お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

孤高の花~General&I~  第60話 使命を胸に

この作品もオススメ

孤高の花~General&I~
孤高の花~General&I~ (配信数62話)
この命を賭けて、あなたを愛し抜く――
「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」ウォレス・チョン×アジア一の美女アンジェラベイビー夢の共演!
乱世の時代、国をも超える愛を貫いた武将と女軍師の一大ラブロマンス!

晋との戦いのさなか、燕では敬安王府が襲撃され一夜にして滅亡する。聡明であり稀代の女軍師でもあった侍女の白娉婷は、敬安王府の王子である何侠と共に逃げるが、途中で別れ別れになる。矢にやられ倒れていた白娉婷は、晋の将軍・楚北捷に助けられる。一目見て、白娉婷が20年前に一度だけ出会い、忘れられなかった想い人だったことに気付く楚北捷。次第に二人は愛し合うように。敵国同士の禁断の恋。二人の行く手には数々の苦難が待ち受けていた…
 

■キャスト
ウォレス・チョン
「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」『バウンティ・ハンターズ』
アンジェラベイビー
「雲中歌~愛を奏でる~」 「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」
ガン・ティンティン
「水滸伝」「諍い女たちの後宮」
スン・イーチョウ
「僕たちのプリンセス」「続・宮廷女官 若曦(じゃくぎ)〜輪廻の恋〜」

■スタッフ
原作:风弄
演出:ジュ・ジャオリャン
「水滸伝」「岳飛伝-THE LAST HERO-」
脚本:チャン・ヨンチェン
© Croton Entertainment

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 戦いの狼煙
    第1話 戦いの狼煙

    蒲坂城壁で晋と燕の軍勢が対峙する。楚北捷(そほくしょう)が率いる10万の晋軍に対して敬安皇子・何侠(かきょう)が率いる燕軍はわずか8千。それでも何侠は軍師としての才をもつ侍女・白娉(はくへいてい)の策によって戦いに勝利する。だが、この戦いの裏にはある陰謀があった。燕の皇帝・慕容粛(ぼようしゅく)にいわれなき謀反の罪を着せられた何侠は白娉とともに逃亡して…。

  • 第2話 運命の邂逅
    第2話 運命の邂逅

    五老峰で楚北捷(そほくしょう)は敬安王・何勝(かしょう)と対決、敗北した何勝は自ら命を絶つ。そして、父の死を知った何侠(かきょう)は楚北捷への復讐を誓う。一方、深手を負った白娉(はくへいてい)は偶然通りかかった楚北捷に命を救われるが、身元を明かさず姿を消す。それでも白娉?が敬安王家の軍師と気づいた楚北捷。彼は白娉に初恋の少女の面影を見出していた…。

  • 第3話 恩讐の想い
    第3話 恩讐の想い

    楚北捷(そほくしょう)と豪商である花家の令嬢との縁談が持ち上がる。楚北捷が令嬢の弾く琴の音に惹かれて会いに行くと、そこには白娉(はくへいてい)の姿があった。そこで、自分の命も顧みず何侠(かきょう)を助けようとする白娉の覚悟を知った楚北捷は、彼女の気持ちを汲んで一度だけ何侠を見逃す。そして、敵でありながら白娉を自分の妻として迎えることに…。

  • 第4話 停戦の願い
    第4話 停戦の願い

    婚儀の最中、楚北捷(そほくしょう)と白娉(はくへいてい)はともに毒に当たって倒れるが、治療を受けて事なきを得る。それが白娉の計略だと悟った楚北捷は、自分を今すぐ殺すよう迫るが、彼女は応じなかった。そして翌朝、楚北捷は白娉の真の目的を知ることに。彼女は自分の命と引き換えに、民を苦しめる晋と燕の戦を止めようとしていたのだった…。

  • 第5話 死刑執行の朝
    第5話 死刑執行の朝

    晋の皇帝・司馬弘(しばこう)から死罪を言い渡された白娉?(はくへいてい)。翌朝、彼女を助けようと楚北捷(そほくしょう)は刑場まで馬を走らせるが、彼女はすでに斬首されたと聞かされる。しかし、司馬弘は15の銅山と引き換えにひそかに白娉を慕容粛(ぼようしゅく)に引き渡していたのだった。それを知った楚北捷が白娉の行方を追うと、彼女を救い出すため何侠(かきょう)も姿を現して…。

  • 第6話 恩に報いる時
    第6話 恩に報いる時

    楚北捷(そほくしょう)を刺してしまった白娉?(はくへいてい)は一晩中彼を介抱し、翌朝黙って彼の元を去る。その後、彼女は晋に捕らえられた冬灼(とうしゃく)を救うため一人で宮中へ。だが、それは彼女をおびき出す罠だった。すると、そこに楚北捷が現れ、自ら盾となり白娉?と冬灼を逃す。そこでいったんは逃亡した白娉?だったが、楚北捷を見殺しにはできず…。

  • 第7話 妻を守る覚悟
    第7話 妻を守る覚悟

    楚北捷(そほくしょう)を救うため司馬弘(しばこう)と取引した白娉?(はくへいてい)。彼女は頭の中にある兵書を書き出すことになるが、その監視役となった張(ちょう)貴妃から鞭で痛めつけられる。それを止めに入った楚北捷は白娉?を自分の屋敷へ強引に連れ帰ったのだった。一方その頃、何侠(かきょう)は白蘭の耀天(ようてん)皇女が人質となっていた涼から帰国するのを知ってある考えを巡らし…。

  • 第8話 離魂剣の誓い
    第8話 離魂剣の誓い

    白娉?(はくへいてい)が屋敷から逃げたことに気づいた楚北捷(そほくしょう)は、すぐに彼女の後を追いかける。だが、気づくと何侠(かきょう)の兵に包囲されてしまっていた。そこで初めて自分がおびき出されたことに気づいた楚北捷。彼は5年間は燕を攻めないでほしいという白娉?の願いを聞き入れる。そこで白娉?は楚北捷の身を守るため何侠の元へと戻っていくが…。

  • 第9話 忘れ得ぬ想い
    第9話 忘れ得ぬ想い

    楚北捷(そほくしょう)は燕の15の銅山を制圧すると、5年の停戦について慕容粛(ぼようしゅく)の同意を取り付ける。一方、耀天(ようてん)皇女の訪問を受けた司馬弘(しばこう)は、白蘭との交易を条件に涼を討つ約束をする。その頃、楚北捷への復讐の機会をうかがう何侠(かきょう)は、白娉?(はくへいてい)の心がすでに楚北捷にあると気づいていた。そこで白娉?は彼に自分の正直な心の内を打ち明けて…。

  • 第10話 謀略による戦
    第10話 謀略による戦

    司馬弘(しばこう)は楚北捷(そほくしょう)に涼への出兵を命じ、凱旋したら王妃にふさわしい娘と縁組させると告げる。それを耳にした張(ちょう)貴妃は楚北捷に愛を告白し、謀反すらいとわないと訴える。だが、楚北捷はきっぱりと拒絶し、涼にいる白娉?(はくへいてい)の命が狙われていると知ると急いで出兵する。その頃、白娉?は楚北捷の命で殺しに来たという刺客に襲われて…。

  • 第11話 戦場での再会
    第11話 戦場での再会

    白娉?(はくへいてい)は幼なじみである涼の将軍・則尹(そくいん)の妻・陽鳳(ようほう)と旧交を温める。そして、楚北捷(そほくしょう)と戦う夫の身を案じる陽鳳のために軍師として涼に協力することを決心、涼王に晋の皇宮を混乱させるための知恵を授けた後、則尹の軍と合流する。一方、白娉?が生きていて涼の軍師となったことを知った楚北捷は、潔く彼女との戦に臨むことに…。

  • 第12話 好敵手との対決
    第12話 好敵手との対決

    晋では父の張(ちょう)尚書とともに陰謀を企む張貴妃が、ひそかに涼王と手を組むことに。一方、戦場では白娉?(はくへいてい)と楚北捷(そほくしょう)が知略を競った結果、堪布で涼軍と晋軍の戦いが始まろうとしていた。だが、白娉?が一人で涼軍の盾となったのを見た楚北捷は、戦わずして兵を退く。そして、彼女を抱き寄せ自分の馬に乗せると、百里茂林へと向かい…。

  • 第13話 月夜の誓い
    第13話 月夜の誓い

    涼軍と晋軍は典青峰で決戦を果たすことになるが、楚北捷(そほくしょう)がたった一人で涼軍の陣地に現れ、白娉?(はくへいてい)を連れて姿を消す。そのため、白娉?が誘拐されたと思った則尹(そくいん)は必死に彼らの行方を追う。その頃、楚北捷への誤解を解いた白娉?は、崖から落ちて怪我をした彼を必死に看病していた。そして、高熱を出した彼を見た白娉?は…。

  • 第14話 勝利の誤算
    第14話 勝利の誤算

    晋軍を撤退させる白娉?(はくへいてい)の作戦はうまくいったはずだった。だが、晋の皇宮を混乱させる彼女の計画は何者かに悪用され、図らずも晋の皇子二人が毒殺されてしまう。そして、下手人の口から首謀者は白娉?だと聞いた司馬弘(しばこう)は、白娉?と楚北捷(そほくしょう)の共謀を疑い始める。その裏では共通の敵をもつ何侠(かきょう)と張(ちょう)貴妃の陰謀が進行していた…。

  • 第15話 命に代えても
    第15話 命に代えても

    捕らえられ拷問を受けた楚北捷(そほくしょう)は皇子二人を殺した罪で斬首されることに。一方、則尹(そくいん)の兵とともに晋に戻った白娉?(はくへいてい)は、楚北捷を皇宮から救い出すため彼の部下・楚漠然に協力を求める。だが、楚漠然に断られ武力での救出は無理と悟った白娉?。彼女は自分の命と引き替えに楚北捷を救う覚悟を決め、単身皇宮に乗りこむと…。

  • 第16話 運命の一撃
    第16話 運命の一撃

    楚北捷(そほくしょう)の助命を願う白娉?(はくへいてい)に司馬弘(しばこう)が言い放ったのは、殺すのはお前一人だという言葉だった。そして、司馬弘は牢から出した楚北捷に白娉?の処刑を命じる。すると、白娉?を追いかけてきた則尹(そくいん)が現れ、楚北捷と一対一の戦いに。結果、楚北捷に刺されそうになった則尹を見た白娉?は、自ら楚北捷の剣の前に身を投げ出して…。

  • 第17話 事の真相
    第17話 事の真相

    死んだと思われた白娉?(はくへいてい)は楚北捷(そほくしょう)の手配でひそかに助け出され隠れ家で酔菊(すいぎく)の治療を受けていた。そこに駆けつけた楚北捷は昏睡状態の白娉?を懸命に看病する。その頃、晋の皇宮では皇子に続いて晋皇后をも亡くした司馬弘(しばこう)が酒に溺れていた。また、白蘭では耀天(ようてん)皇女が貴(き)丞相から世継ぎを生むために結婚を急かされていたが…。

  • 第18話 錯綜する思惑
    第18話 錯綜する思惑

    何侠(かきょう)は白蘭の朝議に乗りこむと、息子を耀天(ようてん)皇女と結婚させようと企む貴(き)丞相の裏をかいて、堂々と耀天皇女に求婚。それを喜んだ耀天皇女は重臣たちを説得し何侠との結婚を決める。その頃、晋では張(ちょう)尚書が女性たちを集め、ある謀略の準備を進めていた。また、楚北捷(そほくしょう)が白娉?(はくへいてい)の看病を続ける隠れ家には、刺客の一団が現れて…。

  • 第19話 想い焦がれて
    第19話 想い焦がれて

    白娉?(はくへいてい)がやっと目覚めたものの楚北捷(そほくしょう)は会おうとしない。彼は添い遂げられない運命とあきらめ、白娉?を晋から遠くに逃がすことを考えていたのだった。その頃、晋の皇宮では張(ちょう)貴妃が楚北捷の暗殺に失敗したことに立腹、隠れ家をもう一度探らせることにしていた。また、彼女の与える金丹を飲み続ける司馬弘(しばこう)は着実に体を蝕まれ…。

  • 第20話 離れられない心
    第20話 離れられない心

    明日が楚北捷(そほくしょう)と別れて遠方へ旅立つ日となった月夜の晩。白娉?(はくへいてい)は寒空の下、琴を弾きながら楚北捷が自分に会いに来てくれるのを待つ。そして、やっと目の前に現れた彼に、これからはずっとそばにいさせてほしいと頼む。そして、彼女の覚悟を思い知った楚北捷は、運命に逆らってでも白娉?とともに生きる道を選ぼうと決意する…。

  • 第21話 生じた迷い
    第21話 生じた迷い

    亡き晋(しん)皇后と皇子たちの法要に訪れた楚北捷(そほくしょう)は、司馬弘(しばこう)からこれまでのように信頼することはできないと告げられる。そして、彼は降格させられ、代わりに張(ちょう)尚書に軍の全権が与えられる。さらに、涼軍が迫る白蘭に援軍を送ることが決定されると、張尚書の命令により楚北捷は1万の軍で10万の涼軍に立ち向かうことになるが…。

  • 第22話 不吉な予感
    第22話 不吉な予感

    白蘭で涼軍を迎え討った楚北捷(そほくしょう)は白蘭軍も晋の援軍も現れない中、孤軍奮闘を続けていた。その頃、隠れ家にいた白娉?(はくへいてい)が刺客に襲われ、その黒幕が張(ちょう)尚書であることが発覚する。白娉?は何侠(かきょう)と涼王が手を組み張尚書と張貴妃の父娘も協力しているのであれば、楚北捷の身にも危険が及ぶと気づいて彼を助けに行く決心をして…。

  • 第23話 逆転勝利
    第23話 逆転勝利

    独りで涼軍の陣営を訪ねた白娉?(はくへいてい)は晋から10万の援軍が到着したように見せかけて涼王に軍を撤退させる。そして、楚北捷(そほくしょう)と再会を果たすと、二人だけの穏やかで幸せな夜を過ごしたのだった。一方、援軍を送らなかった耀天(ようてん)皇女は楚北捷の報復を恐れ、彼を皇宮に招いて弁明する。そして、多額の見舞金で彼をなだめようとするが…。

  • 第24話 水上での激闘
    第24話 水上での激闘

    楚北捷(そほくしょう)の勝利と白娉?(はくへいてい)の生存を知った張(ちょう)尚書と張貴妃は、自分たちの陰謀を隠蔽するため二人を殺害し、全ての罪を何侠(かきょう)に着せようと企む。その結果、晋への帰路を急ぐ楚北捷と白娉?は彼らが放った刺客に襲われることに。それを撃退した二人は河を渡る際に再びを刺客が現れると予想し、特別な仕掛けを施した船に乗り込むと…。

  • 第25話 堕ちた名声
    第25話 堕ちた名声

    楚北捷(そほくしょう)と白娉?(はくへいてい)が水賊に襲われて死んだという知らせを聞いた何侠(かきょう)は、自ら花容に出向いて事の真相を確かめることに。一方、司馬弘(しばこう)が白蘭と結託し楚北捷を謀殺したという噂を広める張(ちょう)尚書は、司馬弘から皇位を奪うべく慕容粛(ぼようしゅく)に協力を要請する。その頃、司馬弘はもはや宮女の双児(そうじ)しか自分の味方はいないと思い知らされて…。

  • 第26話 偽者現る
    第26話 偽者現る

    花容に来た何侠(かきょう)は楚北捷(そほくしょう)と白娉?(はくへいてい)が生きていると確信。また、貴(き)家の屋敷を偵察し、貴炎(きえん)が燕の武器商人・何大炮(かだいほう)と通じていることを知ると、貴家の財政状況を探ることにする。一方、晋では楚北捷が生きていたという噂が駆けめぐり、彼の蜂起軍に参加する兵士たちが募集されていた。その様子を見た白娉?は燕の関与に気づき…。

  • 第27話 謀反の結末
    第27話 謀反の結末

    燕の援軍を阻止する白娉?(はくへいてい)の作戦は成功。また、楚北捷(そほくしょう)は自分になりすました偽者の正体を暴くと軟禁された司馬弘(しばこう)を救い出す。こうして張(ちょう)父娘の謀反は失敗に終わるが、妊娠を偽装して皇后の座を狙う張貴妃は、父親に全ての罪を押しつけることで己の保身を図る。ところが、司馬弘が皇后に立てたのは張貴妃ではなく双児(そうじ)だった…。

  • 第28話 夫婦の絆
    第28話 夫婦の絆

    晋が平和を取り戻したのを見届けた楚北捷(そほくしょう)は白娉?(はくへいてい)とともに都を去ることを決心。司馬弘(しばこう)はしぶしぶ彼の隠居を認め二人の新たな旅立ちを祝福、楚北捷と白娉?は隠れ家で婚礼を挙げたのだった。一方、花容に滞在中の何侠(かきょう)は貴(き)家が軍備費を着服し燕に賄賂を渡していたことを突き止める。さらに、彼は貴炎(きえん)を利用しようと一計を案じ…。

  • 第29話 新たな疑惑
    第29話 新たな疑惑

    白蘭に帰国した耀天(ようてん)皇女は何侠(かきょう)を官職に復帰させ、軍備拡張を担当させる。これに危機感を覚えた貴(き)丞相は耀天皇女に、何侠が白娉?(はくへいてい)と共謀して敬安(けいあん)王家の復興を企んでいるのではないかと訴える。その頃、晋の国内では蚕が死んでいく怪現象が発生していた。そして、この事件を調べ始めた楚北捷(そほくしょう)と白娉?は白蘭の陰謀を疑うが…。

  • 第30話 英雄の本分
    第30話 英雄の本分

    何侠(かきょう)は養蚕ができず白蘭に流れてきた晋の難民を雇って城壁を修復し兵を増強、晋の国境に出兵する準備を整える。そんな中、絹の生産が滞り、軍の弱体化が懸念される晋では、ついに司馬弘(しばこう)が楚北捷(そほくしょう)を呼び戻そうと動き出す。一方その頃、楚北捷の子供を身ごもったとわかった白娉?(はくへいてい)はその喜びを彼と分かち合おうとしていたが…。

  • 第31話 抗えない運命
    第31話 抗えない運命

    楚北捷(そほくしょう)は司馬弘(しばこう)の要請を固辞し、白娉?(はくへいてい)との新生活のため旅立つことに。ところが、孤児たちを連れた張(ちょう)貴妃が彼らの行く手に待ち受け、晋を救うために残ってほしいと懇願する。結果、楚北捷は1ヶ月後の彼の誕生日には必ず戻ると白娉?に約束し、皇宮へ向かうことに。だが、これは楚北捷と白娉?の命を狙う巧妙な罠だった…。

  • 第32話 破られた陣法
    第32話 破られた陣法

    司馬弘(しばこう)と取引した何侠(かきょう)は白娉?(はくへいてい)のいる隠れ家に兵士たちを差し向けていた。だが、楚北捷(そほくしょう)が張(ちょう)貴妃の産んだ皇子の暗殺を企んだ容疑で処刑されるという知らせを聞くと、白娉?の命を救うため自ら彼女を迎えに行くことに。一方、楚北捷を罠にはめた張貴妃は、彼に積年の恨みをぶつけ、白娉?も何侠に殺される運命だと告げるが…。

  • 第33話 引き裂かれた縁
    第33話 引き裂かれた縁

    何侠(かきょう)から楚北捷(そほくしょう)が処刑されたと聞かされ、彼と一緒に来るよう迫られた白娉?(はくへいてい)。彼女は激しく動揺するが、事実を確かめるため2日の猶予をもらう。一方、白娉?の身を案じて脱獄した楚北捷。彼は隠れ家へと馬を走らせるが、途中で追っ手に捕まってしまう。その頃、宮中では張(ちょう)貴妃が偽の皇子を皇帝にするためある行動に出て…。

  • 第34話 約束の日
    第34話 約束の日

    司馬弘(しばこう)を暗殺するはずが彼の手の内で踊らされていたと知った張(ちょう)貴妃。憤った彼女は晋(しん)皇后も自分が殺したと暴露する。一方、白娉?(はくへいてい)は楚北捷(そほくしょう)の生死も分からぬまま彼の誕生日を迎える。この日、何侠(かきょう)がくれた2日の猶予も尽き、彼女は覚悟を決めるが、隠れ家を守る兵士たちは白娉?とお腹の子を守るため何侠と死闘を繰り広げ…。

  • 第35話 燃え上がる闘志
    第35話 燃え上がる闘志

    白娉?(はくへいてい)を手に入れた何侠(かきょう)は彼女を白蘭に連れ帰ることに。一方、白娉?は自分のために多くの兵士が命を落としたことに自責の念を感じながら、お腹の子のために生き抜こうと心に決める。そんな中、白娉?を守れなかったと後悔する楚北捷(そほくしょう)は朝廷の反対にもかかわらず、彼女を取り戻すべく30万の兵を率いて白蘭へと進軍して…。

  • 第36話 囚われの客人
    第36話 囚われの客人

    何侠(かきょう)は秘密裏に白娉?(はくへいてい)を別宅にかくまうが、妊娠が知られる前に脱出したいと考える白娉?は、わざと病気にかかったふりをして耀天(ようてん)皇女と接触を図る作戦に出る。結果、白娉?の存在を知った耀天皇女は彼女を何侠の屋敷に移して世話をする。これに貴(き)丞相は異を唱えるが、耀天皇女は白娉?を客人として白蘭に留めることに…。

  • 第37話 取り戻したい過去
    第37話 取り戻したい過去

    耀天(ようてん)皇女の宴に招かれて琴を弾いていた白娉?(はくへいてい)が突然倒れる。それを見て慌てた何侠(かきょう)は彼女を抱きかかえて部屋へと運んでいく。この光景を目の当たりにした耀天皇女は、彼の心が白娉?にあると知って涙をこぼす。しかも、何侠はその後、昏迷した白娉?の隣で一晩過ごしたのだった。そして翌朝、朝廷の会議に呼ばれた何侠は…。

  • 第38話 決死の脱出計画
    第38話 決死の脱出計画

    何侠(かきょう)が出征すると知るが、その対戦相手が楚北捷(そほくしょう)とは気づかない白娉?(はくへいてい)。彼女は何侠が屋敷の警備を強化する前に早く白蘭から脱出しなければならないと考える。同時に、自分を襲ってきた刺客を捕らえることに成功した彼女は、再び耀天(ようてん)皇女と接触を図る。その頃、楚北捷は白蘭の城壁まで迫っており、早期決戦を考えていたが…。

  • 第39話 取引の代償
    第39話 取引の代償

    白娉?(はくへいてい)は耀天(ようてん)皇女に逃走を助けてもらう代わりに敵軍を討つ戦略を授ける。ところが、耀天皇女から敵軍を率いるのは楚北捷(そほくしょう)だと告げられ大きな衝撃を受ける。同時に、生き延びて自分を救いに来てくれた夫を裏切ってしまったと、激しく自分を責める。しかも、白娉?は耀天皇女の命で側室として何侠(かきょう)に嫁がされることになり…。

  • 第40話 別れの手紙
    第40話 別れの手紙

    耀天(ようてん)皇女が白娉?(はくへいてい)の戦略を何侠(かきょう)に伝え、彼がそれを実行した結果、白蘭軍が勝利したかに見えた。ところが、何侠の裏をかいた楚北捷(そほくしょう)は退却を装い白蘭軍を待ち伏せていた。そして、楚北捷と何侠は一対一の熾烈な対決を繰り広げることに。だが、そこに耀天皇女が現れて何侠を救うと、楚北捷に白娉?から預かった文を見せて…。

  • 第41話 危険な旅路
    第41話 危険な旅路

    貴(き)丞相に耀天(ようてん)皇女を危険に晒したことを追及され杖刑を受けた何侠(かきょう)。復讐の念を新たにした彼は白蘭の実権を握るため動き出す。その頃、別れの文を残して楚北捷(そほくしょう)の元を去った白娉?(はくへいてい)は、酔菊(すいぎく)とともに陽鳳(ようほう)のいる涼へ向けて旅を続けていた。そんな彼女を必死に捜す楚北捷。さらに、貴丞相と何侠もそれぞれの思惑で彼女を追い始めていた…。

  • 第42話 追いつ追われつ
    第42話 追いつ追われつ

    追っ手をかわすために苛酷な旅を続け、体調を崩した身重の白娉?。(はくへいてい)彼女は通りがかりの阿漢(あかん)の家で酔菊(すいぎく)とつかの間の休息を取った後、白蘭と涼の国境にある山脈を越えるため先を急ぐ。一方、白娉?と酔菊の消息を得て後を追いかけた楚北捷(そほくしょう)は、何侠(かきょう)の罠にはまり二人に化けた刺客に命を狙われる。その様子を偶然目撃した白娉?は…。

  • 第43話 生死の境界
    第43話 生死の境界

    白娉?(はくへいてい)と酔菊(すいぎく)は国境の山脈で貴(き)丞相の手下に追われる。そして、逃げ延びたものの衰弱した白娉?は、自分のかんざしを酔菊に託して先に陽鳳(ようほう)を訪ねるよう頼む。ところが、酔菊は白娉?の暗殺指令を受けた且柔城の城守・番麓(はんろく)に白娉?と間違われて捕まってしまった。しかも、酔菊を気に入った番麓はひそかにある細工をして…。

  • 第44話 終わらない悲しみ
    第44話 終わらない悲しみ

    陽鳳(ようほう)と則尹(そくいん)によって白娉?(はくへいてい)の葬儀が盛大に行われる。そこにかつて白娉?とともに戦った涼の若韓(じゃくかん)、晋の楚漠然(そばくぜん)も駆けつけ、彼女を見送る。それを遠くから見守った楚北捷(そほくしょう)は、3日にわたって独り彼女の墓前でその死を悼み、嘆き悲しんだのだった。その頃、晋では司馬弘(しばこう)が自分の余命はあと2年だと知ってあることを決意して…。

  • 第45話 無情な現実
    第45話 無情な現実

    阿漢(あかん)に救われたものの10日間眠っていた白娉?(はくへいてい)。目覚めた彼女は阿漢の協力でやっと陽鳳(ようほう)の屋敷に辿り着くが、事の顛末を知ると、自分の代わりに酔菊(すいぎく)が死んだと思いこみ悲しみに暮れる。一方その頃、楚北捷(そほくしょう)は司馬弘(しばこう)の訪問を受けていた。彼は自身も皇帝の血を引いている事実を知らされ、晋の皇位を継ぐよう懇願されるが…。

  • 第46話 ささやかな幸せ
    第46話 ささやかな幸せ

    世間から姿を消したまま過去を捨てて生きる決心をした白娉?(はくへいてい)。彼女は完全に隠居することを決めた陽鳳(ようほう)、則尹(そくいん)とともに阿漢(あかん)の住む村を目指す。それから数年後、息子・長笑(ちょうしょう)を育てる白娉?は陽鳳の一家とささやかながら幸せな暮らしを送っていた。また、彼女が村人の協力を得て醸造を始めた梅酒は、町でも評判となっていて…。

  • 第47話 世を忍ぶ仮の姿
    第47話 世を忍ぶ仮の姿

    武勲を立てて白蘭で権力を増していった何侠(かきょう)は、ついに晋への侵攻を決める。その頃、則尹(そくいん)は梅酒を納品するため嬌?楼を訪問、嬌?楼がひそかに食糧や金品を大量に備蓄していることに気づく。実は嬌?楼の主人は冬定南(とうていなん)と名乗る楚北捷(そほくしょう)だった。彼は晋の亡き将軍の娘・燕十三娘(えんじゅうさんじょう)と来るべき戦乱の世に備えてある準備をしていて…。

  • 第48話 消せない面影
    第48話 消せない面影

    何侠(かきょう)が率いる30万の軍が迫るも兵の食糧もなく混乱に陥る晋。だが、匿名の寄付で窮地を救われ、司馬弘(しばこう)は胸をなでおろす。実は寄付の出どころは嬌?楼だった。一方その頃、嬌?楼では燕十三娘(えんじゅうさんじょう)が迷子になった長笑(ちょうしょう)を保護し、迎えに現れた白娉?(はくへいてい)と出会う。そして、彼女は白娉?が楚北捷(そほくしょう)の描く亡き妻の絵にそっくりだと気づいて…。

  • 第49話 思い出の味
    第49話 思い出の味

    何侠(かきょう)が貴(き)家を滅ぼすため策を弄した結果、貴炎(きえん)は戦死し、その叔父・貴常寧(きじょうねい)は処刑される。一方、嬌?楼では燕十三娘(えんじゅうさんじょう)が楚北捷(そほくしょう)の気持ちを確かめるため大胆な行動に出るが、彼が自分の愛を受け入れることはないと知って傷つく。そんな中、梅酒を飲んで白娉?(はくへいてい)の作った酒の味を思い出した楚北捷は、独りで醸造所を訪ねていくが…。

  • 第50話 立ちこめる暗雲
    第50話 立ちこめる暗雲

    何侠(かきょう)は軍備費を着服した罪で貴(き)丞相を投獄する。それを知った耀天(ようてん)皇女は何侠に貴丞相を助けてほしいと頼み、子供を身ごもったことを伝えるが、夫の冷たい態度に落胆する。一方、白蘭軍の狼藉を見て再び戦う覚悟を決めた則尹(そくいん)から後を託された白娉?(はくへいてい)。彼女は陽鳳(ようほう)と子供たちを連れ、追ってくる白蘭の兵から必死に逃走するが…。

  • 第51話 涙の向こうに
    第51話 涙の向こうに

    白蘭の兵と戦う楚北捷(そほくしょう)の姿を目撃した白娉?(はくへいてい)は驚きを隠せない。彼女は楚北捷が彼をかばって傷を負った燕十三娘(えんじゅうさんじょう)を抱えて去っていく姿を涙で見送る。その後、何侠(かきょう)と対決した則尹(そくいん)が戦死したと聞いた陽鳳が(ようほう)床に臥せ、白娉?は遠くに住む名医を訪ねる。実は彼は酔菊(すいぎく)の師匠・霍太医(かくたいい)。彼女は気難しい彼になんとか往診を頼んで…。

  • 第52話 勝負の裏側
    第52話 勝負の裏側

    戦争の混乱の中で薬を手に入れられる場所は嬌?楼しかないと、男装してやってきた白娉?(はくへいてい)。燕十三娘(えんじゅうさんじょう)と賭けをした彼女は盤面を見ずに口頭で囲碁の勝負をすることになる。そこで、燕十三娘は各自部屋から出ないという決まりを設け、白娉?と楚北捷(そほくしょう)を対戦させる。すると、勝負が進むにつれ二人とも対戦相手の正体が気になって…。

  • 第53話 めぐり逢う宿命
    第53話 めぐり逢う宿命

    何侠(かきょう)が晋の都を制圧する中、司馬弘(しばこう)は皇宮を脱出して逃避行を開始。その頃、何侠と戦うため仲間とともに出陣する決意を固めた楚北捷(そほくしょう)は、嬌?楼を燕十三娘(えんじゅうさんじょう)に託して出発する。一方、燕十三娘からの文を読んだ白娉?(はくへいてい)は、自分が埋葬されていることになっている墓へと向かう。そこでついに彼女は楚北捷と3年ぶりの再会を果たし…。

  • 第54話 二人の再出発
    第54話 二人の再出発

    楚北捷(そほくしょう)に付き添われて帰宅した白娉?(はくへいてい)は、陽鳳(ようほう)と子供たちが燕十三娘(えんじゅうさんじょう)とともに一足先に旅立ったことを知る。そして、楚北捷に息子・長笑(ちょうしょう)の存在を明かした白娉?は、彼と変わらぬ愛を確かめ合う。翌朝、もう離れないと誓った二人は何侠(かきょう)の軍を食い止めるため一緒に出立、孤立無援の戦いを強いられている若韓(じゃくかん)の軍営を訪れて…。

  • 第55話 天下制覇の野望
    第55話 天下制覇の野望

    逃避行を続ける司馬弘(しばこう)は助けに現れた楚漠然(そばくぜん)から、楚北捷(そほくしょう)が出陣したと知らされて安堵する。一方、白蘭に凱旋した何侠(かきょう)は英雄として迎えられるが、耀天(ようてん)皇女からは王にはならないと誓ってほしいと懇願される。だが、それを拒絶した何侠は摂政(せっしょう)王を名乗り、反対派を粛清して白蘭の実権を握る。さらに、彼は司馬弘の殺害を企てて…。

  • 第56話 夫婦の杯
    第56話 夫婦の杯

    白娉?(はくへいてい)に皇位を継げるのは楚北捷(そほくしょう)しかいない、彼と一緒に晋を救ってほしいと告げた司馬弘(しばこう)。彼は楚北捷が新しい皇帝となる詔を受け取ったのを確かめると静かに息を引き取る。その頃、白蘭では耀天(ようてん)皇女が何侠を自分の誕生日の宴に招いていた。そこで、自分が差し出した酒を飲まない何侠(かきょう)を見た彼女は自らその杯を口にすると…。

  • 第57話 家族の団欒
    第57話 家族の団欒

    何侠(かきょう)は晋の皇位を楚北捷(そほくしょう)が継承したと知ると、先に燕に対する復讐を遂げようと考える。一方、白娉?(はくへいてい)と楚北捷は晋と涼が連合しても正攻法では白蘭の大軍に勝てないと考え対策を練っていた。同時に、陽鳳(ようほう)と子供たち、霍太医(かくたいい)と合流し、皆で再会を喜び合う。そんな中、楚北捷は息子の長笑(ちょうしょう)に父親と認めてもらおうと奮闘を始めて…。

  • 第58話 復讐の果て
    第58話 復讐の果て

    何侠(かきょう)の大軍に攻め込まれ、なすすべもなかった慕容粛(ぼようしゅく)は降伏を決める。そして、何侠に妻子の命乞いをするが、何侠は彼と皇后に自らの手で止めを刺したのだった。さらに、一族を皆殺しにすることで敬安(けいあん)王家の復讐を果たした何侠。この暴虐を伝え聞いた白娉?(はくへいてい)は故郷の悲劇に胸を痛め、何侠はすでに昔の彼ではないと痛感する…。

  • 第59話 形勢逆転の秘策
    第59話 形勢逆転の秘策

    白蘭軍の物資供給の拠点である且柔城を混乱に陥れる白娉?(はくへいてい)の作戦は功を奏す。そこで、白娉?と楚北捷(そほくしょう)は何侠(かきょう)と敵対する城守の番麓(はんろく)を訪ねることに。すると、すんなり彼の協力が取り付けられたうえ、死んだと思っていた酔菊(すいぎく)にも再会することができる。その後、白蘭軍を内部から分裂させるため着々と作戦を実行に移した二人は…。

  • 第60話 使命を胸に
    第60話 使命を胸に

    白蘭の主力軍を率いる将軍・祁田(きでん)をひそかに訪ねた楚北捷(そほくしょう)は、何侠(かきょう)の暴虐を止めるため手を組もうと提案。彼から明確な答えは得られなかったが、偶然囚われの身となっていた則尹(そくいん)を発見することができる。結果、陽鳳(ようほう)は夫と涙の再会を果たすが、則尹はすぐにまた戦場へ。一方、何侠が率いる30万の軍は徐々に且柔城へと迫り…。

  • 第61話 最後の砦
    第61話 最後の砦

    楚北捷(そほくしょう)を説得してわずかな兵と且柔城に残った白娉?(はくへいてい)。彼女は琴を弾いて城壁に迫った何侠(かきょう)の軍を出迎え、中秋節の3日間、城を持ちこたえるため時間稼ぎをする。だが、3日目には何侠が且柔城に攻め入ろうと動き出す。すると、白蘭軍の後方に回っていた楚北捷が攻撃を開始。さらに番麓(はんろく)、楚漠然(そばくぜん)、則尹(そくいん)の軍も一気に合流して…。

  • 第62話 最終決戦
    第62話 最終決戦

    駆けつけた祁田(きでん)の軍が何侠(かきょう)の敵に回り、何侠は思わぬ窮地に立たされる。しかし、彼はすぐに標的を白娉?(はくへいてい)に変えて且柔城に攻め入る。その結果、城壁の内と外で熾烈な戦闘が展開。燕十三娘(えんじゅうさんじょう)の助太刀を得るも何侠に命を狙われた白娉?は死を覚悟する。だが、楚北捷(そほくしょう)の剣が間一髪で彼女を救うと、宿敵二人の最後の対決が始まる…。

ページトップへ