お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

ウマ娘 プリティーダービー  第1R 「夢のゲートっ!」

この作品もオススメ

ウマ娘 プリティーダービー
ウマ娘 プリティーダービー (配信数13話)
時速65キロ、青春駆け抜けますっ!

これは異世界から受け継いだ輝かしい名前と競走能力を持つ“ウマ娘”が
遠い昔から人類と共存してきた世界の物語。
田舎から都会のトレセン学園に転校してきたウマ娘・スペシャルウィークは、
チームメイトたちと切磋琢磨しながら「日本一のウマ娘」の称号をかけて
<トゥインクル・シリーズ>での勝利をめざす!

■キャスト
和氣あず未
高野麻里佳
Machico
大橋彩香
木村千咲
上田瞳
大西沙織
藤井ゆきよ
沖野晃司
豊口めぐみ

■スタッフ
監督:及川啓
原作:Cygames
脚本:杉浦理史
音楽:UTAMARO movement
シリーズ構成:石原章弘(Cygames)杉浦理史
キャラクターデザイン・総作画監督:椛島洋介
美術:草薙
撮影監督:並木智
色彩設計:中野尚美
3D監督:市川元成
編集:高橋 歩
©2018 アニメ「ウマ娘プリティーダービー」製作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1R 「夢のゲートっ!」
    第1R 「夢のゲートっ!」

    「日本一のウマ娘」を目指すため、トレセン学園へ転入してきたスペシャルウィーク。初めてのレース観戦でサイレンススズカに心を奪われた彼女は、スズカのチームに入部を希望し、入部テストを受けるのだが......。

  • 第2R 「いきなりのデビュー戦!」
    第2R 「いきなりのデビュー戦!」

    急遽、一週間後のデビュー戦に出場することになったスペシャルウィーク。サイレンススズカや生徒会長のシンボリルドルフに初レースの心得を尋ねるが、緊張と不安は募るばかり。そして、いよいよ初トレーニングが始まる。

  • 第3R 「初めての大一番」
    第3R 「初めての大一番」

    次の目標に向けた特訓を開始したスペシャルウィークは、日本一のウマ娘と呼ばれるためには皐月賞・日本ダービー・菊花賞の三冠制覇を目指すべきというトレーナーの言葉を受けて、次の出走レースを決める。

  • 第4R 「特訓ですっ!」
    第4R 「特訓ですっ!」

    日本ダービーという高い目標に闘志を燃やすスペシャルウィークは、勝利をより確実にする為にも、チーム<スピカ>の協力を得てトレーニングをスタートする!一方、トレーナーはスペシャルウィークの為に・・・。

  • 第5R 「ライバルとのダービー」
    第5R 「ライバルとのダービー」

    日本ダービーに向けて、スペシャルウィークはさらに厳しい特訓に励むが、ライバルのエルコンドルパサーとセイウンスカイも練習に磨きを掛けていた。そんな中、サイレンススズカは、スペシャルウィークに・・・。

  • 第6R 「天高く、ウマ娘燃ゆる秋」
    第6R 「天高く、ウマ娘燃ゆる秋」

    メンバーも増え勢いに乗るチーム<スピカ>は「秋のトゥインクル・シリーズファン大感謝祭」を満喫。スペシャルウィークはすっかり仲良くなったサイレンススズカと一緒に祭りを堪能するが、スズカにある告白を受ける。

  • 第7R 「約束」
    第7R 「約束」

    打倒リギルを目標にトレーニングを続けるチーム<スピカ>一同。そんな中、サイレンススズカと走りたい気持ちが膨らむスペシャルウィークは、自分の気持ちをトレーナーにぶつけようとするのだが…。

  • 第8R 「あなたの為に」
    第8R 「あなたの為に」

    サイレンススズカとスペシャルウィークは「約束」を守る為、チーム<スピカ>の面々と共に決意を固くする。一方、チーム<リギル>は好調のまま、グラスワンダーはスペシャルウィークとのレースを望んでいた......。

  • 第9R 「スピカの夢」
    第9R 「スピカの夢」

    トレーナーは少しでも<スピカ>メンバーの刺激になればと、夏の合宿を企画する。だが、互いに気遣いをするスペシャルウィークとサイレンススズカを見て、トレーナーは一計を案じ賭けに出るのだが……。

  • 第10R 「何度負けても」
    第10R 「何度負けても」

    「約束」に向けて迷いのないスペシャルウィークだが、トレーナーに休養を勧められ里帰りをすることに。スピカのメンバーもそれぞれの「夢」を意識し始める中、サイレンスズカのもとに一報が……!

  • 第11R 「おかえりなさい!」
    第11R 「おかえりなさい!」

    超満員の観客で埋まる、オープン特別。大勢の観客も、トレーナーも、固唾を飲んで「彼女」がターフに現れるのを待っていた。あの日からおそよ1年。「約束」へ向けての新たなる1歩目が刻まれようとしていた……!

  • 第12R 「夢の舞台」
    第12R 「夢の舞台」

    チーム<スピカ>にとって特別な週末の2日目。「彼女」はお母ちゃんや、チームメイト、ライバル達、そして自分とトレーナーの「夢」を背負って1人控室にいた……。日本最高峰のレースがいよいよ始まる……!

  • EXTRA R「響け、ファンファーレ!」
    EXTRA R「響け、ファンファーレ!」

    ファンの夢を背負って、あの「18人のウマ娘」がウィンタードリームトロフィーに出場する。夢のような舞台で、トレーナーは何を思い、何を見るのか。あのとき見た輝きが、今、目の前に――!!

ページトップへ