お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

名探偵コナン(第21シーズン)  第804話 コナンと海老蔵 歌舞伎十八番ミステリー(前編)

この作品もオススメ

名探偵コナン(第21シーズン)
名探偵コナン(第21シーズン) (配信数17話)
真実はいつもひとつ!
高校生探偵・工藤新一は、警察もお手上げの難事件を次々と解決するほどの頭脳の持ち主。 ある日、幼なじみの毛利蘭と遊園地に遊びに行った時、黒ずくめの男達による怪しげな取引を目撃する。しかし、その仲間に見つかり謎の毒薬を飲まされると、薬の作用でなんと小学1年生になってしまう。 困り果てた新一は、隣に住む発明家・阿笠博士の助けを得て、黒ずくめの男達の行方を追うため「江戸川コナン」と名乗り自らの正体を隠す。そして、探偵事務所を営む毛利蘭の家に潜り込むことにした。 はたして、新一の体は元に戻るのか?! 黒ずくめの男達の正体は!!数々の謎に満ちた怪事件をめぐり、小さな名探偵コナンの活躍が始まった!!

■キャスト
江戸川コナン高山みなみ
工藤新一山口勝平
毛利蘭山崎和佳奈
毛利小五郎小山力也
阿笠博士緒方賢一
小嶋元太高木渉
円谷光彦大谷育江
吉田歩美岩居由希子
灰原哀林原めぐみ
目暮警部茶風林
鈴木園子松井菜桜子


■スタッフ
原作青山剛昌(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
企画諏訪道彦
チーフプロデューサー諏訪道彦・石山桂一
プロデューサー米倉功人・寺島清晃(806話~)
アソシエイトプロデューサー浅井認、近藤秀峰(806話~)
監督山本泰一郎
音楽大野克夫
キャラクターデザイン須藤昌朋
美術監督東潤一
色彩設計海鋒重信
撮影監督小川隆久
音響監督浦上靖夫・浦上慶子
編集岡田輝満
ストーリーエディター飯岡順一
制作読売テレビ/トムス・エンタテインメント
©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第804話 コナンと海老蔵 歌舞伎十八番ミステリー(前編)
    第804話 コナンと海老蔵 歌舞伎十八番ミステリー(前編)

    コナンはブレーキが効かずに暴走した車の事故を防ぐ。何者かがブレーキホースに穴を開けていて、警察は殺人未遂事件として捜査を進める。運転していた細尾は所有する二表の面を市川海老蔵に渡しに行く途中だった。海老蔵は来月上演する「七つ面」でこの面を使うという。頭取の松原は預かった面をロッカーに保管するが…。

  • 第805話 コナンと海老蔵 歌舞伎十八番ミステリー(後編)
    第805話 コナンと海老蔵 歌舞伎十八番ミステリー(後編)

    金子に会いに行く途中で拉致されたコナンが目覚めると、そこは取り壊し作業真っ只中のビルの中だった。コナンは携帯がない事に気付き、DBバッジのスイッチを入れるが無反応。自力で脱出を図ろうとする。蘭たちはコナンと連絡が取れないため、GPSを使ってコナンの携帯の位置を確認。路地に落ちている携帯を発見する。

  • 第806話 腹話術師の錯覚(前編)
    第806話 腹話術師の錯覚(前編)

    小五郎、コナン、蘭は人気腹話術師の天願リイチのライブにやってくる。小五郎は天願から仕事を依頼されたのだ。ライブの演目は相棒の人形に魂を乗っ取られた腹話術師が妻を殺害するという内容だった。ライブ後、小五郎たちが楽屋に向かうと、天願の弟子、登川春臣と天願の妻、天願和子の会話が聞こえてくる。

  • 第807話 腹話術師の錯覚(後編)
    第807話 腹話術師の錯覚(後編)

    人気腹話術師の天願の妻、和子がトロフィーで殴られて殺害される。天願は多重人格に陥り、和子を殺害しろと命じる人形の人格が出現していた。天願は意識がない時に殺害したかもしれないと自白する。だが、目暮警部は現場の状況から和子と浮気した天願の弟子の登川を容疑者と疑う。

  • 第808話 かまいたちの宿(前編)
    第808話 かまいたちの宿(前編)

    コナンは蘭、小五郎、平次、和葉と長野の旅館を訪れる。平次は名物の葛湯を飲んだ後、写真を小五郎に見せる。それは鎌を背負った人物が露天風呂の湯の上を走っている写真だった。平次は人を切りつける妖怪の鎌イタチに似ていると指摘。その時、この写真を雑誌に掲載したライターの中間、ライバル誌ライターの小柳が現れる。

  • 第809話 かまいたちの宿(後編)
    第809話 かまいたちの宿(後編)

    コナン、蘭、小五郎、平次、和葉は妖怪、鎌イタチの写真が撮影された旅館を訪れる。旅館にはライターの中間、小柳も取材に来ていた。そして、暗闇の蔵の中で平次、小五郎、小柳が肌を切られ、皆の脳裏に鎌イタチの事がよぎる。この後、女将の高美の義父、盆蔵が離れで殺害される。盆蔵の胸には鎌が刺さっていた。

  • 第810話 県警の黒い闇(前編)
    第810話 県警の黒い闇(前編)

    長野観光に来た小五郎、コナン、蘭は川中島古戦場跡を見学。そこに事件の聞き込みをしていた大和警部、上原刑事、諸伏警部が現れ、その直後に三枝警部、鹿野警部補、秋山巡査部長もやってくる。これから強盗犯の潜伏先に行くという三枝、鹿野、秋山。待ち合わせた班長の竹田警部が来ないらしく、3人は現場に踏み込む事に。

  • 第811話 県警の黒い闇(中編)
    第811話 県警の黒い闇(中編)

    長野観光に来た小五郎、コナン、蘭は長野県警の竹田警部が殺害される事件に遭遇。そして、自宅で首を吊った鹿野警部補も発見される。大和警部の携帯には鹿野から「我は毘沙門天 啄木鳥を滅ぼす 軍神なり」というメールが届いていた。大和は鹿野を床に降ろすが、すでに鹿野は絶命。鹿野の額にもXの印がつけられていた。

  • 第812話 県警の黒い闇(後編)
    第812話 県警の黒い闇(後編)

    長野県警の竹田警部、鹿野警部補、秋山巡査部長が次々と殺害される事件が起きる。黒田捜査一課長は現場の状況から3人を殺害した容疑で大和警部を指名手配する。予告通りなら、犯人はあと2人の命を狙おうとしていた。コナンは手がかりを探すため、半年前の銀行立てこもり事件の話を由衣刑事から聞く。

  • 第813話 安室に忍びよる影
    第813話 安室に忍びよる影

    朝、コナンは小五郎、蘭と一緒に喫茶ポアロに行ってモーニングセットを食べる。安室透がサンドイッチを作り終えると、店員の榎本梓はそのサンドイッチを男性客に運ぶ。男性客はハムサンドを食べた後、すぐにカウンターにいる安室を見る。コナンはこの不審な行動をとる男性客の事が気になっていた。

  • 第814話 ブログ女優の密室事件(前編)
    第814話 ブログ女優の密室事件(前編)

    コナン、元太、光彦、歩美、灰原は阿笠博士と一緒にホテルベイカーウエストのケーキバイキングにやってくる。コナンたちがケーキを食べていると、プチファルコン(小さな玩具のヘリコプター)が飛んでくる。元太のケーキの上に落ちたプチファルコンは女優の北見沙弥のものだった。

  • 第815話 ブログ女優の密室事件(後編)
    第815話 ブログ女優の密室事件(後編)

    コナンたちはホテルでブログ人気ランキングを争う女優の北見沙弥、庄野杏奈と知り合う。そして、沙弥の秘密をブログに載せている杏奈が密室で殺害される事件が発生。コナンは現場の状況、行動から沙弥が犯人と睨む。コナンは504号室で沙弥から話を聞き、杏奈の部屋に入った方法と凶器の目星をつける。

  • 第816話 残念でやさしい宇宙人
    第816話 残念でやさしい宇宙人

    夜、OLの中島亜里紗とトリュンペルマン・スーザンが米妙寺へ続く石段を歩いていると、全身を青白く光らせた異形の生物が出現。その生物は宇宙人と名乗り、亜里紗は笑いながら宇宙人とスーザンが並ぶ動画を撮影する。その時、石段の上の方から「宇宙人だ」と驚く男性の声が聞こえてくる。

  • 第817話 消えたフィアンセ
    第817話 消えたフィアンセ

    小五郎は鳥海コンツェルンの御曹司、鳥海から失踪した婚約者、元子の捜索を依頼される。小五郎とコナンが捜査をすると、3日前の夜に元子は大家に引っ越しする事、会社の上司に仕事を辞める事を電話で伝えていた。聞き込みは順調に進み、コナンたちは最後の接触者と思われる老人のしげみに会って話を聞く。

  • 第818話 小五郎、怒りの大追跡(前編)
    第818話 小五郎、怒りの大追跡(前編)

    小五郎が人気アイドル歌手リサのボディガードを頼まれ、コナンと蘭はライブを鑑賞する。そしてライブ開始直後、仮面を被った2人組がリサを誘拐しようとする事件が発生。混乱の中、同じコスプレ姿の蘭がリサに間違われて誘拐される。小五郎とコナンは犯人を追うが途中で見失って…。

  • 第819話 小五郎、怒りの大追跡(後編)
    第819話 小五郎、怒りの大追跡(後編)

    蘭が人気アイドル歌手リサに間違われて誘拐される。犯人の竹山と伊原のアジトにはリサとグルになって誘拐を仕組んだSNSのやりとりが残っていた。だが、コナンはリサになりすました別の共犯者がいると睨む。竹山は蘭を閉じ込めた冷蔵庫を山中に不法投棄する。冷蔵庫が密閉されていれば、酸素がなくなる危険な状況で…。

  • 第820話 待合室の7人
    第820話 待合室の7人

    小五郎、コナン、蘭は温泉帰りに台風に遭遇し、セールスマンの穂刈、工場経営者の武上、バックパッカーのカール、議員秘書の紀子、近所に住む老人のふね、駅長の稲垣、駅員の雅子という7人と駅で一晩過ごす事に。小五郎は駅の温泉から出た後、上着のポケットに紙切れが入っている事に気付く。

ページトップへ