お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

亜空大作戦スラングル  #001 その名はゴリラ(PART-1)

この作品もオススメ

亜空大作戦スラングル
亜空大作戦スラングル (配信数20話)
ゴリラ!ゴリラ!ゴリラ!

二連星バクサスα・βの間に存在する可住空間「亜空」。その中心にある、人工都市・ギャラクタウンには、悪の総合企業体・クライムが暗躍していた。このクライムに対抗するため、結成された非合法防衛チーム「ゴリラ」は、各人の専用メカと、大型変形トレッカー「スラングル」を駆り、さまざまな任務を遂行していく。

■キャスト
ジェット:古谷 徹
キャプテン・チャンス:野島昭生
セクシィ:平野 文
スーパースター:鈴置洋孝
ベビーフェイス:西尾 徳
マジシャン:増岡 弘
ドク・マンディ:小林清志
ドロシー/教授:小金沢篤子
アイドール:頓宮恭子
フォルクレーザー:渡部 猛
 
■スタッフ
脚本:山本優
作画監督:高橋朝雄
絵コンテ・演出:宮崎一哉
©国際映画社・つぼたしげお

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • #001 その名はゴリラ(PART-1)
    #001 その名はゴリラ(PART-1)

    ギャラクポリス特別機動局長官ドク・マンディは特殊チーム「ゴリラ」の結成を立案、そのメンバーを選考した。その最終テストとして、脱獄不可能と言われるギャラクタウン特殊刑務所から脱獄することをメンバーに課した。そしてコードネーム「キャプテン・チャンス」が囚人として送り込まれた。

  • #002 その名はゴリラ(PART-2)
    #002 その名はゴリラ(PART-2)

    脱獄に成功した”ゴリラ”はスラングルなどの4機のトレッカービーグルに分乗しギャラクタウンをポリスに追われながら逃げていく。しかし彼らは重力地獄のキャパシティゾーンに入っていった。果たして彼らは、「脱獄オペレーション」を成功させることができるのか!?

  • #003 クライムの牙
    #003 クライムの牙

    ギャラクスペース連邦大統領の選挙の結果がまもなく出ようとしていた。当選確実な候補・アボストは影の凶悪犯罪組織“クライム”の手先だった。その暴走の歯止めになる下部組織の人事がクライムの手で変更されている可能性があるとの情報を得たゴリラはシステムバンクに潜入する!

  • #004 悪夢のハイジャック!
    #004 悪夢のハイジャック!

    オラソーランド発のエアロプライド1052便がハイジャックされた。主犯の男はサムソン・マージと名乗り、パルマスへ向かい、連続企業爆破事件の犯人ら6人の仲間を釈放することを要求した。その6人がクライム企業システムの末端組織の戦闘員と知ったゴリラはただちに出動する。

  • #005 G線上のゴリラ
    #005 G線上のゴリラ

    クラスターランドベースの通信が2回途切れるという出来事があった。ゴリラのコンピュータ“教授”はそれが事件性があると結論を出した。チャンスは偵察にジェットとスーパースターを出すことにした。その日は資源をつんだ特殊タンカーが集まる日という情報を得たチャンスはクライムの陰謀を予感したのだが・・・。

  • #006 イプシロンの危機(クライシス)
    #006 イプシロンの危機(クライシス)

    ランドベースイプシロンはギャラクタウンの引力圏に近い小規模なエネルギー基地だが、クライムの偵察機が度々現われている。不審に思ったマンディはチャンスにデータを送る。そのころ、クライムのものと思われる巨大なエネルギー輸送トレッカータンカーが現われる。チャンスはゴリラの出動を決める。

  • #007 迷宮の要塞
    #007 迷宮の要塞

    ブロントロス自治区とルリオン州との境にある要塞がクライムに占拠された。狙いはルリオン州政府の要人の乗ったトレッカークラフトを大型ビームで狙撃することだった。この事実をつかんだマンディはゴリラの出動を依頼してきた。しかし、この要塞は外からは難攻不落な上、内部は特殊プログラムデータがないと侵入できない複雑な迷路になっているのだ!

  • #008 対決! 黒い稲妻(PART-1)
    #008 対決! 黒い稲妻(PART-1)

    100年に一人現われるか否かという天才的核燃料の権威・ジャストロウ博士がクライムに襲われた。博士は孫娘を連れランドベースM-13に逃げた。一方、ジェットが銃の改良をたのんでいた鉄砲店を“黒い稲妻”ことバウド率いるクライムバトラーが襲い、ジェットの銃を奪った。出動要請を受けたジェットたちゴリラとバウドの双方がM-13に向かう!

  • #009 対決! 黒い稲妻(PART-2)
    #009 対決! 黒い稲妻(PART-2)

    ジャストロウ博士を誘拐することで、クライムのメンバーとしてより高い地位を狙うバウドはM-13ランドベースに上陸した。博士の隠れる小屋に向かう途上、保護されている宇宙獣の虐殺をするバウド。一方クライムの司令官フォルクレーザーは博士を連邦に渡すくらいなら殺してしまえと提案する。

  • #010 魔のメビウスサーキット
    #010 魔のメビウスサーキット

    メビウスリングサーキットレースが開催される。優勝候補はゼネラルビーグル社製のスターウイングに載る女性ドライバー・ルイズ。しかし、このレースを妨害するクライムの魔の手が伸びていた。ルイズの護衛と、クライムのテロを防ぐためゴリラは出動する!

  • #011 Dr.マンディ絶対絶命?!
    #011 Dr.マンディ絶対絶命?!

    ギャラクポリス特殊機動局が時期主力トレッカーを決めることになり、長官のマンディが各社を視察することになった。クライムは傘下の製造会社のトレッカーを採用するよう画策する。マンディを捕らえ、洗脳しようというのだ。特別護衛にあたることになったゴリラはマンディを守りきれるか!?

  • #012 恐怖の逆噴射ビル
    #012 恐怖の逆噴射ビル

    クライムの一味と思われるカイザー・カンパニーから潜入していたGメンのマイケルが重要書類を盗み出した。カイザーたちは彼を追い詰め殺害するが、彼の持ち物からは銀行の貸し金庫のゲートカードしか出てこなかった。貸し金庫をひとつひとつこじ開けるカイザーカンパニーだったが、そのウイズ銀行のM13ビルには恐ろしい仕掛けがあった。

  • #013 マキシマム・デストロイヤー
    #013 マキシマム・デストロイヤー

    鉱山都市ドウルは核融合炉内壁に不可欠な金属・ドウルチウムの採掘で繁栄していた。その鉱山を独占するドウル採鉱株式会社には行方不明になった鉱山技師をサイボーグ化し、使っているという噂があった。一方採掘現場ではマキシマム・デストロイヤーという巨大採掘用ビーグルが稼働するのだが…。

  • #014 ロシアンルーレットの罠
    #014 ロシアンルーレットの罠

    ランドベース・タキオムの周辺で重力ポケット現象が起こり、タキオムはキャパシティゾーンに向かって落下し始めた。連邦は6つのブースターをタキオムに設置し、その推進力で落下を止めようとした。ところがクライムはブースターの一つの内部に爆弾をしかけた。その除去にゴリラチームが出動するが・・・。

  • #015 電子世界(ガービッツシステム)からの脱出
    #015 電子世界(ガービッツシステム)からの脱出

    クライムの上層部では、作戦失敗の影に、ギャラクポリス以外に何者かが存在する疑いをもった。そこで、ジェネシス社が開発しハットフィールド島に設置したガービッツシステムを罠にし、その謎のチームの力量を調べることにした。そのおとりにするためドク・マンディの秘書で、チャンスのフィアンセであるドロシーを誘拐する!

  • #016 黒鷲の秘密
    #016 黒鷲の秘密

    輸送トレッカーが襲われ、9000億クレジットの美術品が強奪された。犯人と目されるのはクライムのヘッドパーティのメンバーであるシュタイナー。彼は美術収集家であると同時に黒鷲部隊のリーダーでもあるのだ。彼の城で盗まれた美術品のオークションが開かれるとの情報を得、スーパースターとセクシィは貴族に扮し、潜入する!

  • #017 謎のウーマンズ・ランド
    #017 謎のウーマンズ・ランド

    一流企業の機密強奪事件が続発した。そして、そっくり同じ顔の犯人が同時刻に別の場所の監視カメラに映っていた。これは非合法のクローン人間の製造をクライムが行っているのではないかとの疑いを持ったゴリラは出動した。ところが、その一味の基地があるとされるランドベース"ライレーン″は女だけの独立国家だったのだ。

  • #018 鋼鉄巨人の復活
    #018 鋼鉄巨人の復活

    ランドベース"シンバライン″の夕映えの谷ではイイノ博士を中心に古代文明ウスグスの遺跡発掘が行われていた。そして巨人を無傷で発掘することができた。ところが、何者かがその巨人を盗み出した。そして、巨人は工業地帯で暴れ始めた。クライムの仕業と見たゴリラは出動するが・・・。

  • #019 怪物たちの夜
    #019 怪物たちの夜

    クライム傘下のエハックス社は自分たちの持ち船に金持ちたちを集め、遺伝子操作によって作り出した怪物にプロレスまがいの戦いをさせて、賭け事をし、金を稼いでいた。クライムの生物兵器研究と資金面の両面で貢献していたのだ。この怪物つくりには遺伝子学の権威・ウエストモア博士が関係していると知ったゴリラは博士を救うために潜入する。

  • #020 怒りの悪魔島(デビルスランド)
    #020 怒りの悪魔島(デビルスランド)

    あるランドベースでクライムの秘密部隊同士の戦闘があった。実はクライムアーミーの実力を測るため任意に選んだ部隊を秘密警察"ヘルメッセンジャー″が攻撃、壊滅させたのだった。それを知る由もないゴリラは現場に出動し、付近のランドベースに偵察に出た。ジェットはF-105に向かう。そこは彼が訓練生時代に所属した養成校があるのだった。

ページトップへ