お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

まほらば~Heartful days  第1話 ようこそ鳴滝荘へ

この作品もオススメ

まほらば~Heartful days
まほらば~Heartful days (配信数8話)
ほんわかでぬくぬくなサプリメントアニメ

絵本作家を目指す白鳥隆士は東京にあるアパート「鳴滝荘」に住むことになった。管理人をしているのは、隆士のはとこにあたる高校2年生の蒼葉梢。そして、鳴滝荘の住人達はみな個性的で、強者揃い。1号室には梢の大親友、茶ノ畑珠実。3号室にはマイペースなお姉さん、桃乃恵。5号室には母親の黒崎沙夜子と中学2年生の娘の黒崎朝美。
そして、6号室には腕人形のジョニーと住む(!?)灰原由起夫がそれぞれ暮らしている。
しかし、本当の強者は実は梢だった。彼女は何かでショックを受けると別のキャラに「変身」してしまう秘密の持ち主。そんなこととは露知らず夢を実現させるために鳴滝荘にやってきた隆士。いったいどんな生活が、彼の今後に待ち受けているのだろうか?
 

■キャスト
蒼葉 梢:新井里美
白鳥 隆士:白石涼子
桃乃 恵:浅野真澄
茶ノ畑 珠実:堀江由衣
黒崎 沙夜子:藤原美央子
黒崎 朝美:天神有海
灰原 由起夫・ジョニー:堀内賢雄

■スタッフ
原作:小島あきら(「月刊ガンガンWING」スクウェア・エニックス刊)
監督:木村真一郎
シリーズ構成:山田靖智
キャラクターデザイン:藤井昌宏
美術監督:居垣宏/東潤一
色彩設定:安藤智美
撮影監督:黒澤豊
編集:関一彦
音響監督:高橋剛
音楽:アンネ
音響制作:グロービジョン
音楽制作:スターチャイルドレコード
プロデューサー:森山敦(キングレコード)
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:まほらば製作委員会
(C)小島あきら/スクウェアエニックス・まほらば製作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 ようこそ鳴滝荘へ
    第1話 ようこそ鳴滝荘へ

    絵本作家をめざして上京した白鳥隆士は、はとこの女子高生・蒼葉梢が大家をしているアパート「鳴滝荘」に下宿することになった。笑顔で迎え入れてくれて、さらに「絵本作家になる」という自分の夢を応援してくれる梢に、感激する隆士。そんな彼に、鳴滝荘の住人である女子大生・桃乃恵が近づいてきた。隆士の素性を調査した恵は、「梢にはある秘密がある」と告げるが…。

  • 第2話 大家さんのひみつ
    第2話 大家さんのひみつ

    とつぜん凶暴な性格になってしまった梢。あっけにとられる隆士は、歓迎会のための買い出しに行かされることに。コンビニに向かう隆士に声をかけた恵は、梢はショックを受けると「変身」してしまうこと、先ほどの梢は彼女の別人格である「早紀」であることを教えてあげる。 梢の秘密を聞かされても、簡単には信じることができず、その夜は悩んで眠れなかった隆士。鳴滝荘を出ることも考えた彼は、翌朝、元の正確にもどっている梢に出会い…。

  • 第3話 大切な場所
    第3話 大切な場所

    梢の中のふたりめの人格である、精神年齢6歳の「魚子」があらわれた。隆士に興味を持った魚子は、目をクリクリにして見つめてくる。恵たちは、「『つやつや』になるまでがんばって」というわけのわからない言葉を残して、部屋から去ってしまうのだった。 学校の課題を終わらせなくてはならない隆士だったが、魚子が「絵本を読んで」と言い出したり、部屋中に落書きを始めたりして、なかなか進められなくて…。

  • 第4話 ぬくぬく
    第4話 ぬくぬく

    鳴滝荘は毎晩宴会で大騒ぎだったため、学校の課題を終わらすことができなかった隆士。そしてついに新学期。隆士は担任の銀先生にお仕置きをされてしまうのだった。   学校帰りに梢と珠実に出会った隆士は、商店街を案内してもらうことに。商店街の人たちに、梢の恋人だとカン違いされてしまう隆士。その後、会社に勤めている人たちの憩いの場所であるという公園にやって来た3人は、商店街のスタンプカードをなくして困っている女性・サクラと出会うが…。

  • 第5話 ネガポジ
    第5話 ネガポジ

    隆士が鳴滝荘に帰ると、なぜか沙夜子が縁の下に隠れていた。どうやら、朝美が学校から帰ってくるまでの間に進めておくはずだった内職を、まったくやることができなかったらしい。そこへ朝美が帰宅。学校の課題を抱えていた隆士だったが、恵の差し金により、たまりにたまった内職を手伝うはめになってしまう。

  • 第6話 珠チェック
    第6話 珠チェック

    連日徹夜で宴会がくり広げられるため、疲れ切っている隆士。そんな彼を心配する梢を、珠実は何やら考えながら見つめていた。 課題をやっていなかったため、またしても銀先生のお仕置きを受け、さらにフラフラになって帰宅する隆士。すぐに寝ようとするが、そんな彼を待ち受けていたのは珠実だった。学校に忘れ物をしたという彼女は、隆士を付き合わせる。そしてその道中、珠実は隆士のことをいろいろと調べ始め…。

  • 第7話 かくれんぼ
    第7話 かくれんぼ

    隆士が学校から帰宅すると、今回待っていたのは宴会ではなく、なんと「かくれんぼ」だった。その勝者には、鳴滝荘の住人になんでも命令できる「王様券」が渡されるという。乗り気になれない隆士だったが、券を手に入れれば今後いっさい自分の部屋での宴会を禁止することができると考え、がぜんやる気を出すのだった。 オニとなった隆士は、鳴滝荘を隅から隅まで探し始めるが…。

  • 第8話 おかいモノ
    第8話 おかいモノ

    梢は「王様券」を使い、「今度の日曜日に買い物に付き合ってほしい」と隆士にお願いしてきた。「男と女がふたりで出かければデートだ」という恵の言葉にドキドキしながらも、隆士は梢と一緒にデパートに買い物に行くことに。当然、恵と珠実がその後をこっそりとついていく。 梢がデパートで買いたかったもの。それは隆士が鳴滝荘で使うお茶碗だった。ふたりがデパートから去ろうとしたその時、突然走り込んできた少年が梢にぶつかってしまう。その拍子に、梢は早紀の性格に変化してしまい…。

ページトップへ