お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

アズールレーン  01 【起動】海を駆ける少女たち

この作品もオススメ

アズールレーン
アズールレーン (配信数9話)

碧き航路に祝福を――

 

「アズールレーン」の少女たちは、世界の外より訪れた謎の敵「セイレーン」の大攻勢を退けた。しかし、戦いはいつの世も変わることはない。かつて人類が海の覇権を争ったのと同じように、理念の違いから「アズールレーン」と「レッドアクシズ」は対立。そして時は流れ――

 

■キャスト

石川由依

堀江由衣

中原麻衣

大地葉

長縄まりあ

山根希美

ほか


 

■スタッフ

原作:Manjuu Co.,Ltd.,/Yongshi Co.,Ltd.「アズールレーン」(Android/iOS用スマートフォンアプリゲーム)

監督:天衝

音楽:西木康智

 

 

© Manjuu Co.,Ltd., Yongshi Co.,Ltd.& Yostar, Inc./アニメ「アズールレーン」製作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 01 【起動】海を駆ける少女たち
    01 【起動】海を駆ける少女たち

    異世界より突如現れた、異形の敵「セイレーン」。一度は結束し外敵を退けたはずの人類は、理念の違いから二つの陣営に分裂していた。その一つ、アズールレーンの新基地に配属されたラフィー とジャベリンは、マントに身を包んだ謎の少女・綾波と出会う。それは新たな戦いの予兆だった。

  • 02 【激戦】鼓動の波、鋼鉄の翼
    02 【激戦】鼓動の波、鋼鉄の翼

    重桜の攻撃を退けたアズールレーン基地。何とか基地に帰還したジャベリン達だったが 、綾波のことが忘れられない。そんな中、航海中だった妹のホーネットたち が襲撃を受けたことを知ったエンタープライズは怪我を押して救出に向かおうとする。

  • 03 【優雅】或いはヒトのように
    03 【優雅】或いはヒトのように

    エンタープライズの窮地を救った「メイド」のベルファスト。彼女は女王エリザベスからエンタープライズの監察を命じられていた。一方、この戦いについて悩むジャベリンをラフィー達は浜辺へと連れ出す 。水着で楽しんでいる少女たちを目の当たりにしたエンタープライズは、ベルファストに自分の心情を語りだし――

  • 04 【桜嵐】外套と短剣
    04 【桜嵐】外套と短剣

    基地に帰還した重桜艦隊の一行。綾波や瑞鶴もまた彼女たちの仲間の元に戻っていた 。そんな中、重桜の持っていた黒いメンタルキューブを調査するため、ロイヤルの スパイとして潜入調査中のシェフィールドとエディンバラは、基地の深部で赤城とセイレーンの密談を目撃する。

  • 05 【再会】その手をさし伸べて
    05 【再会】その手をさし伸べて

    重桜基地を脱出したシェフィールドとエディンバラは、どさくさに紛れて付いてきた 明石と廃墟島に 立てこもる。エンタープライズやベルファストらアズールレーンの救援部隊も到着し、海域は一触即発の状態となる。

  • 06 【羈絆】絆を繋ぐ、心を縛る
    06 【羈絆】絆を繋ぐ、心を縛る

    レッドアクシスとセイレーンの繋がりに思い当たったアズールレーン司令部。分析を急ぐ中、黒いメンタルキューブは何故かエンタープライズに反応する。一方、皆で大浴場へと向かうアズールレーンの少女達だが、ユニコーンには気になることがあるようで……

  • 07 【死線】決意と、愛のために
    07 【死線】決意と、愛のために

    両陣営の間で大規模な戦闘が勃発。ユニオンとロイヤルの連合艦隊は嵐の中、セイレーンによって作られた暗黒界域での戦いを余儀なくされる。激しい争いの中で、エンタープライズは再び赤城・加賀と激突する。

  • 08 【交錯】抱きしめて離さない
    08 【交錯】抱きしめて離さない

    激しい戦闘の後、行方不明となったエンタープライズと赤城。捜索が続く中、暗黒界域の空間は大きく乱れ、両陣営は撤退戦を強いられる。身を挺して重桜を守ろうとする綾波を、ラフィーとジャベリンは救い出そうとする。 一方で今まで事態を静観していたセイレーンが、本格的に動き出そうとしていた 。

  • 09 【希望】暗闇に光が差し込み
    09 【希望】暗闇に光が差し込み

    捕虜としてアズールレーンに連れてこられた綾波。見張り役となったのはラフィーとジャベリンだった。二人と共に基地を回ることになった綾波は身構えるが、少女達は優しく迎え入れる。一方、エンタープライズは、まだ戦 いのショックから立ち直れずにいた。

ページトップへ