お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

人生が楽しくなる幸せの法則  第1話

この作品もオススメ

人生が楽しくなる幸せの法則
人生が楽しくなる幸せの法則 (配信数10話)
相席スタート・山﨑ケイの人気エッセーをオリジナルストーリーでドラマ化!
人生に迷走する女子3人と神出鬼没の神様が繰り広げる
笑いあり涙ありラブありの痛快コメディー!

■キャスト
中川 彩香:夏菜
木原 里琴:高橋メアリージュン
皆本 佳恵:小林きな子
ちょうどいいブスの神様:山﨑ケイ(相席スタート)

■スタッフ
原作:山﨑ケイ(相席スタート) 著
『ちょうどいいブスのススメ』 (主婦の友社 刊)
脚本:武井 彩ほか
監督:植田 泰史ほか
チーフプロデューサー:前西 和成
プロデューサー:沼田 賢治
村本 陽介(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
大沼 知朗(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
森安 彩(共同テレビジョン)
音楽:仲西 匡
羽深 由理
制作プロダクション:共同テレビジョン
制作協力:吉本興業
制作著作:読売テレビ
©吉本興業/ytv

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話
    第1話

    ジャストライト物産に勤務する中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)は、ある晩、流れ星の光に飲まれ、“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ(相席スタート))と出会う。神様は、「私についてくれば、あなた達は必ず幸せになれます!」と語りかけるが……

  • 第2話
    第2話

    大型契約の締結を控えた得意先、ゴールデンモバイル社の社長が突然、ジャストライト物産を訪れてきた。「抜き打ち視察だ!機嫌を損ねて契約破棄されると困る!」と社内は大慌て。一同総出で対応にあたるが、中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)は的外れの対応ばかり。

  • 第3話
    第3話

    中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)は自己評価と他人から受ける評価とが違いすぎる。そのため、“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ・相席スタート)から「つまり、あなたたちは自分が見えてないということ。それではただのブス。努力をしなきゃダメ!」と発破をかけられる。

  • 第4話
    第4話

    中川彩香(夏菜)は、佐久間涼太(和田琢磨)から誘われた日曜日のデートのことで頭がいっぱい。その恋愛の必殺技など持たない彩香、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)たちに、“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ・相席スタート)は、「“ちょうどいいブスの恋はRPG”よ!」とアドバイスする。

  • 第5話
    第5話

    失恋の痛手から立ち直れない中川彩香(夏菜)と皆本佳恵(小林きな子)に、“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ・相席スタート)は、“ショック療法”と称して合コンにチャレンジさせる。合コンが苦手で拒否反応を見せる彩香に、神様は「ちょうどいい距離を制する者が、全てを制す!」とアドバイス。

  • 第6話
    第6話

    “ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ・相席スタート)から次に与えられたミッションは「幸せが勝手に舞い込んで来るなんて思ったら大間違い!受け身にならず、今こそ動くの!」というもの。早速、中川彩香(夏菜)は、佐久間涼太(和田琢磨)が女性と言い争っているのを見て、後をつける。

  • 第7話
    第7話

    次なるミッションは「ブスな部分を、長所に変える!」。中川彩香(夏菜)は自己表現が下手なところ、木原里琴(高橋メアリージュン)は融通のきかないところ、皆本佳恵(小林きな子)は、他人のアラ探しをしてしまうところを、個性ととらえて長所にしてしまえと言うのだが、やり方が分からない三人。

  • 第8話
    第8話

    木原里琴(高橋メアリージュン)が情報漏洩の犯人だと疑われるが、中川彩香(夏菜)、皆本佳恵(小林きな子)は、「そんなわけない」と里琴を信じて疑わない。“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ・相席スタート)は、そんな3人の友情を褒めたたえ、ブス3か条を掲げて団結して仲間のピンチを救えと言う。

  • 第9話
    第9話

    ジャストライト物産が、ワンオアエイトカンパニーに吸収合併される見込みとなった。社長の神原重吉(田山涼成)は行方不明のままで、代わりに神原譲吉(阿南健治)が舵をとる。会社の行く末を心配する三人に、“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ・相席スタート)は意外なミッションを与える。

  • 第10話
    第10話

    幸せを目前にして逃げ出してしまう中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)。その三人は黒い“ブスノート”を手にして“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ・相席スタート)の記憶を取り戻す。そして再び神様に会うことを願うが、会う手立てが見つからない。

ページトップへ