お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

キン肉マン キン肉星王位争奪編  第43話 「愛と死のメッセージ!」の巻

この作品もオススメ

キン肉マン キン肉星王位争奪編
キン肉マン キン肉星王位争奪編 (配信数46話)
完璧超人の野望を打ち破り、キン肉マンはテリーマンとのタッグで、見事に宇宙超人タッグトーナメントを制覇した。この功績を世間も認めていたことから、キン肉星の大王・キン肉真弓は、息子のキン肉マンことスグルに王位を譲ることを決めた。しかし5人の邪悪の神が、成長を続けてゆくキン肉マンの火事場のクソ力を恐れて王位継承に反対する。そして運命の五王子と呼ばれる、幼いときにキン肉マンと取り違えた可能性のある王位継承候補者たちを送り込んできた。かくしてキン肉マンは、自分こそ真のキン肉星王子であることを証明するための戦い“王位争奪サバイバルマッチ”に挑むことになる。この日本の名城を舞台にして始まったチーム戦に、キン肉マンと友情の絆で結ばれたテリーマンとロビンマスクを始めとする正義超人たちも途中参戦し、キン肉マンチームは勝利を続けた。しかし一同は、すべての悪の元凶である超人閻魔と、キン肉マンの兄の存在をまだ知らない…。

■キャスト
キン肉マン:神谷明
ミートくん:松島みのり
ロビンマスク:池水通洋
ザ・テリーマン:速水奨
中野さん:千葉繁  
アナウンサー:平野正人
コニタくん:松岡洋子
ナチグロン:長沢直美
大王:佐藤正治
王妃:松岡洋子

■スタッフ
原作:ゆでたまご
企画:武井英彦、山口康夫、前田伸一郎、横山和夫、嶋村一夫、佐藤公宣
製作担当:関口孝治、清水慎治
シリーズ構成:山崎晴哉
シリーズディレクター:白土武、梅澤淳稔
キャラクターデザイン:森利夫
美術デザイン:襟立智子
音楽:吉田明彦
(C)ゆでたまご・東映アニメーション

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話 「キン肉星王位戴冠式の異変!!」の巻
    第1話 「キン肉星王位戴冠式の異変!!」の巻

    宇宙超人タッグトーナメントを制覇したキン肉マンとテリーマンのザ・マシンガンズ。キン肉マンの活躍はとどまるところを知らない。そこで父親のキン肉大王は、キン肉マンにキン肉星の大王の座をゆずる決意をする。しかし、これを快く思わない五人の邪悪の神が、キン肉マンの出生時のトラブルを利用して暗躍を開始した!

  • 第2話 「城取り合戦! 邪悪な神の陰謀」の巻
    第2話 「城取り合戦! 邪悪な神の陰謀」の巻

    即位を認めてもらうため、キン肉マンは超人の神々の前に立つ。百人の神からは認められて王冠を授かったキン肉マンだったが、5人の邪悪の神は独自の候補を引き連れて来る。幼い頃に取り違えられた可能性のある、運命の五王子だ。キン肉マンは五王子を倒し、その血で純白のマントを真紅に染めるよう命じられる。

  • 第3話 「ゴングは鳴った! 決戦5対2」の巻
    第3話 「ゴングは鳴った! 決戦5対2」の巻

    キン肉星の次期大王を決定する、キン肉星王位争奪サバイバルマッチが始まった。会津若松城ではスーパーフェニックスチーム対ビッグボディチーム、熊本城ではキン肉マンチーム対マリポーサチームが激突。しかし、5対5の団体戦にも関わらず、キン肉マンチームのメンバーは、キン肉マンとミートの二人だけだった…。

  • 第4話 「恐るべし! 超人ホークマン」の巻
    第4話 「恐るべし! 超人ホークマン」の巻

    マリポーサチームの先鋒・ホークマンの変幻自在な空中殺法に、キン肉マンは苦戦を強いられる。照明を破壊して一時的に優位に立ったキン肉マンだったが、ホークマンは頭部の鷹をフクロウに変えて、再び形勢を逆転させる。その頃、テリーマンとロビンマスクは、たった一人で戦うキン肉マンのことを考えていた…。

  • 第5話 「危うし! 火事場のクソ力」の巻
    第5話 「危うし! 火事場のクソ力」の巻

    苦戦の末、ホークマンを倒したキン肉マン。次の相手は、マリポーサチーム次鋒・ミスターVTRだった。映像を自在に使うミスターVTRのトリッキーな攻撃に、キン肉マンは思うように戦うことができない。しかもミスターVTRは、背景を合成することで、キン肉マンのいる場所を、大海原や大氷原などに変えてしまう!

  • 第6話 「奇跡! 超人墓場からの脱出」の巻
    第6話 「奇跡! 超人墓場からの脱出」の巻

    マリポーサチーム中堅・ミキサー大帝の、パワー分離機にかかってしまったキン肉マン。火事場のクソ力は分離され、邪悪大神殿に封印されてしまった。キン肉マンを倒して、勝利を確信する5人の邪悪の神たちだったが、本来の95万パワーだけは別の場所に残されていた。戦いで死んでいった超人が行き着く場所、超人墓場だ。

  • 第7話 「ミート大奮戦! つかめ勝利を」の巻
    第7話 「ミート大奮戦! つかめ勝利を」の巻

    キン肉マンは超人墓場から脱出して、リングに戻ってきた。そして、ミキサー大帝との試合を再開するが、火事場のクソ力を封じられているため、いつものような力が出せない。そのうえ、ミスターVTRの能力も加わり、キン肉マンは敗北を喫してしまう。キン肉マンチームに残っているのは、大将のミートだけになった…。

  • 第8話 「間に合うか? 友情パワー全開」の巻
    第8話 「間に合うか? 友情パワー全開」の巻

    ミキサー大帝相手に善戦するも、実力差は歴然。誰もがミートの敗北を覚悟する。だが、油断したミキサー大帝の隙をついて、ミートはキン肉マンの指示通り、後頭部に衝撃を与えるバック・ドロップで勝利する。しかし、試合に勝ったものの肉体はすでにボロボロ。次なる相手を前に、ミートはリング上で倒れてしまう!

  • 第9話 「夢よ届け! マッスル友情同盟」の巻
    第9話 「夢よ届け! マッスル友情同盟」の巻

    キング・ザ・100トンにいたぶられるミートを救ったのは、テリーマンとロビンマスクだった。そのままチームに加わると言うふたりに、マリポーサは登録されていないとクレームをつける。しかし、このことを予想していたテリーマンは、あらかじめあぶり出しで、メンバー表に自分とロビンマスクの名前を記入していた!

  • 第10話 「神秘な光!? 燃えるテキサス魂」の巻
    第10話 「神秘な光!? 燃えるテキサス魂」の巻

    次々に姿を変えるキング・ザ・100トンに、テリーマンは苦戦。だが、変身の指示をマリポーサが出していたことを知ったキン肉マンが、これを妨害して形勢は逆転する。ところが最後の指示だけは、キャンパスの下に隠されていた! 不意をつかれたテリーマンは、キング・ザ・100トンの死のシーソーに乗せられてしまう。

  • 第11話 「必殺! マッスルリベンジャー」の巻
    第11話 「必殺! マッスルリベンジャー」の巻

    倒したと思ったキング・ザ・100トンの執念の一撃を受けて、テリーマンはダウンしてしまい、試合は惜しくも引き分けに終わった。戦いは、ロビンマスクとマリポーサの大将対決を残すのみ。試合が始まると、身軽なマリポーサにロビンマスクは苦戦する。余裕たっぷりのマリポーサからは、大胆不敵な発言が飛び出し…。

  • 第12話 「たてロビン! 過去からの叫び」の巻
    第12話 「たてロビン! 過去からの叫び」の巻

    キン肉王家三大奥義のひとつ「マッスル・リベンジャー」を、簡単に使いこなすマリポーサ。自分の身体からは炎を噴出させ、リングを火の海に変えてしまう。ロビンマスクはこの光景を見て、幼き日に盗まれたロビン家の家宝・アノアロの杖のことを思い出す。目の前にいるマリポーサこそ、杖を盗んだ張本人だったのだ!

  • 第13話 「真紅に染まる純白のマント」の巻
    第13話 「真紅に染まる純白のマント」の巻

    マリポーサの生い立ちに同情するロビンマスク。だが、キン肉マンの生い立ちも同じように不幸でありながら、彼は真っ直ぐだった。闘志を取り戻したロビンマスクは、家宝であるアノアロの杖を取り戻して逆襲に転じる。一方、会津若松城で行われていたマンモスマンの第4試合は、引き分けに終わったのだが…。

  • 第14話 「意外な敵!? 超人血盟軍登場」の巻
    第14話 「意外な敵!? 超人血盟軍登場」の巻

    ブロッケンJr.を自らのチームに加えようと、ソルジャーが現れた。キン肉マンと友情で結ばれているブロッケンJr.は、申し出を断る。ところがそこに、同じようにソルジャーにチーム入りを誘われた、バッファローマン、アシュラマン、ザ・ニンジャがやって来る。ソルジャーはどんなチームを作ろうしているのか?

  • 第15話 「友を救え! ウォーズマン復活」の巻
    第15話 「友を救え! ウォーズマン復活」の巻

    キン肉マンチーム対ゼブラチームの準決勝が始まった。キン肉マンを少しでも休ませようと、先鋒を買って出たミートだったが、ザ・マンリキのスクランブルバイスに苦戦する。その頃、超人墓場から脱出しようとするウォーズマンの前には、名医の誉れ高いドクター・ボンベが現れていた。彼には秘策があると言うのだが…。

  • 第16話 「嗚呼! リングに飛び散る血の嵐」の巻
    第16話 「嗚呼! リングに飛び散る血の嵐」の巻

    間一髪のミートを救ったのは、超人墓場からよみがえったウォーズマンだった。だが、肉体は生き返っても、頭脳は戦い方を忘れた白紙の状態のまま。それに気づいたロビンマスクは、かつてウォーズマンの師匠であったバラクーダの姿になると、今一度、ファイティングコンピューターとして戦えるように指導を開始する。

  • 第17話 「生か死か!? 二つの友情パワー」の巻
    第17話 「生か死か!? 二つの友情パワー」の巻

    残虐超人としてよみがえってしまったウォーズマン。だが、それを悲しむキン肉マンの捨て身の行動が、ウォーズマンに変化をもたらした。思いやり、優しさ、愛情を思い出したウォーズマンは、友情パワーを取り戻す。名古屋城で行われていたザ・ニンジャとサタンクロスの試合でも、もうひとつの友情パワーが生まれ…。

  • 第18話 「敵か味方か!? 2人のバイクマン」の巻
    第18話 「敵か味方か!? 2人のバイクマン」の巻

    姫路城での準決勝第2戦は、テリーマン対モーターマンの次鋒同士の戦いだった。モーターマンのパワーの前に苦戦するテリーマンに対し、何故かゼブラチームであるバイクマンがアドバイスを与える。そして最後にはテリーマンを救ってしまった。謎めいた事態に困惑する両チームの前に、もうひとりのバイクマンが現れる!

  • 第19話 「命再び! 生きろラーメンマン!!」の巻
    第19話 「命再び! 生きろラーメンマン!!」の巻

    新たにキン肉マンチームに加わったラーメンマンは、モーターマンをわずか37秒でKOして完全復活を果たす。続くバイクマンとの戦いは、金網デスマッチで行われることになる。金網恐怖症と思われたラーメンマンだったが、それは敵を油断させるための芝居だった。勝敗はもつれることなく決したかに見えたが…。

  • 第20話 「恐るべき予言!? 1992年3月…」の巻
    第20話 「恐るべき予言!? 1992年3月…」の巻

    バイクマンの攻撃で命を落としたかに見えたラーメンマンは、仲間たちの涙雨を浴びて、奇跡の復活を果たす。一転して攻守が入れ替わったかに思えたが、バイクマンはモーターマンの体から充電した電機で、強力な攻撃を仕掛けてくる。一進一退を繰り返す戦いの裏では、恐るべき予言の時が近付いていて…。

  • 第21話 「予言的中! 死の熱闘ロード」の巻
    第21話 「予言的中! 死の熱闘ロード」の巻

    バイクマンの残した謎めいた言葉に、騒然となる一同。その時、姫路城と名古屋城が空へと浮かび、合体して巨大な闘技場になる。名古屋城での試合は、リングが壊れてしまったために一時中断。姫路城のリングを挟んで対峙するキン肉マンチームとゼブラチームは、ゼブラの提案で、タッグマッチで決着をつけることになる。

  • 第22話 「悪魔天使!? 二重人格ゼブラ」の巻
    第22話 「悪魔天使!? 二重人格ゼブラ」の巻

    リングに沈んだかに思えたゼブラだったが、パルテノンから邪悪なエネルギーを与えられて復活を果たす。全身を黒く染めたゼブラは、天使のような正統派スタイルから一転、悪魔のような残虐ファイトを始める。リング上で潰されたかに思えたキン肉マンは、またしてもマスクの下からもれた光によって窮地を救われる!

  • 第23話 「大爆発!! 火事場の友情パワー」の巻
    第23話 「大爆発!! 火事場の友情パワー」の巻

    キン肉マンの身代わりに、ロビンマスクがパルテノンの身体の人柱にされてしまう。その時、自分を取り戻したキン肉マンの反撃が始まった。失った火事場のクソ力の代わりに友情パワーで戦うキン肉マンの奮闘に励まされ、ロビンマスクもパルテノンの人柱からの脱出に成功。そして必殺のロビンスペシャルを繰り出す!

  • 第24話 「骨まで溶けろ! カピラリア光線」の巻
    第24話 「骨まで溶けろ! カピラリア光線」の巻

    リングも修復され、超人血盟軍とフェニックスチームの試合が再開される。だが、試合開始の直前、フェニックスが3対3のチーム戦とすることを提案してきた。挑戦を受けて立ったソルジャーと組むのは、ブロッケンJr.とバッファローマン。一方のフェニックス側には、マンモスマンと正体を明かしたプリズマンが参加する。

  • 第25話 「さらば! 燃え尽きたブロッケン」の巻
    第25話 「さらば! 燃え尽きたブロッケン」の巻

    浮遊リングを巧みに使った戦法で、フェニックスチームは戦いを優位に進める。ついにソルジャーまでもがフェニックスに抑え込まれ、プリズマンの放つレインボー・シャワーの餌食になろうとしていた。ソルジャーを危機から救うため、ブロッケンJr.は超人の証である帽子の徽章を外し、自らを盾にする!

  • 第26話 「見たか!? これが真・友情パワーだ!!」の巻
    第26話 「見たか!? これが真・友情パワーだ!!」の巻

    プリズマンを道連れにして、ブロッケンJr.は谷底へと消えた。自らの消極的な姿勢がブロッケンJr.を死なせてしまったと考えたソルジャーは、一転して果敢にフェニックスチームに戦いを挑む。その姿を見つめるキン肉大王とキン肉王妃は、幼い時に家出したキン肉マンの兄・アタルのことを思い出していた…。

  • 第27話 「命より大切なもの! それが友情だ!!」の巻
    第27話 「命より大切なもの! それが友情だ!!」の巻

    真・友情パワーを力に、あくまでもクリーンファイトに徹するソルジャーの姿に、観客は惜しみない拍手を送る。だが、フェニックスは、彼に疑惑の眼差しを向けていた。残虐の神の加護を受けるソルジャーは、本来、冷酷非情な残虐超人のはずだからだ。その頃、富士山中では瀕死の超人たちが発見され…。

  • 第28話 「燃える予言書! 消えるソルジャー!!」の巻
    第28話 「燃える予言書! 消えるソルジャー!!」の巻

    残虐の神の力を取り込んでパワーアップしたフェニックスは、浮遊リングごとソルジャーを抹殺しようと、重力装置を停止させる。地上へと落下していく浮遊リング。絶体絶命の窮地からソルジャーを救ったのは、バッファローマンだった。彼は浮遊リングを支えながら、自らの一族に起こった悲劇を語り始める。

  • 第29話 「弟よ! これがマッスル・スパークだ!!」の巻
    第29話 「弟よ! これがマッスル・スパークだ!!」の巻

    ソルジャーについて書かれた超人予言書が燃えてゆく…。それはすなわち、ソルジャーの存在そのものが消えることを意味していた。超人予言書が灰になるのと同時に、ソルジャーの身体が変色し、自由が利かなくなってゆく。その光景を見ていたキン肉大王は、ついにソルジャーの正体を明かした!

  • 第30話 「死の特訓! 急げ大阪城決戦!!」の巻
    第30話 「死の特訓! 急げ大阪城決戦!!」の巻

    キン肉星の王位をかけた大阪城決戦は、キン肉マンチームとフェニックスチームによって争われることになった。対戦表も発表され、キン肉マンチームのメンバーたちはそれぞれの対戦相手を仮想した特訓に入る。キン肉マンは、兄アタルの見せてくれた技を参考に、自分のものと合わせた完璧版を体得しようと特訓していたが…。

  • 第31話 「超人魂! ネバー・ギブアップ!!」の巻
    第31話 「超人魂! ネバー・ギブアップ!!」の巻

    特訓を終え、大阪城決戦に向かうキン肉マンチーム。道の途中、マンモスマンに闇討ちに仕掛けられ、ウォーズマンが試合出場が不能になるほどの重傷を負ってしまう。そうとは知らずにウォーズマンの到着を待つキン肉マンたちだが、試合開始時間になってもメンバーが揃わないために、不戦敗になろうとしていた…。

  • 第32話 「知恵と勇気! 魔法陣デスマッチ」の巻
    第32話 「知恵と勇気! 魔法陣デスマッチ」の巻

    ディフェンド・スーツを装着して戦う魔方陣デスマッチを、邪道だと考えるキン肉マン。だが、奇跡の灰の中から現れた兄・アタルに説得され、この方式で戦うことを納得する。だが、キン肉マンのディフェンド・スーツのありかは不明。そこでミートは、ある方法を使って魔法陣を色分けしようと試みる。

  • 第33話 「出るか!? 完璧マッスルスパーク」の巻
    第33話 「出るか!? 完璧マッスルスパーク」の巻

    アシュラマンの協力によって、キン肉マンはすべてのディフェンド・スーツを身につけることができた。スーツの高い防御能力もあり、キン肉マンとサタンクロスの戦いは、一進一退の激しいものとなる。激闘の最中、サタンクロスではなく、超人格闘家としての誇りを取り戻したサムソン・ティーチャーだったが…。

  • 第34話 「血の伝説! 死を呼ぶ二つの陰謀」の巻
    第34話 「血の伝説! 死を呼ぶ二つの陰謀」の巻

    完璧マッスル・スパークによって、キン肉マンはサタンクロスとの戦いに勝利した。次なる戦いの地は大阪城内だが、フェニックスの挑発に乗ったキン肉マンたちは、そこへつながる地下迷宮に挑戦することになってしまう。迷宮へ向かうキン肉マンに、サムソン・ティーチャーは、何故か自分にトドメを刺すように言う。

  • 第35話 「中国四千年! ピラミッドパワー」の巻
    第35話 「中国四千年! ピラミッドパワー」の巻

    アシュラマンの尊い犠牲によって、キン肉マンチームは地下迷宮から無事脱出。大阪城内でのラーメンマンとプリズマンの次鋒戦は、ジャングルジムを使ったデスマッチ形式で行われることになった。ラーメンマンはアシュラマンの無念を晴らすため、ブロッケンJr.の仇でもあるプリズマンを相手に闘志を燃やす。

  • 第36話 「超人ハンター! オメガマン現わる」の巻
    第36話 「超人ハンター! オメガマン現わる」の巻

    ピラミッドパワーによって、体力を回復させたラーメンマン。一気に形勢逆転と思えたが、フェニックスの卑劣な策略によって、またしても窮地に陥る。一方、戦いを見守るキン肉大王と王妃の前には、ビビンバが現れていた。ビビンバは、預言者を名乗る謎の声に導かれてやって来たという。そして、預言者が姿を現し…。

  • 第37話 「探せ! 偽王子の証拠!!」の巻
    第37話 「探せ! 偽王子の証拠!!」の巻

    フェニックスチーム最後のメンバーであるオメガマンに、キン肉マンチームの中堅・ジェロニモが立ち向かう。戦いながら、オメガマンは余裕の表情でジェロニモに語る。自分の目的がフェニックスを王位につけることだけでなく、超人閻魔から依頼されたネプチューンマンの捕獲と、キン肉マンチームの抹殺であることを!

  • 第38話 「味方か!? サムライ見参」の巻
    第38話 「味方か!? サムライ見参」の巻

    謎の超人・サムライの援護を断ったジェロニモは、オメガマンの前に敗れ去った。これでキン肉マンチームのメンバーは、ロビンマスクを残すのみ。そこでフェニックスは、3対2の変則タッグマッチを要求。フェニックスの挑発にのったキン肉マンを待っていたのは、恐るべきデスマッチだった!

  • 第39話 「さらば! 貴公子ロビン」の巻
    第39話 「さらば! 貴公子ロビン」の巻

    サムライをメンバーに加えたキン肉マンチームは、数の上ではフェニックスチームと互角となった。だが、予言書を火にくべられたロビンマスクは消滅の危機に。サムライの言葉をヒントに、マンモスマンの預言書の位置を見つけて逆転への足掛かりをつかむが、それを見たフェニックスは、仲間さえも見捨てる非情の策に出る。

  • 第40話 「見たか! 地獄変身超人」の巻
    第40話 「見たか! 地獄変身超人」の巻

    サムライとオメガマンの戦いが始まった。オメガマンは自分が変身超人であることを明かすと、周りにある物体を体内に取り込んで、それを武器にサムライを攻め立てる。苦戦するサムライは、何を思ったのか、自分から預言書のページを火の中に落としてしまう。その行動に、周囲が驚愕していると…。

  • 第41話 「恩師カメハメとの対決」の巻
    第41話 「恩師カメハメとの対決」の巻

    ネプチューンマンの言葉に奮起した正義超人たちが、苦戦するキン肉マンの応援をするために大阪城へ向かう。その足音を感じたキン肉マンとネプチューンマンは、闘志をみなぎらせてフェニックスとオメガマンを圧倒する。猛攻を受けて危機感を抱いた超人閻魔は、再び邪悪の神をフェニックスと合体させる!

  • 第42話 「ビビンバ、愛の告白!?」の巻
    第42話 「ビビンバ、愛の告白!?」の巻

    オメガマンが変身したのは、驚くべき人物だった。キン肉マンの師匠であり、もっとも恐れる超人でもあるカメハメだ。キン肉マンに教えた48の殺人技とは別のカメハメ殺法である、52の関節技の威力は、ディフェンド・スーツでさえ粉々にするほど。大苦戦するキン肉マンを励ますため、ビビンバは過激な行動に出る!

  • 第43話 「愛と死のメッセージ!」の巻
    第43話 「愛と死のメッセージ!」の巻

    カメハメの52の関節技を、見事に破ったキン肉マン。弟子のキン肉マンが師匠である自分を負かすことは、カメハメ自身の望んだことでもあった。生きているうちに教えることができなかった全ての技を教えるために、彼はあえて敵として戦っていたのだ。尊敬してやまない師匠の最後に、キン肉マンは涙にくれる。

  • 第44話 「最終戦! 邪悪か正義か」の巻
    第44話 「最終戦! 邪悪か正義か」の巻

    マッスル・スパークによってオメガマンは敗れ去り、ついに戦いは、キン肉マンとフェニックスの一騎打ちとなった。フェニックスは超人閻魔の力を得て、更なるパワーアップを遂げる。息詰まるような戦いが続き、いつもはおちゃらけているキン肉マンの顔からも、余裕のある表情が消えてゆく。

  • 第45話 「ネバー・ギブアップ!!」の巻
    第45話 「ネバー・ギブアップ!!」の巻

    超人閻魔の力を借りて、マッスル・スパークを破ってみせたフェニックスは、キン肉マンを兄アタルと同じように、レイジング・オックスの態勢にとらえる。絶体絶命の窮地に追い込まれたキン肉マンの前に現れたのは、友情の絆で結ばれた正義超人の仲間たちと、死んだと思われていたフェニックスの母親だった!

  • 第46話 「キン肉マンよ永遠に!!」の巻
    第46話 「キン肉マンよ永遠に!!」の巻

    フェニックスの攻撃を受け、キン肉マンの心臓は動きを止めた。今まで戦いを見守って来た人たちは、凄惨な結末に言葉も出ない。ただひとり、キン肉マンの奇跡の復活を信じるマリ。だが、超人閻魔は勝利をゆるぎないものにするため、動かなくなったキン肉マンにマッスル・リベンジャーをかけるよう命じる!

ページトップへ