お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

記述式 民法50問  記述式問題の勉強法~問題10 取得時効と登記

この作品もオススメ

記述式 民法50問
記述式 民法50問 (配信数5話)
配点が大きい記述式問題で高得点を取るための基礎とテクニックを、ベテラン講師が丁寧にお教えします。記述式問題というと難しく聞こえますが、コツを身につけることで必ず点数を伸ばすことができます。ご用意した記述式実践問題は、民法編50問&行政法編50問の合計100問! 徹底的に「書く」練習をします。
合格TV

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 記述式問題の勉強法~問題10 取得時効と登記
    記述式問題の勉強法~問題10 取得時効と登記

    配点が大きい記述式問題で高得点を取るための基礎とテクニックを、ベテラン講師が丁寧にお教えします。記述式問題というと難しく聞こえますが、コツを身につけることで必ず点数を伸ばすことができます。ご用意した記述式実践問題は、民法編50問&行政法編50問の合計100問! 徹底的に「書く」練習をします。

  • 問題11 即時取得~問題20 準占有者
    問題11 即時取得~問題20 準占有者

    問題 「AはBから、Bが占有しているパソコンを購入する契約を有効に締結した。しかし、このパソコンは、実は第三者Cの所有物であった。・・・・・」

  • 問題21 詐害行為取消権~問題30 抵当権に基づく妨害排除請求
    問題21 詐害行為取消権~問題30 抵当権に基づく妨害排除請求

    問題 「詐害行為取消権の対象となるのは、財産権を目的とする法律行為であって、離婚に伴う財産分与など、身分上の行為についてはその対象とならないのが原則である。・・・・・」

  • 問題31 一括競売~問題40 請負契約
    問題31 一括競売~問題40 請負契約

    問題 「Aは、Bに対する貸金債権を担保するため、B所有の土地に抵当権の設定を受け、登記も得た。その後、Cがこの土地を賃借して、その上に建物を建築した。・・・・・」

  • 問題41 瑕疵修補請求~問題50 相続の放棄と遺産の分割
    問題41 瑕疵修補請求~問題50 相続の放棄と遺産の分割

    問題 「AとBは、Aが注文者、Bが請負人として甲建物を建築する契約を締結した。Aは、甲建物に瑕疵がある場合、・・・・・」

ページトップへ