お客様の環境は「公認店」ではありません。
こちらからお近くの公認店を検索できます。

宮廷女官 若㬢(じゃくぎ)  第1話:時空を超えて

この作品もオススメ

宮廷女官 若㬢(じゃくぎ)
宮廷女官 若㬢(じゃくぎ) (配信数30話)
清の康熙帝が中国を支配する時代、第八皇子の側室・若蘭の妹である若曦が眠りから目を覚ます。しかし彼女の心には2011年からタイムスリップした張暁が入り込んでいた。現代に戻ろうとする張暁は走る馬の前に身を投げ出すが、馬に乗っていた第四皇子に助けられる。若曦としてこの時代に生きていくことを決めた張暁は現代と清の時代の人の考え方や習慣の違いに悩むが、姉の若蘭たちに支えられ、徐々に宮廷生活になじんでいく。
現代女性がタイムスリップ!?そこは18世紀初頭の清の時代。出会ったのは、美しき9人の皇子たち。

<ソウル・ドラマ・アワード 2012>2冠獲得!「チャングム」の国、韓国も認めた!2011年、中国で最も話題となった宮廷ロマンスが遂に日本上陸!!
■キャスト
リウ・シーシー
ニッキー・ウー
ケビン・チェン
ケニー・リン

■スタッフ
監督:リー・クォックリー
脚本:ワン・リージー
(C)2011 上海唐人電影制作有限公司 All Rights Reserved. 提供:アジア・リパブリック5周年

関連しているジャンルの作品

Page Top

次の話

話数一覧

あらすじを見る
  • 第1話:時空を超えて
    第1話:時空を超えて

    張暁は北京に住む25歳の女性。ある日、恋人とのケンカが高じて交通事故に巻き込まれてしまう。ところが目覚めた先は、なんと300年ほど前の清朝、時は康熙帝の時代であった。タイムスリップしてしまった彼女は、馬爾泰将軍の次女・馬爾泰若曦だと言われる。

  • 第2話:来せば安んず
    第2話:来せば安んず

    タイムスリップで現代へ戻ろうと馬の前に飛び出した若曦だったが、寸前のところで馬が止まる。馬上の相手はなんと次期皇帝・雍正帝の第四皇子だった。第四皇子は若曦が死のうとしていたのではないかと疑問を持つ。

  • 第3話:命知らずの十三妹
    第3話:命知らずの十三妹

    第十皇子の誕生日の祝宴が行われ、皇子たちが一堂に会する中、若曦は第十皇子を連れ出しお祝いのサプライズを用意する。ところがその後、明玉と鉢合わせ揉みあいとなった2人は池に落ちてしまう。若曦は泣きじゃくる明玉を一喝、その豪快さが宮中の噂になる。

  • 第4話:与えられる運命
    第4話:与えられる運命

    中秋の宴で康熙帝から第十皇子と明玉の結婚が告げられ、若曦はショックを隠せずにいた。同時に第十皇子も酒におぼれ参内もしない毎日を送っていたため、第十四皇子は若曦に第十皇子を慰めるよう依頼、若曦は第十皇子に現実を受け入れるよう勧める。

  • 第5話:馬上に消えた恋
    第5話:馬上に消えた恋

    馬術競技の当日、皇太子や皇子たちが見守る中、馬術を誇る明玉は華麗な腕前を披露したうえに、馬に乗れない若曦を挑発する。すると今まで馬にさえ近づこうとしなかった若蘭が若曦に代わり馬術を披露、その華麗な姿に会場は大いに盛り上がり、第八皇子も出会った当時の若蘭の姿を思い起こす。

  • 第6話:いざ紫禁城へ
    第6話:いざ紫禁城へ

    新年も明け、いよいよ若曦が皇宮入りする日が訪れた。姉の若蘭と名残惜しい別れを済ませ、第八皇子に見送られた若曦は外界と遮断された紫禁城に身を置くことになる。その頃、皇子たちはそれぞれの立場を利用してなんとか若曦を妃候補から外してもらうように画策していた。

  • 第7話:草原の出会い
    第7話:草原の出会い

    皇太子と第八皇子一派の争いが水面下で激しさを増す中、第四皇子の助言を得た皇太子は康熙帝に進言、塞外への親征に皇子たちも同行させる一方で第八皇子一派には留守役を申し渡す。親征先では蒙古王を歓迎する宴が開かれ、蒙古王の娘・敏敏が美しい舞を披露し、康熙帝を大いに喜ばせる。

  • 第8話:父と息子
    第8話:父と息子

    またも第十三皇子の乗馬の訓練に代わって現れた第四皇子に、若曦は突然口づけされてしまう。未来の皇帝ということで気遣っていたことを好意と取られたことに、若曦は腹立たしさを感じるのだった。そんな折、第十八皇子の病状が悪化、第八皇子は子供を思う康熙帝の情を読み取り早馬を遣わせる。

  • 第9話:皇子たちの駆け引き
    第9話:皇子たちの駆け引き

    皇太子が廃されることとなり、宮中では空位となった皇太子の座をめぐり皇子や大臣たちの水面下での駆け引きが始まっていた。だが第四皇子だけは康熙帝の真意を読み、一切これに関わることなく屋敷に留まる。

  • 第10話:再び塞外へ
    第10話:再び塞外へ

    第八皇子を擁護したことで康熙帝を激怒させた第十四皇子だったが、なんとか厳罰は免れた。だがあえて必死で命乞いをしなかった第四皇子にますます怒りを覚え、兄弟の溝は深くなっていく。ようやく康熙帝は第二皇子を許し皇太子の地位へ復位させ、第八皇子の爵位剥奪も撤回、他の皇子たちもそれぞれ爵位を賜る。

  • 第11話:都からの侵入者
    第11話:都からの侵入者

    落馬しそうになった若曦を助けたのは第八皇子だった。若曦を腕に抱き寄せた第八皇子は、若曦の想いを確信し、若曦も第八皇子の愛を受け入れたいと強く願う。天幕に戻った若曦の元に現れたのは蒙古人に扮した第十四皇子だった。

  • 第12話:歴史に挑む愛
    第12話:歴史に挑む愛

    皇太子の放った矢で負傷した第八皇子は、皇太子に疑いを抱かれないよう太監に熱湯のお茶を腕にかけさせるよう命じ、火傷を負う。第十四皇子は辛抱強く蒙古王の令嬢の相手をしていたが、皇太子が曲者の捜索を諦めた頃を見計らって無事に都に戻る。

  • 第13話:哀しみの選択
    第13話:哀しみの選択

    塞外で第八皇子と幸せな時間を過ごしていた若曦だったが、第八皇子の記した異動名簿に将来第四皇子の重臣となる人物の名前を見つける。不安にかられた若曦は結婚するのなら皇位を諦めてほしいと第八皇子に懇願するが、皇位への野心を捨てられない第八皇子は、自分の運命は自分で決めたいと若曦に告げる。

  • 第14話:新年の決別
    第14話:新年の決別

    若曦が明慧・明玉にくってかかるところを目撃した第四皇子は、風邪をひいた若曦のために、手製の鼻煙壺を贈る。一方の若曦はいつまでも第八皇子を待たせていることで第十四皇子に詰め寄られるが、第四皇子、第十三皇子の助け舟で事なきを得る。

  • 第15話:草原の固い友情
    第15話:草原の固い友情

    またも塞外遠征が決まるが、この度は第十四皇子も遂行することになり、敏敏に恋人を偽ってかくまわせたことがバレるのではと若曦は気が気でなかった。敏敏は若曦を見つけ、第十三皇子の気持ちを聞き出そうとするが、第十三皇子にその気はないと知った敏敏はショックを受ける。

  • 第16話:腐敗再燃
    第16話:腐敗再燃

    塞外遠征も終わりを迎え、若曦は康熙帝や皇子たちの前で敏敏による舞いを披露する。そして若曦との約束に応えるため、第十三皇子が笛の音色を敏敏に披露し、敏敏の淡い恋はここで終わるのだった。塞外から戻った康熙帝の元に災害復興の金が大勢の官吏によって着服されているという由々しき知らせが入る。

  • 第17話:皇太子の申し出
    第17話:皇太子の申し出

    康熙帝から不正の件を追及されずに済んだ第九皇子は憂さ晴らしに酒楼で出くわした緑蕪にからみ始める。そこへ第十四皇子が止めに入り事なきを得るが、後日 騒動を知った第十三皇子は第九皇子への怒りが収まらなかった。

  • 第18話:サンザシと茶菓子
    第18話:サンザシと茶菓子

    重臣たちが皇太子の即位を扇動しようとした件が事実と判明し、皇太子派の重臣らは処刑、皇太子は関与を否定し罪は逃れたものの康熙帝の失望の色は大きかった。これにより若曦と皇太子の縁談話も現実味がなくなったため、若曦は暗に結婚してもいいと第四皇子に告げる。

  • 第19話:本当の幸せ
    第19話:本当の幸せ

    ケンカしていた第十皇子と明玉は意地を張るばかりで、もはやお互い引くに引けぬ状況に悪化、激怒した第十皇子は明玉を離縁するとまで言い放つ。そこで若曦は、康熙帝に2人の離縁話を伝え、康熙帝もこれを承諾したと第十皇子たちにウソをつく。

  • 第20話:知己との離別
    第20話:知己との離別

    中秋節の夜、若曦は一緒に酒を酌み交わした第十三皇子から、皇子の後継者争いには関わらないように忠告される。ところが翌日、第四皇子が康熙帝により皇太子を陥れた罪を追及される。すべては第八皇子一派の企みだと悟った第十三皇子は自ら罪をかぶり、康熙帝より軟禁を命じられる。

  • 第21話:皇太子失脚
    第21話:皇太子失脚

    第十四皇子は、軟禁された第十三皇子の侍女として緑蕪をつけてほしいと康熙帝に嘆願、康熙帝は緑蕪の身分を変えて第十三皇子に仕えることを許可し、若曦も許される。しかし第十三皇子の件で康熙帝に疑われた第四皇子は若曦に娶ることはできないと告げ、政から一切身を引き農業にいそしむ隠居生活のような日々を送り始める。

  • 第22話:ついえた野望
    第22話:ついえた野望

    庭園で出くわした若曦と明玉は和解しよき友となるが、そこへ第四皇子の息子の放った矢が誤って飛んできてしまい、若曦をかばった第四皇子は肩に傷を負う。皇帝に随行し塞外遠征に赴いた若曦は、子供を身ごもり幸せに暮らす敏敏からの手紙を見て感慨にふける。

  • 第23話:不遜な女官
    第23話:不遜な女官

    ある日 康熙帝に呼ばれた若曦は突然、第十四皇子に嫁ぐよう命じられる。だが若曦は縁談を断ったため康熙帝の怒りを買い、杖刑20回のうえ太監の衣類を洗う浣衣局に移ることを命じられる。第十皇子と第十四皇子たちは若曦の身を案じるが、康熙帝の怒りが消えることはなく、傷の癒えた若曦は浣衣局に移される。

  • 第24話:風雲急を告げる紫禁城
    第24話:風雲急を告げる紫禁城

    浣衣局での生活も慣れたある日、若曦のもとを訪れた第四皇子は第十三皇子と緑蕪の子供を抱きかかえており、若曦に名づけ親になってほしいという第十三皇子たちの言葉を伝える。一方、朝廷では第十四皇子が大将軍王となって西域の制圧に出発、その間 第四皇子は康熙帝の信頼を勝ち取っていた。

  • 第25話:山、動く時
    第25話:山、動く時

    康熙帝の容体はますます悪化し、緊張に包まれる紫禁城では、皇帝崩御に備えすべての城門が封鎖された。歴史を知っている若曦は、第四皇子の決意と心情を理解しながらも、第十四皇子が即位したほうが皇子たちの犠牲は少ないのではないかと思い悩む。

  • 第26話:広がる粛清
    第26話:広がる粛清

    雍正帝 (第四皇子) が即位し、皇帝の政務と寝起きの場を若曦のいる養心殿に移したことから、ようやく2人は一緒の時間を共有できるようになりひと時の幸福を感じていた。一方で即位して日が浅いため、雍正帝は足固めをするべく着々と不正の防止と粛清を進めていった。

  • 第27話:女たちの悲哀
    第27話:女たちの悲哀

    緑蕪が失踪し怡親王(十三皇弟)は必死に捜索するが、その努力もむなしく緑蕪は自ら命を絶ってしまう。緑蕪らしき女性の死体が見つかったと知らせを受けた雍正帝は怡親王には事実を隠し、若曦に怡親王への説得を依頼する。酒に溺れる怡親王に対し若曦は緑蕪の身の上を語るのだった。

  • 第28話:砂漠に帰する日
    第28話:砂漠に帰する日

    新しい年が明けた矢先、雍正帝より参内を命じられた若曦は、姉の若蘭が病に伏せ先が長くないと知らせを受ける。八王府に向かった若曦は、すっかり衰弱した若蘭の姿に心を痛める。若蘭は若曦に亡き恋人への思いをうれしそうに語るが、廉親王 (八皇弟) の側室である以上 皇族の墓に入れられるため、死んだ後も愛する恋人と離ればなれでいることを案じていた。

  • 第29話:愛との葛藤
    第29話:愛との葛藤

    雍正帝は危篤に陥った徳太妃を見舞い皇帝としての自分を認めてほしいと伝えるが、徳太妃は最後まで受け入れることなく、溺愛する十四皇弟を思いながら亡くなった。十四皇弟はまたも親の死に目に会えず、悲しみのあまり倒れてしまう。

  • 第30話:壮絶なる最期
    第30話:壮絶なる最期

    廉親王 (八皇弟) 一派はますます雍正帝に追い詰められていく中、明玉は雍正帝の寵愛を受ける若曦にこれ以上 追い詰めないでほしいと嘆願する。これを受けて若曦も雍正帝に恨みを忘れてほしいと願い出るが雍正帝は若曦を利用する廉親王一派を許せずにいた。

ページトップへ