お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

凍牌 全日本竜凰位トーナメント編  第1話

この作品もオススメ

凍牌 全日本竜凰位トーナメント編
凍牌 全日本竜凰位トーナメント編 (配信数8話)
桜輪会の「代打ち」として、裏レート麻雀の世界で数々の死闘を繰り広げてきた天才少年雀士のケイ(前田公輝)。その冷徹な判断力と非情なまでの打牌から、通称「氷のケイ」として、その名は広く裏社会に轟くようになっていた。そんな中、ケイは桜輪会幹部の高津(本宮泰風)の紹介により、麻雀日本一を決する大会「全日本竜凰位トーナメント」への出場を決める。名実共に最強の雀士になることを目指し、堂島(市瀬秀和)、畑山(小手山雅)ら、全国から集った歴戦の猛者たちと死闘を繰り広げていくケイだったが、やがてケイの前には「伝説の雀士」こと大辻(漆崎敬介)が立ちはだかろうとしていた。

■キャスト
前田公輝、茜音、市瀬秀和、一條俊、東亜優、松本若菜、本宮泰風


■スタッフ
監督・脚本 : 小沼雄一
原作:志名坂高次『凍牌~裏レート麻雀闘牌録~』(秋田書店 「ヤングチャンピオン・コミックス」刊)
 
©志名坂高次(ヤングチャンピオン)2006 ©2013志名坂高次(ヤングチャンピオン)/エスピーオー

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話
    第1話

    天才少年雀士・K(前田公輝)の活躍により、シマを巡る熾烈な抗争を制した桜輪会は、幹部の高津(本宮泰風)の号令のもと、裏社会全土に今後すべての抗争は麻雀で行うとの指令を出していた。そんな桜輪会の次の矛先は、麻雀賭博を秘かに繰り返す佐々山組―。佐々山組を潰すべく、Kを代打ち勝負へと送り込む高津だったが、そこには“氷のK”を狙う新たな刺客“魔性の瞳”を持つ、女雀士のアイ(松本若菜)が控えていた!

  • 第2話
    第2話

    対戦相手の瞳から全ての情報を読み込む“魔性の瞳”を持つ女雀士・アイ(松本若菜)との対局で、打ち筋を読まれ、瞬く間に窮地に追い込まれていくK(前田公輝)。遂には、雀士の命である、“指”を賭けての勝負に挑むが――その心の底に隠されていた暗い過去をもアイに読まれていたのだった!ほのかに垣間見えた“氷のK”の暗澹たる過去…。深き闇を抱えつつも、少年は闘い続ける――。

  • 第3話
    第3話

    昇心会と桜輪会との間で行われる代打ち勝負に赴いたK(前田公輝)。そこで目にしたものは、昇心会側の「代打ち」として卓を囲む同級生の桂木(東亜優)と上野(永田卓也)の姿。すべてはKの動揺を誘うため、昇心会が仕組んだ罠だった!幼馴染の少女・桂木を執拗にいたぶりながら麻雀を強要する昇心会の面々。更には、Kがこの勝負に勝ったなら、上野と桂木の命は保障されない―。しかし、Kは顔色ひとつ変えずに打牌を続けていく。そんな極限状態の闘いを前に、Kが取った手段とは!?

  • 第4話
    第4話

    麻雀日本一を決する大会「全日本麻雀竜鳳位トーナメント」が遂に開催!「日本一の肩書を手に入れろ」桜輪会幹部の高津(本宮泰風)の一言により、大会への出場を決めたK(前田公輝)だったが、麻雀を楽しもうと大会に集った参加者たちの姿を前に、いつしか卓を囲むことへの純粋な喜びを取り戻していく。迎え打つは、復活を遂げた過去の敵(ライバル)・畑山(小手山雅)!友情を賭けた、大一番勝負!だがしかし、次第に大会は裏社会の人間たちによる、どす黒い策略に呑みこまれていく――。

  • 第5話
    第5話

    高津(本宮泰風)の命令によりK(前田公輝)が参加した「全日本麻雀竜鳳位トーナメント」。そこは、“オモテ”の大会のはずだったが、予選通過1位の畑山(小手山雅)が拉致監禁の上、惨殺された!!その裏には、関西最大の暴力組織・山扇会の関与と、その代打ち“裏世界の伝説的雀士”・大辻(漆崎圭介)が大会に参戦している事が判明。山扇会の執拗なまでの大会制覇への執着により、Kは“オモテ”の大会の裏に潜んでいる一大事を知ることとなる!!そんな中、自宅で飼っている異国の少女・アミナ(茜音)に忍び寄る、黒い影…“氷の?”、異国の少女の命を懸けて、“オモテ”舞台に潜む、黒い影との戦闘開始!

  • 第6話
    第6話

    アミナ(茜音)を守る為、「全日本麻雀竜鳳位トーナメント」で優勝しなければならないという使命を自ら背負うK(前田公輝)。何かに憑かれた様に大会を勝ち進んでいくが、愛する者を守るという壮絶なプレッシャーにより、いつしか“氷のK”本来の姿を見失っていく――。最終決戦の参加権を得る為、追い詰められたKの前に現れた対戦相手は“裏世界の伝説的雀士”・大辻(漆崎圭介)への敗北のショックから片目を失うも、強靭な気迫で奇跡の復活を遂げた、最強のライバル・堂嶋(市瀬秀和)だった!片目を失った因縁のライバルとの真っ向勝負!己を見失った “氷の?” 遂に絶体絶命!?

  • 第7話
    第7話

    宿敵・堂嶋(市瀬秀和)との勝負に敗北し、最終決戦の出場権を失ったK(前田公輝)。同時に、アミナ(茜音)を救うチャンスをも失ったKは、自らの指と引き換えに、高津(本宮泰風)にアミナの命乞いをする!一方、最終決戦トップ通過が決定した大辻(漆崎圭介)は、邪魔者である堂嶋を山扇会に排除させた!皮肉にもKは、敵対する裏社会の力により、堂嶋を犠牲にし、決勝戦の参加権を手に入れるのだった――その瞬間、少年は修羅へと変貌していた!!そして、遂に『竜鳳位決定戦』が幕を開けた!!

  • 第8話
    第8話

    友、プライド、己…多くの代償を払った壮絶な闘いの果て、遂に『竜鳳位決定戦』に出場した“氷のK”(前田公輝)。全ては、異国の少女・アミナ(茜音)の為に―――命懸けで出場した頂上決戦で卓を囲むのは、“魔性の瞳”を持つ女王・アイ(松本若菜)、“最後の伝説”・大辻(漆崎圭介)。名うての雀士たちが繰り広げる、息をも飲む攻防!!しかし、本気になった大辻が封印解除した神がかり的な配牌を目の当たりにし、名士たちは打つ手を失う――。残されたKに、大辻を破る術はあるのか!?最終決戦を制するのは、裏世界伝説の雀士か!?修羅へと化した少年か!?生き残るのは誰だ!?

ページトップへ