お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

妖怪人間ベム -HUMANOID MONSTER BEM-  第1話 魔の世紀はじまる

この作品もオススメ

妖怪人間ベム -HUMANOID MONSTER BEM-
妖怪人間ベム -HUMANOID MONSTER BEM- (配信数2話)
日本が世界に誇る、国民に愛し続けられたキャラクターが、沈黙を破って堂々復活!妖怪人間に秘められた数々のドラマがいま蘇る!

長い流浪の末、ベム、ベラ、ベロの妖怪人間たちは、東洋の東の端にある巨大な港湾都市にやってきた。この街全体が巨大な妖気に包まれていると感じ、この地に留まることを決意する。そして人間たちを守るため、襲い来る魔の妖怪たちに全力で立ち向かう。正義をなせば、人間になれる日が来るということを信じて……。
  2018年に生誕50周年を迎える『妖怪人間ベム』。その記念すべきアニバーサリーイヤーを目前に送り出される、リブートプロジェクト第一弾は、なんと“ギャグ”全開のショートアニメだった!!『秘密結社 鷹の爪』などで知られるDLEのスタッフが送り出す本作は、人間の欲望が渦まく夜の街・歌魔羅(かまら)町で、「人間になりたい」3人の妖怪人間が“人間とは何か”を求めて彷徨う社会派(?)コメディ!エロ・金・地位・権力…現代社会の闇にうごめくドロドロも、みーんな笑いに包んでPOPにお届け!!

  1968年版『妖怪人間ベム』は、人知を超える能力を持ったベム、ベラ、ベロの3人の妖怪人間が、罪なき人々を狙う恐ろしい妖怪や悪霊、悪人たちに立ち向かう姿を描いた、記念すべきシリーズ第1作だ。善行を重ねることで人間になれると信じ、危険を顧みず異形へと変身して悪と戦う妖怪人間たち。だが、戦いで見せる彼らの異形と強力な力は人間たちから忌み嫌われ、流浪の旅を繰り返さねばならない悲しき運命を背負っている。「はやく人間になりたい」と願う彼らに安息の時は訪れるのか……?

■キャスト
ベム:井上和彦
ベラ:山像かおり
ベロ:洞内愛
日向雲英:稲村優奈
海堂空:岩橋直哉
如月美月:茅原実里
日向玄白:岩崎征実
日向うらら:園崎未恵
ナレーション:鈴木瑞穂

■スタッフ
原作:アサツー ディ・ケイ
監督:原田浩
シリーズ構成:武上純希
キャラクターデザイン:渋谷一彦
妖怪デザイン原案:荻原直樹
総作画監督:山崎猛
美術監督:天水勝/西倉力/河合伸治
色彩設定:酒井美晴
撮影監督:藤田智史
編集:中葉由美子/村井秀明
音響監督:藤山房伸
音響演出:蝦名恭範
音響効果:倉橋静男
アニメーション制作:スタジオコメット
製作:NAS/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/エイベックス・エンタテインメント/スタジオコメット
Ⓒ2006ADK/妖怪人間ベムProject

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 魔の世紀はじまる
    第1話 魔の世紀はじまる

    謎の巨大なモニュメントが現れ、東洋の東の端にある巨大な湾港都市に世界中から妖怪達が集まって来ていた。長い放浪の旅の末、ベム、ベラ、ベロの妖怪人間達はこの街にやって来た。期待に胸膨らませるベロは早速友達を作ろうと張り切り街に出る。ベロはお金持ちの娘・キラと知り合い、友達になろうと約束する。そこへ人から人へ乗り移る妖怪・ワームが現れ、ベロはキラを守る為にワームに立ち向かうが・・・。

  • 第2話 地獄への馬車
    第2話 地獄への馬車

    キラは、ベロを嫌う母親にあらためてベロを紹介して友達の一人として認めてもらおうとプロムナードの光のパレードに招待する。ところが、約束の時間、紅龍楼にあった地獄門が開き、妖怪・デュラハンが地獄から現れた。百億人目の人間を地獄に運びこみ、自由になろうとしている死神の使いデュラハンは百億人目の人間に、キラを選んだ。

ページトップへ