お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

みなみけ  第4話「恋もよう」

この作品もオススメ

みなみけ
みなみけ (配信数13話)
この物語は、南家三姉妹の平凡な日常を淡々と描く物です。
過度な期待はしないでください。

しっかり者の長女・春香、バカ野郎日本代表と千秋に呼ばれている次女の夏奈、辛辣な言葉を吐く小学生・三女の千秋という南家三姉妹を平凡な日常を中心に送るゆるゆる日常ギャグ漫画。

■キャスト
南 春香: 佐藤利奈
南 夏奈: 井上麻里奈
南 千秋: 茅原実里
南 冬馬: 水樹奈々
マコト(マコちゃん): 森永理科
藤岡: 柿原徹也
保坂: 小野大輔


■スタッフ
監督: 太田雅彦
シリーズ構成: あおしまたかし
キャラクターデザイン: 越智信次
美術監督: 鈴木俊輔(スタジオ風雅)
アニメーション制作: 童夢
(C)桜場コハル・講談社/みなみけ製作委員会

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話「南さんちの三姉妹」
    第1話「南さんちの三姉妹」

    南家の三姉妹は、長女の春香が親代わりとなって3人で暮らしている。春香の帰りが遅いある日、晩ご飯を次女の夏奈が作ることに…。料理の下手な夏奈は、バカでも作れるホットケーキを焼こうとするが、出来上がったのは…クリームシチュー?その数日後、夏奈が藤岡という男子からラヴレターをもらう。夏奈は舞い上がるが、三女の千秋は、この手紙には不審な点があると指摘する。

  • 第2話「おかしな学校」
    第2話「おかしな学校」

    春香の友だち・マキが、高校をやめると言い出した。理由は、制服のスカートが気に入らないから。スカートが短過ぎて、ちょっとした拍子にパン○が見えるんだとか…。春香はパン○なんか滅多に見えないと主張するが…?家では、委員会の仕事で学校に遅くまでいた春香が、男子と一緒だったことが発覚。「二人で“おかしなこと”をしてたんじゃないだろうね」と、夏奈がからかい始めて…!?

  • 第3話「球蹴り番長再び」
    第3話「球蹴り番長再び」

    中学校で、数学のテストが返ってきた。夏奈の点数は65点。友だちのケイコは100点。機嫌を損ねた夏奈は、話しかけてきた藤岡に点数勝負をふっかける。が、藤岡は66点で僅差で夏奈の負け。引っ込みのつかなくなった夏奈は、続けて勝負を申し込むが…!?後日、夏奈は教室でうたた寝をしていて、寝起きに突然、藤岡から「オレ、おまえがすごいスキだから」と言われる。

  • 第4話「恋もよう」
    第4話「恋もよう」

    ある日、千秋が帰宅すると、玄関前に辛気くさい顔の男が座っていた。三姉妹の親戚・タケルおじさん。彼は可愛い彼女に振られた直後だった。さわったら崩れてしまいそうな彼を刺激しないよう、千秋たちは気を遣うが…?高校では、バレー部員よりもバレーが上手い春香を入部させようと、女子部部長の速水先輩が、男子部部長の保坂をけしかけていた。ところが、保坂は気持ち悪いと評判の、熱すぎる男で…!?

  • 第5話「海に行こうよ」
    第5話「海に行こうよ」

    海へ遊びに行くことにした三姉妹。探し出した去年の水着は、かなりキツくなっていた。太ったわけじゃない、成長したんだと言い訳しつつ、夏奈と千秋は春香の分も併せて、新しい水着を買いに行く。だが、妹たちが春香のために選んだ水着は、布と布が分かれて紐でつながっている、極端に布の少ない水着だった。海水浴当日、春香は水着の上にTシャツを着て脱ごうとしない。夏奈はなんとか脱がそうとするが…!?

  • 第6話「マコちゃん誕生」
    第6話「マコちゃん誕生」

    たくさんの宿題が出た日。千秋は友だち4人と協力して宿題を片付けることにする。南家を初めて訪れた真は、バカ同士、すぐに夏奈と意気投合。バカが大嫌いな千秋の怒りを買う。さらに、帰宅した春香に真が一目惚れ。春香に取り入ろうとする真に、千秋の怒りが爆発する。数日後、真は南家に行きたいが、千秋に嫌われて家に呼んでもらえない。それを聞いた夏奈は真に、変装してウチに来ればいいと提案する。

  • 第7話「いろいろな顔」
    第7話「いろいろな顔」

    真が重たい鎧を脱ぎ捨てたことに気付いた夏奈。彼の旅支度を調えた夏奈は、別の人の手助けもしたくなる。まずはケイコから…と思ったが、眼鏡を外させて素顔を見ないと方向性が決められない。夏奈は頭よさげに見えるグッズ=眼鏡をケイコから借りて賢そうに悩んでみるが…?別の日、夏奈は図書館で藤岡以外の番長と出会う。彼女が言うには、初代番長は2つ先輩で、変な行動を取る微妙な人だったらしいのだが…?

  • 第8話「ほさか」
    第8話「ほさか」

    格好いいけれど、気持ち悪い男・保坂。彼は、速水たちが南春香の家に遊びに行くと聞き、放課後までに春香と友だちになろうと考える。妄想の世界に旅立った彼は、「スキだ」と「スキです」のどちらで告白しようかと迷うが…? 後日、保坂は春香のお弁当がとてもおいしいことを教えられ、春香が料理上手だと知る。“料理”という春香と共通の話題を見つけた保坂は、早速自作のお弁当を持参するようになるが…?

  • 第9話「三姉妹日和」
    第9話「三姉妹日和」

    日頃忙しい春香に、学校が特別休暇をくれた。だが、平日の昼間から一人きりになった春香は、くつろぐどころか時間を持て余してしまう。暇つぶしにとケーキを焼いてみると、予想以上の大作になって…!?数日後、夏奈がバカのくせに風邪をひき寝込んでしまった。千秋は問診したり、濡れタオルを交換したりと付きっきりで世話を焼く。好きなテレビの時間になっても看病を続ける千秋に、夏奈は「ありがとう」と言うが…?

  • 第10話「おとこのこ×おんなのこ」
    第10話「おとこのこ×おんなのこ」

    同学年に、南冬馬という名前に“冬”の字を持つ南さんがいることを知った千秋。弟にしようと1組をのぞくと、そこにいたのは明らかに女の子だった。だが「弟に」と言った手前、引くに引けない。そのうえ、冬馬は男よりも男らしい子で…?冬馬が弟になって数日後、マコちゃんが春香と千秋に女装をバラすと言い出した。夏奈たちが見守る中、マコちゃんは「オレは男です!」と叫ぶが、二人の反応は冷たかった…。

  • 第11話「となりの南さん」
    第11話「となりの南さん」

    もう一つの南家では冬馬の兄たちが、最近、妹の帰りが遅いと家族会議を開いていた。妹が入り浸る南さん宅とはどんなところなのか。心配性の長男は三男のアキラに、挨拶を兼ねて偵察に行けと命じる。その話を聞いた春香は、「ウチが信用できないということ!?」と憤るが、アキラの持参した石鹸セットであっさり懐柔される。その後、夏奈とアキラは学校でもよく話すようになるが、それを快く思わない男が一人いた…!

  • 第12話「クリスマスとかイブとか」
    第12話「クリスマスとかイブとか」

    もうすぐクリスマス。千秋がサンタを信じなくなって、かなり経つ。きっかけは、タケルがサンタの髭を付けているところを目撃したことだった。夏奈は千秋に夢を取り戻してやりたいと願い、藤岡にサンタ役を頼む。タケルではないサンタの姿を見た千秋は…? 一方、もう一つの南家ではバカ兄たちが、冬馬へのプレゼントが決まらず、毎度おなじみの家族会議を開いていた。だが、冬馬の欲しい物はもう伝えてあって…!?

  • 第13話「恋のからまわり」
    第13話「恋のからまわり」

    年末も押し迫り、夏奈は冬馬とマコちゃんに晴れ着の試着をさせる。着るのは当然、冬馬が羽織袴、マコちゃんが振り袖。二人ともすごく似合っていたが、あとから着た吉野が、女の人が着物を着る時は下着を脱ぐのが作法だと言い出して…!? そして、大晦日。南さんちの三姉妹は、速水先輩が持ってきた外国のジュースのせいですっかり気分が悪くなっていた。みんなが眠りこける中、夏奈は目の据わった速水に襲われて…!?

ページトップへ