう。だが、耕平はその母親が偽者で、葉月がドイツから来日したヴァンパイア・キンケル伯爵に連れ去られたことを知り、竜平と共に助けに向かうが…。※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #9 おにいさま、私を夢から助けて…おねがい
    #9 おにいさま、私を夢から助けて…おねがい

    捕らわれた葉月を助けるためキンケルの待つホテルに潜入した耕平と竜平は、二手に分かれ行動を開始する。意外な援軍と共に陰陽術を駆使して戦う竜平だが、キンケルの圧倒的な力の前には全く歯が立たない。その頃、耕平は葉月を見つけ助けようとするが、別人のような冷たい態度で耕平の呼びかけにも耳を貸そうとはしない…。

  • #10 ゆるさない…初めてのシモベのくせに
    #10 ゆるさない…初めてのシモベのくせに

    キンケルとの戦いで深手を負った耕平は死の淵を彷徨っていた。病院に見舞いに行った葉月は、京都から駆けつけた光・薫と共に病室に向かうが、そこで耕平に死相を見てしまう。容態が回復しない耕平に竜平の指示の下、延命の術を施すことになるが「人間がやるから」と葉月は病室から追い出されてしまう…。

  • #11 おにいさま、安静にしてなきゃダメ◇
    #11 おにいさま、安静にしてなきゃダメ◇

    京都に帰ったはずの光・薫がマルミ堂に現れる。耕平と葉月の様子が気になり戻って来てしまったのだ。二人を露骨に敵視する葉月を、光と薫はマモノ呼ばわりし、耕平の世話をめぐりいがみ合う。翌日、葉月は入院している竜平を見舞いに行くことになるが…。※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #12 ゆるせないの、あいつだけは…!
    #12 ゆるせないの、あいつだけは…!

    入院中の竜平が何者かに襲われる。時同じくして耕平、成児の前にキンケルのシモベにされたフォレストの編集長が現れ、竜平の命を助けたければ館まで来るようにと、キンケルからのメッセージを伝える。館に到着した葉月達を出迎えたのは、シモベにされたひろみだった。ひろみに案内され屋敷に入った一行は…。

  • #13 おにいさま、みんなで伯爵を倒しましょうね◇
    #13 おにいさま、みんなで伯爵を倒しましょうね◇

    キンケルに翻弄されながらも、助け出した竜平とエルフリーデの協力を得て一時は襲撃を退けた葉月達は、館を脱出するために竜平の案でキンケルを倒す罠を準備する。その様子を伺うキンケルは葉月と耕平が単なる主従関係でないことに気付き…。※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #14 おにいさまといっしょに…お散歩したいです◇
    #14 おにいさまといっしょに…お散歩したいです◇

    ある朝、葉月が突然しおらしくなり、自分はルナだと言い始める。驚く耕平と竜平だが同居人となったエルフリーデによって、葉月の過去と人格の秘密、城に閉じ込められていた理由、そして隠されていた能力が明らかにされる。ルナを複雑な心境で見守る耕平だが…。※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #15 おにいさま、“せきにん”とってくださいね◇
    #15 おにいさま、“せきにん”とってくださいね◇

    なぜか耕平を無視し続けるようになった葉月。そんな中、満月の晩が訪れ吸血の衝動にかられた葉月だが耕平を避け、新たなシモベと血を求めマンハントに出かけてしまう。焦りを隠せず後を追う耕平に、エルフリーデは冷たい言葉を告げるが…。※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #16 おにいさま、どうしてもふるふる堂のネコミミ饅頭じゃなくちゃだめなんです◇
    #16 おにいさま、どうしてもふるふる堂のネコミミ饅頭じゃなくちゃだめなんです◇

    ネコミミ饅頭をカラスに取られた葉月は、ハイジと共に泥棒カラスを捕まえようと奮戦する。それを見た耕平は、葉月をモデルに写真を撮影することを思い付き、葉月を誘いドライブに出かける。その日をきっかけにすっかり写真に撮られることが好きになった葉月だが…。※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #17 おにいさま、なんでこんなことになるわけ!?
    #17 おにいさま、なんでこんなことになるわけ!?

    葉月を守る力が欲しい耕平は竜平に術を教わろうとするが拒絶される。その内心を察してか、エルフリーデは竜平に自身の生い立ちを打ち明ける。葉月に見守られながら自己流でトレーニングを開始する耕平。そんな耕平に竜平は「修行したいなら、そこへ行け」と一通の手紙を差し出す。そんなマルミ堂に暗い影が近づく…。

  • #18 ヤッホー◇ハイホー◇ 今、会いに行きますね◇
    #18 ヤッホー◇ハイホー◇ 今、会いに行きますね◇

    葉月は耕平の修行に付き添い、御堂裏本家、布津神社にいた。裏本家を取り仕切る御堂弥生、そして光・薫たちと暮らす日々は、平穏な日々が続いていた。修行で山篭りをしている耕平と会えない以外は…。そして、月に一度だけ耕平に会うことが許される日がやって来た。※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #19 お山の日 湯けむりのサル ねこのヒゲ◇ …で、あんたたち誰?
    #19 お山の日 湯けむりのサル ねこのヒゲ◇ …で、あんたたち誰?

    満月の夜、一月ぶりに耕平にキスをする葉月。何となくいい雰囲気の二人を前に憤る光と哀しむ薫。薫は婚約者を葉月に取られまいと、ひたすら萌えアピールを耕平にするのだが…。その頃、山に張り巡らせた結界を越え、三人の怪しい影が一匹の猿と共に山の温泉にいた。※正式サブタイトルは、◇がハートマークとなります。

  • #20 おじいさま、どーしてそんな格好してるんですか?
    #20 おじいさま、どーしてそんな格好してるんですか?

    修行中に大怪我をした耕平を治療するため、葉月を山に呼ぶことになった。怪我のため身動きが取れず山中で放置された耕平は、包帯だらけの怪人と大男、そして大男に「姫様」と呼ばれるヴァンパイアの少女と遭遇する。一方、耕平を助けるため、山に入った葉月たちは追っ手のヴァンパイア・バルガスと遭遇してしまう。

  • #21 おにいさま、それってどこの地方の手まり唄?
    #21 おにいさま、それってどこの地方の手まり唄?

    耕平はヴァンパイアの少女・アルトに傷を治してもらい、唄を教えたことから心を通わす。一方、弥生と共にバルガスと戦う葉月たち。そこに偶然、耕平とアルトが合流、葉月を見たアルトは突然、葉月に襲いかかる。さらに現れたヴァンパイア・ジェダの猛攻に押される葉月たち。光は恐怖のあまりパニックを起こしてしまい…。

  • #22 おにいさま、そんな人だったんですか!?
    #22 おにいさま、そんな人だったんですか!?

    ヴァンパイアたちの襲撃に「私のせいで皆を巻き込んだ」と落ち込む葉月。一方、弥生から実は“浄眼”の力を持つ霊能者であることを伝えられた耕平は、ヴァンパイアと戦うため、幼い頃封印された能力を解く決意をするが、その条件として葉月と会うことを禁じられてしまう。

  • #23 おにいさま、わたしってそんなにヘンですか?
    #23 おにいさま、わたしってそんなにヘンですか?

    取材で京都を訪れたひろみは荒れ果てた御堂本家に愕然とする。一方、浄眼の封印を解いた耕平は怯えて動けなくなってしまう。そんな耕平に何もしてあげられない葉月は一人、母の言葉を思い出す。その状況を察知したジェダは独自に行動を開始し布津神社を襲撃する。予期せぬ襲撃に苦戦する弥生達を前に、葉月は…。

  • #24 サヨナラ、おにいさま……私、ホントに帰っちゃうよ? 帰っちゃうよ?
    #24 サヨナラ、おにいさま……私、ホントに帰っちゃうよ? 帰っちゃうよ?

    自ら犠牲となった葉月のため、ヴァンパイアの脅威は去るが、葉月に助けてもらったことに不満な光は葉月を取り戻そうと後を追う。ヴァンパイアのもとに戻った葉月は耕平達との日々を懐かしむ。そんな葉月にアルトは不満を隠さない。一方、ジェダは葉月を完全にヴァンパイアのルナにする儀式を始めようとするが…。

  • #25 おにいさま、最終回だそうですよ◇ ずっと私のシモベでいてくださいね◇◇◇
    #25 おにいさま、最終回だそうですよ◇ ずっと私のシモベでいてくださいね◇◇◇

    戦いから一ヵ月後、いつもの日常に戻った葉月達だが、些細なことから葉月と耕平がけんかを始めてしまう。そんな中、いつもの顔ぶれでお月見パーティをすることになるが、光や薫が耕平や葉月にょっかいを出すため、二人の関係はよりギクシャクしてしまい…。

  • #26 おにいさま、ゆらゆらきらきらどんぶらこ これって、なーんだ?(TV未放映エピソード)
    #26 おにいさま、ゆらゆらきらきらどんぶらこ これって、なーんだ?(TV未放映エピソード)

    いつもの顔触れがそろい、食卓を囲むマルミ堂の朝。葉月と光は、エルフリーデと竜平の親密さに気付いて大騒ぎ。そんな中、アルトは一人、不機嫌な様子だ。が! マルミ堂は、とんでもない事態に襲われていたのだ!!

ページトップへ