お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

一人之下 羅天大醮篇 / 全性篇  #5 気体源流

この作品もオススメ

一人之下 羅天大醮篇 / 全性篇
一人之下 羅天大醮篇 / 全性篇 (配信数20話)
平凡な大学生である主人公・張楚嵐は、自身が特殊能力を持つ「異人」であることを隠しながら日々を送っていた。そんな張楚嵐の前に、同じ異人である女性・馮宝宝が現れ、自らが属する異人の組織に入るように告げる。 それを機に、張楚嵐を奪おうと次々に異人たちが現れるようになる。彼が持つ能力に重大な秘密が隠されているためだという。馮宝宝は張楚嵐と共にそうした組織と戦うのだが、不老不死である馮宝宝の秘密を解けるカギを彼が握っているからだった。 ふたりは互いの抱える秘密の真相を掴むために、異人界の頂点を競い合う武闘大会・「羅天大醮(らてんたいしょう)」に出場することになるのだった。

特殊能力を持つ異人が集まる祭典「羅天大醮」。その武闘会への出場は、真相を探る旅でもあった!平凡な大学生であった主人公・張楚嵐は不老の秘密を抱えるヒロイン・馮宝宝と手を組んで、様々な異人達と対戦する!
この戦いの中、張楚嵐と祖父にまつわる謎の真相も徐々に明かされていく。

■キャスト
張楚嵐(ちょう そらん): 田丸篤志
馮宝宝(ふう ほうほう): 早見沙織
張靈玉(ちょう れいぎょく): 鳥海浩輔
王也(おう や): 興津和幸
諸葛青(しょかつ せい): 平川大輔
徐三(じょ さん): 野島健児
徐四(じょ よん): 立花慎之介
賈正亮(じゃ せいりゃん): 赤羽根健治
風星潼(ふう しんとん):河西健吾
風沙燕(ふう さえん):原由実
諸葛白(しょかつ はく):森下由樹子
夏禾(なつか): 日笠陽子

■スタッフ
原作:米二(動漫堂)「一人之下」(騰訊動漫「テンセント動漫」連載)
監督:陳燁 王昕
キャラクターデザイン:李時旼
音響監督:伍婷
日本語版音響監督:伊藤 巧
美術監督:金栄在
撮影監督:鄭姝悧
編集:陳燁 王昕
音響制作:Woo Sound Studio 
日本語版音響制作: HALF H・P STUDIO
アニメーション制作:絵梦
© TENCENT Animation& Comics /一人之下製作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • #0 一人之下 羅天大ショウ篇 放送直前スペシャル(1期総集編)
    #0 一人之下 羅天大ショウ篇 放送直前スペシャル(1期総集編)

    平凡な大学生である主人公・張楚嵐は、自身が特殊能力を持つ「異人」であることを隠しながら日々を送っていた。そんな張楚嵐の前に、同じ異人であるヒロイン・馮宝宝が現れ、自らが属する異人の組織に入るように告げる。
    それを機に、張楚嵐を奪おうと次々に異人たちが現れるようになる。
    そのわけは張楚嵐が持つ能力に重大な秘密が隠されているためだ。
    馮宝宝もまた、張楚嵐に固執する。なぜなら、不老不死である馮宝宝の秘密を解けるカギを張楚嵐が握っているからであった…

  • #1 羅天大醮
    #1 羅天大醮

    天師継承者の選抜大会である「羅天大醮(らてんたいしょう)」を盛り上げようと、十老の一人――陸謹(りくきん)が所持する八の秘技の一つである「通天箓(つうてんろく)」を懸賞とした。
    一方、張楚嵐(ちょうそらん)は羅天大醮に参加するために、馮宝宝(ふうほうほう)と猛特訓。
    同じ時期に、異人に関わる事件の数が急激に増加し、その理由はどうやら「全性(ぜんせい)」という異人組織が関わっているようだ。
    また、武当派の王也(おうや)、諸葛家の諸葛青(しょかつせい)をはじめ、各異人が羅天大醮の会場である龍虎山(りゅうこさん)へと向かう――。

  • #2 龍虎山
    #2 龍虎山

    羅天大醮の開催地である龍虎山(りゅうこさん)に辿り着いた張楚嵐たち「速達」の一行。武当派の王也(おうや)や諸葛孔明の子孫、諸葛青(しょかつせい)等、各地から集まった異人たちと顔を合わせる。
    そこで、老天師は張楚嵐に、祖父張錫林(ちょうしゃくりん)の事を知りたければ羅天大醮で勝ち残り、天師の継承権を得よと言い放つ。
    そして選抜大会が開幕した――。

  • #3 厚顔無恥
    #3 厚顔無恥

    羅天大醮の選抜大会に出場した楚嵐の初戦が始まる。八つの秘技の一つである炁体源流(きたいげんりゅう)の継承者として、異人界でその名を轟かせていた楚嵐に対し、対戦相手の異人たちは手を組んで戦いを挑んでくる。
    その一方、古来より伝わる占術・奇門遁甲(きもんとんこう)の使い手である諸葛青は圧倒的な力で初戦を勝ち抜いていた――。

  • #4 三十二人
    #4 三十二人

    選抜大会の一次予選が終わり、32名の異人が勝ち残った。
    その晩、楚嵐は皆の尊敬を集める老天師の弟子・張霊玉(ちょうれいぎょく)が、自分にだけ辛く当たる理由を弟子たちから聞いてショックを受ける。
    一方、馮宝宝と対戦した王二犬(おうにけん)は宝宝の普通の人間とは異なった、ある特徴に気付く――。

  • #5 気体源流
    #5 気体源流

    楚嵐の対戦相手は、試合の開始時間になっても現れず、楚嵐はすっかり卑怯者としての評判がたってしまう。
    十老の一人である陸瑾(りくきん)と彼が信頼している若い異人たちは、胡傑(こけつ)が悪の組織「全性」に操られている事に気づく。
    その頃楚嵐は、十老の王藹(おうあい)と呂慈(ろじ)に呼び出されて、炁体源流を差し出せと迫られるが――。

  • #6 餌
    #6 餌

    炎の使い手・洪斌(こう ひん)は、諸葛青が試合に本気を出さない事で苛ついていた。
    擤気(しんき)の使い手・蕭霄(しょうしょう)は、魂を鍛えた全真派の黄明(こうめい)に苦戦する。
    一方張楚嵐は、陸謹から異人たちを羅天大醮に集めた本当の目的を聞かされる――。

  • #7 三十六賊
    #7 三十六賊

    十老の王藹から祖父の張錫林が「全性」の一員であったと聞かされ、ショックを受ける楚嵐に、老天師と陸瑾は張錫林の身に何があったかを語る。
    その帰り、楚嵐は陸瑾のひ孫・陸玲瓏(りくりんろん)たちから宴に誘われて……。

  • #8 能鷹隠爪
    #8 能鷹隠爪

    若い異人たちとすっかり打ち解けた楚嵐だったが、次の対戦相手は祖父の死因と関係する唐門(とうもん)の武芸者だった。
    今までのような小細工が通用する相手では無く、ついに楚嵐は秘めていた真の実力を発揮する。
    一方、宝宝は蕭霄を相手に苦戦していた。その戦いを見ていた老天師と陸瑾は、宝宝がただの異人とは違う何かに気づき始める……。

  • #9 奇門顕像心法
    #9 奇門顕像心法

    蕭霄に苦戦する宝宝は王二犬の言葉を思い出し、反撃に打って出る。
    続く王也と諸葛青の試合。諸葛青は王也が自分と同じ奇門遁甲の術士であると見抜いていた。
    そんな中、王也はこれ以上試合を続けるのを止め、諸葛青自ら敗北を認めるよう促すが……。

  • #10 風后奇門
    #10 風后奇門

    たとえ惨敗になる結末が自分を待っていると分かっても、真実だけはどうしても知りたい諸葛青は「奇門顕像心法」で王也の技を見破ろうとした。
    次に始まる風沙燕と賈正亮の試合だが、二人とも宝宝と対戦するために勝ち進みたい一心。
    一方、観客席で観戦している楚嵐の携帯に謎のメッセージが届いた……。

  • #11 清静経
    #11 清静経

    風星潼と鄧有福の対戦は、「口寄せの術」の使い手同士の対決となる。
    一方、楚嵐の頼みによって宝宝に埋められそうになっていた王也は、棄権扱いになる寸前で試合会場に到着。
    だが、その王也から楚嵐に、とある意外な提案が出された…。

  • #12 宿敵
    #12 宿敵

    楚嵐は真相を追求し続けることを決意した。王也は彼の選択を尊重し、試合を放棄。こうして、二人の試合には勝負がついた。
    次の風沙燕と宝宝の試合で、風沙燕の棄権により、宝宝の準決勝への進出が決まった。
    そして、風星潼と十老の一人である王藹のひ孫―王並の試合では、2人とも「拘霊遣将」を使っていた。
    風家の人間しか知らないはずの八つの秘技の一つである「拘霊遣将」をなぜ王並が…。

  • #13 拘霊遣将
    #13 拘霊遣将

    王並(おうへい)の使う食霊(しょくれい)によって、風星潼(ふうしんとん)は自分の大切な精霊である王子仲(おうしちゅう)を奪われようとしていた。
    風星潼は苦渋の決断で、自らの手で王子仲を成仏させ、王並に敗北する。
    こうして、張楚嵐、馮宝宝、張霊玉、王並の四名が準決勝へと駒を進め、大会は大詰めを迎える……。

  • #14 水臓雷(すいぞうらい)
    #14 水臓雷(すいぞうらい)

    羅天大ショウの決勝戦は張楚嵐と張霊玉の組み合わせとなった。
    諸葛青や王也といった大会で敗れた者たちは、一足先に龍虎山を降りて帰路につき始める。そして決勝戦当日、師匠の老天師や兄弟弟子たちから激励を受ける霊玉。一方、馮宝宝から羅天大ショウで優勝して欲しいと願いを聞かされる楚嵐。
    自分と宝宝の抱えた真実を知るために楚嵐は霊玉との決勝戦へと臨む……。

  • #15 大胆不敵
    #15 大胆不敵

    一進一退の攻防が続く張楚嵐と張霊玉の決勝戦。戦いは楚嵐が持つ陽の力・陽五雷(ようごらい)と、霊玉が持つ陰の力・陰五雷(いんごらい)のぶつかり合いとなっていた。
    しかし、陰五雷の真の力である水臓雷(すいぞうらい)を解き放った霊玉の前に、苦戦する楚嵐。
    水臓雷に飲み込まれてしまった楚嵐は、幼い頃に祖父・張錫林から聞かされたある話を思い出す……。

  • #16 厄祓
    #16 厄祓

    張楚嵐は奥の手で張霊玉を直撃し、勝負はあったかに思えた。しかし、霊玉は立ち上がり、敗北を覚悟する楚嵐。その時、霊玉の体に異変が起き始め……。
    一方、陸瑾(りくきん)の指示を受けた枳瑾花(つーきんか)と陸玲瓏(りくりんろん)は対立する組織である全性(ぜんせい)の襲撃に備え、龍虎山の警備を続けていた。
    しかし、全性は一向に姿を見せる気配が無く……。

  • #17 天師法
    #17 天師法

    羅天大醮で優勝した張楚嵐に天師の後継者の証である天師の法(てんしのほう)が老天師から授けられようとしていた。
    そんな中、ついに全性(ぜんせい)が龍虎山に現れ、天師府を強襲する。全性の圧倒的な数の前に苦戦する天師府の道士たち。張霊玉は全性の幹部である苑陶(えんとう)たちに囲まれてしまう。
    その時、陸瑾や羅天大醮で共に戦ってきた仲間たちが駆け付ける……。

  • #18 埋伏
    #18 埋伏

    錬器師(れんきし)の苑陶(えんとう)に苦戦する張霊玉は、絶体絶命の窮地を陸瑾によって救われる。霊玉では苑陶に敵わないと見た陸瑾は、秘めていた力を解き放ち、自らが苑陶と戦い始める。
    一方、部屋の中で天師法を受けている最中のはずの楚嵐が宝宝の前に現れ、森の中へと消えていく。宝宝は楚嵐を追いかけ、森に入るが、次々と全性の刺客が襲い掛かって来る……。

  • #19 十二労情陣
    #19 十二労情陣

    龍虎山が危機に陥り、老天師がついに動き出した。一方、本来優勢に立っていた陸瑾と張霊玉は全性の四妖人の登場により形勢を逆転され、窮地に追い込まれた陸瑾が自分の怒りを限界まで増幅させて暴走してしまった。龍虎山勢と全性の全面戦争が勃発!

ページトップへ