お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

イナズマイレブン オリオンの刻印  第1話 世界への門

この作品もオススメ

イナズマイレブン オリオンの刻印
イナズマイレブン オリオンの刻印 (配信数25話)
世界を驚かす覚悟はできたか。イナズマジャパン、ここに始動。

少年サッカー日本代表「イナズマジャパン」のメンバーが、ついに発表された!

その中には、少年サッカー日本一を決める大会FF(フットボールフロンティア)の優勝校である雷門中の稲森明日人、灰崎凌兵、ともに優勝を争った王帝月ノ宮中の野坂悠馬らの名前もあった。各校から選び抜かれた精鋭選手が集結するなか、さらに海外のクラブチームでプレイ経験のある新たな仲間「一星充」が招集され、イナズマジャパンは世界の荒波へと船出しようとしていた。

しかし、その先では予想をはるかに超える試練が待っていた。謎のプレイヤー“オリオンの使徒”の存在、策略、裏切り、衝突--。いったいこの大会は、誰のためのものなのか……。様々な思惑が渦巻く少年サッカー世界大会FFI(フットボールフロンティア・インターナショナル)が、今まさに始まる!!

「世界への門」が開かれた先で、イナズマジャパンのメンバーを待つものとは!?どんな熱い戦いが、彼らに待っているのか!?

日本(にっぽん)よ! 世界へ羽ばたけ!
■キャスト
稲森明日人:村瀬 歩
灰崎凌兵:神谷浩史
野坂悠馬:福山 潤
円堂守:竹内順子
豪炎寺修也:野島裕史
鬼道有人:吉野裕行
一星充:大町知広
吉良ヒロト:増田俊樹
剛陣鉄之助:武内駿輔
氷浦貴利名:斉藤壮馬
基山タツ:水島大宙
不動明王:梶 裕貴
風丸一郎太:西墻由香
万作雄一郎:櫻井孝宏
吹雪士郎:宮野真守
坂野上昇:高橋李依
岩戸高志:三宅健太
西蔭政也:鈴村健一
砂木沼治:疋田高志
趙金雲:中村悠一
■スタッフ
総監督/原案・シリーズ構成 :日野晃博
原作 :レベルファイブ
連載 :月刊コロコロコミック
チーフディレクター :かまくらゆみ
キャラクターデザイン原案 :長野拓造
アートコンセプト :荒川政子
キャラクターデザイン :池田裕治・中野繭子・井ノ上ユウ子
音響監督 :三好慶一郎・原口 昇
音楽 :光田康典
アニメーション制作 :オー・エル・エム
©LEVEL-5/FCイナズマイレブン・テレビ東京

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 世界への門
    第1話 世界への門

    フットボールフロンティアの決勝戦から1ヶ月後、ついに少年サッカー日本代表「イナズマジャパン」のメンバーが発表される日となった。フットボールフロンティアスタジアムでは、緊迫の代表選手発表イベント『世界への門』フェスティバルが開催され、スタジアムに集められた代表候補の選手たちは、いまかいまかとその時を待っていた。大歓声が響き渡る中、次々と代表選手が発表される。そこへ新たな仲間として海外での活躍が認められ、招集された選手がいた。「一星充」という名のミッドフィルダー。彼はいったいどんな選手なのか!?

  • 第2話 失われた最終兵器
    第2話 失われた最終兵器

    アジア予選は日本で行われることが決まった! 日本のサポーターも大興奮の中、アジア予選の第一試合が始まる。イナズマジャパンの対戦相手は韓国代表の『レッドバイソン』。その名の通り『赤い突撃獣』との異名を持つ彼らは、強力な突破力が売りのチームだった。対するイナズマジャパンはキャプテンの円堂守を中心に、善戦を繰り広げていた。そんな中、明日人や氷浦らは試合を通じて試合前日の晩にキャンプ地の河口湖のほとりで、突然サッカー勝負を挑んできた「無敵ヶ原富士丸」のことを思い出していた。

  • 第3話 刻印を持つ者
    第3話 刻印を持つ者

    趙金雲の話す「オリオンの使徒」とは一体何者なのか。謎が深まる中、アジア予選第一試合、対韓国代表との試合は後半戦へ。韓国チームのエースのペク・シウは、日本のキーマンが豪炎寺だと判断し狙いを定める。 チーム内に不安が漂う中、趙金雲は豪炎寺に代わりヒロトを投入する。灰崎とヒロトによるツートップとなったイナズマジャパン!! だが、並び立った「ゴッドストライカー」と「フィールドの悪魔」、まさしく神と悪魔であり、両者は相容れない存在のようで……。

  • 第4話 笑う一星
    第4話 笑う一星

    韓国との試合を通じて、何か違和感を感じたと話す鬼道と豪炎寺。「この大会には何かあると思う」と豪炎寺は言うが……果たしてFFIには何が隠されているのだろうか。一方その頃、明日人を含む5人のメンバーが趙金雲から買い物に行くよう指示されていた。その帰り道、謎に包まれた少年「無敵ヶ原富士丸」と再会する。驚異的な身体能力で日本代表の選手を圧倒する彼に迫る一同だが、果たして暴くことができるのか!?そんな中、氷浦が名探偵として動き出す!!

  • 第5話 トロイの木馬
    第5話 トロイの木馬

    アジア予選第2試合、イナズマジャパン対オーストラリア戦。豪炎寺に続き、円堂にまで危険がおよび、一星をさらに疑う鬼道。しかし、決定的な証拠は見つからないまま、前半戦がスタート。ドリブルで切り込んでいく明日人の前にオーストラリアのフォワード、サルとアスが立ちはだかる。フェイントをよけようとした瞬間! 明日人の足元からボールが消えた!! いったい何が起きたのか!? 一方、イナズマジャパンのベンチには海外から戻ったある人物の姿があった。

  • 第6話 鬼道の反撃
    第6話 鬼道の反撃

    一星が、日本を負けさせたい何者かが送り込んだ『トロイの木馬』であることに気づいた鬼道。これ以上一星の悪行を放ってはおけないと、試合中に彼を排除することを宣言する。鬼道は灰崎とヒロトに声をかけ、一星を潰しにかかるのだった。しかし、正々堂々とプレイしたい明日人は、3人の様子を見ても何が起こっているのか理解できないでいた。一方、試合が荒れていく中で、オーストラリア側は新たな選手を投入する。いまだオーストラリアのシュートの攻略に苦戦するイナズマジャパンだが、果たして勝機はあるのだろうか。

  • 第7話 仕組まれた罠
    第7話 仕組まれた罠

    後半戦、鬼道たちによる一星排除が進んでいた。ボロボロになっていく一星の姿を見て、明日人は「こんなのはサッカーじゃない!」と鬼道たちに反論する。一星への疑惑がさらに深まる中、試合は円堂が相手チームの必殺技を止められるかどうかにかかっていた。オーストラリアを追いかける日本は、なんとか攻略の糸口を見つけることができるのだろうか!? 試合後、ロッカールームでひと時を過ごしていたイナズマジャパンに思いもよらない出来事が起こり、明日人は何が正しいのかわからなくなっていくのだった。

  • 第8話 イナズマジャパン最大の危機
    第8話 イナズマジャパン最大の危機

    次の試合相手は無限の体力『エターナルダンサーズ』とも言われるウズベキスタン。底知れないスタミナが武器のチームだ。彼らに対抗するため、趙金雲監督による特訓がスタート! そんな中、豪炎寺、鬼道に続き、一星はチームの柱である円堂を排除することを考えていた。罠にはまってしまい試合に出場できなくなった円堂にかわりフィールドに立った西蔭がゴールを守ることとなった。イナズマジャパンに危機が迫る中、ある人物がゆっくりと姿を現す。

  • 第9話 皇帝の帰還
    第9話 皇帝の帰還

    次の試合相手は無限の体力『エターナルダンサーズ』とも言われるウズベキスタン。底知れないスタミナが武器のチームだ。彼らに対抗するため、趙金雲監督による特訓がスタート! そんな中、豪炎寺、鬼道に続き、一星はチームの柱である円堂を排除することを考えていた。罠にはまってしまい試合に出場できなくなった円堂にかわりフィールドに立った西蔭がゴールを守ることとなった。イナズマジャパンに危機が迫る中、ある人物がゆっくりと姿を現す。

  • 第10話 皇帝の逆襲
    第10話 皇帝の逆襲

    必殺タクティクスにより大ダメージを受けたウズベキスタン。イナズマジャパンは「戦術の皇帝」の加入により、チーム全体の力が引き上がった。試合後、大会への疑念が頂点に達していたイナズマジャパンのメンバーに、趙金雲の口から大会の真実が明かされる。それは、FFIの試合には悪い大人の事情が絡んでおり、一星もそれに関わっているというものだった。それを知った灰崎たちは彼をチームから外すよう言うが、円堂がそれを止める。実は、円堂はサッカー記者の紀村から一星の過去を聞かされていたのだ。

  • 第11話 皇帝のシナリオ
    第11話 皇帝のシナリオ

    弟・光の命を救うためオリオン財団の指示に従ってきたが、心の限界を感じ始めた一星。そんな中、サウジアラビア戦へ向け、新たな特訓がスタートする。野坂の作戦を知り、一星は次のターゲットを風丸と吹雪に狙いをさだめる。そこへオリオン財団から、光の手術の日取りが決まったと一星に連絡が入った。だが手術を受けるには、FFIアジア予選で、日本代表を敗退させることが条件…。同時に、イナズマジャパンを潰すための新たな指令が下されるが、それはこれまで以上に危険なものだった。オリオン財団のやり方に反発を覚えながらも、もう失敗は許されないと完全に追い詰められた一星は、実行しなければと葛藤する。

  • 第12話 一星、最後の選択
    第12話 一星、最後の選択

    吹雪、風丸の退場をものともせず、これまで以上の戦いを見せるイナズマジャパン。ただひとり、一星だけは焦燥感に満ちていた。明日人は「思いっきりサッカーやろうぜ!」と、 自分の気持ちを託したパスを出し、一星にシュートを打たせるが……! 一方、一星の脳裏では弟・光との幼い頃の思い出がフラッシュバックし、自分が本当にやりたいサッカーがわからなくなっていた。そんな迷い苦しむ一星に対して、野坂が意外な行動に出る。自分自身を裏切り、汚いサッカーを続けるのか。それとも、本当のサッカーを追い求めていくのか、彼自身のシナリオを選ばせるために。それは…。

  • 第13話 ジャパン、新たな輝き
    第13話 ジャパン、新たな輝き

    ハーフタイム中、風丸と吹雪のアクシデントが野坂の計画の一部だったことを知らされる一星。それでも誰かを傷つけようとしたことを悔やむ姿に、野坂や明日人たちが救いの手を差し伸べる。しかし、一星の様子に突如異変が起き始めた。それは、彼にまつわる重大な秘密が関係していた。一星を助ける方法は、彼が背負ってしまった過去を越える「強い思い」、大好きなサッカーに向ける情熱だと趙金雲は語る。それを聞き、円堂や明日人をはじめとするイナズマジャパンが立ち上がった! 彼らは一星を助けることができるのだろうか!?

  • 第14話 キラキラ☆サッカーボーイ
    第14話 キラキラ☆サッカーボーイ

    月刊ワールドサッカーの取材を受けることになった明日人、野坂、灰崎の3人。インタビューを通して3人の一面を掘り下げたいと意気込む記者の紀村からは「今だから言える! 印象に残った○○ベスト3」という質問される。しかし、その内容は予想だにしないものだった。最初にインタビューを受けた灰崎に与えられた質問は『印象に残ったクマゾウベスト3』。サッカーとは関係のない質問に戸惑う灰崎。明日人や野坂にも同様の質問が続くのだった。一筋縄ではいかないこの取材を明日人たちはどう切り抜けるのだろうか…!?

  • 第15話 趙金雲の弟子
    第15話 趙金雲の弟子

    中国戦間近に、李子文がのっぴきならない家庭の事情で代表キャンプから離れることに。
    そんな彼に氷浦は「再起不能にしてやるんじゃなかったっけ?」と意味深な言葉を発する。驚くイナズマジャパンを前に、謎めいていた李子文の正体、さらには彼の過去も明らかとなる。6年前、彼は路地裏で生活していたところを趙金雲と出会い、最初は反抗するもののサッカーとまっすぐに向き合って生きることの素晴らしさを学び、どこまでも着いていくと誓った。2人の本当の目的は、「サッカーを開放すること」だったのだ―

  • 第16話 俺はチームの中に
    第16話 俺はチームの中に

    これまでとは打って変わって何事にも一生懸命で張り切る様子を見せていた一星だが、そんな彼の姿を岩戸は「ハリキリすぎだと思わないでゴス?」と心配していた。明日人はある日、一星を連れて河童がいるかもしれないという「甲羅谷大滝」へ行くことに。最初は自由奔放な明日人に押され気味の一星だったが、次第に笑顔になってゆく。しかし甲羅谷大滝に着いたところで天候が悪化してしまい、明日人と一星は帰ることができなくなってしまった。果たして2人は、無事みんなのもとに戻ることができるのか!?

  • 第17話 驚愕のトリプルキーパー
    第17話 驚愕のトリプルキーパー

    ついに始まる中国との決勝戦。趙金雲監督が急病のため、久遠コーチが監督代理を務めることに。一方、中国ベンチには見覚えのある仮面をかぶったある人物がコーチとして身を置いていた。チョウ・キントウンと名乗る彼は「中国代表があなたたちを踏み台にして世界に行きますよ」と挑発し、イナズマジャパンは闘志に火が付くのであった。
    そして試合開始!最初から勢いに乗る中国代表は、すぐさま円堂の風神雷神ゴーストの弱点をつく。そこで久遠監督代理は、ふたりの選手を交代するという賭けに出る。初めはうまく噛み合わなかったが……!?

  • 第18話 剛陣、フィールドに立つ
    第18話 剛陣、フィールドに立つ

    新必殺技で相手のゴールを止めることができるようになったものの、試合は、中国が先制したまま膠着状態が続いていた。日本代表はゴールを奪うことができずにいたのだ。しかし、後半に入ってジャパンベンチに動きが!ついに秘密兵器、剛陣が投入される…!突然の交代に驚くイナズマジャパン。そして、出番を心待ちにしていた剛陣の気合いは半端なかった。実は剛陣は自分に足りないものを補うために、なんと富士山に登って特訓をしていたのだ。そこでは新たな出会いもあり…。成長した剛陣がつかんだものとは一体…!?

  • 第19話 目指せ、大舞台!
    第19話 目指せ、大舞台!

    中国との運命の決勝戦は残り10分。全員で日本ゴールに迫る中国イレブンに対し、ゴールを守る円堂は全力で攻撃をしのいでいた。ゴールを目指そうとするも、中国イレブンが次々と立ちはだかり、見慣れないプレイに惑わされるイナズマジャパン。中華の星になることを改めて誓ったリ・ハオたちに、日本は全力で抑え込まれるのだった。試合時間も残り5分と少なくなったそのとき、一星から「情報収集完了です」との声が。野坂と一星による逆転の秘策が、ついにここでくり出される!?両者限界を超えてぶつかり合った末、本戦の切符を手にするのは果たしてどちらなのか!

  • 第20話 新たなる旅立ちの宴
    第20話 新たなる旅立ちの宴

    中国戦を終え、再びチームに戻ってきた趙金雲と李子文。驚くイナズマジャパンのメンバーの前に、さらに豪炎寺と鬼道も姿を現す。2人の登場に喜ぶイナズマジャパンだったが、一星はひとり思い詰めた顔をしていた。過去に鬼道を罠にかけたことを思い出す彼に対して、鬼道がとった行動とは…。
    そして、一同は世界サッカー協会が用意した壮行会に招待されることに。ドレスアップしたイナズマジャパンがパーティーを楽しむ中、FFI世界大会の組み合わせが発表される。初戦の対戦国はスペインだと告げられ、意気込む円堂たちの前に現れたのはスペイン代表のクラリオとオリオン財団の新条琢磨だった。

  • 第21話 大海に想いを馳せて
    第21話 大海に想いを馳せて

    FFI開催地ロシアへの出発までの2日間、イナズマジャパンのメンバーは全員渡航準備のため、一度それぞれの学校に戻ることとなった。明日人たちも久しぶりに雷門中に戻り、懐かしいメンバーと再会。さらに、コーチの亀田からサプライズとして家族とのパーティーが用意されていた。皆が楽しそうにしている中、その様子を少し寂しげに見ていた明日人は、一人トキオサンシャインタワーへ行き、亡き母からの手紙や、どこかで生きているはずの父親に思いを巡らせる。すると、明日人の前に一人の人物が現れるのだった…。

  • 第22話 ビバ!世界上空!
    第22話 ビバ!世界上空!

    いよいよFFIが開催されるロシアに旅立つイナズマジャパン。初めての飛行機に喜ぶ明日人や氷浦、震えるヒロトを心配するタツヤなど……メンバーは機内での時間を思い思いに過ごしていた。そしてロシアに到着!空港では、偶然にも対戦国であるスペイン代表、アメリカ代表と一堂に会し、なんとアメリカ代表には、過去に円堂たちと共に雷門で戦っていた一之瀬や土門の姿もあった。円堂たちが再会を喜ぶ中、さらにロシア代表が現れる。オリオン財団の本拠地であるロシアのチームに警戒するイナズマジャパンだったが、ロシアのキャプテンであるフロイから衝撃の一言が…。

  • 第23話 世界の壁
    第23話 世界の壁

    カザニ国際空港に到着したイナズマジャパンは、送迎のバスを待っていた。その間、明日人は円堂から、旧雷門中が国家友好親善試合としてスペインのチーム「バルセロナ・オーブ」と戦った時の話を聞くことに。豪炎寺のファイアトルネードが止められ、円堂さえ一歩も動けずゴールを奪われて、試合終了まで翻弄され続けたという壮絶な試合の様子が語られるのだった。そして、試合後に現れた少年サッカー協会の轟伝次郎は、旧雷門のイレブンに、サッカー強化委員として全国に飛び、日本全体のレベルを押し上げてほしいと使命を託す。世界への挑戦は、ここから始まった。

  • 第24話 ロシアを歩こう
    第24話 ロシアを歩こう

    ガイドのスコーリオを加え、カザニの街を観光することになったイナズマジャパン。ロシアの街並みに驚きと興奮が冷めやらず、各々が世界大会の前のひとときを楽しんでした。そんな中、ひとり上の空の様子で離れた場所にいた一星の元に、ロシア代表のキャプテンであり、昔からの友人のフロイが現れる。オリオンを背いたことを知っていたフロイに身構える一星だったが、彼の口から出てきたのは意外な言葉だった。そしてその夜、いよいよスペイン戦に向けた特訓を始めようとしたところで、趙金雲監督から新たな仲間が加わることを告げられる。その人物とは一体…?

  • 第25話 立ちはだかる巨神
    第25話 立ちはだかる巨神

    ついに、浅からぬ因縁を持つスペインとの試合が始まった。試合開始から全力で挑んでくるスペイン代表は、開始早々クラリオの強烈なシュートを放つ!過去に、クラリオのシュートを全く止められなかった円堂は、この時を待っていたと応戦するのだった。実は、「ダイヤモンドレイ」に対抗する必殺技の特訓をしていたという…。果たして、円堂は特訓の成果を出し、クラリオを止めることができるのか!?一方、灰崎とアツヤ、明日人もゴールを決めるべく攻め込んでいた。しかし、スペインの守りは堅く、ゴールが奪えない状況が続く。そんな時、突破口を開くため、ある人物が動きを見せるのだった。

ページトップへ